« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

No.225 改正道路交通法

自転車乗りどもめ気をつけろよ(挨拶)

ども、KOMOです。

さぁ、いよいよ道路交通法が一部改正されます。

全席シートベルト着用という点ばかり大きく取り上げられていますが、自転車利用についても明確化されます。

歩道と車道がある道路では、車道の左端を通行しないと、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金
(自転車歩道通行可標識がある場合や、13歳未満の子供、70歳以上の高齢者や体の不自由な人、歩道が工事中や車道の交通量が多いとき、などは歩道を通行できます)

夜間の無灯火は、5万円以下の罰金

2人乗りは、2万円以下の罰金又は科料

信号無視は3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

一時停止標識の無視は、3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

等となります。

他にも飲酒運転や並んで走ることの禁止、子供が自転車に乗るときや幼児用座席に乗せるときはヘルメットを着用させる(遵守事項)があります。

実際に取締りがどれだけ始まるかは分かりませんが、なによりも無灯火や信号無視は危険ですから、止めて下さい。

車のドライバーからすれば、無灯火や信号無視、携帯で話しながらやメールを打ちながら走る、などのやつは地獄の業火に焼かれてしまえっって思うほど腹が立ちますよ。

080529light 特に無灯火のやつはビシビシ捕まえてくれよ。

自転車のライトは自動車のドライバーに気づいてもらうためにも絶対必要ですから。

車道を走るときは必ず左端を走ってください。逆走してくる自転車はホントに危ないですから。

<参考リンク>

「自転車の交通安全ルールブック」[大阪府警察]
http://www.police.pref.osaka.jp/03kotsu/jitensya/index.html

平成20年6月1日施行のもの[千葉県警]
http://www.police.pref.chiba.jp/legal/road_traffic/080601_enforce/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.224 劇場版「ひぐらしのなく頃に」

しょぼーん(´・ω・`)30%、よくやったね70%(挨拶)

ども、KOMOです。

080528higurashi01 購入したまま、すっかり忘れていました。

えぇ、「ひぐらしのなく頃に」劇場版の前売り券です。

劇場版の主題歌(ショートVer.)と、アニメキャストによるミニドラマが収録されたCDと前売り券がセットで2000円だったので、うっかり(^^;買ってしまっていたのです。

今更詳しくは説明しませんが、同人ゲームではじまった「ひぐらしのなく頃に」が、ドラマCD、漫画、TVアニメ、PS2用ゲーム、小説、と来て実写映画になりました。まだまだOVAやDS用ゲームなど、ひぐらしワールドは展開していきます。

しかし、しかし。う~ん、なんで実写映画にしたんでしょうね(^^;

まぁ、「ひぐらしのなく頃に」の原型となったのが、H12年ほどに原作者が書いた舞台演劇用の脚本(「雛見沢停留所」)なわけで、原作者として人が演じる「ひぐらし」の世界を見てみたいというのはとても分かります。

が、ここまでイメージが定着してしまった(PS2版ゲームでさえコアなファンからは不評)というのに、ほとんど新人を使っての実写映画とは・・・。
ファンの間では不安が広がりまくりです。

さて、ふと気づいたらGW明けから上映始まってましたんで、この手のゲーム・アニメの実写化映画はショボーンな結果で終わりかねないので、急いで観に行きました。

「なんばパークス」にある「なんばパークスシネマ」での最終上映が20:50だったので、残業が多い私でも余裕で間に合いました。あぁ助かるねぇ。

というわけで観ました。客は20人ぐらいだったかな。

途中で退席した人がちらほら(^^;

率直な感想は冒頭の如し。

オープニングとエンディングはよくできてました(^^;

人以外の実写化はよくできていたと感心しました。とくに舞台となる村、主人公の家、校舎、沼、そして神社。原作のイメージどおりでこれは良かった。

水車小屋が無かったのと、ダム建設現場跡がしょぼかったのが残念。

小道具(カセットウォークマンとかマイクロカセットテープ式の留守電システムとか)も良かったし、映像の画質やBGMや効果音もとてもよく出来ていました。

長い原作の第1章を106分という上映時間に収めているので、どうしても端折らなくてはいけない部分があるのは仕方ありません。

それでも一応は「ひぐらし」の第1章にあたる鬼隠し編のエッセンスは散りばめられており、全体的なまとまりは予想以上に良かったです。

ゲームだからこそ許される要素としての、キャラの独特な台詞回しとか、衣装とか、某ファミレスの制服などはすっぱり削除されてました。まぁ当たり前だな。実写でやられたら「痛い」だけだったでしょう(^^;
必要最低限としてのメインの女性二人の台詞回しは残ってました。

ほとんどの役者はそこそこ原作イメージに合っていましたが、某カメラマンと某刑事がまるっきり違ってます。

あと、神社での演舞シーンはよく出来てました。

まぁ良かった点はこれぐらい。

となると、ショボーンな点ですが。

1)主人公の顔がなじめない(笑)
 いやー、まいった。こういう顔は好かん。昭和58年の舞台にそぐわないし、主人公の前原圭一の役としては軽すぎる。

2)名セリフシーンにガッカリ
 レナちゃんの「あの」名セリフのシーンが、どうしたわけかCG処理で文字を画面に入れてしまうという荒技のため、非常に違和感ありまくり&ガッカリ。なんでこんな手法にしたんだろう?

3)原作にある重要なセリフがことごとくなかった
 うーん、なんでだろね。詳しくは書きませんが、他のブログでも指摘されてますね。

4)単なるホラー映画っぽい演出
 原作はいつもの日常風景がある日急変して恐怖に陥る、ってのが持ち味なんですが、この「いつもの日常」を描くシーンが少なすぎて、急転直下の恐怖になっていない。
 加えて、恐怖シーンが直接的過ぎる。単なる和製ホラー映画のひとつに成り下がっていた
 これは「富江」の及川中監督だから仕方ないかも。

主だったのはこんなところ。(主人公の顔が最悪というのは致命的)

原作の第1章は「謎だけ」で理解・推理不能な凶悪なシナリオですが、映画ではちらほらとネタバレとなる要素を散りばめてました。

それに、映画のラストでは原作での解答の「要」となる某重要人物(?)がチラッと見えたり最終的なネタバレをかましてくれましたが、これ次回作ですべて説明できるんでしょうかねぇ??

全8章となる膨大なシナリオの量である原作を、2話(かな?)でまとめきれるんでしょうかねぇ。

エンディングのスタッフロールの後に、次回作企画進行中!っていうCMがあるけど、まだ企画段階なの?

080528higurashi02

まぁそんなこんなで、原作、ドラマCD、コミック、小説、などを集めているファンとしては、まずまずの出来栄えでしたよ。

実写映画、酷評されているほど私は悪くは感じませんでした。

所詮、ファン以外は観ない映画でしょうしねぇ(w

080528higurashi03 せっかくだから劇場で、ミニドラマCD付きパンフレットクリアケースを購入(^^;

CDの方は映画の各登場人物の役割でアニメキャストが映画についておしゃべりしたりするものです。

映画を観終わってから聴くと楽しめます。バカバカしいギャグドラマもあり面白かったです。

あっそうだ!、演舞シーンで原作者(竜騎士07さん)がちょろっとカメオ出演してたような・・?

(キャストは以下の通りです)
・主人公の前原圭一役:テレビドラマ『フードファイト』や『天才てれびくんMAX』などの前田公輝(16歳)
・園崎魅音役:『チョトス』のCMや、柴咲コウのシングル『Invitation』のPVなどに出演した飛鳥 凛(16歳)
・竜宮レナ役:雑誌『ラブベリー』の専属モデルを経て、気志團のシングル『THE アイシテル』などに出演した松山愛里(17歳)
・北条沙都子役:AKB48のメンバーである小野恵令奈(13歳)
・古手梨花役:ミスヤングマガジン2007ベスト5、ミスサイパン2007グランプリ受賞のあいか(15歳)
です。
沙都子役はAKB48のメンバーということで、超期待(笑)だったんですが、よく演じてました。まともなメンバーもいるのね(超失礼)

<参考リンク>
映画「ひぐらしのなく頃に」公式サイト
http://www.higurashi-movie.com/index.html

映画「ひぐらし」は撮影快調!
竜騎士07氏も参加した「綿流し祭」撮影風景をレポート http://dol.dengeki.com/data/news/2007/9/2/292aa7f18d0bdf683d2774b6b52b0835.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.223 東京出張

東京に行ったらならっ(前にも言ったぞ)

ども、KOMOです。

080524tokyo01

新大阪から新幹線で東京に行き、新橋からゆりかもめに揺られ、またまた東京ビックサイトに降り立ちました。

ifia」(アイフィア)という「国際食品素材・添加物展」を見学するために日帰り出張です。

いろいろな添加物や機能性素材の展示があったりして、なかなか盛況でした。

無料聴講も多々開催されており、いろいろと情報収集できて勉強になりました。

歩き回って足がクタクタです。

さて、仕事終了。時間は16:00。

帰りの新幹線は東京20:00発の指定席です。

ん?なぜかって?

080524tokyo02 こうゆうことだよ!

またかいっ(^^;

てな訳で、もう5回目ぐらいかな?のアキバ探訪です。

もうだいぶ慣れてきたので今までの巡回先は行かずに、今回は裏通りや行ってなかった場所を攻めましょう。

080524tokyo03 まずは、秋葉原UDX内にある「東京アニメセンター」へGO!

初めてアキバに行ったときはまだUDXが建設中で、

2回目に行ったときは東京アニメセンターがまだオープン前で、

3回目の時は場所を知らなくて(笑)(調べとけよ)、

4回目の時は時間がなくて行けませんでした。

というわけでようやく場所も分かって真っ先に行ってきました。

080524tokyo04 なにやら、「ヒストリー of ネギま!展」をやってますよ。

週刊少年マガジンで連載中の「魔法先生ネギま!」がコミック販売冊数累計で1200万部を超えたそうです。

過去に2回TVアニメ化され、今度はコミックの初回本特典としてにOVAが付属するようです。

そこでOVA化を記念して、門外不出の資料類の展示がされていました。

080524tokyo05 おーおー。

生原稿だ!主人公たちが海に行くお話のものです。

うぅむ、やはり生原稿って迫力ありますねぇ。

(って写真撮影よかったのかな?注意書きはなかったようだけど・・)

他にもペン入れ前の下書きとか、普段は絶対お目にかかれないものが間近で拝見できました。

080524tokyo06 大きなモニターのあるところでは、イベントが開催されたりするのでしょうね。

大きなフィギュアが並んでおります。

あ!アスカだ!アスカだ!、綾波もいるよ!綾波も!落ち着け。

あ、不良在庫アニメナージャも居てますね・・・(^^;

物品販売のコーナーもあり、いろんなアニメに関するグッズが売られていました。

お客さんは外人さんが多かったですね。

さて、堪能した後は腹が減ったので、「カツカレー390円」ってノボリを振っていた「カレキチ」に入りました。

で、カツカレー食べました。

安かったけど・・・、う~ん。普通でした

辛くもないし、別にスパイスが効いているわけでもないし、正直「なんでこんな味で、こんなに満員なんだろう」って感じがしました。ゴメンナサイ。

大阪の「インディアンカレー」や「ピッコロカリー」、「カレーライスの印度屋」、名神高速の「養老SA(下り)」の「オリエンタルカレー」、同じく名神の「菩提寺PA(下り)」の「ひまわり」のカレーなどが美味しいですねぇ。

あとは「CoCo壱番屋」が好きですね。

残念、私にはカレキチは合わなかった。

やはり一番好きなのは、”カレーといえばアフガン”でお馴染み(そうか?)の、山梨県の「ヴィラ・アフガン」ですね。値段はかなり高いけどウマイ!

ここ数年は、年に一度食べに行ってます(´∀`)

おっと、カレーの話に夢中になっちゃった。

080524tokyo07

帰りの新幹線では沖縄黒豚のお重弁当に舌鼓。

家に着いたら23:00でした(^^;

今回のアキバ探訪は「ヘンなもの」を買いあさりました。

どこぞのショップで書かれていたPOPが印象的でした。

「買わずに後悔するよりも、買って反省」

うん、まさにその通りだ!(笑)

折を見て査収物をご紹介します。

それでは。

<参考リンク>

秋葉原UDX
http://www.udx.jp/

//Tokyo Anime Center//
http://www.animecenter.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.222 HDD換装!

500ギガバイトでっせ(挨拶)

ども、KOMOです。

連休中&連休明けにドタバタしてまして更新が滞りました。
ついでに言うと、写真や記事の下書きを入れていたUSBメモリが行方不明になって書くに書けない状況でした。
魔窟となった我が部屋から必死の探索により発掘されたのでした。

やっとこさブログ更新して一安心してたら、記事を下書き設定のままだったのでゲンナリ(^^;数日間気づきませんでした。

そういう事情もあり、さらにタイトルの如くHDDの換装したりで、メインパソコンが使えなかったりしたわけです。

まぁ、でも地上アナログテレビWチューナー搭載のアニメ録画用サブマシンのほかに、

080515noteDELL、DELL、DELL!!

このようにDELLのノートパソコンが3台あるにはありますが(^^;

真ん中のノート「XPS M1210」は仕事用(おもに出張用)。

何気に私の部屋にあるどのマシンよりも高性能だったりして(^^;

メインマシンの旧式化が進む・・・(-o-)

右のノート「Inspiron 710m」が初めて買った低価格DELLノートで、よく持ち歩いてるもの。

こいつだけPCカードスロット搭載なので重宝してる。(他はExpressCardスロット)

左のノート「Inspiron 1501」は15インチなのでもはやデスクトップ的に使用中。

ちなみに奥の液晶画面はサブマシンのものです

080503hdd01 さて脱線したが、連休前に買ったのがこれらだ!happy02

日立製のシリアルATA HDD500GB!!

ついに8,000円という値段まで下がってきましたので、購入!

左はトランセンド製のマイクロSDカード 2GB! 990円!!

なんちゅう値段だ・・・。

連休明けてメーカーによっては微妙にまだ下がっています。

右は「こなた」ちゃんです。(どうでもいいよ)

メインマシンにはHDDを2台搭載。
どちらも300GBなのだが、DVE783を使っての地デジアニメ録画をしていると、300GBの残りが逼迫してきたので500GBに交換するわけ。

じつは1年ほど前、ウエスタンデジタル製の400GBを購入したのだが、何故か認識せず

BIOSレベルで認識しないというどうしようもないレベル。

個体差なのか相性なのかワカランが、購入店に持っていって診てもらったらやはり挙動がおかしい。

う~ん、Win95の時代からウエスタンデジタル製HDDは好きでなかったのだが、今回ますます嫌いなメーカーになりました。

返金の場合は全額返金じゃないが、購入金額内で別の物に交換できるっていうもんだから、日立製の300GBにしてもらったら、まだ金額があまるので「外付けHDD下さい」って言ったら、アイオーの160GBがもらえました。

わぁ、始めに買ったのより合計容量が多くなったよ。

で結局、録画用300GB + メールやマイドキュメント内データなどのバックアップ外付けHDD160GB という構成で使ってました。

まぁそんなこんなで、今回300GBを500GBに交換だ!

単なるデータ用ドライブなのでそのまま入れ替えて、あとはOS上からフォーマット&パーティション作成するだけでOK。

シリアルATAなのでジャンパ設定がないし、ケーブルの抜き差しも簡単なので楽々換装終了。

フォーマットに小一時間ばかりかかりましたが、溜まったアニメを消化しつつ時間を潰して、スムーズに終了。

080503hdd02 で。

次はコイツの登場だ!

シリアルATA用の外付けHDDケースなり。

080503hdd03

マシンから外した元の300GBのHDDをコイツに突っ込みます。

シリアルATAなのでIDEとちがって、ジャンパー設定もなく突っ込むだけ。

これでUSB外付けHDDの出来上がり!

あとはこの中に溜まっているアニメを消化して、DVDを作成していかなきゃ・・・(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »