« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

No.182 翠星石フィギュア

う、美しいぃ。これはイイものだあぁぁ(挨拶)

ども、KOMOです。

ローゼンメイデンっていう漫画、アニメがありまして。

作品中にいろいろと生きている人形(ドール)(^-^;)ってのが出てきます。

Hobfig5997_011 そのなかの、翠星石(すいせいせき)というキャラのフィギュアが発売されましたので購入しました。

てゆうかAmazonでずいぶん前から予約していたんですがね。

(写真は通販サイトのものです)

翠星石は人気の高いキャラでして、今までいろいろとフィギュアが出ていますが、どれも今は入手超困難。

オークションでは転売屋が跋扈する始末。

さて、今回のフィギュアはWAVEという会社のDreamTechブランドのものです。

このフィギュアは元々はガレージキットで限定販売されていたモデルでして、それが塗装済みの量産品となって発売されたものです。

071030suisei01 さて、レビューにうつりますが、凝った箱に入っておりまして、一応、箱の中に入れたままでも飾れるようなデザインです。

全長14cmという小ささですが、造形がとてもきれいです。

一番の肝となる顔はとてもいい表情してますよ。

全体像のきれいな写真は下のリンク先をご覧下さい。

造形がきれいでアニメっぽくなくて、「絵」になりますねぇ。

クラシックドールの雰囲気がよく出ていますよ。

さてさて、せっかくだからスーパーマクロ撮影ができるOLYMPUS SP-550UZでご尊顔をば。

071030suisei02 ほとんどレンズがくっつくぐらいまで超接近して撮影。

小物撮影には結構な光量が必要ですが、そんな撮影台があるはずもなく、椅子の上に立って天井のシーリングライトに近づきつつ、片手でフィギュアの台座を持ち上げ、いいライティングになるように動かしながら、片手でカメラを持ち、ファインダーを覗きつつシャッターを切るという、到底マトモな撮影スタイルとはいえない格好で撮影しました。

だから映りが悪いのはそのためです。

せっかくだから実サイズのものも。
3072×2304サイズの1.2MBです。
よろしければどうぞ。
「071030suisei.JPG」をダウンロード

くそ、他のブログではちゃんとした設備で撮影してますね。

みなさん綺麗に撮影しています。

う~ん、撮影台がほしくなってきた(^^;

(参考リンク)

ローゼンメイデン・トロイメント 翠星石 完成品フィギュア
WAVE版《発売済・在庫品》25%オフあみあみ本店
http://www.amiami.com/shop/?vgForm=ProductInfo&sku=HOB-FIG-5997&template=review.html

Yahoo!動画 - アニメ - ローゼンメイデン
http://streaming.yahoo.co.jp/p/y/bch/10195/
アニメ第1話が無料で見れます。
翠星石はまだ出てきませんが(^^;

↓原作のコミックです

Amazonモバイルリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.181 「ピンチクリフ・グランプリ」DVD発売!

30年の時を超え、記憶がいま鮮明に蘇る!(挨拶)

ども、KOMOです。

1975年にノルウェーで制作された、人形アニメの史上最高傑作、それが「ピンチクリフ・グランプリ」です。

071026gpx01 名前でピンと来ない人でも、この車「ギガンテ号」に覚えはないかな?

緻密に作られた人形たちが生きているように動き回ります。

撮影には5年の歳月が費やされました。

その圧倒的なクオリティに今ふたたびビックリさせられます。

クライマックスは目を見張るカーレースのデッドヒートに心躍らされます。

071026gpx02 有名なシーンは、急発進によってレース場のアスファルトがめくれ上がるというシーンです。

30年前に見た時からこのシーンだけは強烈に覚えていました。

その後、たしか1回だけTVで放映されたことがあり、その時も真剣になって見た記憶があります。

07102gpx_2  その「ピンチグリフ・グランプリ」がついにDVDになって発売されました。

実は前情報はまったく持っていなかったのですが、深夜番組を見ていたら偶然TVCMを見ました。

「これは!!」と思い、さっそく公式サイトをチェック!

すでに発売されていましたので速攻でAmazonへアクセスして、すぐさまカートに入れました(^^; 届いてすぐに見ましたよ。

なんと当時の日本語吹き替え音声も入っています。

吹き替えの声優さんは、ヤッターマンのボヤッキー、同ドクロベェ、ドラゴンボールの悟空、目玉親父、などすごい顔ぶれです。

これはこれで味があるのですが、音声がモノラルなのと日本語訳がいかにもって感じですね。

「驚き桃の木だ」なんてセリフはこの作品世界には合いませんでした。

オリジナル音声は5.1ch化されています。

レースシーンでは音と映像でとても臨場感ありますので、5.1ch環境での視聴をオススメします。

もうね、スターウォーズEPISODE I のポッドレースなんて目じゃねえぜ。

この作品を懐かしむ人も、そうでない人も是非見てみてください。

特別版と通常版の2つがあります。

Amazonなら25%OFFですので、通常版なら3,000円で買えますよ。

(参考リンク)

★☆★ピンチクリフ・グランプリ★☆★ -オフィシャルサイト-
http://www.pinchcliffe.com/


Amazon Mobile Link

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.180 ポータブルHDD、いと便利

この小ささと、その大容量にクセになる(挨拶)

ども、KOMOです。

今日も今日とて終電か~。

てなわけで少し更新に間が空きました。

本家のサイトはここんとこずっと放置プレイ状態ですが(^^;

なぜか相互リンクのお誘いが結構来るのでリンクページだけはたまに更新してますが。

さて、マシンが複数台あるとデータの移動を頻繁にやります。

各マシンの用途を動画編集用とか、XXXでのダウン(以下略)用とか、アニメ録画用とか(^^;。

数年前に128MBのUSBメモリを3000円ほどで購入。

その後、歳を重ねるごとに256MB→1GB→2GBと容量アップしてきました。

どれも3000円ぐらいで買っていますので、メモリ容量の大型化と価格低下っぷりが凄まじいですね。

USBメモリは小さくて扱いやすくて便利ですが、その容量と転送速度がどうしてもネックになります。

高速タイプも出ていますが、それは値が張りますし。

071023hdd01 そこで、ついにポータブルHDDを購入しました。

ノートPC用のHDDも大容量化が進んできました。

今回買ったのはアイオーデータの耐衝撃シリコンジャケットを供えたHDP-Uシリーズの120GBです。

さてさて、ふだんは大容量のデータ移動には3.5インチHDDをUSBケースに入れて使っていました。

バルクでHDDを購入して自作すれば割安で大容量の外付けHDDが出来上がります。

今では300GBが8,000円ぐらいですし、USB外付けケースも2,000円程度。

しかしながらやはり大きいし、100V電源が必要なのでハンドリングは悪いです。

そこで、外部電源が不要なのと、小ささでは2.5インチHDDに軍配が上がります。

家の中ではLAN環境が整ってますが、外でHDDを使ってデータを移し変えるにはいちいち100Vが必要でこれが面倒なのです。

071023hdd02 しかしポータブルHDDなら、USBバスパワーで動くし、小さいので持ち運びがとても楽です。

写真は大きさ比較です。

左が携帯(W44S)、真ん中が今回買ったHDD(ジャケット外した状態)、右が3.5インチHDDを外付けケースに入れたもの、手前が2GBのUSBメモリ。

右のHDDは300GBのものを入れてますが、デカイし100V電源がいります。

実はこのケースには余っていた80GBのHDDを入れて使っていたんですが、今回のポータブルHDDを買ったらその大きさと容量の少なさにバカバカしくなって、300GBを買ってきて入れ替えました(^^;

しっかし小さいですね。

ポケットやカバンの隅に100GB以上のHDDが入ります!

それにこの製品のシリコンジャケットはけっこういいですよ。

内側にイボイボが無数にあり、やさしく包み込みこみます(ヒワイだ)。

しっとりとしたシリコンで出来ているのでテーブルの上で滑ったりしませんし、四隅にはバンパー部分もあるのでコツンと当っても安心です。

さらに持ち運びの時に気になるUSBコネクタ部分もフタができるのでホコリも防げます。

あと購入後に、HDDをロックするセキュリティソフトがダウンロードで入手できます。

ポータブルHDDは使ってみてはじめて、その使い勝手の良さをしみじみ感じます。

↓モバイル用アマゾンリンク(PCからは利用できません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.179 34号文書

この再現性はスゲェェ(挨拶)

ども、KOMOです。

えっと、まず「ひぐらしのなく頃に 解」のアニメですが。

071005saitama テレビ埼玉では、放送が「中止」になったようですね。

このアニメは全26話でして、いちおう区切りの付いた13話を放送して、あとは放送を中止ということです。

最悪ですね。

のこり13話分を放送しないって、なんだよ。

アニメ本編でようやく「オヤシロ様のタタリ」がはたしてタタリか、それとも天災か人災か?の謎が解明がされつつあります。

なかでも一番の謎であるのが、2000人ほどの村人が一晩の内に全員死亡という「雛見沢大災害」というもの。

その核心に迫るのが、鷹野三四(たかのみよ)が「オヤシロ様のたたり」について調べた「鷹野三四スクラップ帖」、のちに「34号文書」と呼ばれるスクラップ帳です。

071005miyo01それが完璧なまでの再現性をもって限定販売されました。

これです。

アニメに出てきたそのままの形態。

まさに「証拠品」としての体裁をしています。

「ひぐらし」関連では、以前に「私的捜査マニュアル」という本が発売されました。

071005file 刑事が事件解明のためにあつめた資料という体裁でした。

なかなか手の凝った本であり、手書きの捜査メモなどを再現したもの(手書きのものを複写したもの)でした。

当時でも人気の高いゲームでしたが、同人ゲームですしまだまだアニメ化など程遠い頃のものなので、今と比べるとまだまだ知名度は低いものです。

さて、34号文書の中身ですが、なんと!紙製ファイルで綴じたものです。

原作であるゲーム版を基にした、「赤いスクラップ帳」というやつです。

表面はシワや汚れが再現されています。

071005miyo02 しかもゲームを最後までやった人には感慨深げな、物語の後半でのキーとなるお二人の写真(の体裁をしたもの)まで付属しています。

ゲーム画面からの転載ですから、「誰が写したんだよ」などというツッコミはなしで。

アニメはこれから最後の謎解きに進んでいくのですが、最終話まで見てからこの写真をみれば、またジーンと来そうですね。

さらにこのファイルの後半には・・・・

071005miyo03キター!!━━(゜∀゜)━━!!

緊急マニュアル34号です!

すみません、ゲームを知らない人を完全置いてけぼりですね。

これこそが「雛見沢大災害」に関する重要なやつです。

アニメではこれからがこの「緊急マニュアル34号」が関わってくるという大事なストーリーになっていくのに・・・。

ホント、へんな過剰反応での放送中止なんてバカげてるね。

さて、この「34号文書」ですが、この商品の知名度はもしかして低いのかも。

071005sousa

「ひぐらしのなく頃に 名場面捜査ファイル100」のなかに告知があるだけの誌上通販のみでしか入手できません。

しかもメールで購入予約をして、振込みでの先払いしか購入できません。

え~っと。

値段ですか?

知りたいですか?

え~っと、

送料込みで

え~っと、

1,800円です。

\(^o^)/ワーイ

こんなペラペラなファイルが2,000円近くするだと!とお怒りのあなた、あなたにはこの素晴らしさが分からんのです。

値段じゃないんだ。
値段じゃないんだ。
値段じゃないんだ。
・・・(^^;

ヤフオクで転売する奴らよりかはマシでしょう。

しかしあとからヤフオクで落札して買うやつってなんなのかね。

5000円以上出して落札してますよ。バカですね。

さてさて、どんどん拡大するひぐらしワールド。

今更ゲームやアニメや漫画なんて、と倦厭されているかたには、小説版が出ています。

小説用に文章を書き起こしており、とてもよく出来ています。

まだまだ全8編のうちのすこししか小説化されていませんが、まだ「ひぐらし」に触れていない人にはいい入門だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.178 マツダのコンセプトカー

アンインストール、アンインストール~♪(挨拶)

ども、KOMOです。

Mazda 東京モーターショーでマツダが出展するコンセプトカー「大気(タイキ)」

次世代ロータリーエンジン搭載

空力特性などリアルな技術とデザインを融合。

将来のFRスポーツモデルの可能性を表現。

ということらしいですが、

ぶっちゃけ、

071004zearth こいつ(ジアース)に見えた(^^;

ア~ンインスト~ル、ア~ンインスト~ル。

運転したら死ぬんですか?(失礼

.

(参考リンク)

ぼくらの × エキサイトアニメ
http://anime.excite.co.jp/bokurano/index.html

FujiSankei Business i. 
マツダの目玉は「ハイブリッド水素」
東京モーターショー出展
http://www.business-i.jp/news/ind-page/news/200710030040a.nwc

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.177 School Days 第12話

こりゃ地上波では放送できません(挨拶)

ども、KOMOです。

ここんとこ続けて書いておりますくだんのアニメ放送自粛騒動。

School Days最終回は、AT-Xでは無事に放送されました

15歳未満への視聴制限ができるCS放送だからこそ、放送できたんでしょう。

血の色を赤じゃなく黒に変更しておりましたが、

そんなの関係ねぇ!(w

斧での殺害事件がなかったとしても、こりゃ地上波では放送できませんって!

恋のもつれから血みどろの惨劇になってしまう話なんですが、描写そのものというよりか、内容的にダメですよコレ。

年齢制限かけて映画館での上映ならOKな内容ですね。

これを地上波で放送しようとしていたスタッフは正気ですか?(^-^;)

どんな話だったのかは、いろいろと感想サイトなどがありますから、そちらでどうぞ。

また、ようつべ(YouTube)などの動画サイトや、P2Pでも多分出回っているでしょうから、がんばって見てください。

もう一度言う。

あの事件がなかったとしても放送できたもんじゃないよコリャ。

放送休止があったため急遽、秋葉原では抽選での最終話の試写会が行われたらしいですが、大画面でみたくないねコレ。

(参考リンク)

MOON PHASE 雑記 - 2007-09-27
http://d.hatena.ne.jp/moonphase/20070927

ねこにこばん
- School Days 第12話「スクールデイズ」
http://nekonii.blog3.fc2.com/blog-entry-1221.html

今日もやられやく
School Days第12話「スクールデイズ」(最終回)
http://yunakiti.blog79.fc2.com/blog-entry-226.html

「School Days」最終話試写会
http://www.akibablog.net/archives/2007/09/school_days.html

2007年を代表する、そして歴史に残るアニメとなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »