No.650 (感想)シン・ゴジラ

これぞ今の日本が世界に発信する内容だ。

ども、KOMOです。

シン・ゴジラ、IMAXで観てきました。

庵野監督ということで、期待半分、不安半分でした。

話をあえて脱線しますが、つい最近「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」を観 たのですが、メッチャ凄い戦争なんだけど、個人プレーで勝っちゃうものでした。

これに限らずハリウッド映画ってどんな事件や災害でも主人公とその仲間の活躍のおか げで成功したり、主人公とその家族だけ絶対に怪我しなかったり、とご都合主義のオン パレードなんですが、つまり「個」なんですよね。

それは2014年のハリウッド版ギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA ゴジラ」でも然 り。

対して、庵野版ゴジラ。

★ネタバレ含みます!

いざ観始めたら、しょっぱなからスゴイではないか!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 のver1.01の特装版に「テロップ入り本編」という付録 がついていましたが、あれを彷彿させる文字テロップによる過剰な演出がずっーと続き ます。

始まって5分ぐらいで、「あれ?この映画って政治劇なんだ」って思いました。

今の法制下でどうやって未知の事象にどう対応するか、で政治家たちがバタバタします 。

2005年に公開された「宣戦布告」という映画が、北朝鮮の原潜が日本海に座礁して工作 員が上陸したが現法制下でどう対応するのか?諸外国との関係は?ってバタバタするも のでしたが、それを彷彿しました。

ほかには、実写版の劇場版パトレイバーこと「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首 都決戦」の「ディレクターズカット版」を少し前に劇場で観ましたが、これも思い起こ されました。

シン・ゴジラが「群像劇」であるという前情報があったので、いろんな人物の視点から 描かれてゴチャゴチャしてまとまらないまま終わるんじゃないかという不安があったの でしたが、そういうことはありませんでした。

確かにメッチャ人が出てきます。そして個々人の氏名と役職名がバンバン出てきます。

でもそんなのどうでもいいのです。

というか、それこそが今の日本を表しています。

「みんなでなんとかする」

これこそが新生ゴジラ映画であり、今の日本なのです。

ゴジラ(第一形態)が遡上することで起こる波によって船が押し寄せたり、車が折り重 なって潰れるシーン、強制避難のシーン、逃げ遅れて犠牲になる人、生活感残ったまま 無人となった市街地、避難所生活、空間線量の描写シーンなどなど、シーン一つ一つは 非常に短いですが、日本人にとっては心をえぐってくるシーンです。ですがそれに目を 背けてはダメだと思います。またあんなことが(ゴジラではないにせよ)起きた場合、 きっと日本人は立派に立ち振る舞うと思います。

大きな犠牲が起きていても、今生きている人間がなんとかしなくちゃならない、という 「集団」としての日本人の力を描き切っていると思いました。

悲しいけどつらいけど、泣いてなんていられない、そんなことしても進展しないし解決 しない。

目の前の問題を一つ一つ潰していかなければ何も進まない。だからやるんだ、みんなで やるんだ。

シン・ゴジラが伝えたかったのはコレだとおもいます。

さて、以下、細かい感想をざっくばらんに述べます。

①CGなのか実写なのか分からないほどの自衛隊兵器の数々!

とくに10(ヒトマル)式戦車の駆動力、攻撃力、精緻性など、ものすごい描き方でし た(まぁゴジラには全く持って通常兵器が効かないのですが)。
だからといって超兵器が登場するなんてことありません。
「ニンジャ」というキーワードが聞き取れましたが、おそらくは日本が誇る川崎重工製 のOH-1、通称ニンジャ、だと思います。なんせ情報量が多すぎる映画ですので、セリフ と映像と文字を追いかけるのに体力がいりました(笑)。

戦闘における指揮命令系統の描写、1回の戦闘で使う兵器の量(弾切れ)の描写、どれ もリアリティ溢れていました。

②ゴジラのような予測不可能な想定外の災害についての対応がメインですが、これを穿 って観て「やっぱ憲法改正を正そうとしている」なんて思っては全くのナンセンスと思 います。

だって今の法制化でもちゃんとゴジラに対処できたんです。

え?ご都合主義だって?

法というのはルールではあるけれど、そのルールに則らない事案に関しては「解釈次第 で対応できる」ということを描いているのですよ。

私は食品会社勤務ですが、食品を例にとってみても法では最低限のルールすなわち当た り前なことについての取り決めしか載ってなくて、「じゃあこの場合はどうなるんだ? 」というのがしょっちゅう出てきます。

その都度、関係省庁に確認するのですが、「今の法の中でどれに合致するのか」、「こ の法のどの部分をどう解釈したら当てはまるのか」、という作業によって対処法が決ま ります。載っていないからといって法に盛り込む(法改正が必要)という動きには決し てなりません。だってそんなこと国会での話であって現場での話ではないからです。
シン・ゴジラを観ていてそのあたりが思い起こされました。

そうなんですよ、有事が起きても今の法律で問題ないのですよ。

③日米安保の話が複雑に絡んでいました。

他人に助けてもらおうとするなら、その見返りもあり、またそのしっぺ返しもある、と いうことを描いていました。

ステルス爆撃機が日本が頼んでもいないのに日本に飛んできてゴジラに爆弾を落としま した。

日本には米軍基地がある→アメリカはきっと日本を守ってくれるさ⇒そんなことなかっ た。

そして諸外国はゴジラへの核兵器使用を進めていきます。

なにかあったらアメリカは平気な顔してコトを進めます。

大義名分の名のもとに、それこそ今の制度を新解釈して。

核兵器使用を進める諸外国は、ゴジラ退治という大義名分で日本を落とそうとしている 輩かもしれません。

④テロップがうざい?

あんなにいっぱい人が出てきて、名前やら役職やらバンバン出てきて。

で、実のところゴジラ対策はチーム(組織)で行っている。

そう、個々人の名前とかどうでもいいんだよ。組織として機能していればいいんだよ。 つか、それが日本だ。

っていうメッセージだと思います。
なので、テロップうぜぇし意味分かんない、って思ったならそれ多分、庵野監督の思う 壺ですよ。

⑤クライマックスでゴジラが都合よく倒れ過ぎだって?

ちゃんと「計算通り」ってセリフがありましたし「陽動」って言っています。

描かれていないけれど、ちゃんとシミュレーションしていると思います。

主人公一人の勝手な行動でうまくいった!っていうハリウッド映画とは違います。

⑥ゴジラへの攻撃?がショボすぎる?

ゴジラは核の象徴です。そして、あの最後のミッションに使った放水車って、福島の原 発でさんざん話題になったやつじゃないですか。

ゴジラなんて脅威なものに、ショボイ放水車。

ほら、福島のときの暗喩ですよね

⑦ゴジラ第一形態がキモイ、CGへたくそ、何しにきたの、って?

いや、かわいかったよ。ぬいぐるみ出ないかな(笑)。

何考えているか分からない巨大生物のこわさ、そして圧倒的な不気味さ、人類の敗北感 、の描写だと思います。

第四形態ですら目が虚ろなのは、人格とか性格を表していないということであり、何し に上陸したのかすら分からないってのは自然災害に理由なんてありませんよ。

阪神大震災にせよ、東日本大震災にせよ、人間はただた怯えて逃げるだけで、対策は後 手後手だったでしょ。

⑧エヴァンゲリオンだって?

監督の個性が全面的に出てたんだからいいんじゃないの?

悪い味付けとは感じなかったし。

それに、エヴァって庵野監督のもの=日本のもの、だよ。

外国のパクリじゃなくてさ。

⑨セリフが聞き取りにくい?

政治家や官僚の実際の会話を録音して、それをもとに役者に演技させてるんだよ。

だからヘタクソなんじゃなくて、政治家のしゃべり方や素振りは実際あんなのってこと 。

⑩冒頭のボートに乗っていた博士は?

この部分がシン・ゴジラの肝となるところだと思います。

ゴジラ対策で必死のなか、あまり考察・調査できていませんでしたし、あるとしたら( 庵野監督は「一度きりの挑戦」と言ってますので)次作につながる部分でしょう。

行方不明になった場所とゴジラ出現場所が同じというのも気になります。

投棄核廃棄物を調査している際にゴジラを発見してしまったのでは…?

⑪ラストのゴジラの尻尾のアップって?

これも(あるなら)次作をにおわせる部分ですね。

完全体、進化する細胞、のゴジラが断末魔の際に抗った結果でしょう。

話の中でゴジラの次の進化について触れていましたが、もしかしたら行方不明の博士が 取り込まれていて、ヒトの遺伝子を獲得しているのかも。だから、次なる進化としてあ の形を作った。という感じかな?

予想外にメッチャ凄い映画だったのでびっくり&感激しました。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.649 (感想)ズートピア

『すごいの観ちゃった!』(鈴木敏夫 談)

ども、KOMOです。

冒頭のセリフは、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが、ズートピアを観てスタジオに戻って宮﨑駿さんに言った言葉らしいです。

まさにその通りでした。

こんなのディズニーアニメじゃない!(いい意味で)

感動しました。

アメリカ社会が抱える闇をよくも描き切ったと感動しました。

アメリカの闇って?

ズバリ、差別です。

アニメでよくある、主人公の容姿についての差別とかじゃありません。

人種差別について観客の心をどんどん抉ってきます。

楽しいディズニーアニメを見ていて心が痛むなんて初めてでした。

よくある世間知らずの糞ガキが偉そうなコト言って、なんでか大活躍する糞アニメかと思っていたら全然違っていました。

それにストーリー展開も今までのディズニーっぽくないかな。

連続行方不明事件の裏に隠された秘密・・・って、どっちかというと日本アニメっぽい展開だよ。

マジで良かった。

身の回りで良かった良かったって言ってるから、しゃーねぇなとレイトショーを観に行ったんですが、結構座席が埋まっていてビックリしました。

観終わってから納得。

一言、すごかった。というのが正直な感想。まさに鈴木Pのセリフですよ。

これはブルーレイ買おうかなぁ。

ここで、ちょっと補足説明をしたいと思います。

①主人公のウサギであるジュディは、警察署の受付のチーターから、初見で「かわいい!」と言われます。

ここでジュディはチーターに答えるのですが、

吹き替え版では、見た目で判断されるのは・・・という意味合いのセリフで、まぁ軽く差別発言についての暗喩になっています。

字幕版では、ウサギどうしでかわいいって呼ぶのはいいけど、ほかの動物に言われるのはちょっと・・・、というセリフです。

コレはズバリ黒人差別についてです。

黒人のことを差す蔑称でニガーというのがありますが、黒人同士では「ヘイ、ブラザー」のような日常的な呼び方で使うらしいです。(Wikipediaに書いてあった(^_^;))

黒人同士で使うにはイイけど白人には言われたくない、ということを指しているわけです。

日本では馴染みのないことなので、分かりやすく且つ意味は損なわれずに変更しています。


②ラストでズートピアの歌姫(かな?)ガゼルがステージで歌って踊り、今までのキャラ総出演で踊って幕を閉じます。

このライブでガゼルが「前脚を上げて!」と合いの手を入れます。

字幕版ではこのセリフが英語とスペイン語で交互に言います。

何故かって?ガゼルの声を当てている人がスペイン語を公用語とするコロンビア出身者であり、且つ、ヒスパニックの人たちの周りではいろいろな社会問題が起きているからです。

単なるダンスでの「前脚を上げて」じゃないんですよね。

エンディングの楽しいシーンにおいてでもアメリカの社会問題について訴えているということです。

そんなこんなで、吹き替え版ではその辺りがオブラートに包まれていたり、表現が変わっていたりする部分がちょこちょこあります。

私はオリジナル原理主義者ではありませんので、吹き替え版がダメとは言いません。

吹き替え版で主人公を演じた上戸彩さんは頑張っていましたよ。マトモに聴けるレベルでした。

オリジナル版と比べて・・・という人もいるでしょうが、オリジナルはその国・原語に応じたしゃべり方とかがありますので、そのままの演技が日本語で出来る・通じるかは別問題と思います。

そんな上戸彩さんを、森川智之さん、玄田哲章さん、三宅健太さん、竹内順子さん、といったプロ声優さんががっちり脇を固めています。

そうそう警察署の受付のチーターがサバンナ高橋さんでした。エンドロールみて気づいたぐらいで、演技上手かったですよ。

あと、厚切りジェイソンもチョイ役で出ています。(駐禁切られて怒る人?役です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.648 高島屋 2016年お中元カタログ

ども、KOMOです。

お久しぶりです。
いろいろ書かなくてはと思いつつ、時機を逃して放置状態のブログです。

さて、どうしても書かざるを得ない事態が発生。


タイトルにあるとおり、高島屋さんの今年(2016年)のお中元カタログですが、なんと「萌え」です。


絵師さんは、松浦 浩之さんです。

なんと思い切ったことか。
近くに高島屋がないというひとは、ネットでカタログを取り寄せられます。

んでわ。

20160513takashimaya_chugen2016


カタログ無料請求|高島屋オンラインストア :
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/free_catalog_detail.html?cs_cd=000200003

ニュースリリースは以下の直リンでどうぞ。
http://takashimaya.co.jp/base/corp/topics/160512.pdf


絵師さんのオフィシャルサイト
Hiroyuki Matsuura, Contemporary artist | 松浦浩之オフィシャルサイト : http://hiroyukimatsuura.com/


松浦浩之さんについての紹介は以下の東京画廊さんのサイトが詳しいです。

松浦浩之/Hiroyuki Matsuura | Artists japan |
東京画廊+BTAP TOKYO GALLERY + BEIJING TOKYO ART PROJECTS :
http://www.tokyo-gallery.com/artists/japan/hiroyuki-matsuura.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.647 Windows10にて(2) IMEの再起動

ども、KOMOです。

Windows10、素晴らしいですね。

Windows7が大変よく出来たOSだと思っていましたが、10になってスマフォのような使い勝手がプラスされて、デスクトップでしか使っていませんが非常によく洗練されてきたと感じます。

さて、目下の問題の一つは、日本語入力ですよね。

標準のMicrosoftIMEが削除出来ない、という最悪な設定ですよね。

IMEに関してはMicrosoftのは使いたくない。アホだし、いらんことするし、重いし。

んで、Google日本語入力を使用していますが、何かに拍子にすぐにMicrosoftIMEに戻ってしまいます。

その度に、Windowsキー+スペースキーで小窓を開いて、Google日本語入力に切り替えています。

今のところこのやり方しかないようです。Googleさんの改善に期待しましょう。

開発版なら多少改善されているっぽいですが、どこからダウンロードするのか私は知りませんので。

さて、タスクバーの左端のスタートメニューの横に検索ボックス(WebとWindowsを検索)がありますが、ここを使ってみようとマウスでクリックしても全く無反応ことがよくあります。

IMEの状態を見ると、MicrosoftIMEになっていても、「×」マークが出ていて、「IMEが無効です」なんて無慈悲なメッセージが出ます。

OS標準機能に対してはMicrosoftIMEでしか反応しないっぽいみたいですね。

それならそれでちゃんとMicrosoftIMEにしたら入力出来たらいいのに、何故か無反応なときが多々あります。

PC再起動で治ったりしますが、深夜アニメの録画とか何かしらバッググラウンドで処理している我がPCでは、再起動は極力したくありません。

IMEが無効、ってなら有効にする手立てがないのか?ってことですが、あります。

IMEを再起動してやるんです。

Windowsキー+Rキー で「ファイル名を指定して実行」を起動します。

そして ctfmon.exe と入力して実行します。

さすれば画面上では何の変哲も起こりませんが、MicrosoftIMEが再起動します。

これで晴れて検索ボックスが開くようになります。

んでわ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.646 Windows10にて(1) 5.1ch再生の設定

ども、KOMOです。

Windows7マシンからWindows10にアップグレードしました。

Windows7が出た初期のPCですので、10にしたら処理が重くなるんじゃないの?って杞憂がありましたが、エイヤッ!って感じで特にバックアップもせずにアップグレードしました。

さて、アップグレードしてすぐに困ったのが音の再生がおかしいってこと。

私はマザボにRealtek HDが付いており、アナログで5.1ch再生しています。

センター、右、左、リア右、リア左、ウーファー、のスピーカー6個です。

DVDやBDの再生にはPowerDVD14 Ultraを使用しております。

が、ステレオ再生しかしない。リアスピーカーから音が出ない。

Windows10用にデバイスドライバをアップデートする必要があるのかと思い、色々ググってRealtekのサイトから該当するファイルを探し当て、インストールしましたが改善せず。

んんん~?

しばらく悩みましたが、結論を申しますと、スピーカー構成を5.1chの6スピーカー構成ではなく、7.1chの8スピーカー構成にすることで解決しました。

8スピーカー構成にしておいて、サイドの左右スピーカーを殺す(音を出さない)設定することできちんと再生することができました。

このように設定しました。
20150831

OS上での認識を8スピーカーに設定しておき、再生ソフト(PowerDVDなど)でもスピーカー構成を8スピーカーに設定することで、うまく行きました。
20150831_2

理由はよく分かりませんが、これでちゃんと5.1chで再生出来ています。

参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.645 墨国回転鶏料理

墨国(ぼっこく)料理を喰う。

ども、KOMOです。

週末に「呑みに行こう!」ということで天満(てんま)市場あたりの飲み屋をブラブラと物色。

ウマそうな鶏肉料理の店を発見。

墨国??

メニューが書かれた看板が店の前あったので見てみると、墨国とはメキシコのことだと判明。

ほぅ。珍しいねぇと言うことで店の中へ。

鶏肉料理と豚肉料理がメイン。

んでもってメキシコビールが各種。

鶏肉を一匹まるごとを回転ロースターでグルグル回しながら丸焼きにしたものに、野菜とサルサを混ぜてトルティージャ(トウモロコシで出来た皮)で包んでタコスとしてパクつくというもの。

店名にもなっている墨国回転鶏

うまい!

あまりにも旨くてパクパクと食べてしまい、写真を取るのを忘れました(^_^;)

つくづく、料理写真家とか旅ログとか向いていないと思います(笑)

あと頼んだのは同じように回転ロースターで焼いた豚肉(パストール)をタコスでたべるもので、墨国回転豚というもの。

何とか食べる前に写真を撮りました。

20150707mexico

混ぜ混ぜしてトルティージャで包んで食べます。

メキシコビールを2本飲みました。

20150707mexicobeer

いろいろありましたが選んだは、テカテ、ティファナモレナ、の2本。

他に頼んだ料理は、イカゲソのハバネロ焼き、小海老のにんにくオイル煮込、ライスコロッケのカカオ煮込み。

珍しい料理とビールに舌鼓を打ちました。

あとで知ったんですが、梅田・茶屋町(ちゃやまち)にも店があり、梅田・ルクアイーレにも出店しているようです。

今すごく勢いのあるお店の一つのようですね。

大変美味しゅうございました。

んでわ。

<参考リンク>

メキシカンリストランテQueRico(ケリコ)|墨国回転鶏料理
http://www.querico.jp

墨国回転鶏料理 天満店 (ケリコ) 天満/メキシコ料理 [食べログ]
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27011009/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.644 Google Playでダウンロード出来ない場合の対処法

ども、KOMOです。

自分用備忘録ですが、お役に立てれば幸いです。

先日、Androidの中華タブレットにて、インストールしたアプリのアップデートがいくつかあったのだが、いっこうにダウンロードが進まない

一気にたくさんダウンロードを始めているのが悪いのかと思い、一個ずつアップデートしてもちっともダウンロード終わりません。そもそもダウンロードしている気配が無い。

軽くググってみたらあちこちで対処法が書かれていましたが、結局効果なし。

Google Playヘルプという公式サイトにも、同症状について書かれており、トラブルシューティングが手順を追って説明されていましたが、結局効果なしでした。

「Google Playストア」と「ダウンロードマネージャー」のキャッシュとデータを削除しろとか、「Google Playストア」の「アップデートのアンインストール」も試せとか、「モバイルデータのバックグラウンド制限」が問題だとか、いろいろ書かれていましたが、どれも全く効果なし。

何回も何回もキャッシュとデータを削除して再起動を繰り返してみるも、ダウンロードが進みません。

ううむ。

 

Googleアカウントの削除&再登録、もしくは、端末初期化しか道はないのか?としばらく悩みました。

 

だめもとでやった最後の手段で解決出来ました。

 

「Google Play開発者サービス」のキャッシュとデータの削除と、「アップデートのアンインストール」を行いましたら、嘘のようにダウンロードが始まりました。

何か引っかかっていたんですね。

公式サイトにも書いといて欲しかったです。

以上です。

↓役に立たない公式サイトのトラブルシューティング

アプリやゲームがダウンロードできない問題 - Google Play ヘルプ :
https://support.google.com/googleplay/troubleshooter/4592924?hl=ja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.643 (感想)映画ドラゴンボールZ 復活のF

フリーザさん、なんかめっちゃ可哀想でした…。

ちょい過去に戻ってやり直すって流行ってんの?

ども、KOMOです。

以上、「復活のF」の感想でした(^^;


また更新に間が空いてしまいました。

色々とネタがあるものの、自宅でパソコンに向かうまとまった時間が取れず、いつも脳内で推敲しているだけで更新作業ができません(=_=)

さて、忙しいさなかの合間を縫ってまずは書きたいのが、映画ドラゴンボールの感想です。

前作の「神と神」が大変素晴らしかったのですが、今作はちょっとパワーダウンかな。

しかし鳥山明さんが脚本をしていますので、納得の範囲内ではありました。

前作からの続きの世界となっており、前作からさらに悟空とベジータが成長(修行)しています。

そして各々の弱さについて師事するウイスから忠告を受けたことや、それによるラストの出来事などから鑑みて、さらなる悟空とベジータの精神面での成長を予想させられる内容でした。

すでに超人と言っていいほどの二人にエラそうなことを言えて、そして二人が納得するにはもはや神レベルでないといけません。その点、破壊神ビルスやその師匠ウイスという立場の者はうってつけですね。鳥山明さんもだいぶ考えた結果だと思います。

このあたりはファンにとっての見たかった部分ですね。

で、肝心のフリーザですが、たしか劇場で流れる特報第1弾では悟空の声で神龍に対して"蘇らせたい者がいる"的なセリフを吐いていたような気がするんですが…。裏とってなくてスンマセンが。

んで、私はてっきり、悟空のいつもの戦闘バカ脳のせいで、みんな(地球)の迷惑を顧みずに、ただ単に好敵手としてもう一度フリーザと戦いという一心でドラゴンボール(神龍)にフリーザ復活を願ってしまう…、という内容だと想像していました。

TVやジャンプなどでの特集やらは全く見ていなかったので、映画の内容についての情報は全く仕入れていないまま劇場に足を運びました。

フリーザ復活の理由であったり、フリーザ軍の状況であったり、ドラゴンボールの集め方であったり、そのあたりはさすがに鳥山明さんが脚本しているだけあって、非常に破たん無くわかりやすく展開されました。

ですが、単にフリーザ軍の現主導者ソルベ(元はフリーザの部下)が軍再興(と思います)をかけてフリーザを復活させたのは、いささか拍子抜けというか…。 あの特報(予告)は何だったんだろう?(俺の勘違い??)

ドラゴンボールでの復活をやっちゃったら、どんな過去のヤツも蘇らせられるじゃん。

まぁ、肉体がバラバラでは復活が難しいっていう説明が神龍からありましたけど。

そんなこんなで復活なされたフリーザ様。

ですが、自分が倒されてからの悟空たちの成長をまったく知らないわけで、"生まれながらの天才がトレーニングすれば大丈夫"的なセリフとか、"4か月のトレーニングで戦闘力は130万まで上がるだろう"といったセリフが、本当は恐怖を感じさせるシーンなハズが逆に「あぁ、今の悟空知らんのだろうな」「ちょ、130万って。全然戦闘力足りてないよ」と見ているものが思ってしまって、フリーザ様がマジ可哀想になってきました。

フリーザ軍1000人を引き連れて地球にやってきたフリーザ様。

予告編ではさんざん恐怖をあおっていましたが、ふたを開けてみればピッコロさん、悟飯、クリリン、はては天津飯や亀仙人、銀河パトロールのジャコ、といった正直「え?大丈夫なん?」的なメンツによって1000人のフリーザ軍はあっけなく全滅。

最終的に死に追いやったのはフリーザ様ですが。

ちょくちょく入るギャグパートがストーリーの流れに緩急をつけてしまうのが、にんともかんとも。

まぁ原作マンガのテイストを出しているといえばそうなんですけどね。このあたりは前作「神と神」でもありましたけど。

超絶に強すぎる破壊神ビルスがいるおかげで、ビルス以外がいくら強がったり恐怖をあおったりしても、「は?」と思えてしまうのはしかたないのかなぁ。

戦闘シーンは前作同様、CG作画のおかげでダイナミックな迫力あるシーンとなっています。

手書きテイストを残しているのはありがたいです。

んでんでんで(にゃあ)

フリーザ様があんまり怖くなかったのが、ホント残念。

戦闘の最後のほうでは哀愁すら感じるようになってしまいました。

この辺は「予告編と全然違う!」って思う部分ですね。

もっと全員ビビってほしかった。

でもね。

悟空たちは前作で、マジで地球が危ない戦いを目の当たりにしているのですよ。

破壊神ビルスというバケモノのせいで、パワーインフレが打ち止めされてしまったというか。

ゴールデンフリーザ様を見ても、全然弱そうというか…。

まぁ結局、悟空やベジータに弱みを悟らせるという大役を成し遂げ、また葬られてしまい地獄に逆戻り。

ドラゴンボール史の上では非常に意味ある話だったと思います。

ですが、エンターテイメント作品としてどうだっか?と問われると正直微妙…な感じで、私としては「70点」ぐらいが妥当かなと思います。

駄作だった!といっておられるファンもいるようですが、そこまでひどくは無かったですよ。

プリキュアの春のカーニバルのほうが、ホント、マジ勘弁、って出来だったですし(笑)。

というわけで長々と感想を述べてしまいました。

んでわ。

p.s.過去に戻ってやり直す、ですがこれって諸刃の剣(やってはイケナイ)じゃないの?

今年のドラえもん映画でもこれやっちゃいましたけどさぁ。

私は正直、やってはいけない手法だと思います。

失敗したときの「if」を見せるという手ではありますが、その辺はうまく演出で観客に分からせるというかさぁ、「時を止めてその間に手を打つ」のがギリギリだと思います。ハイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.642 機能性表示食品、規制強化か緩和か?

ども、KOMOです。

食品表示法がはじまり、5年以内に加工食品の表示がガラリと変わることになったわけですが、これ以外にも「機能性表示食品」という新しい食品のカテゴリが作られました。

巷のニュースを流し読みしていると、どうも世間、というかマスコミは、微妙に誤解しているご様子です。

というのも、今まできちんと国が審査していた特定保健用食品(トクホ)とは違い、メーカーが成分の有効性についての論文(他人の物でもよい)があれば、届け出るだけでよい、つまり規制緩和である、もしくは、論文提出だけでよいので危険だ、といった論調のものを散見します。

はっきり言います。ウソです。

機能性表示食品は、ちまたに溢れるよくワカラン健康食品を売っていたメーカーにとって、脅威となる制度です。

機能性表示食品制度について、メーカー(事業者)向けに作られたパンフレットのPDFファイルが消費者庁から公開されました。

こちらを読めば一目瞭然。

論文提出だけでよい、なんて軽く書いているマスコミはもう一度出直してこいと言いたい。

てゆうか、そんな記事書いた担当者は無能なので辞めさせろ。

他人の論文でもよい、とありますがこの「研究レビュー(システマティックレビュー)」は、そうそう簡単にはできません。

パンフレットの該当ページを抜粋して下に貼り付けていますが、客観的評価ができるようにいろいろと文献を揃えなければいけません。

Photo 2

また、実験データで証明する場合は、「最終製品」での「ヒト臨床試験結果」が必要です。

国の審査が不要になって、自社の実験データの提出だけでよい、だから規制緩和だとか言ってるやつはマスコミから追放したいぐらいです。

きちんとした商品(最終製品)を使ってのヒト臨床試験、なんてそうそう出来ません。

日にちもお金も掛かります。もちろん、自社でそれだけのデータを揃えられるメーカーにとっては今まではトクホとしては規定上販売できなかったものが、大手を振って販売できるようになるので大喜びです。この点からいうと、規制緩和でしょう。

しかし、●●大学の△△さんがこんな論文を書いています、とか、ある成分を使って試験管実験した結果○○が認められました、■■には○○の効果があると言われています、なんてものはすべからく却下されます。

今まではそんなあいまいな奴でも平然と、「健康食品」として売られていました。

もちろん、これからもそんな「健康食品」も販売され続けられるでしょうが、同じような成分を使った商品できちんと効果効能が評価された「機能性表示食品」が出てきたら、多分、そちらのほうが売れるでしょう。

ちなみに、健康食品は「食品」であって「医薬品」ではありませんので、極論すれば「効果が出てはいけない」ものです。効果が出ればそれは薬ですから。だからハッキリ書きませんし書けません。繰り返しますが、効果が出ればそれは薬であって、薬事法違反になります。健康食品に効果効能を求めてはいけません。

話を戻しまして、機能性表示食品として認められるには、効果効能の客観的データを揃えるだけではなく、社内体制の構築も求めらます。

安全であること、管理された製造をしていること、お客様からのクレーム受付けがきちんとできること、が必須条件です。

○○の効果があると言われている成分を使って錠剤を作っただけで、ウチの商品に効果があるかどうかとは別の話、だとか、マンションの一室で電話一つしかない販売会社、とかはダメダメです。

怪しい健康食品を売っている会社にとっては、規制強化なんです。

今まで通りの健康食品は当然ながら販売続けられるでしょう。しかし、肩身が狭くなるのは間違いないでしょう。

夏前にはそろそろ大手から機能性表示食品がちまたに出始めるでしょう。

まともな機能性表示食品がどんどん増えていって、悪質な健康食品が減っていけばいいですね。

それでは。

<参考リンク>

《事業者向け》 「機能性表示食品」制度がはじまります!
http://www.caa.go.jp/foods/pdf/150402_2.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.641 フレッツ光ネクスト隼がやってきた ヤァヤァヤァ!(1)

ども、KOMOです。


まずは昔話から。

10年近く前の話です。

私は今の賃貸に引っ越した時に、NTTのBフレッツを敷きました。

しばらくは電話回線でのダイヤルアップでWindow98でネットサーフィンをしていました。

WindowsXPマシンをボーナスはたいて購入し、それを機にBフレッツの導入を決意しました。

当時はまだまだ光回線なんて普及していなくて、徐々に利用エリアが広がるを待つしかありませんでした。

そんな折、マンションの管理人さんから「KOMOさんとこのマンションの1階の店舗が光ファイバーを引き込んでるよ」との情報が。

「電柱から引き込めるはずだ」とも。

マンションの場所はまだまだBフレッツエリアでは無かったけども、どうやら光が敷けそうだ!

それならばと、プロバイダ(ニフティ)経由でBフレッツ工事を依頼。

当時はまだまだ工事費が掛かるご時世でして、たしか2~3万円工事費が掛かったはず。

しかもどこから光ファイバーを通すかの事前調査に、いったんNTTの下請け会社が部屋を見に来て、それから後日工事が始まるという面倒な手続きが必要でした。

それにそのNTTの下請けがろくでもない会社で、余剰人員かシルバー人材かってぐらい要領を得ない奴でした。

事前調査のために平日会社を休んで、どこから光ファイバーを通すのか確認してもらったのに、工事当日、工事会社にはその旨が伝わっていなかったという…。

ほかにも色々あったけど、ホントつかえない奴らの集まりの会社でした。

そんなわけで、無事に電柱から光ファイバーを分岐させてマンションの外周を回ってクーラーの配管と一緒に部屋に引き込んだのでした。

住んでるのはマンションですが自分の部屋だけに引き込んだのでホームタイプです(^^)/

当時としては画期的な速さで、びっくりしました。

そりゃ、ADSLとかすっ飛ばしてアナログからいきなり光でしたからね。

そんなこんなでずーっと使っていて特に不自由なかったんですが、ある日Bフレッツ終了のお知らせが来ました。

やはり古い回線となってしまったため、フレッツネクスト隼などに変更してほしいとのこと。

私が勝手に光回線を引き込んだ後、ようやくマンションも光対応となり、全戸にいきわたるようになりました。

と言ってもマンションタイプなので私の部屋の回線とは別であるわけです(笑)。

さて住所などで調べると当然ながら今住んでるところは光対応マンションなので、マンションタイプへの切り替えしか案内されません。

フレッツ隼でも私の部屋だけホームタイプで引き込むことが今でも可能なのか?とか、どんな端末になるのか?、どう手続きしたらいいのか?などなど、分からないことだらけ。

とにかく人に聞いてみようと思い、梅田のヨドバシカメラに行ってブロードバンドコーナーで聞いてみたり、NTTのブースに行って聞いてみたり、といろいろしてみましたが、結局のところ「よくわかりませんでした」(笑)

そうこうしていたらウチのマンション担当のNTT下請けの営業マンも来る始末。

UNEXTの関連会社みたいだった。

光対応マンションだから契約しませんか?というばかりで、Bフレッツから隼への品目変更についてコイツも要領を得ない。

というのも、代理店やお店などではあくまでも「ご新規さん」についてしか対応できないのですね。

新規にフレッツやeo光やJCOMを導入するなら、ショップのポイントやら金券やら、結構なキャッシュバックがあるんですね(ヨドバシカメラでならヨドバシポイントが2~3万円分あるようでした)

で、Bフレッツ→隼、となると品目変更ということで、ショップやNTTブースでは対応できないので、NTTに電話するなり直接やり取りしてくれ、とのこと。
しかもどんな端末(ONU)になるのか?とか、WiFiをするには?とか、いろいろ聞いてもナンカ要領を得ない。マニュアル通りの知識しかないようでした。


私が聞きたかったのは、

①Bフレッツから隼にするにはどこにどう申し込んだらいいのか

②ひかり電話は要らない

③できれば光回線を使った地上波テレビ(フレッツ・テレビ)を利用したい

④フレッツ・テレビにしたら、何が見れるのか?、どんな接続になるのか(直接アンテナ線に変換されるのか? セットボックスタイプになるのか?)

④WiFiするにはどうしたらよいのか?光ポータブルLTE(レンタル品)というのがあって、部屋ではWiFiアンテナとして使えるらしいが、これは必須なのか?(WiFi料金というのがチラシに書かれていたりする)

⑤光ポータブルLTEを室外でモバイルルーターとして使うには?メリットは?
⑥ONUがルーター機能を持っているのか、WiFi機能も持っているのか?

などなど。

結局、満足な回答はどこに行っても得られなかった。ダメだあいつ等。

というわけで、続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«No.640 ガイジンに道を訊かれる