« No.305 うみねこEP4 読了 | トップページ | No.308 シグマリ日記その2 通信編(2) »

No.306 シグマリ日記その1 通信編(1)

割と理想のモバイル通信環境です(挨拶)

ども、KOMOです。

さて、「シグマリオン2+W05K」という組み合わせで普段持ち歩いています。

今はネットブック大流行ですね。

私も一つ欲しかったのですが、まだまだ発展途上分野だということと、なにより車への出費がかさんだので見送ったわけです。

私がネットブックで一番納得できないのが、通信カード用のスロット(CFカードスロットでも、ExpressCardスロットでも)がないことです。

中には富士通のFMV-BIBLO LOOX Uや、工人舎の製品のように、スロットを持つものがありますが、稀な方です。

せっかく本体が小さいのにUSB接続タイプの通信機器を繋げるというスタイルは如何なものかと。

全然スマートじゃないですね。

私は数年前にはシグマリオン2にCFカード型通信カードを挿し、そこからケーブルで携帯に繋げてモバイル通信していました。

どうしても片手で携帯を持っておかねばなりません。

そうするとシグマリオン2を持つ手と、携帯を持つ手が必要で、キーボードを打つ手が足りません。

スマートじゃないですよね。しかも、「ちょっと待って、今ネットで調べてみよう」というシチュエーションの時に、ゴソゴソとケーブルを通信カード側と携帯側にと2回挿す手間が生じます。

なによりも、ケーブルと携帯を取り出す必要があります。

全然スマートじゃないですね。ダメダメです。

そ・こ・で!

090427w05k

CFカード型のW05Kですよ!

アンテナは小さくてコンパクトながら稼動範囲は大きいし、カードが多少は出っ張るものの、結構スマートではありませんか?

というわけで。

唐突に始まりました「シグマリ日記」です。一体今の世でどれだけ需要のある記事か不明ですが、不定期でシグマリオン2を弄って遊んでいることを書き連ねていこうと思います。

さて、シグマリオン2でW05Kを使うための設定ですが、細かい説明は省きますので、以下の写真を見てください。

順を追って載せていますので、この通りに進めていけば特に問題はないかと思います。

私はいままで携帯を繋げてモバイル通信をしていた時は、au.NET(auドットネット)サービスを使っていました。

W05Kからは定額になったので私はau.NETでは接続せずに、PacketWIN接続でプロバイダとして@niftyを使って接続しています。

自宅では「Bフレッツ+@nifty」なので、特になんのプラン追加や変更などせずとも、niftyへ接続するだけでサクッと繋がります。

会員サポート>PacketWIN : @nifty
http://support.nifty.com/support/manual/connect_set/mobile/packetwin.htm

他のプロバイダではチェックしていませんが、特に問題ないはずです。

シグマリオン3でdocomo製以外のカードを使用するには、別途「3phs」というソフトをインストールする必要があるようです。

私のシグマリオン2では何もせずとも、kyocera-W05Kと問題なく認識して使えています。

もともとW05KはWindowsパソコンで使用するときも、専用のマルチポートドライバを使用せずとも、Windows標準のモデムとして認識されて使用できます(ただし、速度的な性能は劣りますが)、CEマシンでもあっさりと認識して、ドライバは不要です。

他のCEマシンでのW05K動作確認情報については、下のW05Kまとめサイトをみてください。

なお、簡単ですがシグマリオンにおいてのW05Kの設定方法についても掲載されていますので、ここでの写真と合わせて見ると分かりやすいと思います。

W05K まとめサイト-動作確認情報
http://www31.atwiki.jp/w05k/pages/20.html

ではこの記事の最後にざっと写真を並べておきます。

手順としては、1)スタートメニュー→通信→リモートネットワーク 2)新しい接続 3)ダイヤルアップ接続 4)モデムの選択 5)TCP/IPの設定 5)接続先電話番号の設定(ここではPacketWINの電話番号を指定) 6)接続アイコンの確認&起動 7)ダイヤルのプロパティ 8)ダイヤル方法の設定 9)ダイヤルパターンの設定 となります。

最後のダイヤルの設定あたりがミソかな?ここをおろそかにすると、市外局番などを付加してダイヤルしてしまうので、繋がりません。

一通り終わりましたら、接続してみましょう。ネゴシエーションをじっと待てばW05KのLEDが点滅し始め、ファンファーレが鳴って接続完了です。

後はご自由にネットブラウズを楽しみましょう。

欠点としてはブラウザバージョンが低いこと、FLASHページはムリ、HTML展開処理が遅いことです。

速度に関してはWorldTALKというのが別途用意されています。表示速度は速いですが、unicodeで書かれたページは文字化けしてしまうのと、タブブラウザではないのでタブに慣れている人なら面倒くさいですね。

unicodeの表示とタブブライザ問題を解決してくれるのが、ftxBrowserです。
表示完了までのアイコン表示などがまったくないのと、表示速度が遅いことを除けば、ftxBrowserを常用すれば問題ありません。

CEマシンですからマシンパワーは非力極まりないので、タブの開きすぎには注意しましょう。ハングアップしてシグマリオン2の底にあるリセットボタンを押すハメになることもしばしば起こります。

尚、W05Kに限らず、ネットブラウズには通信カードの電力消費が大きいのでバッテリー切れにご注意を。

~シグマリオン2でのW05Kの設定~
下の左上の写真から右へと、右下まで順番に並んでいます。
★当方、@niftyのPacketWINにて接続。DNSなどはニフティ指定の値を入力。
090427sig2w05k01 090427sig2w05k02 090427sig2w05k03 090427sig2w05k04 090427sig2w05k05 090427sig2w05k06 090427sig2w05k07 090427sig2w05k08 090427sig2w05k09 090427sig2w05k10 090427sig2w05k11 090427sig2w05k12 090427sig2w05k13 090427sig2w05k14
   

|

« No.305 うみねこEP4 読了 | トップページ | No.308 シグマリ日記その2 通信編(2) »

シグマリオン2」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんばんわ。

同じ様な経歴をお持ちの方がいるなあと思い、拝見させて頂きました。
私も同感で、CFスロット又はPCスロットでの通信をもう8年程続けています。
初代シグマリオンからⅡそしてⅢ、ザウルスまで使ってきました。
今は、U50WNを使用しておりますが、今はUSB通信が大半を占めていて、疑問を持ち続けています。
これが時代の流れなんでしょうか?
今度はUSB通信になってしまうかも。

投稿: 裕二郎 | 2009年5月 6日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/44775112

この記事へのトラックバック一覧です: No.306 シグマリ日記その1 通信編(1):

« No.305 うみねこEP4 読了 | トップページ | No.308 シグマリ日記その2 通信編(2) »