« No.251 IBMパソコン | トップページ | No.257 105円のau用通信ケーブル »

No.256 劇場版「デトロイト・メタル・シティ」

ホンモノのクラウザーさんだぁぁ!!(挨拶)

ども、KOMOです。

080916dmc1 映画「デトロイト・メタル・シティ」を観て来ました。

隔週マンガ雑誌「ヤングアニマル」にて絶賛好評連載中の漫画が原作です。

ヤングアニマルはかれこれ10年以上購読してます。

昔は発売日を逃すと入手しづらくてかなり困ったモンです。

そんなわけでデトロイト・メタル・シティ(DMC)は最初っから読んでいて好きな作品でして、コミックも買っています。

もともとは読みきりだったけど、異常に人気が出たので数回の単発掲載の後、連載が始まりました。

そんなDMCが映画化!、しかもよりによって実写化!

あれよあれよという間にもう公開されました。

べつに静観していたのですが、いろいろメディアに取り上げられるようになり、海外からも映画のオファーが来てる、などと騒がれだしたので結局観に行くことにしました(^^;

昼過ぎに夕方のチケット買いに行ったら売り切れてて、結局19時の回に行きましたが、びっくりするほどカップルばっかりだったのに絶望した!

親子連れも何組かいてて絶望した!

で、感想なんですが、

「予想以上によく出来ていて、面白かった」ですね。

原作漫画の過激な描写やセリフ(というほど私は感じませんが。別に18禁マンガでもないし)が結構マイルドな表現になっていたり、DMCのボーカルのクラウザーさんのライブでの面白い言動があんまり描かれてなかったり、母親や思いを寄せる人がクラウザーさんの正体を知ってしまうということがありましたが、わりと原作に忠実に作られていました。

原作を知らない人が見ることも考慮すると、これぐらいが落としどころかな。

監督の勝手な大幅な改変、てのはなくてホッとしましたよ。

出演者たちが漫画に出てくるキャラそっくりなのが凄かったです。

主人公、そしてレコード会社社長はもうまさに漫画そのもの!

ファンたちも似てました!キャスティングがよくできてました。

結構笑いどころも多く、話も案外まとまっていました。

DMCの曲は「デスメタル」ってなっているけど、実際映画でDMCのやっているのは容姿や曲調も含めて「ブラックメタル」なんですが、まぁそれはそれ。

一般人には多分どーでもいいことでしょう。

080916dmc2DMCの歌詞が聴き取りにくいのは多分、わざとだと思います。過激な内容だからでしょうね。

カラオケでも会社によっては歌詞が出ないとこがあるみたいですね。

映画のラストで海外大物メタルバンドとの対決がありますが、原作に比べてちょいショボイのが残念。

しかし、出演しているのがホンモノのKISSのジーン・シモンズですので、あまり過激なのはムリだったのでは?と思います。

まぁしかし、劇場みんなが何回も大笑いしましたし、楽しかったです。

もうね、あのクラウザーさんがそっくりそのままでスクリーンで動いているってだけでご飯3杯はいけますよ!

DMCのファンの人なら、アニメ版がDVDで出ていますんで、そっちのほうをどうぞ。

DVD-BOXをイキナリ買うのが気がひける人は、2話収録のお試し版DVDがコンビニなどで売ってます。

<参考リンク>

DMC|デトロイト・メタル・シティ
http://www.go-to-dmc.jp/index.html

ヤングアニマルWeb
http://www.younganimal.com/

|

« No.251 IBMパソコン | トップページ | No.257 105円のau用通信ケーブル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/42507301

この記事へのトラックバック一覧です: No.256 劇場版「デトロイト・メタル・シティ」:

« No.251 IBMパソコン | トップページ | No.257 105円のau用通信ケーブル »