« No.280 貴方の頭の中を覗かれます | トップページ | No.282 「しめじ」が消える?? »

No.281 確信犯の意味は・・・?

確信犯はエライんです。それが皆はワカランのです。(挨拶)

ども、KOMOです。

冒頭の文ですが、何も犯罪者を褒めているのではありません。

ちょっと文章を作成中に「確信的に」や「確信犯」という単語を使うのを思いつき、詳しく意味・用法を調べていました。

詳しくは後述するサイト(長文ですが)を読んでもらえれば良いのですが、さて「確信犯」という言葉の使い方についてはよくネットでも議論されるところです

ところが、使い方が間違っている、と指摘する人自身が正しく「確信犯」という単語の意味を理解していない場合もあります。

勝手に誤解して、勝手に批判する、ということが起きています。

さてはて、「確信犯=悪いことと知って悪事をはたらく人」などと間違って解釈している、といわれます。

正しい意味はリンク先や辞書を見てもらうとして、もともとのドイツで提唱された法律用語の翻訳段階で分かりにくい日本語になってしまっているので、その解釈や用法で議論が起こるのです。

リンク先のコラムを呼んでみたのですが、なかなか実のところ、先の解釈も間違っていないと言えそうです。

「世の中が間違っている、だから私が正すのだ」が「確信犯」です。

では、この行為(確信犯)は善か悪か?

もしかしたら本当に世の中が間違っているのかもしれません

だとしたらこの確信犯は犯罪者ではなく、ヒーロー成り得るのかもしれません

ちょっと待てよ。

今の世の中が間違っているので、正しくしよう。

これって政治家ですよね?

じゃあ政治家は確信犯であり、それは善?悪?

多分に善でしょう。(賄賂とか悪いことをする政治家は悪ですが、そういうのは抜きにして)

「人々を困らせてやろう」などと思って行動する政治家はいません。

信念=正義をもって政治を行い、結果としてそれが人心に反することになってしまうことがありますが、本人はさらさら善い事だと思っているはずです。

つまり、確信犯は正しいと思ってやっているのです。

先の誤っているとされる解釈に戻りますが、ここで整理しますと、正しくは「正しい」と思っていることに対して、間違った解釈では「悪いこと」と思っている、という違いがあります。

まったくの逆の解釈のようですが、さてこの間違った解釈である「悪いことと知って悪事をはたらく」というのは、その身が置かれている社会において「悪い」のであります。

つまり、「客観的視点から見れば、その社会のルール・法律に当てはめると悪となってしまう」のであり、「自分本位での視点から見れば、社会のルールが間違っているであって、自分が行うことは犯罪でもなんでもない善い事」、となります。

だからよくよく突き詰めて考えると、間違った解釈でもなんでもないように思えます。

ややこしくなってきました。

長い説明はリンク先に譲りますので、読んで下さい。

現在の正しいとされる解釈では、確信犯=犯罪となっています。

でもその人の信念や正義に基づいて行っているのが本当に犯罪なのかは、実のところ分からないのでもあります。

犯罪と決め付けてしまっている今の解釈もおかしいのかもしれませんね。

確信犯=エライのだ、という認識のほうがイイみたいですね。

結局のところ、解釈の仕方が難しい「確信犯」という言葉はむやみに使わないほうがいいですね。

<参考リンク>

コラム: 「確信犯」という言葉
http://iwatam-server.sakura.ne.jp/column/32/index.html

|

« No.280 貴方の頭の中を覗かれます | トップページ | No.282 「しめじ」が消える?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/43688988

この記事へのトラックバック一覧です: No.281 確信犯の意味は・・・?:

« No.280 貴方の頭の中を覗かれます | トップページ | No.282 「しめじ」が消える?? »