« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

No.247 床瀬そば(1)

道路は必要なんです(挨拶)

ども、KOMOです。

近畿で蕎麦というと、だいたい兵庫県の出石(いずし)そばですね。今までも何回か行ったことがあります。

何年か前に会社で部長と歓談中に「出石に蕎麦を食べに行った」って話をしたら、「出石まで行ったのなら床瀬(とこせ)に行かなアカンで」って言われました。

「床瀬そばを食べたら、もう出石そばは食べられへんようになんで」とまで言われました。

そんなわけで、数年前に始めて床瀬そばを食べに行き、すっかり魅了されてGWとお盆に食べに行くようになりました。

始めのうちは中国道から福崎ICから播但道に入り、終点の和田山まで行き、そこから地道を北上、一本柳交差点から県道9号線を北西に進み、道の駅但馬楽座から312号線に入り北上。
祢布(にょう)交差点で西に折れて482号線に入り、但馬ドームあたりから712号線で神鍋高原を越えます。

きついカーブが続きます。

山を降り切ったら集落が見えてきます。

080830tokose01 そこが床瀬そばです。

蕎麦の秘境のような感じですかね。

車やバイクじゃなければ行けません。

何回かは中国道~播但道で和田山に行っていたのですが、ある日会社の人に「(舞鶴若狭道の)春日ICからエエ道が出来て和田山までめっちゃ行きやすなったで~」と聞かされました。

へぇ~そんな道できたんや、って思っていたら、

友人からも、「そや、春日から和田山までエエ道できてんで~」って聞かされました。

その後にも、仕事での酒の席でも「和田山まで行きやすなりましたなぁ」という話も出る始末。

あんたら和田山までナニしに行くんや?(^^;

で、今度はその道を通ってみようと思うにも、出来たばかりなのでカーナビには当然載ってない。

そんなわけで行けば分かるだろう、って行ってみたら北近畿豊岡自動車道っていう綺麗な道路が出来てるじゃないですか。

しかもトンネル部分の300円以外は無料!!

なんつースゲーもん造ったんだよ、兵庫県さんよ。

その後、春日ICから春日和田山道路で北近畿豊岡自動車道まで接続。これも無料!

スゲーわ。播但道通るよりも遥かに速いし安い。

そんなわけで大阪から和田山までめっちゃ便利になり、ますます床瀬そばに行きやすくなったのでした。

まぁただ、当然ながら地元住民からの道路建設反対の声もあります。

この道路はまだまだ延伸する計画であり、一部着工も始まってます。

景観面、環境面、などいろいろ環境影響評価が議論されているようですが、円満に進んでもらいたいです。

長くなったのでお店のお話は次にします(^^;

<参考リンク>

床瀬そばの場所はこちら
http://maps.google.co.jp/?ie=UTF8&ll=35.524682,134.713583&spn=0.049317,0.108147&z=14

国土交通省 近畿地方整備局 豊岡河川国道事務所
http://www.kkr.mlit.go.jp/toyooka/approach_03_1.html
「道路が延びるとみんなにいいこと始まります。」ってフレーズ好きだわ。

KOH's VIEW: 「北近畿豊岡自動車道」 春日~和田山・開通
http://kindofhot.cocolog-nifty.com/koh/2006/07/post_8d52.html

北近畿豊岡自動車道(豊岡南~八鹿)環境影響評価書の概要
http://www.kankyo.pref.hyogo.jp/eia/toyooka3/junbisho/juminiken.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.246 ノートの液晶に断線

払ってて良かった(挨拶)

ども、KOMOです。

DELLのノートPCは個人用では2つ持っていまして、そのうちの1つがInspiron 710mです。(あと1つ仕事用のがある)

発音はインスパイロンらしいっすね。ずっとインスピロンと言ってました(^^;

セレロンM 1.5GHzで非力ではありますが、12.1インチワイド液晶のB5ファイルサイズなのと、DVDスーパーマルチに、なんてったってPCカードスロット搭載で、DELLお得意のなんだかえらい割引や送料無料のキャンペーンで99,800円だったので、まともなノートPCが欲しかったんで衝動買いしたやつです。

CPU性能こそ今では見劣りしますが気に入って使ってます。

080825dell01で、先日電源入れたんところ・・・。

ありりぃ??

