« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

No.328 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

まさに、「破」!

ども、KOMOです。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破、刮目して観てきました。

全体としては、

綾波「(味噌汁飲んで)美味しい」
綾波「ポカポカしてくる」
綾波「私がいなくなっても代わりはいるもの(あなただけは生きて!)」

え?何か分からんてか?

以下、感想。

おおっ!アスカ!

ちょっ!アスカ(笑)

アスカheart、アスカheart

ああああ!!!

アスカ!、アスカァ~!!!crying

エンディング後

あぁ、アスカ・・・(ちょっとホッ)weep

以上。

見所はシンジ君ネルフ本部(ピラミッドみたいな地上部分)のてっぺんで、「そんなの関係ねぇ!」炸裂

違うか。

しかし、やっぱ、アスカいいね!

そうそう、シンジ君が聴いていたDATテープですが、25曲目と26曲目ばかり聴いていたのがあることを境に27曲目が再生され、その後プレイヤーごと捨てちゃいました。

TV版(というかパラレルワールド?)の25話と26話から、27話?つまり「破」である新章の始まりであることへの演出が面白かったです。

しかし、かたくなにアスカのおっぱいが見えそうで見えないのは、もはや観客に対するイジメですか?(笑)。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
http://www.evangelion.co.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.327 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 1.11

踊らされました、エヴァ商法に(挨拶)

ども、KOMOです。

もうすぐ、劇場版ヱヴァンゲリオンの2作目「破」が公開されますね。

1作目の「序」のDVDを購入したわけですが、以前紹介しましたようにこれはわざわざテレシネ方式(フィルムに焼いたものを読みとって画質を調整)という面倒な方法を行ったもので、庵野監督が納得の行くまで画質を調節したVer1.01というものでした。

それが、ブルーレイでのくっきりはっきりの高画質で発売するに当たり、画質がくっきりはっきりになるようにデジタルリマスター方式によって作り直し、さらに未公開シーンを新たに追加した、Ver1.11というものを発売しました。(ブルーレイ版とDVD版が発売)

もうね、バカにすんなよと。

言いたいことは山ほどあるわけですよ。

なんだったんだよ、Ver1.01は。

でね。

090626eva01

結局、ゲットしました。オイ。

左がVer1.11で、右が以前買ったVer1.01の特装版。

でもね、でもね、

なんか金出して買い直すのもの癪だったんで、Amazonのポイントを使ってタダでゲットしました。

※ブルーレイのプレイヤーは持ってないので、DVD版にしました。

(脅威の還元率でAmazonポイントがバカスカ貯まったAmazonクレジットカードを使っていた時に、貯めに貯めたポイントを使いました。)

さて、Ver1.11を観た感想ですが、冒頭から元々の劇場公開版で描写されなかった追加シーンがあり、意外にも新鮮で全編通して見入ってしまいました。

そして肝心の画質についてですが、えぇホントにさすがにデジタルリマスターのおかげで色が鮮やかで暗くて見えにくかったところが綺麗に見えるようになっています

これはこれで確かに大変見やすくて、悪くはありません。

元からこの画質で発売してほしかったという意見も多いようです。

しかしながら改めてVer1.01と見比べてみますと、Ver1.01のほうがフィルム感がうまく表現されております(それを狙って作られたわけなので当たり前ですが)。しかし粒状感(絵のザラツキ)もあり見づらいところはあります。

たしかに肝心のヤシマ作戦のシーンがどこもかしこも暗くて見づらいです。

が、人の肌や兵器などの色調は私はやはりこちらのほうが好きですねぇ。

Ver1.11は綺麗過ぎるんですよねぇ。

綺麗なデカイテレビではこちらのほうがキメが細かくて見やすいです。

個人的感想ですがとてもCGアニメ臭い画質ですね。あぁCGだなぁって思っちゃうんですよねぇ。今のTVアニメっぽいっていうか。

色調はVer1.01の方が私は好みです。でもザラザラ感はちょっといただけないんですがね。

もうこりゃ好き嫌いでしょう。

※最後に何点か画面をキャプチャしたのを貼っておきます。ちょっとアスペクトが狂っちゃってるようですが、まぁ気にしないでね。絵作りの違いが分かると思います。
キャプチャが問題あれば削除します。

こんど1作目がテレビでゴールデンタイムに放送されますが、Ver1.01を元にお茶の間のテレビで見るように再調整したものらしいです。

ちょっと明るめにでもするのかな。Ver1.01はそのフィルムっぽさから画面が暗く、真っ暗な部屋で大画面で見る分には申し分ありませんが、部屋が明るいと見づらいと思います。

さてさて、アキバでは綾波をいろいろ見てきたり、Ver1.11でもう一度1作目を見直して、すっかり2作目を観る機運が高まってきたわけですよ。

090626eva02 そんなわけで前売り券を買いました。

ローソン限定のフィギュア付きのやつを(^^;

やっぱり踊らされてるのか。

(後ろの絵はVer1.11の特典の「破」の予告編です)

映画公開直前になって受け渡し開始になったので、さっそく貰ってきました。

前売り券(1300円)とフィギュアが2つついて、2400円です。

うーん。

かわいいからいいか(^^;

ところで前売り券を買うとき、ちょうどローソンで600円ごとの買い物でスピードくじを引く、ってのをやってまして。

前売り券が2400円だったので4回クジを引きました。

そしたら4回とも商品があたったんですが、そん時女の店員がめっちゃダルそうに「4枚とも当たりなんスけど、今お持ち帰りしまスか?」って言いやがんの。

なんやねんな。

090626eva03 で、タダで貰ってきたのがこれら。

お茶、ウコンの力、強強打破、焼きプリン、です。

ちなみに後ろに映っているのはVer1.01特装版の特典のテロップ入り本編(Explanation of EVANGELION:1.01)。まぁこれが付いてるだけでもVer1.01特装版を買ってよかったかな、と。

でわ、劇場版2作目を観てきたら感想なぞ書きたいと思います。

でわでわ。

Ver1.01
090626101_01090626101_02090626101_03090626101_04090626101_05

Ver1.11
090626111_01090626111_02090626111_03090626111_04090626111_05      

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.326 白い鯛焼き

久しぶりの食のマイブーム(挨拶)

ども、KOMOです。

最近話題になっている「白いタイヤキ」

皆さん、食べてみました?

会社の最寄駅の前にはちょくちょく、鯛焼き屋の屋台が出るんですが、はじめは「白い鯛焼き始めました」的でした。

090624taiyaki01普通の鯛焼きがメインであって、おまけ的に段ボール紙に「白い鯛焼き130円」って書いて立て掛けてあったんですが、先月あたりから屋台自体が白い鯛焼き屋に変わってしまいました(笑)

白い鯛焼きの方が売れ行きが良かったのでしょうか。

単価も普通より高いので儲かったのかもしれませんね(^^;

なんで白いのか、っていうのはタピオカを使っているんですね。

090624taiyaki02 見た目はこんな感じです。

ホントに白いです。実物は写真よりもっと白いです。

もっちりした食感で、美味しいです。

2~3日もちますので、冷蔵庫に入れておいて電子レンジで温めても大丈夫です。

焼いている様を見ていたんですが、この白い粉を溶かしたものが結構粘っこくて型に綺麗に流れていかないのか、型を閉めて焼き始める時に思いっきりぐるぐる型を回していました。

遠心力で尻尾の先まで流しているんでしょうね。

最近は大阪でも常設のお店が増えつつあるようですが、まだまだ食べたことがない人が多いので、会社帰りに買って手土産に友人なんぞに持って行ったりしています。

うちの両親にもこの屋台のを食べてもらったんですが、意外に好評でした。

それで、常設の「●鯛屋」(一部伏字)っていう白い鯛焼き屋のお店が近所に出来たってんで買ってみたそうなんですが、「餡子が水っぽかったし、皮もモチモチさが少なくて美味しくなかった」って言ってました。

どうやら駅前の屋台のは意外にレベルが高かったようです。

でもね、そのいつも買う屋台がいつ店を出すのか不定期っぽいんですよ。

先日も会社帰りに買ったときに「明日も来てる?」って聞いたら、「あぁ~、明日雨ですしねぇ」って返事でした(^^;

雨なら店を出さないようです。

ハメハメハ大王?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.325 どこがバリューやねん!(2)

ローソンよ、再々考せよ!(挨拶)

ども、KOMOです。

前回に引き続き、バリューライン商品についてです。

ホントは他にも書くネタがあったんだけど、緊急企画です(笑)。

いつも行くショップ99に、伊藤ハムあらびきウィンナーがあります。

ところが最近、VLマークの付いた伊藤ハムの商品も並びだしました。

090619ham01 どっちも税込104円。

(ショップ99で買ったので、税抜99円です)

左がバリューライン商品(以下、VL版)。右が元々の伊藤ハム商品(以下、正規版)。

よく見てみると、正規版は「あらびきポークウィンナー」です。

090619ham02 オモテにも原料肉:豚肉と書かれています。

VLマークのついたバリューライン商品のほうは、「あらびきウィンナー」となっています。

「ポーク」の文字がありません

原材料を見てみると、豚肉と鶏肉が使われています。

090619ham04なら、豚肉以外のものを混ぜて使って安く仕上げているのでしょうか?

いいえ

←これはVL版の原材料表示

正規版は内容量94g

VL版は、内容量84g

混ぜ物して量減ってるやん!!

ちなみにVL版は一本少ないです。なんてこった!

090619ham03

←こっちは正規版の原材料表示

原材料表示を比べてみると、VL版は正規版に比べて肉の結着材に卵たん白も使用していますね。

う~ん、増量目的でもあるのか??

しかも鶏肉を使用しているため、味が劣るのを補うために、脱脂粉乳やポークエキスを使用してます。

正規版は甘味付けに水あめ・ぶどう糖を使用しており、VL版は砂糖だけ。

つまり、VL版は原価を下げていますね。

090619ham05 アレルギー表示を比べると、正規版は「使用しておりません」ですが、VL版は「乳、卵、小麦」となっています。

まぁ私はアレルギーがないので気にはしていませんが、これって混ぜ物をして、それを補うために調味料を追加することで、結果としてアレルギー表示が必要になっているわけですよね。

う~ん、なんだかなぁ~って感じです。

VL版では「小麦」表示がありますが、「植物たんぱく」ってのが小麦由来なのかな?

正規版では大豆たんぱくなのかもしれません。(単なる私の推測ですが)

では、肝心の味を見てみましょう。

090619ham06 というわけで、軽く炒めてみました。

上がVL版、下が正規版。

形状は正規版はゴツゴツしています。VL版はつるっとしています。

食べてみると・・・。

断然、正規版の方がウマイ。

凄くポークの味がして、そしてとてもジューシーです。

VL版は、なんていうか臭みというかちょっと鼻につく臭いがあり、ポークの美味しい香りが少ないですね。やはり豚肉が少ないのが如実に表れています。

090619ham07 切って断面を比べてみましょう。

左がVL版、右が正規版。

一目瞭然、正規版の方が脂の塊がごろごろしており、とてもジューシーなのが見て取れます。

結論。

おなじ伊藤ハムブランドでも、ローソンのバリューライン商品の方が鶏肉混ぜているわ、量は少ないわ、美味しくないわ、で二度と買いません。

ショップ99だから、正規版もVL版も一緒に並んでいるのでしょうか??

ローソンプラスならVL版のみなんですかね、やっぱり。

ローソンさんよぉ。もうちょっと考えてくれ。

ローソンの取り分があるぶん、原価を下げざるを得ないのでしょうが、コレではねぇ。

伊藤ハムも不本意な商品じゃないのかなぁ・・・。

でわでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.324 どこがバリューやねん!(1)

ローソンよ、再考せよ(挨拶)

ども、KOMOです。

ショップ99が住んでる所の近くにあるので、日頃の買い物で絶賛利用中の私です。

ローソンと業務提携してから、「ローソンストア100」に変更しだしたり、ローソンのほうも高年齢層向けに105円ストアの「ローソンプラス」に変更したり、本家ローソンにも105円の惣菜を並べだしたり、といろいろ必死忙しそうです。

ローソンプラスはバリューローソンが運営しており、商品には「VL」マークが付いたものが並んでおります。

最近は他のローソンにも並んでいますね。

「VL」マークにはバリューラインと書かれており、「信頼の証」らしいです。

徹底した品質管理、小分け適量サイズ、信頼できるメーカーとの共同開発、なんて謳っております。

でよく考えると、「価値ある」という意味での「バリュー」について謳っていませんね

それに信頼できるメーカーとの共同開発、なんていってるけど、私が感じたところでは、元々ショップ99が頑張って開発してきた商品群を、資本提携したから勝手に乗っ取っただけのものが多いですよね。

今まで99が「ついに開発できました!」って言っていた商品に、ある日突然、そしらぬ顔で「VL」マークが付いていたり。

う~ん、ちょっと最近のローソンは好きじゃないよなぁ。

で、本題なんですが。

ちょっと小腹が空いたのでサンドイッチを買ったんですよ、105円のやつを

まぁ写真を見てもらったら一目瞭然でしょ。

見てくれ給え。

090618vl01090618vl02  

どう思う? これってヒドくないすか?

昔のサンドテッポーってところが出してたサンドイッチがまさにこれだったけどな。

もうね、サンドテッポーの再来かと。眩暈したわけよ。

もうちょっと考え直してくれ、マジで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.323 アキバにていろいろ想う

今回のアキバ巡り記事はこれにて終了。

ども、KOMOです。

アキバの続き。(またかよ)

飯も食ったし、うさぎ神社も行ったし、ということで中央通り界隈をブラブラ。

怪しいグッズを売っている「MAD」にも寄ってみたし、のんびり(?)廻るのもいいもんだ。

出張カバンがでかいために、狭い雑居ビルの上層階にあるショップには行けなかったのが残念無念。

いつかついでではなく休みを取って来たいものだ。

090610nishimata アソビットシティでは例の西又イラストが描かれたクロワッサンラスクを絶賛発売中。

欲しかったが5個入りで1260円はチト高い。

それにパッケージがイラストの紙を無地箱に巻いただけという、やっつけ仕事だったので止めた(^^;

090610ichiro 日本をチェンジするというコピーにあやかった「一郎ちゃんのチェンジまんじゅう」、「一郎ちゃんがチェンジするので・・・」というPOPと共に値引き販売されていた(笑)

「うまいのになぜ止めるの~!一郎ちゃ~ん」というPOPも(笑)

さて、ボチボチ帰りの新幹線の時間も近づいてきたことだし、駅に向かってGo。

090610tac01おっとその前に。

綾波!綾波!

またか!

ってここはいつものごとく、秋葉原UDX内の東京アニメセンター

「天地無用!」の原作者の梶島正樹さんに関する展示が行われており、新作OVA「異世界の聖機師物語」についての紹介をやってました。

090610tac02 ここは旬のネタ(展示)をする場所としてはいいけど、やはり「世界への情報発信基地」としては力不足。立地条件はいいんだけど。

物議を醸している国費で建てるアニメ・漫画の美術館「国立メディア芸術総合センター」は、少なからず必要だなとは思うナリよ。

お台場っちゅうのは立地的にどうかと思うが。

せっかくの世界に誇れるアニメ文化なのだが、レアものや貴重な資料は個人所有や専門店に拠るところが多いのはやはりイカンだろう。

私としては最近のアニメや漫画じゃなく、戦前、戦時中の漫画やアニメ(「のらくろ」や「海の神兵」あたり)から「アトム」誕生までの資料とか、そういうのをきちんと国が保有・管理すべきだと思う。
貸本時代から漫画雑誌創刊の時代背景とか、または当時の撮影所とか制作現場の再現とかね。
時代に応じて街並みも再現したりとかさ。だんだんと街並みや家庭が近代化されてくるのを実感したりとか。
ガラス張りの中に鎮座しているのを眺めるだけの美術館じゃダメだと思うよ。

おっとつい脱線。

090610akibanana 駅には新しいアキバ土産のお菓子の宣伝が。

こういうのは大阪は遅れてるなぁ。

最近やっと、くだんの音々(ねおん)ちゃん関連のお菓子がにっぽんばしでも販売されましたが。

そんなこんなでアキバ巡りは終わり。

新幹線に乗り、遠ざかる東京の街並みを眺めて帰阪したのでした。

ではアキバで買った500GBの中古HDDを使いましょう。

前にツクモで買いだめしておいたジャンクのHDDケースにがちゃんと差し込むだけ。

簡単だ。

S-ATAなので簡単であるが、コネクタの噛みが弱いので外れないかちょっと不安。

さぁてこれにせっせとデータを移管していきましょう。(しかしそれをする時間がなかったりして)

090610hdd01_090610hdd02_090610hdd03 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.322 〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー

SONYの本気を見た(挨拶)

ども、KOMOです。

プチ更新。

SONYのブルーレイレコーダーのサイトにて、目玉機能である「おまかせ・まる撮り」の体験?スクリーンセーバーが公開されています。

Win版とMac版があります。

Win版で17MBほど。注意事項を読んで(スクロールさせて)ダウンロードしていざインストール!

起動するとスクリーンセーバーが起動し、どのキーワードを検索するかの入力ボックスが出現しますので、気になるキーワードを入力しましょう。

まぁ私の場合は好きなアニメなんぞで・・・・。「らきすた」とか「けいおん!」とか「ひぐらしのなく頃に」などなど。。。

入力しますとキーワードに関する情報を集めだします。

しばらくするとスクリーンセーバーが始まります。

要はYahoo!やYouTubeから画像や文字情報や動画を集めているのですが、演出方法がハンパない

見てのお楽しみ。お試しあれ!

でわでわ。

(スクリーンセーバーという割には、画面の左上にしっかりとSONYの文字が鎮座ましましています・・・ダメじゃん)

〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー
| ブルーレイディスク/DVDレコーダー | ソニー

http://www.sony.jp/bd/ss/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.321 うさぎ神社

コレなんて羞恥プレイ?(挨拶)

ども、KOMOです。

まだアキバでのお話です。

サンボで牛丼食った後はPCパーツショップ等巡り。

やっぱりいろんな種類の店があるしアキバは面白いなぁ。

中古の500GBのHDDを3,000円程度でゲット。データバックアップ用に使うので中古でイイや。

メインとサブのデスクトップPCは24時間稼動しているので、HDDを入れ替えるときは新品じゃないと恐いけど。

友人から頼まれていたアニメの同人グッズを物色したあと、そうそう新しい店が出来たニュースを以前ネットで見たのを思い出しました。

以前中央通りに面して堂々と営業してすぐ潰れた裏DVD屋があった場所です。

裏DVD屋のつぎは、段ボール肉まん屋(別にホントに段ボールを具材に入れているわけではなく(^^;、肉まんを段ボールの箱に入れて売っていた)があったのですが、一度行ったときは閉まっていて結局買えずじまいでした。

090606usa01 その後も麻生太郎応援ショップちゅうもんがあったりして、こんどは、「アキバのうさぎ神社」ってのが出来きました。

こういうのは旬のもので長続きしないだろうと思っているので、行ける時に行っときましょう。

外観はこんな感じ。

このお店にはウサ耳を付けた巫女さん(当然コスプレですが(^-^;)がいて、ウサギにちなんだドラ焼きやまんじゅなどのお菓子や絵馬やお守りを売っています。

うさまんじゅうは1箱に8個入って280円。

一応、店内には「うさぎ神社」という祭壇があって、賽銭箱が置いてあったりします。

090606usamanju 自分用とお土産用に絵馬うさまんじゅうを2個ずつゲット。

「うさまんじゅうを2個買った人にはおまじないをかけます」てなことを言われて、「へ?(゜-゜)」と思っていたら、

「おいしくなぁ~れ、ぴょん、ぴょん」

っていう小っ恥ずかしいおまじないをポーズ付きでしてくれました。

人通りが多いところで。

まぁ、そういう街だから周りの人は「気にしない」のかも知れませんが、恥ずかしかったよ!

んで、「2個買われると地下の胎内洞穴が無料になります」と言われて券を渡された。

入場料200円らしいが、うさまんじゅうを2個買うと無料になるそうで。

胎内洞穴ってあれか、神社なんかで地下の真っ暗な回廊を壁づたいに歩いて中にある祠でお祈りしてくる、ってやつ。

そんなのまでやってるんだ。

せっかくだから別の巫女さんに券を渡して、エレベーターで地下一階に。

いきなり真っ暗。マジで真っ暗。

手すりを頼りに進んで行くが、てっきり直線的な通路だと思ったらけっこう曲がりくねっており予想以上に進みにくい。

しかも途中でブヨブヨする床の上を歩いたりして。お化け屋敷かよ!と内心突っ込んだ。

出口最後にちいさな祠があって、穴の中にある「運」を掴んでお願い事するという趣向でした。

階段上がって地上に出て終了~。ウサ耳巫女さんがお出迎え。

帰り際ガイジンさんがウサ耳巫女さんみて大喜びして、バシバシ写真撮ったり、一緒に並んで写真撮ったりしてました。

090606usa02_090606usa03_090606usa04_2

090606ema

そうそう、お気づきの方もいらっしゃるでしょうが、うさぎ神社のイラストですが、

また西又か!(いい意味で)

って突っ込まずにはいられない。

※西又葵さんって有名なイラストレーターさんのこと

店内の祭壇の周りにもイラストが貼ってありました。

店頭にはでっかいイラストが掲げられていましたが、人目が気になり写真は撮れず。

西又さんは最近、あきたこまちのパッケージを手がけたり、いろいろとご活躍されています。

アキバ土産としてクロワッサンラスクっていう新商品が出ており、それも西又さんのイラストが使われてました。

090606asou店内の祭壇のところには、麻生首相から届けられたお花が置いてありました。

ナニやってんだかcoldsweats01

写真撮ったけどピンぼけだったので、右の写真はどっかで拾ってきたやつです。

(無断拝借スンマセン)

<参考リンク>

西又葵神社 「アキバのうさぎ神社」オープン - アキバBlog
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50831764.html

秋葉原にアミューズメント店「うさぎ神社」
-うさ耳巫女スタッフがお出迎え - アキバ経済新聞
http://akiba.keizai.biz/headline/1446/

「アキバのうさぎ神社」プレオープン。地下には「胎内洞穴」
:まいくのアキバ日報
http://blog.livedoor.jp/mikeroom/archives/596757.html

アキバのうさぎ神社公式サイト
http://www.akibausagi.com/index.html

<西又葵関連ニュースリンク(笑)>

“萌え効果”で大ヒット 米や焼酎に美少女イラスト (1/2ページ)
- MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090107/trd0901071516011-n1.htm

秋田県羽後町「羽後牛カレー」発売決定!
| miety's LifeDiva
http://aoinishimata.jugem.jp/?eid=760

“萌え画”日本代表にルーカスもお墨付き (1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090420/tnr0904201156005-n1.htm

秋田県羽後町 JAうご 美味しい「あきたこまち」
http://www.ja-ugo.jp/

こまち野 オンラインショップ
http://www.komachino.com/

秋葉原ではアソビット限定 「西又葵クロワッサンラスク」 5個1260円
- アキバBlog
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50839367.html

西又葵 オフィシャルサイト
http://www.jokertype.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.320 アキバで牛丼

殺るか殺られるか、そんな雰囲気(挨拶)

ども、KOMOです。

アキバの続き。

秋月電子でお目当ての乾電池をゲットしたあとは、ブラブラとアキバ巡り。

腹が減ってきたので、今度こそはウマイ物を食おうと意気込んでみました。

前回来た時は不覚にも値段につられて、アキバに数あるカレーショップのなかで「カレキチ」に入ってしまいました。

390円ってデカデカと書かれたノボリが振られており、フラフラと入ったのでしたが、普通のカレーで正直がっかりでした。

カレーショップに行ってガッカリしたのはこれが初めてでした。

「あぁ~こんなにカレーショップが多いのに~」としょんぼりしながら食ったのでした。

さて、今度もカレーにしようかな。そうだゴーゴーカレーっていうのがあったよな、なんて思ったものの、そういえば一度休業して、また営業再開した牛丼専門店に行こう!と思い立ちました。

090602sanbo それがココ!

「牛丼専門店サンボ」です。

なぜサンボなのか不明です。

営業時間は正午ごろで17時ごろ閉店。材料が無くなればその時点で閉店、らしい。

定休日も不明で臨時休業もするらしい。

古びた店構えに、古びた内装。

客は満員だったが皆、黙々とモクモク食べている。

ちょうど気温が高い日が続いており、エアコンがあるにはあったが、効いているのか分からないぐらいに店内は暑かった。

店主と若者(息子かどうかは不明)は黙々と注文を受けて丼にご飯を盛り、牛肉を盛り付ける。

おばちゃんが注文取りと配膳を行っているが、注文とレジのとき以外は黙々と仕事している。

なんだろ、この異様?特殊?な殺伐とした雰囲気は。

悪くは無い。なんていうか職人の店に来たという感じを受けた。

デカい出張カバンを持ち込んでいるため、他の客よりも店主やおばちゃんに対して申し訳なく思った。

並盛で400円

初回なので様子見ということで並盛を注文。

ほどなく配膳された。

多めのご飯に、たくさんの具(肉)。

肉の厚みが結構あり、そして肉の味がとてもした。肉食ってるぞ!という感じだ。

ボリュームもあって安く感じた。

写真を撮りたかったけども、ケータイの電源は切るようにと貼り紙があったので、厨房に近いカウンターだったこともあり、撮影は断念。

後で気づいたがヘッドホンも外さなければいけないようだ。

あぶなかった。

すこぶる人気で客は多く、また回転も早い。

店内にはおばちゃんの注文取りの声と店主のそれに呼応する声しかせず、肉を煮込んでいる鍋の音、盛り付けや配膳の音ぐらいしかしない静かな店内で、黙々と食べる人たち(オレもそうだが)。

メニューには、お皿(ご飯付)450円牛皿(ご飯付)650円、なるものもある。

ん~。事前調査せずに入店したのでどういうものか不明。

牛皿とは大阪にっぽんばしの豚カツ屋「こけし」でいうところのセパレートというやつだろ。

お皿ってなんだ?肉なし?じゃあ皿には何が乗っているのだろう?

注文するときに気になったが、おばちゃんに「これってどんなん?」っていう風に声を掛けるのもはばかる雰囲気だったので、結局並盛にした。

(後日判明。参考リンクにてどうぞ)

腹が減っていたのでペロリと完食した。

大盛でもよかったかな?

さて長居はよくない。とくにレシートもない。

立ち上がりつつ「ごっそさん!」といい、入り口近くで代金を払った。

店を出るときに他の客の大盛のを見たら、かなり量が多かった

店を出てようやく「ふぅ」と一息ついた。

今日も暑い日だったはずだが、とても涼しく感じた。

さてどこに行こうかな。

<参考リンク>

牛丼専門サンボ - 秋葉原-水道橋/牛丼
- livedoor グルメ
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/12245/

秋葉原マップ
牛丼専門店 ~ サンボ ~
http://blog.livedoor.jp/akibabot/archives/26236538.html

ザ・サンボ 牛丼専門店
http://homepage3.nifty.com/sphere/project/sanbo/sanbo.html

秋葉原カレー日和
http://www.akibacurry.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »