« No.186 au、PC向け定額データ通信プラン開始 | トップページ | No.188 イマドキの殺鼠剤 »

No.187 JOJO×乙一

なんというバッドタイミング・・・(挨拶)

ども、KOMOです。

「ジョジョの奇妙な冒険」が乙一さんによってノベライズ(小説化)されました。

乙一さん独特のテイストが加わりつつも、JOJO世界を見事に表現したらしいです。

JOJOファンとしてはこれは買ってみなくちゃ。

なぜこのことを知ったかといいますと、12/05の読売新聞夕刊に見開きで紹介されていたからです。

いま注目の若者カルチャーを紹介するコーナーで、取り上げられていました。

071206book 小説は「The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day」というもの。

略して「The Book」、\1575円。

JOJOの第四部が舞台となり、杜王町(もりおうちょう)を舞台に乙一さんが編み出したオリジナルのスタンド(超能力)使いと、JOJOの登場人物たちが織り成す、ダークで、そして感動の物語、とうことです。

で、冒頭の言葉になるのですが。

このコーナー、新聞紙面だけのブログ風の日記コーナーがあり、乙一さんの最近の日記がありました。

071206torimon その中で、乙一さんが知人に「博多通りもん」というお菓子をあげたら好評だったという部分があったのです。

へぇ~そんなお菓子あるのかぁ明日にでもググってみて楽天なんかに出てたら買ってみようかなぁ(´-`)

と思っておりました。

で、明けて12/6

東京新聞:「博多通りもん」自主回収 原材料記載漏れで指導受け:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007120501000328.html

ちょっ。おまっ。

なんてタイミング悪ぅぅ。

というわけで、買えていません(*_*

しっかし、この読売新聞のコーナー、タイミングの悪いことが多い。

先月は、声優の平野綾さんを紹介していまして、そこで「明日の「スタジオパークからこんにちは」にゲスト出演します」って書いてありました。

ネットでも楽しみにして録画した人たくさん。

で、当日

守屋の証人喚問の国会中継・・・・・。

NHK死ね。と全国で何万人ものファンが恨んだに違いない(^^;

未だに放送やり直しはありません。

てか、読売新聞タイミング悪いね。

博多通りもんは、公式サイトによると「しろ餡の中に生クリームとバターを使用した和洋折衷の洋風おまんじゅう。しっとりと練り上げられた甘さをおさえた“しろ餡”が舌の上でまろやかに溶け、なんともいえない幸せな気分を運んできます。」とのこと。
くっそう、食いてぇよぉ。

(参考リンク)

Pop Styleブログ : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://blog.yomiuri.co.jp/popstyle/

(※12/6で乙一のJOJO小説について触れています)

□□ JOJO×乙一 □□
http://j-books.shueisha.co.jp/jojo/

博多西洋和菓子 博多通りもんの明月堂
http://www.meigetsudo.co.jp/

平野 綾 公式webサイト「綾魂-Aya Dama-」
http://www.hiranoaya.com/

|

« No.186 au、PC向け定額データ通信プラン開始 | トップページ | No.188 イマドキの殺鼠剤 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

通りもん、うまぁ~。
かつて山口に住んでいた頃に、食べたよ。
確かに美味いけど、よくあるお土産のような気も。
復活したら、お試しあれ。

投稿: しばちゃん | 2007年12月 9日 (日) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/17288546

この記事へのトラックバック一覧です: No.187 JOJO×乙一:

« No.186 au、PC向け定額データ通信プラン開始 | トップページ | No.188 イマドキの殺鼠剤 »