« わたる君 | トップページ | 中国での裁判官プログラム »

Google Earthが日本語に対応!

もうインストールに悩むことはありません (TVショッピング風) (挨拶)

ども、KOMOです。

以前に紹介した、Google Earthがバージョンアップして正式に日本語に対応しました。

バージョンアップって言っても、まだベータ版ですがバージョンが「4.0.2080」にアップしたことで、日本語環境へのインストールもクリアし、メニューも日本語になりました。

さらに日本各地で3D表示ができるようになったり、だいぶ高解像度化が進んできますねぇ。

しかし残念ながら従来のVer.3が無くなったようですので、非力マシンの場合はもうムリポ。

ダウンロードページにはいきなり注釈が(^^;
  http://earth.google.co.jp/download-earth.html

Google Earth は、ブロードバンド回線を必要とする 3D ソフトウェアで、すべてのコンピュータで実行できるわけではありません。

・4 年以上前のデスクトップ コンピュータでは、実行できない可能性があります。
・2 年以上前のノートブック コンピュータでは、実行できない可能性があります。

推奨環境もハイレベルを要求します。
・オペレーティング システム: Windows XP
・CPU: Pentium 4 2.4 GHz 以上、または AMD 2400 xp 以上
・システム メモリ (RAM): 512 MB RAM
・ハード ディスク: 2 GB の空き容量
・ネットワーク速度: 768 Kb/秒
・グラフィック カード: 32 MB の VRAM 搭載で 3D 対応
・画面: 解像度 1280X1024、32 ビット True Color 画面

合格ラインなら是非インストールしてみましょう。

それと、以前紹介しました、大阪などでの渋滞情報をGoogle Earthに表示する、インターナビですが、インターナビに無料登録するとルート探索なんかもできてGoogle Earthで表示できます

今回、3D立体地図になる地域が増えましたので、是非やってみましょう。

家にいながらでかいパソコン画面で検索したルートを眺められます。

ちんまりカーナビの画面よりも格段にレスポンスがよく、しかもGoogle Earthですからグリグリ自由に視点を動かすことができます。

お試しあれ。

インターナビのサイトは
http://www.premium-club.jp/

無料登録してオーナー専用ページに入ると、ドライブプランニングのページがあります。

ルート探索させてGoogle Earthで表示できるようになっております。

画像を貼ろうかと思ったけど、このブログの画面では狭くてうまく説明できないので省略します。

使い勝手とかは多分、他の人がブログで書いてくれるでしょう(^^;

  (参考)インプレスのInternet Watchの記事はこちら
  http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/09/14/13296.html

|

« わたる君 | トップページ | 中国での裁判官プログラム »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/11900941

この記事へのトラックバック一覧です: Google Earthが日本語に対応!:

« わたる君 | トップページ | 中国での裁判官プログラム »