« No.135 久しぶりのビックサイト&アキバ | トップページ | No.137 出張in函館3 »

No.136 SP-550UZ雑感

望遠もいいけど、接写もね(挨拶)

ども、KOMOです。

オリンパスのSP-550UZ

仕事でも趣味にでもぼちぼち使っています。

このデジカメはとかく望遠能力について取り沙汰されることが多いです。

ま、当たり前っちゃあ当たり前の製品なんですが。

詳しい使用レビューなんぞはデジカメに詳しいライターさんの記事を読んでくだされ。

デジカメWatch
【新製品レビュー】オリンパス CAMEDIA SP-550UZ
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/03/29/5932.html

【伊達淳一のデジタルでいこう!】オリンパス CAMEDIA SP-550UZ http://dc.watch.impress.co.jp/cda/review/2007/04/05/5933.html

望遠能力だけでなく、550UZは接写能力もけっこう素晴らしいです。

通常のマクロで焦点距離20mmまで接近できます。

さらに、スーパーマクロでは焦点距離固定となりますが、10mmまで超接近できます。

まずは望遠の素晴らしさをもう一度。

070407moon どうです!?

望遠鏡で撮ったようでしょ。

若干、雲が多い日だったのでお月さんが霞んでいますが、ここまではっきり写すことができます。

リサイズ写真でも、影部分ではクレーターがはっきり見て取れます。

リサイズ無しの無加工データもどうぞ。(3072×2304の約1MB)

「P4060007.JPG」をダウンロード

さすがにデジタルズームを使用していますので、実寸で見ると粗さが目立ちますが、擬色(ノイズ)は少ないでしょう。

25%程度にリサイズすると綺麗に見えます。

では、先ほどから言っているマクロ撮影をどうぞ。

070407etna01_1 まずはマクロで。

被写体がこんなんで失礼(^^;

「ディスガイア」から小悪魔のエトナさんです。

1/7サイズで台座込みで21cmの大きさです。

ちなみに発売されるやいなや、瞬く間に売り切れになったほどの人気商品でやんす。

見つけたらとりあえず買っとけ!(^^;

では、生データをどうぞ。

「P4060008.JPG」をダウンロード

では、次を。

070407etna02_1 焦点距離10mmのスーパーマクロで撮影です。

またまたエトナさんです(^^;

こっちは1/8サイズの15cmですのでちょっと小ぶりです。

生データでもどうぞ。

「P4060009.JPG」をダウンロード

これだけアップで取れると迫力ですね。

撮影環境とか撮り方とか凝ってませんし、よく見たら埃とか付いてますが(^-^;)、ご了承くだされ。

.

さて、このデジカメの使用感についてですが、

個人ブログでよく書かれていることが

・画質にシャープさがない

・動作がもっさりしている

ってことがあげられます。

他メーカーのデジカメを使っていた人が、初めて550UZを使うと、おそらく万人がこう感じるでしょう。

シャープさに関しては、私は自然な絵作りだと感じます。

あえてメリハリをつけたり、ムリに輪郭を際立たせたりしない絵作りです。

インクジェットプリンタでもよくあることですが、そのものの色を表現するか、記憶色(頭で思い出して描く色)を表現するか、でメーカーごとに特色があります。

画像処理エンジンも新たに搭載していますが、オリンパスらしい色・画質なんですね。

次に、動作のもっさり感というのは、沈胴式レンズが伸びてきて撮影スタンバイに移るまで時間が掛かることと、ズームイン・アウトがゆっくりした動作だということです。

わたしはC-700UZ(200万画素の光学10倍デジカメ)からのユーザーですから、モーマンタイ(無問題)ですけどね(^^;

ハイ(^-^)/、700UZの頃から変わってません

オリンパスらしさってことでしょうか(^^;

あと、私的な感想ですが、バリアングルモニタではない点について。

バリアングルモニタってのは、デジタルビデオカメラのように液晶モニタが可動式になっていることを言います。

確かにバリアングルモニタは便利です。憧れです(笑)

550UZは超望遠がウリです。超望遠では両手でしっかり持って狙いを定めないと撮影は無理です。

つまりバリアングルモニタの使用用途(撮影シーン)としてよくある、「カメラを頭上に掲げてモニタを自分に向けて風景を撮影する」というのには超望遠撮影は不向きです。

だからあえて(コスト削減のあるでしょうが)、商品コンセプトに合致しないためバリアングルモニタは搭載していないのだと思います。

それと、欠点ほどではないですががんばってほしいのが、CCDシフト式手振れ補正装置の未成熟さかな

ダメダメってわけではないです。超望遠では威力を発揮しますので、たしかによく働きます。

でもまだまだ技術が成熟してないのかなぁ。ちょっと画面が思いのほか手振れ以上にブルブルするようです。

それと、せっかくジャイロを搭載しているのに、カメラを縦に向けて撮影しても画像データには縦撮影の情報が記録されないことが残念。

他メーカーのではちゃんと情報が記録されるのですがね。

なにが不便かというと、縦向きでの画像データを使用したいときに、画像を横回転させるとデータが一部失われることがあります。

ちゃんと無劣化での画像回転に対応したソフトを使用しなくてはいけません。

そんなこんなで、1ヶ月ほど使ってみた使用雑感であります。

(参考リンク)

オリンパス SP-550UZ〔SP-550UZ 概要〕
http://olympus-imaging.jp/digitalcamera/sp550uz/

エトナ-MAX FACTORY
http://maxfactory.cms.drecom.jp/newproducts0605_06.html

和風堂玩具店 WA-FU-DO GAN-GU TEN
http://www.enterbrain.co.jp/hobby/wafudo/pvc04.html

ディスガイア公式WEBサイト DISGAEA.jp
http://disgaea.jp/index.html

|

« No.135 久しぶりのビックサイト&アキバ | トップページ | No.137 出張in函館3 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/14591815

この記事へのトラックバック一覧です: No.136 SP-550UZ雑感:

« No.135 久しぶりのビックサイト&アキバ | トップページ | No.137 出張in函館3 »