« No.113 陛下、運転免許更新なさる | トップページ | No.115 冬の大散財(4)メインPCのHDD編② »

No.114 冬の大散財(3)メインPCのHDD編①

この冬はハードディスクばかり買ってます(挨拶)

ども、KOMOです。

では大散財のHDD編から。

メインPC(エプソンダイレクト:MR1300)の起動HDDの調子がおかしくなった(*_*;

このPCの起動ドライブの容量は160GBで、パーティション構成はCドライブが20GB、Dドライブが残り全部、となっておりました。

Cドライブが20GBでもう手狭。それに何やら起動に時間が掛かることがよくある。(Windowsロゴが出てブラックアウトしてから、XPの「ようこそ画面」がなかなか出てこなくなった。よろしくない状態ですね。)

このマシンはTV機能があるやつでして、その為のプログラムがHDDの隠しパーティションに存在します。

おまけにプリインストールソフトはCDが付属せずに、これまた隠しパーティションに存在し、XP上から専用ソフトでアクセスしてインストールする仕様なり。ですが専用ソフトにてCD-Rへの書き出しが可能なので、この部分の隠しパーティションについてはHDDが壊れてもまずは安心。

しかしTVプログラム(OSを起動せずTVが見れる)の隠しパーティションがHDDの先頭にあり、BIOSと絡んでるため自分でHDDを入れ替えることもままならず

以前、同じPCの起動ドライブがぶっ壊れたとがあります。リセット→再起動→リセット→再起動・・・という無限ループ地獄。

その時は一応回復コンソールでCHKDSKやらFIXBOOTやらFIXMBRを駆使して、どうにか起動できてバックアップとれたものの、超不安定で2回に一回は起動に失敗。

リカバリを行ってOSを入れなおすも、すごく不安定。HDDが物理的におかしくなったようです。

先ほどのようにHDDには隠しパーティションがあり、こいつがネックなためバルクのHDDを繋げたのではリカバリがうまく行かん。

それで仕方が無くメーカーにHDDの交換を依頼しました。

3年間パーツ保証だったので実費(送料、検査料、工賃)で済みました。それでも1万円ちょっとかかりましたが、当時のHDDのバルク品の値段がそれぐらいだったので、自分でHDD買って失敗するよりもメーカーに出す安全策をとりました。

それから1年ほど経ち、今回またHDDが不調です。

もう一度修理に出すのは手間が掛かるし、何よりHDDが初期化されるのはたまらん。しかも修理したところで160GBではもう容量不足でやりにくい。

ということで、アーク情報システムさんより発売されている、「HD革命 CloneDisk Pro Ver.1」を購入。

こいつは起動ドライブのみのバックアップソフトですが、隠しパーティションも含めてHDDまるごとを、別のHDD(内蔵or外付け)にバックアップするソフトです。

アクセスが出来ない隠しパーティションでも、OS上で認識されている領域ならバックアップが可能です。(XPの「コンピュータの管理」のなかの「ディスクの管理」で表示されることが条件。表示されない領域はバックアップ不可能。)

Pro版は、パーティション管理ソフト(パーティションの分割や結合ができるソフト)が同梱されているものです。

もうね、救いの神様って感じのソフトですね。

作業内容については長くなるので、次の記事にします。

|

« No.113 陛下、運転免許更新なさる | トップページ | No.115 冬の大散財(4)メインPCのHDD編② »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/13422744

この記事へのトラックバック一覧です: No.114 冬の大散財(3)メインPCのHDD編①:

« No.113 陛下、運転免許更新なさる | トップページ | No.115 冬の大散財(4)メインPCのHDD編② »