画面下のほうに一本の白い線が。\(-o-)/

この前使ったときなんとも無かったのにぃぃ。

080825dell02 あれまぁ。

完全に横1ドット分がやられてますね。

ドット欠けならぬ、1ライン欠けです。

液晶かぁ。パネル交換かねぇ。ヤバイなぁ。このまま使おうか。

なぁんて考えが頭をよぎりましたが、ハテ?たしかパーツ保証があったような。

てなわけで、DELLのページに行き、サポートページを開きまして。

ノートの本体裏にあるサービスタグを入力。

パーツの保証期間が2009年3月までと出ましたよ。

おぉっ!そういえば買ってから1年経つ頃にサポートの有料延長についてのメールが来たんだっけ。

そうそう、サイト上からも申し込めるけど、1万円ぐらいの金額だったんですが、もったいないかなと思いつつやはり必要かなと思い、結局期日ぎりぎりになって、電話で延長を頼んだのでした。

そんなわけでまずはDELLのサポートに電話夜21:00までやってるので助かります。

流石に混んでいて15分ほど待たされましたがエクスプレスサービスコードを先に電話で入力しておくので、サポートの人には簡単な氏名などの確認だけで、使用機種などいちいち説明しなくても済みます。

今までサポートを利用した場合はきちんと履歴が残っているので、「前は云々~」とか言う必要もありません。

で、サポートの人とは、BIOS画面でも1ライン表示されないとか、その他不具合がないのか自己診断プログラムを立ち上げての確認やら、外部モニタに接続してどうなのか、とか一通りの確認が終了。

じゃあ修理のために佐川急便が引き取りに伺いますとのこと。

最短で明後日ということなので、お願いしました。

梱包材も佐川急便が持ってくるので、本体だけ用意しておいたらOK。

で、引き取り先を実家にして、ノートを実家に持って行って親に対応を頼んでおきました(^^;

で、ですね。

指定時間にはきちんと佐川急便は来たそうです。

梱包用の箱を持って来て、

「梱包しておいて下さい。後で取りに伺います。」だったってさ。

来たのは2時間後だったらしい。

しかも最終梱包(緩衝材とか入れたり、伝票貼ったり)を佐川がしたらしいが「よく分かってなくて適当に詰めて持って帰った(母談)らしい。

おい、佐川!(-"-)

てかさ、なんでこっちに梱包を頼むんだ?

日通のペリカン便はこういうとき「パソコンポ」っていう簡単に梱包できるやつ使って、その場で手際よく詰めて持って行ってくれるぞ。

こっちに頼むことも、2度来るなんて絶対ない。

なんかおかしいぞ、佐川!

DELLさんよ、安いからか知らないけどさ、クソ佐川なんて止めて是非ともペリカン便を使って欲しいところです。

080828dell3まぁそんなこんなで、いつ帰ってくるかなぁと思っていたら、中三日(しかも土日挟んで)で帰ってきました。

早っっ!

サポート対応が早いのが有名(と思う)DELLさんですが、さすがにびっくりした。

発送日入れて7~10日はかかると思っていたんですが。

うちの親も、「送り返されてきたと思った」って言ってたよ。

080828dell4_2 まぁでも、ちゃんと直ってましたよ。

液晶パネルの交換だけかと思ったら、キーボードベゼルも交換してました。

ヒンジ部分の配線関係でしょうかね。

まぁちゃんと直ってよかったし、何よりタダで直って良かった良かった。

デスクトップPCなら自力でナントカできるけど、ノートの場合は自分で調達できない部品が多いですからね。

今回の様な液晶なんて本体価格の半分近くするパーツですから。

やはりパーツ保証は延長しておくべきですね。

<参考リンク>

DELL サービス・製品保証
http://supportapj.dell.com/support/topics/topic.aspx/jp/shared/support/service_warranty/snp?c=jp&l=ja&s=gen&~section=cuskit

日通 「パソコンポ」で特許取得
http://www.nittsu.co.jp/press/2003/20030602_2.htm

※ちなみに、「佐川 最悪」で検索してごらん。なんでこんな会社が潰れないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.245 定額小為替の手数料

郵便局民営化の影響が・・・(挨拶)

ども、KOMOです。

たびたび話題に上げている「ひぐらしのく頃に」ですが、コミカライズされたものがどんどん出版されています。

物語りもいよいよ大詰めになってきた「罪滅し編」がコミック版で完結しました。

その罪滅し編の3巻と4巻のオビについてくる応募券と、定額小為替を合わせて送ると、ひぐらし~の解答編に当たるコミック全巻が収納できるボックスが貰えます。

コミックは発売直後に買っていたものの、応募までまだまだ日があると思っていたら、締め切りが8月29日でした(^^;

やばいやばい。

で、定額小為替が900円分必要なのです。

応募要項を見ると900円(500円+400円)の無記名定額小為替が必要、とあります。

ん~?2枚必要なの?そんなだったっけなぁ?

てなわけで郵便局にて。

900円分を頼み、1000円札を窓口に出して、しばし待つ。

ん?出てこないよ。

ん?お金置いてるよ。

「1100円です。」

え?

え?

工工エエエ(´Д`;)エエエ工工

以前は1枚に付き手数料10円だったやん!

それがなによ、小為替500円+手数料100円+小為替400円+手数料100円だと!!

手数料100円って!値上がり10倍って!!

小為替買うの久しぶりだったから、ちっとも知らんかった。

しかも50円、100円、200円、300円、400円、500円、1000円しかないやん!

1000円以上のも無くなってんだ。

さっぱり知らなかったよ。

080821kogawaseこりゃまたえらい値上がり&ユーザー無視ですね。

これ、50円のハンパが必要でも手数料100円取るんですね。

民営化の波が市民にシワ寄せしてきているんですね、わかります。

誰も文句言わなかっただろうか?

定額小為替って、今回のように雑誌の全員応募サービスでよく使いますが、こりゃ子供たちにとって大打撃ですなぁ。

<参考リンク>

定額小為替-ゆうちょ銀行
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/hikoza/kj_tk_sk_hkz_kogawase.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.244 IE7のタブが無くなった

タブの使えないIE7に興味はありません(挨拶)

ども、KOMOです。

涼宮ハルヒの消失、ではなくて、IE7のタブの消失です(^^;

短い盆休みが終わり憂鬱な気持ちで出社。

会社のマイPCを起動。

とりあえずニュースに目を通すべくIE7を立ち上げる。

仕事に関連するニュースを拾うようにカスタマイズしたgoogleニュースをトップページにしてます。

ニュースを一つクリック。

あれ?

横にタブが開かずに新しいウィンドウが開いたよ。

んん?

Reg_01 あんれま。IE7からタブが消えていらっしゃる。

せっかくの目玉機能が無いIE7なんてゴミ同然ジャン。

他のタブブラウザで良いものが多いですが、ウチの会社は許可されたソフト以外はインストールしちゃイカンのよね。まったく(-o-)

Reg_01_2 IE7の設定ではちゃんとタブ機能を使うようになってるのに・・・。

ったくしかし、盆明けそうそうウザイ症状ですな。

てなわけで仕事そっちのけでググってみました。

なるほど、「窓の手」などで ClassicShell の設定にしていると起こったりするようです。

でもそんなのやってません\(-o-)/

さらにググってみますと、良いサイトが見つかりました。

IE7不具合情報 FAQ

おおっ!すばらしい。いろんな不具合や挙動についてQ&A方式でワンサカ書いてある。

こういうサイトを運営している人には頭が下がります。

で、解決できました。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer\ClassicShell

の値を0する。

というものでした。

レジストリをいじくる際には、レジストリキーをどんどん潜っていく必要があり案外面倒です。

そこで、コピペでレジストリキーに一発でジャンプできる便利フリーソフトのご登場です。

その名も「regjump」

レジストリキーをコピーしておいてからregjumpを起動すれば一発でレジストリエディタが立ち上がり、目的のキーまで辿り着けます。

便利だなぁ。

てなわけで該当箇所を見てみると、ありゃりゃ、ホントに値が1になってますね。

Reg_04 これを0にしてやればOK。

再起動せずとも、書き換えるだけで(レジストリエディタを閉じることもなく)、ダイレクトに反映されます。

無事にIE7にタブが復活しました。

Reg_05 まったくもう。

ダルイ休み明けの月曜の朝からダルイことさせやがって。

ではでは。

<参考リンク>

Microsoft Internet Explorer 7 (IE7) 日本語正式版 不具合情報 FAQ
http://teamcroud.fc2web.com/ie7f.htm

B@r09u3 Style Op.2
http://hp.vector.co.jp/authors/VA026310/soft2.htm

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.243 塗るスモークフィルム

フィルムを塗るんです(挨拶)

ども、KOMOです。

080812film01 今回ご紹介する商品はこちら。

石原薬品からUNiCONブランドで出ている「塗るフィルム」です。

車のサイドリアガラスやリアガラスが透明ガラスの場合、セダンでは後部座席の人の後頭部が陽に当たって暑いですよね。

スモークフィルムを貼るといいんですが、自分でやると作業が大変だし、まずうまくいきません。

そんなときは、コレ! 塗って乾かせばスモークフィルムを貼ったようになる商品。

フィルムと違いますから曲面でも綺麗に完成します。

この頃はオートバックスやホームセンターでもだいぶ見かけるようになりました。

スターターキット(初回フルセット)、ベーシックキット(追加キット)、リムーバーが売られています。

スターターキットで3500円ほど、ベーシックキットで2500円ほどです。

スターターキットには説明ビデオが付属しており、初めてトライする人はまずはしっかりビデオを見るとよいでしょう。

で、塗ってあるだけなので経時変化で徐々に薄くなりますし、外側に塗ってあるため硬いもので擦られると剥がれます。

そんな時にリムーバーを使用して、ガラスの油膜取りの要領で研磨剤でこすり落とします。

塗りなおすときは追加キットでOK。

私は以前に塗っていたのですが、だいぶ薄くなってきたのでリムーバー&ベーシックキットで。

私が使ったカラーは「ダークスモーク」です。他にも色がありますよ。

ちなみに1回分のキット(スターターもベーシックも)でリアガラスなら1枚分、リアサイドガラスなら2枚分です。

さて作業についてですが、フロントガラスの水弾きコーティングと同様に、下地処理、つまり油膜取りが超重要です。

決して最後まで手を抜かずに研磨剤で一点の水弾きもないように磨き上げてください。最後は付属の脱脂剤で仕上げます。

そしてボディに付かないように、しっかりと付属のマスキングテープで目張りします。

さてここからが神経を使います。

塗料と接着剤の2液を混合させ、付属のフェルトに染みこませ、一気に塗り上げます。

その時間は1分以内!

塗り方は説明書やビデオでしっかり説明されています。ペンキのように後から二度塗りはできません。一発勝負です。

リアガラスに熱線が入っているなら、それを目安にどのラインをどの順番で塗っていくのかしっかり頭に叩き込み、実際に塗る前にイメージトレーニングを怠らないように。

塗料は混合させれば保存が利きませんから、サイドガラスなら2枚とも先に下地処理を完了させておいてください。

塗ったあとは手で触ったりせずに5時間以上乾燥させます。

作業を行う場所も大事ですね。私はガレージの中でやりました。青空の下ではホコリや虫が付かないようにご注意を。

ムラがあっても乾いていく段階で徐々にムラがなくなっていきます。

080812film02 完成すればこの通り!

暗くなってからなのであまり分かりませんが^^;

多少のムラが出来ることもありますが、外から見る分にはあまり気づきません。

サイドガラスの場合は内側から塗りますので、マスキングが大変です。

ですがネットでは皆さんチャレンジしてますね。わたしもいつかやってみますかね。

(2011.05追記)

生産終了なのでしょうか、この商品と、同様の商品(カーメイトの「塗るスモーク」)も見かけなくなりました。残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.242 ウッド調シフトノブに交換

フェイクですが格好よくなりました。(挨拶)

ども、KOMOです。

暑い毎日ですねぇ。

車のエアコンガスが抜けました(^^;

エアコンライン上に不良箇所はないけど、どこからか勝手に抜けるようです。

またまた出費です。

いずれまた出費についてまとめて報告します。

さて、出費ばかりかさむ愛車ですが(^^;、多少の気晴らしにとシフトノブを交換しました

冒頭に書いたようにフェイクですからあくまでも「ウッド調」であって、木製ではありません。

木製のヤツも売ってますが、ン万円なので諦めました。

080809shift01で、こういうときは、いつものヤフオクです(=ω=)

ジャジャーン!

マークも入ってて、格好イイですね!

なかなかウチの車種に合うのがなくて(年式が古いからsmile)、ちょくちょくヤフオク覗いていたんですよ。

安い出品を見つけてゲット!

送料合わせて7千円ぐらいでした。

同じ商品でも1万円ぐらいで出品してるのもあるので、この手のヤツを落札するときは慎重に。

080809shift02

以前のヤツはだいぶくたびれてまして。

ロックボタンのバネがゴム製でしたが、ほとんど復元力がないぐらいに劣化してました。

そりゃまぁ20年経てばね・・・。

そんなわけで、車内のアクセントとして気に入っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.241 秋山ラーメン「MAXウーメン」

秋山、ちょっとは自重しろ(挨拶)

ども、KOMOです。

最近は庶民の味だったラーメンが高くなってきましたね。

そんな折、安いラーメンを発見。

一瞬買おうか悩んだ(^^;

080807umen01ブツはコレ。

超ウマイラーメンってことで「MAXウーメン」

パッケージを見ればお分かりのように、「アノ」秋山が全身ヌルヌルで写ってます

「すっごい滑るよ!」の秋山ですが、そのイメージで商品化するとは・・・。

もう何て言うか、ネタだらけのパッケージです。

080807umen02 「いい意味で臭い とんこつ味」 

まぁいいでしょう。

この際これは置いときましょう。

080807umen03「特製 秋山油 入り」

って、おい!

おまえ、全然反省してないだろ。

080807umen04 とんこつ脂が別袋になってますが、秋山油って書かれてます。

バックについている誰かに踊らされてるのか?

知名度が上がったからヌルヌル路線でタイアップしたのかな?

ラーメンの味自体は臭くていい意味でおいしかったけどさ。

でもさ、こんなことするから安売りにまわされる末路なんだよ・・・。

気づけよ。

ええっと、ちなみに秋山について簡単に説明すると、

2006年大晦日にK-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!にて、秋山VS桜庭 の試合がありました。

試合後に桜庭が「すっごい滑るよ」と発言

その後、秋山は全身にローションを塗りたくっていたことが判明

見苦しい言い訳をしますが、このこととは別にグローブの不正疑惑も浮上。

異常に大きい、EDWINのロゴが無い、グローブ内にメリケンサックを忍ばせていた疑いあり。

結局はローションを使用したことで「規定違反」となり試合はノーコンテストとなりました。

これ以外にも、秋山は骨折偽装疑惑、レフリー買収疑惑、情報操作疑惑などなど・・・(-_-)

まぁね、秋山は日本国籍取得してるけど、生野生まれのチョ(ゲフンゲフン・・・・)ですし。

<参考リンク>

GBR>ニュース>【K-1】12・31秋山成勲VS桜庭和志戦の裁定についての記者会見全文(3)
http://gbring.com/sokuho/news/2007_01/0111_k-1_04.htm

すっごい滑るよ!
http://www24.atwiki.jp/sweatslip/
秋山の疑惑についてのまとめサイトです。必見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.240 風が吹くとき デジタルリマスター

イギリスの片田舎にすむ老夫婦が核戦争に巻き込まれ、ひたむきに政府を信じて生き延びようとしますが・・・。

ども、KOMOです。

1986年イギリスで制作され、翌年1987年に日本各地での公民館や学校で公開され、一部地域によっては劇場公開された、「風が吹くとき When The Wind Blows」21年の歳月を超えてデジタルリマスターでよみがえりました

080801windスノーマン」といえばピンとくるでしょう、レイモンド・ブリッグズ氏が1982年に出版した絵本が原作のアニメ映画です。

私がはじめてこの作品に触れたのは、お盆に帰省した20年近く前のときです。

夕方くつろいでいたら偶然テレビで見ました。

政府が発行した戦争に備えてすべきことが書かれたパンフレットの内容を信じ、それにしたがって備えを行いながら淡々と毎日を暮らしていく老夫婦。

世界情勢は刻一刻と悪くなり、ついには戦争が勃発します。

田舎の一軒屋と老夫婦だけを描き続ける作風に心打たれました。

地下シェルターを作らなくちゃとか、白い色は爆弾の光を防ぐんだと言って窓に白いペンキを塗っていく様は、滑稽でありながらも暗に恐怖が込められた描写であり、強く記憶に残っています。

朗らかな絵でありながら、ひたひたと恐怖が迫ってくる描写、そして核戦争。

最後の最後まで希望を持って地下室で生きていく老夫婦。

日常と隣り合わせの恐怖が秀逸に描かれています。

今のところ、シアターN渋谷での連日モーニングショーのみでの上映みたいです。

いずれは各地の単館系シアターを回るのでしょうか?ぜひとももう一度見てみたいです。

リマスター版もDVDで発売してほしいですね。

原作の絵本のほうも非常にブラックな内容です。

はじめて読んだ人は、子供向きとは言いがたいその内容に度肝を抜かれるでしょう。

<参考リンク>

風が吹くとき デジタルリマスター版
http://www.at-e.co.jp/kaze/index.html

7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »