« No,201 謎の箱「DVE783」(2) | トップページ | No.203 プルプル立体写真 »

No.202 謎の箱「DVE783」(3)

レッツ、地デジ(挨拶)

ども、KOMOです。

せっかく地デジ環境に移行したというのに、コピーワンスのせいで手放しで喜べません。

というわけで購入した、デジタルビデオエディターDVE783」。

どこがデジタルでどこがエディターなのか、さっぱり不明ですが、良しとしましょう。

さて、実践編です。

080228dve04 まずは録画したい地デジ番組をTVのほうで予約します。

このようにFORIS.HDの番組予約画面から、ジャンル選択が出来ます。

予約には、「見るだけ」「録画」があります。この場合、外部出力して録画しますので「録画」にします。

080228dve07 「見るだけ」は他の番組を見ているときに、予約した時間が来れば自動的にチャネルが切替ります。

「録画」の場合も、ダブルチューナーじゃありませんからテレビを見ていたら切替りますが、パソコン画面を表示させていたり、電源を切っていても外部に出力されます。

さて、お次は外部機器、この場合はパソコンのテレビチューナーでの設定です。

080228dve10 アンテナ(地上アナログ)からではなく、外部入力からの映像を録画するように日時や録画画質などを設定します。

パソコンは、スタンバイモードや休止状態にしておけば、時間が来れば自動的に電源が入り録画し、録画が終わるとまたスタンバイ(or休止)に戻ります。

画面はエプソンダイレクトのMR1300のTV視聴・録画ソフトFINESTATIONです。

080228foris 予約時間になると、TV(FORIS.HD)の外部録画ランプが点灯します。

この出力されている映像を直接パソコンには入れずに、途中でDVE783を経由させてやるわけです。

さて、パソコンで録画する際にひとつ問題点があります

これは私のパソコンに限らず、多くのパソコンやチューナーボードでも起こるようです。

それは外部入力された映像を録画すると必ず4:3画像になる、ということです。

地デジは16:9ですから、それが4:3のアスペクトになりますから、映像が縦長になります。

これは他のきちんとしたHDDレコーダーなどでは、映像信号に付加されているワイド信号を認識しますから、ちゃんと16:9で取り込めます。

DVE783はワイド識別信号にも対応しており、信号がない場合でも強制的に付加させる機能もあります。

しかしパソコンのチューナー側でワイド識別信号が認識できないため、このようなことが起こります。

パソコンで見るにあたっては再生ソフト側でアスペスト調節できますが、このままDVD化してしまうとTV側かプレイヤー側で調節しなければいけません。面倒です。

P1270686 調節しなければこのように、16:9を4:3にしているので映像が縦に圧縮されて細長くなっています、そのため左右に空白が出来てしまっています。

4:3の比率を16:9に直すには、通常は再エンコードする手間が掛かります。

さっそくネットで調べると困っている人は多いようで、簡単なアスペクト変換ソフトを見つけました。

080228reaspect02 その名も、ReAspectというソフトです。

ドラッグ&ドロップで手早くアスペスト変換できます。

連続変換も可能ですし、大変便利です。

P1290688無事16:9になり、ワイド画面いっぱいにまで映像が広がりました。

これでワイド映像のDVDが作製できます。

こんなことができるのも、DVE783のお陰です。

あぁこれで地デジライフを満喫できます。

初期費用としての機器代と、手間は掛かりますが、得られる効果は絶大です。

画面はワイドだしゴーストはないし、他所からの電波ノイズも受けないし、地デジいいですね。

080228editor 今回使用したデジタルビデオエディターですが、この手の製品には私は古くからお世話になっておりました。

今でも現役なのが、かれこれ20年近くなるんじゃないのってぐらいの年代モノの「画像安定機」です。

ビデオテープをダビングするときに、プロテクトを解除するヤツです。

市販の映画などのビデオソフトはダビングできないようにマクロビジョンなどの信号が入っています。

たしか当時、松竹系のビデオに新しい方式のプロテクトがかけられ始めたという時期で、コイツは最新の新松竹方式にも対応した凄いヤツだったように記憶しています。

ここ10年ぐらいはめっきり使用していなかったのですが、最近古いVHSソフトをDVD化する際に非常に役立っています(^^;

手作り感いっぱいの無骨なやつですが、今でも立派に機能してびっくり。

たしか中学生ぐらいだった私にはめっちゃ高価だった(20年ほど前で10,000円超えてた)と思います。

昔からこんなことやってたんですな(^^; 進歩してない・・・。

<参考リンク>

スクリプトのチカラ-Power of script-
http://yakki-.hp.infoseek.co.jp/
※infoseekの無料サイト削除に伴い、移転しました
  ↓
http://yakki.digi2.jp/free%20soft%20list.htm
こちらが新しいURLです。

デジタルビデオエディター DVE793 | prospec プロスペック http://www.prospec.co.jp/products/793/index.html
DVE783は終売になり、DVE793が発売されています。(2010.04現在)

|

« No,201 謎の箱「DVE783」(2) | トップページ | No.203 プルプル立体写真 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。

古いVHSのダビングにはやはり謎の箱が必要ですよね。

ただ単に入出力1系統でのダビングで良いのなら、現行機種ではDVE793ですよね。
アマゾンでは10,000円程度ですが、ちょっとダビングしたいだけに出費は痛いところです。

VHSの場合はトラッキングノイズなどで録画側(キャプチャ側)
でブロックノイズが発生することが多いです。
VHSのリールをまずは(鉛筆などでロックを解除しつつ)手で回してきちんと回るか確認するか、一度デッキで巻送り、巻き戻しを繰返す必要もあります。

ヤフオクで中古探すなら、あまり古いものは搭載メモリが少ないのと、白飛び・白ボケが起こりやすいので、よほど安い出品でなければ止めたほうがいいでしょう。
古いDVEシリーズについては↓などを参考に。
http://www.videostabilizer.net/prospec.html
http://www2.wbs.ne.jp/~cp-guard/index.htm

VHSからのダビングをするなら「TBC機能がある」安い奴で充分です。
ヤフオクで古い機種を当たるなら、そのへんを注意してください。
旧機種で中古で5,000円を超えるようなら、素直に最新のDVE793を買うほうがいいでしょう。

投稿: KOMO | 2011年3月 4日 (金) 10時40分

画像安定装置で検索していてこちらのサイトに辿り着きました。
他の日記もとてもおもしろかったです~
突然のコメント欄からの質問で大変恐縮なのですが、
ぜひアドバイスいただけませんか?お願いします。

DVEシリーズを購入しようかと思っています。
どの型番がオススメでしょうか‥
新しくて値段が高いものが間違いないのでしょうが、
いろいろな機能がついていても使いこなせないと思います。
使用目的はVHS→DVD,DVD→DVDに焼いて
PS3を使ってテレビ(SONY地デジ対応)で見たいです。
英語教材なのでコピーガードがかかっていて
パナソニックDMR-EH70V(VHS・HDD・DVD)
ではダビングできませんでした。

実家に三菱HV-BH5(VHS)とパナソニックDMR-XW200V
(VHS・HDD・DVD)があるので二台つなげることはできます。
パソコンはSONYです。
できるだけ安いものがいいのでヤフオクをチェックしていますが
DVE783は出品があまりないみたいです。

どうかよろしくお願いします。

投稿: KOH | 2011年2月20日 (日) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/17952549

この記事へのトラックバック一覧です: No.202 謎の箱「DVE783」(3):

« No,201 謎の箱「DVE783」(2) | トップページ | No.203 プルプル立体写真 »