« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)

そして受け継がれていく(挨拶)

ども、KOMOです。

とうわけで、買ってきたやつを実際に使ってみよう!

1119pot01箱の外観はこんな感じです。

改めて紹介しますとティファールの1.2リットルタイプのジャスティンという名前のを買いました。

あ、背景の絵狭くて小汚い台所を目隠しするためのものであって、それ以上でもそれ以下でもありません

だから気にするな。

1119pot02 ぶっ壊れたポット(写真左)との大きさ比較。

(繰り返すが絵は背後の目隠しにすぎん)

この壊れたポットこそが、部屋をスチームサウナ風呂状態にした強制加湿モード搭載の象印のやつ。

捨てる最後に通電チェックしたら、ヘンなエラーが表示されて過熱もしませんでした。

あの鬼のような強制加湿モードは最後の悪あがきか、断末魔の叫びか、何かが憑り着いていたのか(^^;

ポットが2.5リットルの背の低いタイプのものです。

ケトルが1.2リットル。

高さはさほど変わらないので、棚に同じように置けました。

1119pot03 商品比較の際に着目したのがココ(前回記事の検証3ね)。

フタがバネで跳ね上がります。

確かにケトルをシンクまで持っていって蛇口から水を入れるのに便利です。

単身用マンションだからシンクが小さいのね。

ケトルを蛇口に対して斜めに向けても、バネのおかげでフタが倒れません。

よく考えられています。

売れている、支持されている、理由はここらへんにあるんじゃないでしょうか。

やはり値段だけ考えて購入しては、安物買いの銭失いになってしまいます。

実際に沸かしてみると沸かす量が少ないしワット数が高いので、ホントに早く沸きます。

1リットルほどが5分ぐらいで沸きます。コップ一杯程度ならホント早く沸きますよ。

ヤカンとポットのいい所を合わせた感じですね。

こうやって使ってみると、正直今までの2.5リットルも必要なかったわけで。

朝から晩に帰宅するまでの12時間以上ず~っと保温で電気食ってたわけでして。

外食とか飲みに行ったり、結局お湯を使わない日が2,3日続いたりして。

で、ようやくケトルを買うに至った訳です。

買う気になったのも、出張が続いて出張手当が幾分か手に入ったからです(´∀`)

うちは出張の旅費や手当てなどは出張から帰って精算したらすぐに現金で貰えるんですわ。

あぶく銭は手元にあるうちにすぐに使っちまおうという魂胆です。

↑そんなことしてるから金が貯まらんのだ ヾ(^^;

大変気に入って使っています。

お金をケチって安いやつにしなくて良かったと、沸かしたお湯でお茶を淹れて感慨にふけっております。(´ー`)つ旦~~

というわけで、「電気ケトル~ティファールへの道」これにて「完」

長編にお付き合い頂きありがとうございました。

--

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no91__e7a4.html

No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no93__eace.html

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no94__9be0.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)

支持されているものにはそれなりの理由がある(挨拶)

ども、KOMOです。

え~、まずはじめに。

過去記事のカテゴリ別けを整理しました。
最近また能登麻美子さんの時報CMでたどり着く人が増えましたので(^^;、「能登麻美子」カテゴリを新設して過去記事をまとめました。

さて、本題に戻って、電気ケトル、どのメーカーのものを買うか

いろいろ触ってみたところ、値段・容量・形状などからやはりティファールが第一候補となりました。

しかしながら、 ドリテックの電気ケトルは、確かに値段が安い。

一時はこれでいいかな?と箱を手にとって見たものの、いや待て待てもう一度ティファールと比べてみよう、値段が違うのに何か理由があるはずだ 、といざ検証開始。

売り場であっち行ったりこっち行ったりで、持ち上げたりひっくり返したりホームズばりに調査です。

すると次の相違点 が分かりました。

1)ティファールのは台座に乗せてスイッチをONにして、持ち上げるとスイッチがOFFに倒れる。

2)ティファールのはスイッチが台座に乗っているときにしかONにならない。(台座から離れているときにスイッチを押してもOFFにすぐに戻る)

