« No.283 本家サイト「こんぶページ」更新 | トップページ | No.285 中国、ブルーレイに対抗、その名は「レッドレイ」 »

No.284 レーザーディスク終焉

よくがんばりましたね(拍手)

ども、KOMOです。

ついに、というか、やっとというか、レーザーディスクプレイヤーが生産終了になります。

パイオニアが1月14日に発表を行いました。

 お知らせ : パイオニア株式会社
  レーザーディスクプレーヤーをご愛用のお客様へ
  ~生産終了のお知らせ~

 http://pioneer.jp/support/oshirase_etc/ld_info/

現在のカラオケ機含む4機種は2009年3月の生産(合計3000台)で終了。

修理については8年間は対応可能、それ以降については部品がある限り対応する。というなんとも男気溢れる対応です。

去年の暮れに、梅田ビックカメラのAV機器売場に行くと、ひっそりと棚の下のほうに鎮座しておりました。

だれも見向きもしないんだろうなぁ、としみじみ思ったのと同時に、今でも製造販売してるんだぁというパイオニアさんの心意気に感心しました。

2002年に一度生産終了が発表されたときに、ちょうどタイミングよく?それまで使っていたパイオニア製LDプレイヤー「CLD-R4」がディスク読込みに不調を来たしたので、LDプレイヤー「CLD-R5」を急遽購入しました。

090122ld01 性能はあまり変わらずコストダウン(CD用トレーがなくなり、CDを入れるにもフルオープンします)されているもののゴールド色で気に入っていました。

もうあれから7年ですか。一度は生産終了をアナウンスしたけども、ファンの熱い要望にこたえて今まで生産を続けてくれていました。

LDソフトの生産はとうの昔に終了したのに、ずいぶんと長く続いたものですね。

HDD-DVDとは大違いだ(゚ー゚;(失礼)

そういえばモニター(FORIS.HD)を買ったときにちょっとLDを再生させたみた程度だなぁと思い、ふと電源を入れてみました。

電源ONと同時にトレーが出てきました。

あれ?なんで出てきたんだろ?

って思ってトレーを戻そうとすると、5センチほど入ったとこで突っかかって戻らない!

モーターに負荷がかかり、またせり出してきてしまう。

もう一回、CLOSE・・・。やっぱり突っかかってウィウィウィウィヴォーとモーターに負荷がかかっている音がしてまた出てきます。

ぎゃぼーー!壊れた!(ToT)/

電源を何回か入れなおしても改善の見込みナシ。

090122ld02 急遽、調子が悪くなったけど捨てずに置いていたCLD-R4を押入れから出してきた。

押入れの奥の奥だったから苦労したよ。

とりあえず電源コードだけ接続。

電源を入れてみると、なんかエラーが表示されてCDトレーだけ出てきた。

ギギギギギ(゚皿゚)

LDトレーを出そうとしてもエラーがでてCDトレーしか出てこない

そういや、時たまこんなエラーが出るようになったので、買い換えたんだったっけ。

たしかなんかしたら正常に戻ったような。。。

この時点ですでに夜中2時(^^;

よしこういうときは裏技的手法だ。

一旦電源を切って、どれかボタンを押しながら電源を入れる

う~ん、ああでもない、こうでもない。

試行錯誤を繰り返す。落ち着け、落ち着け、COOLになれ。

CD取り出しボタンとLD取り出しボタンを同時押ししながら電源ON!

ウィーン、ココココ、ヴゥンヴゥン。

パイオニア製LDプレイヤーを長年使ってきた私としては、聞き慣れた音がしてきた。

「NO DISK」と正常表示が!やった!

LDトレー、CDトレーともに正常に出し入れできました。

とりあえずホッ。

じゃあ今度はトレーが出しっぱなしになったままのCLD-R5だ。

う~ん、この機種はトレーが1つなので、取り出しボタンは1つしかない。

A面ボタン、B面ボタンの長押しかな?違うな。じゃあ同時押しか?うーん症状変わらず。

(レーザーディスクは両面あるのじゃぞ。ちなみにCLD-R4もCLD-R5も両面連続再生可能で、A面B面を入れ替えずとも、なんとレーザーピックアップがディスクの反対側に移動するという力技をやってのける。)

で、あれこれとやってみました。

トレー取り出しボタンを押しながら電源ON。

ガシャー。

やったー!!トレーが無事に引っ込みました。

一旦電源を切り、深呼吸して、電源ON。

「NO DISC」と正常表示が!やった!

何回トレーボタンを押しても正常に出し入れできました。

あぁよかった。

とりあえずは一安心。

もし新品がまだ売っていたら35,000円ぐらいだから、明日にでもヨドバシなど駆けずり回らなくちゃならんのかと考えたり、ヤフーオークションに出品されている整備中古品(ベルトなどを交換したものらしい)が20,000円程度で出品されていたからまずは速攻でウォッチリストに登録したり、と慌てましたよ、ホントにもう。

ふぅ。

なんとか直って良かった良かった。このトレー開閉故障の復旧手段はもしかしたらスゴイ発見かも(^^

090122ld03 あ、ちなみにCLD-R5のトレーにCDを乗せるとこんな状態です。

CDちっちゃいね。

ていうかLDがでかいのか(^^;

というわけでもうすぐ4時だ。おやすみなさい。

#いろいろ焦っていたのでエラー状態の写真は撮り忘れました(^^;

・・・しかしやはり新品のプレイヤーを見つけたら購入しておくべきかなぁ。

でもソニーのブルーレイプレイヤーが45,000円ほどだったので欲しいしなぁ。いまさらLDプレイヤーをなぁ・・・。

とムニャムニャ考えながら床に就いたのでありました。

LD資産のことを考えると、やっぱプレイヤーは確保しておきたいしねぇ。

090122ld04ちなみにこんなのも持ってます。

1985年に発売されたLDディスク、「十戒(じっかい)」です。

1956年製作の映画で、主演はチャールトン・ヘストン(モーゼ役)。

232分の大作です(LD2枚組み)。

モーゼが海を割って進んでいくクライマックスシーンはあまりにも有名ですね(もう知らない世代が多いかも)。

いつか本腰入れて一気見してやろう。

<参考リンク>

パイオニア DVDプレーヤー
http://pioneer.jp/dvdld/player/
最後の機種となったLDプレイヤーたちです。

|

« No.283 本家サイト「こんぶページ」更新 | トップページ | No.285 中国、ブルーレイに対抗、その名は「レッドレイ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

ブログ見てマスょ!
ふぁぃとだぁ(^w^)

投稿: はるな | 2009年1月29日 (木) 20時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/43819620

この記事へのトラックバック一覧です: No.284 レーザーディスク終焉:

« No.283 本家サイト「こんぶページ」更新 | トップページ | No.285 中国、ブルーレイに対抗、その名は「レッドレイ」 »