3)ティファールのは上部のフタがバネ式で跳ね上がる。

ドリテックとティファールでは、この3点に違いが見受けられました。

では各事項について考証です。ぽくぽくぽくチーン。

1)は気が利いていますね。確かに沸騰するとどのメーカーのも加熱は終了するみたいですが、ドリテックのは売り場で触った限りではスイッチは物理的にONのままのようです。
(電気的にスイッチが切れるかもしれないが、スイッチ自体はON側に倒れたまま)

つまり、台座から離してお湯を使って、再度台座に乗せるときに加熱される危険性が考えられますね。

2)は1)の危険性をさらに除くのに有効ですね。

台座から離している間はいくらONにしてもすぐにシーソー式のスイッチがOFF側になってしまい、ONにできません。うっかりONにしてしまって台座に乗せて空炊き、という危険性がなくなります。

3)は水を注ぐときに便利ですね。

電気ポットのようにフタがガバっとフルオープンで開いて、ヤカンなど別の容器を使って水を足すタイプならいざ知らず、この形状のケトルだと当然ながらこのまま蛇口まで持っていって直接水を足すスタイルです。

蛇口で注ぐときは必然的にケトルを前傾姿勢にしてしまいがちですよね。つまり、前に傾けるということはフタが倒れてくる、ということが十分に予想できます。
水を注ぐときにフタが勝手に閉まらないようにバネで開いたままになる、というのは非常に便利ですね。

1~3を考えると、如何にティファール製品がユーザーフレンドリーであり、如何に支持されているかが伺えます。

ということで、
カンカンカン!勝者、ティファール!!

おぉ~っと!ティファールに軍配が上がりました。

ティファール製品、購・入・決・定!!

で、さらに追い討ちをかけるようで悪いが、ティファールのはこのタイプでも1250W です。

対してドリテックのは900W です。

今まで使っていた象さんの電気ポットが985W ですから900Wでは加熱量が下がります。

加えて、電気ポットが壊れてからはIHで沸かしていました。

前の記事で書きましたが、IHコンロが1300Wでしたから、ここで900Wのものだと加熱量がずいぶん下がってしまうと思います。

同じワット数でIHと電熱でどれだけ差があるかは分かりませんが、400Wも差があればワット数が高いほうが加熱力は高いでしょう

つまり「すぐ沸くというフレコミの割には沸くのが遅いなぁ」と感じてしまうわけことが十分に予想されます。

IHヒーターはヤカンそのものが発熱しますので、なんというか熱伝導の違いが実感できます。

ですからここで900Wのものを使うわけにはいかんのですよ。

ワット数においてもドリテックは負けてしまいました。

ドリテックのは値段がティファールの半分程度なんだから、仕方がないと言えばそれまでですが(^-^;)

他にはハリオというメーカーのもので、ケトルの胴体がガラスのものがありました。

中が見えて便利なのと、ガラスなので樹脂のにおいがしないとか、いろいろ利点があるようですが、わりと大きめなのとお値段がちょっと予算オーバーでしたので、あえなく見送りました。

そんなわけでティファールの ジャスティンというのを購入しました。

--

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no91__e7a4.html

No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no93__eace.html

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no95__cf1b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)

ヒトは便利さを求めて生きるものなり(挨拶)

ども、KOMOです。

電気ポットが壊れてからしばらくはヤカンでお湯を沸かしていました。

うちのキッチンはガスコンロじゃなくてIHヒーターです。

1300Wもありまして、鍋やヤカンが瞬時に熱くなって便利です。

でもポットと違って沸いたら止まってくれないし、何よりIHが一台しかないのでフライパンなど使ってたらお湯が沸かせない。

ラーメンを茹でている間に丼をお湯で温めておく、というのにも手間がかかります。

あ、ちょっとお湯で・・・という時にお湯がない。

それにヤカンで沸かすと、ヤカンの置き場所に困るんですな。

今使ってるのは笛吹きケトル(沸いたらピーと鳴るやつ)の底が広いタイプ。

沸かすときには底が広いとガスでもIHでも有利なんですが、今度置き場所に困る。

しかも熱くなってるから適当に置けないし。

電気ポットを買い換えようかと思ったけど、結構値段がします。

それにあんまり使わないのにず~っと保温で電気使ってるのも勿体無く思ってきた。

だからといって電気で保温しない魔法瓶タイプは価格が高い。

う~ん。

そんなとき、最近人気のすぐお湯が沸くケトルタイプのものを検討してみました。

要るときだけお湯を沸かして、はいそれまで。

身の回りの人でも使い始めた人がちらほらと。

ブログでもよく見かけますね。(お、企業の思うツボか。)

※企業がブロガー(ブログを書く人)と結託しているようなニュースがありましたな(^^;

何はともあれ、市場調査だ。

ビックカメラヨドバシカメラにてどんなものがいくらで売られているか実地調査です。

梅田近辺に住んでいると、こうゆう実地調査のフットワークが楽です。

まずは千日前のビックカメラ。

安いのがいっぱいありますねぇ。

2,000円台のものが結構ありますねぇ。

でも、知らないメーカーのものばかり(^^; 

当然、ティファールは専用棚があって並んでおりますが、安い2流メーカー(失礼)ものが並んでおります。

へぇ、ドリテックって初めて知りました。割と安い。

ティファールのラインナップもおおかた分かった。

ふむふむ、大体の容量と値段とメーカーの傾向が掴めました。

では、日を改めまして梅田のヨドバシカメラへ。

おぉ、やはり電気ケトルは人気ですな。

ティファール製品が2段×2つの棚を使って展開しております。

で、周りを見渡すと。

ビックカメラであれだけ並んでいたドリテックっていうメーカーの品がない。

ようやく棚の影に1種類だけポツンと並んでいたのを発見。

値段は変わらず。

でも、人気が無いのか売る気がないのか、積んである箱にはホコリが(^^;

さてはて、いったい何を買うべきか買わないべきか。

To be or Not to be・・・

ハムレットのように悩んで第二話終了です。

(参考リンク)

ティファール・ケトル
http://www.t-fal.co.jp/tefal/kettlelife/

ドリテック
http://www.dretec.co.jp/index.html

--

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no91__e7a4.html

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no94__9be0.html

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no95__cf1b.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.92 POP WONDERLAND 赤ずきん

いいから皆買え、子供がいる家庭なら読ませろ(挨拶)

ども、KOMOです。

10月30日に書いた記事に紹介しましたが、我らが(?)ポプラ社から待望の、ぽっぷさんがイラストを描く絵本の第二弾、「POP WONDERLAND 赤ずきん」が発売となりました。

ということで電気ケトルの話を急遽差し替えてお送りします(笑)

1119pop もうこれは絵本というよりも、POP(ぽっぷ)さんのイラスト集とでも言うべきものですよ(オイ

とりあえずは本が発売になったという紹介だけに留めますが、あとでじっくりと堪能してから内容も紹介したいと思います。

「とらのあな」では発売を記念して購入者先着順に特製イラストカードを配布しているようですので、お近くの方、普通の書店では恥ずかしくて買えない方(^^;、は是非その手の専門店でどうぞ。

もちろん通販も手ですね。

ポプラ社も通販やってますが、送料がかかります。

アマゾンでは1500円以上で送料無料ですので、何か一緒に普段は買いづらいものも合わせて買うのも手ですね。(ってそれはオレのこと)

(参考リンク)

ポプラ社 POP WONDERLAND 赤ずきん
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=29000710

とらのあな 特製イラストカードプレゼント♪ http://www.toranoana.jp/shop/061117pop/061117pop.html

(過去記事)ぽっぷさんのイラストカレンダー
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/10/post_f276.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)

起こったことをありのままに話すぜ!(挨拶)

ども、KOMOです。

随分前なのですが、電気ポットが壊れました

どんな風に壊れたかと言うと・・・、とここから回想モードに入ります。

夜、帰宅してポットを見ると、中が空っぽ。当然電源も切れてる。

ん??(゜o゜)おかしいなぁ。

朝お湯を沸かしてお茶やスープを飲んで、水を足して出勤。

帰ってくるとポットが空っぽ。

そんなのが何回が続きました。

(ナレーション:そもそもここで気づくべきだったんです。)

帰宅してお湯を沸かしてみるとちゃんと沸く。

しかし、よーく観察してると普段は100度になると同時ぐらいに加熱が終了するはずが、ヒーターの温度が下がるものの、なにやらじんわり加熱が続きます。

100度表示のままで、保温状態になかなか移行しない。

ん~??

でもそれ以外はちゃんと使えてる。

へんだなぁ~。

そんな症状が続いたある日。

ポットに水を満タンに入れて風呂に入って、風呂から出てみると・・・。

視界が真っ白!

なんじゃこりゃ?煙たくは無いので火事じゃない。湯気だ!

部屋の天井から目線のあたりまで湯気が充満しています!

うちは2DKなんでキッチンは2畳ほど。

部屋の3分の1ぐらいが湯気だらけ!!で真っ白!!

壁や机や窓ガラスに水滴がべっとり。

なんだ!何が起こったんだ!

落ち着け!クールになれ!クールになれオレ!

ゴゴゴゴ!!という唸りが聞こえる!!

キッチンを見ると、湯沸しポットの蒸気抜きの口からありえねぇほどの湯気が怒濤の如く吹き出てやがる!

こいつだ!こいつが原因だ!

1118pot ←こんな状況でした。

すぐさまコンセントを抜き、ポットの蓋を開けてみると・・・。

満タンに入れた水が底1cmぐらいになっていて、しかもすごい沸騰状態!

というわけで電気ポットの温度センサーがイカれて沸騰しつづけるという前代未聞の事態に遭遇しました。

こいつがポットが空になる原因だったのか。

空焚き防止センサーまでイカれてたら火事になってましたね。

今、文字変換が「体希望しセンサー」ってなった(^^;

どこのセンサーだ。へその下か\(=_=)

と、下品な話になって全てをぶち壊して、第一話終了であります。

ご精読ありがとうございました(^^;

--
No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no93__eace.html

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no94__9be0.html

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no95__cf1b.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.90 格安MP3プレイヤー

またまたMP3プレイヤー買いました(挨拶)

ども、KOMOです。

函館出張から帰ってきたと思ったら、やれ友人の結婚式だわ、今度は名古屋に出張だわ、セミナーに出席だわで相変わらず忙しい毎日です。

なかなか更新する暇がないです。パソコンはアニメを録り溜め続けているのでHDがパンク寸前。

それにしても急に寒くなってくるし(><)

つい先日までまだまだ暑くて夏物スーツやジャケットで、そろそろかな?と秋用のものをスーツケースを出したのに、急に冷え込んで1回ほどしか袖を通しただけで、冬物に交代です(^^;

最近ウイルスバスターで検索してたどり着く人が多いですね。能登麻美子で訪れる人を超えますね(笑)。

近頃減り気味だったのに急に能登麻美子でたどり着く人が増えたなぁと思ったら、FMのマクドの時報CMが終わっちゃったんですね。味気ないCMになってしまって、朝から元気が出ません(笑)

能登麻美子復活を希望。

1116sansa01 で、本題ですが、

最近、またMP3プレイヤーを購入しました。

サンディスク製のSDMX2-512Bです。

以前紹介した上海問屋の999円プレイヤーもあるのですが、液晶画面つきの安いのが欲しくなってアマゾンさんで購入しました。

てか、上海問屋のやつは実はもう一つ買ってあるのだ。箱から出してません(^^;

サンディスクといえば、メモリーカードなど作っているメーカーですね。

そんなメーカーが自社でもSDカードを使うMP3プレイヤーを、と考えたのでしょうか。

1116sansa05 こいつは512MBの内蔵メモリがあるにも関わらず、SDカードを挿せる様になってます。(1GB内蔵版もあります)

上海問屋の999円プレイヤーのために買った1GBminiSDカードが2枚あるのですが、無駄にならずうれしい限り。

しかも、お値段はたったの¥2,980円なり。

たまにアマゾンさんで特価になりますので、値段が上がっててもちょっと日にちを空けたら安くなったりします。

この前定価に戻ってたと思ったら、11/16現時点で2,880円に下がってた(^^;

1116sansa02 中身はこんな感じ。

本体にはストラップが付けれないのがちょっと私としてはマイナスポイントですが。

かわりに透明ビニールの袋があり、その中に入れてマジックテープのバンドで腕にくくりつけるようなことが出来ます。(まぁ、そんなことはせんわな)

USBケーブルやらヘッドホン、電池も付いています。

8cmのCD-ROMが付いてますが、別にドライバソフトでもなければ、PDFファイルの説明書が一つ入っているだけです。

ヘッドホンは流行のカナル型ですが、ご他聞に漏れず音がよろしくない。高音のノビがよろしくない。

アマゾンのレビューではヘッドホンはとても良いとか書かれているが、お前ら耳は大丈夫か?と思いますね。耳が肥えていないんでしょうか。

本体自体の再生能力は高いですので、気に入った高音質なヘッドホンに替えましょう。

私として操作性のマイナス点を挙げるとすれば、このプレイヤーには「フォルダという概念が無い」ことですね。

あくまでも音楽ファイルのタグ情報を読み込み、本体側で「アルバム名」とか「アーティスト名」などに分類別けされます。

内蔵、SDの区別もしませんし、フォルダ概念がないので、聴きたい曲のグループでフォルダを作って入れていても、無視されます。

こう考えると、東芝のgigabeatは非常に良く作りこまれていますねぇ。アルバム名などで分類できるし、フォルダによる管理ができますので、パソコンに慣れている人は非常に扱いやすいです。

※フォルダの概念が無いといえば、Windows Media Playerの曲管理に似てますね。

そのあたり、初心者には扱いやすいでしょう。SDカードに適当に曲を入れても、次回起動時に追加した曲が認識されます。

1116sansa03 そんなこんなですが、操作性は非常に簡単です。

MP3の日本語タグ情報に対応してるので、タイトル表記もきちんと日本語で出来ます。

(あ、写ってるタイトル名などは気にするな。)

レジューム機能も有りますし、

なんでか理由は解らんけど

1116sansa04 ストップウォッチ機能と、FMラジオ機能が付いてます。

なんでストップウォッチなんか付いてるんだか(^^;

どうせならカウントダウン式アラームでもあればラーメンタイマーとして使えるんだが。

そういや、ちょい昔の頃は、この手のプレイヤーのことを、デジタルオーディオプレイヤーとか、ソリッドオーディオプレイヤーとか言われてましたね。(歳がバレるね)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

No.89 ぷよ○よ?(その2)

まだ続けるのか?(挨拶)

ども、KOMOです。

タイトルに今回から記事No.付けてみました。数えてみると今回で89個目です。

結構書いてんのね。(人気の程はさておき)

1111puyo21 さて、以前「ぷよりん」というガチャガチャ(ガシャポン)が置いてあった店の前を通りかかると・・・

お!新作が!

「ぷよりん2」だって。

でも、正直なにがどう変わったんか良く判らん。

で、まぁ100円だし、1つガチャリと。

案の定、携帯で写真とってたら通り過ぎるガキんちょに不審な目で見られた(^^;

そそくさと帰路に着きます。

1111puyo24 前バージョンの「ぷよりん」と写真を比べてみましょう。

う~ん。ちょっとぷよりんの配置が違うだけで変化無し。

文字がちょっと違うぐらいか。

写真で判断するに、黄色のぷよりんが追加されたんかな

1111puyo22 さて、今回の奴を開けてみますと、

オレンジ色の奴です。

ちょっと小ぶりかな?

っと思ってよく写真を見たら、サイズは「大」と「中」の2種類って書いてあるんでこれが「中」なんでしょ。

ん~。触り心地はおんなじですね。臭いが軽減されてる??

前の奴はスッゲーゴム臭かったなぁ。

1111puyo23 で、前の奴と比べてみました。

結構小ぶりですね。

でも。

大きさ違っても同じ100円ってのはどうよ!?

しかし、こうも同じぷよりんを出してきたってことは、

もしかして原料が大量にあまってるの??

どう考えても大人気でシリーズ化とは考えにくい(^^;

う~ん。しかし「ぷよぷよ」とそっくり。大丈夫か?

まぁこっちは目つきが1パターンしかないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うさうさ!

うさうさ!っていってもウサギガンティアじゃありません(挨拶)

ども、KOMOです。

ウサギガンティアが「?」な人はスルーしてくだされ。

うさうさってのは、右脳、左脳をどう使っているかで性格や相性を占う方法のことです。

ちなみに私は、「インプットもアウトプットも右脳で行う」という「うう男」らしいですわ。

>趣味は一貫していて、好きなことにはとことん突き進み、いつのまにかその道の第一人者になっていることも。趣味を語り始めたらノンストップでヒートアップ。

ははは、第一人者かどうかは置いといて、当たってるかもね(^^;

ま、簡単なので参考までにやってみては。

そういや、大々的にネットで行った血液判断90%以上の人が「当たってる」と思ったのが、じつは単にランダムで結果を表示していただけ、というとてつもない実験結果が出てますし(^^;

だから占い師なんて、どう喋ったって当たってるように感じるのだ(-_-;)

「バーナム効果」というらしい。そこ!「そんなバーナナ」とか言わないこと!

でわ。

(参考リンク)

ウサギガンティアとは - はてなダイアリー
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%A6%A5%B5%A5%AE%A5%AC%A5%F3%A5%C6%A5%A3%A5%A2

Ameba News|究極の血液型心理検査 9割が「当たっている」
http://news.ameba.jp/2006/09/we0911_2.html

究極の血液型心理検査(復刻サイト)
http://www.senrigan.net/bloodmind/index.html

うさうさ【右脳左脳占い】 Science Of UsaUsa
http://www.nimaigai.com/science.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

函館より帰阪せり

強行スケジュールのなか、函館観光も強行してきました(挨拶)

ども、KOMOです。

無事、函館出張も終了しました。

帰ってきたらすぐに高校の同級生の結婚式があったりして、疲れてしまいましたんで更新がちょっと間が空きました。

で、函館では連日の過密スケジュールのなか、「遊ぶところはキッチリ遊ぶ」というスローガンのもと(?)、出張参加メンバーで観光も過密スケジュールで行ってきました(^^;

大学の教授さんや、企業の取締役さんなどと、「仕事」で飲んだり食ったりしたり、海の幸を買い求めたり、観光したり、ととにかくオンもオフも忙しい出張でした。

ジンギスカンが名物ということで、「テムジン亭」にも行ってきました。

「ガングロジンギスカン」が旨いという意味不明なことを言われ、言われるままにタクシーに乗って到着。

店に着いてから意味が判明。

ガングロって、顔黒のことなのね(^^; 顔が黒い羊のことでした。

サフォークという種類らしい。

こいつの肉だけを使ったのがガングロジンギスカンなのだ。

わりと最近のお店らしいが、函館では人気のお店となっているようです。

脂っこくなく、ラム肉特有の臭みも少なくてウマイです。

しかし料理が出てくるのが遅いんだが。

大阪以外では普通なのか?ビールとか野菜盛り合わせぐらい間髪入れずに持って来いよ。

大阪人は「いらち」なのだ。地下鉄の券売機に硬貨がまとめて投入できるように、投入口を大きくしたり、ウソかホントか、エレベーターに「閉まる」ボタンを付けたのは大阪が初めてだとか。

たらふく食った後は一旦ホテルに向かったのですが、今日はとてもいい天気で空気が澄んでいることと、まだ時間が早いので街の明かりが綺麗だということで(22:00を回ると街灯などの街の明かりが消える)ので、函館山まで向かいました。

何回か函館山は登っていますが、やはり綺麗ですね~。

その後は八幡坂などを見所を巡って、ラーメン食ってからホテルに着きました。

八幡坂の向こうには摩周丸が見えます。

タクシーを貸切にするとたった5千円ですむので、3、4人でいろいろ移動するなら断然おとくです。

貸切とは言わないかもしれないけど、運転手さんのほうから「五千円で結構ですのでいろいろ回りますよ」と持ちかけてくれます。
※ただしいつも函館の夜景を見るときにタクシーを貸し切りにしてるので、昼間もやってくれるか分かりません。

レンタカーを借りて大沼公園までドライブしたり、茂辺地(もへじ)川まで行ったりしました。

茂辺地川でも鮭の川登りのシーズンでして、「さけまつり」なんてやってまして人でごった返していました(^^;

あとは帰りの飛行機の時間まで函館自由市場にて海の幸の買い物(^^)

毛ガニや紅鮭のハラスなど買いました。

最後は函館空港のみやげ物売場です。はじめて買ったのですが、柳月(りゅうげつ)という店の「三方六(さんぽうろく)」というバウムクーヘンがおいしかったです。オススメです!

11/13まで大阪梅田の大丸百貨店の「大北海道展」でも販売してますよ。

(参考リンク)

ジンギスカンなら函館テムジン亭
http://www.temujintei.com/

はこだて自由市場 
http://www2.ocn.ne.jp/~jiyitiba/

北の自然菓 柳月
http://www.ryugetsu.co.jp/

青函連絡船記念館摩周丸_概要
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/kikaku/masyu/

函館観光/青函連絡船記念館 摩周丸/函館市観光スポット
http://www.hakonavi.ne.jp/site/course2/sea.html

函館・南北海道観光ガイド
http://www.hakodate-kankou.com/index.html

※「いらち」とは
http://www.is.osaka-kyoiku.ac.jp/program/kawachi/irachi.html

1104hakodate1 1104hakodate2

1104hakodate3 1104hakodate4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮭の大量死

間近で見ると壮絶です(挨拶)

ども、KOMOです。

え~、いま仕事で函館に来ております。そのため更新がちょっと間が空きました。

1102hakodate 函館はいま紅葉まっさかりです。

白樺の木の白色と、紅葉の黄色、赤、紅色とが混じって綺麗です。(写真は車の中からテキトーに撮ったのであんまりいい景色じゃないけど)

しかし大阪に比べて寒いねぇ。

大阪では未だに部屋んなかで動きまわると汗が出るのでクーラー(除湿)をかけたりしてます。(パソコン2台がフル稼働して排熱のせいってのもあるが(^^;)

大阪ではまだ夏物の背広でしたが、出張に合わせて初めて今年初めて冬物を着ました。

おかげで関空では汗が出ましたが、函館着いたら寒くてコートも必要かな?って感じです。

大阪との気温差が10度以上ありますね。

しかし、いつきても北海道は広い。どこに行くにしても車での移動が必要で、所要時間が1時間は掛かる(^^;

まぁあっちこっちと離れたところに用事があるんですが、2泊3日の出張が30分単位の過密スケジュールだぁ。

マイクロバスを借り切っての移動を繰り返しております。おまけに夜はお付き合いが盛大にあります。

んで、大舟川(おおふねがわ)を渡ったところ、川に目をやってみると・・・・

1102sake1 んん!

ぎゃ~!!おびただしい数の鮭の死骸が川いっぱいに(@_@。

ちょうどいま、鮭の産卵の時期なんですねぇ。

ピークは10月らしいですが、いまでも川を遡って行く鮭の夫婦?がチラチラいました。

産卵後の死に場所を求めて精気なく泳いでいるのや、既に死んでいるのやらで川が鮭でいっぱいです。

下の拡大写真を見てのとおり、壮絶な風景です。

なんでこんな海に近い下流で産卵しているのかっていうと、地元の人に聞いたところ、鮭は地形が入り組んだ場所で産卵するけど、この川は下流に岩がたくさんあって入り組んでいるので、上流まで行かずにここで産卵するそうです。

下流がなだらかな川だと、岩がごろごろしている上流まで上っていくそうです。

こんな風景はテレビではまず見ませんね。

1102sake2

1102sake3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »