« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

No.381 加賀名物あんころ

お、お前、消されるぞ(マジで)

ども、KOMOです。

先日、能登半島までドライブに行ってきました。

ドライブっていうか、のとじま水族館に行ってきたわけですが。

楽しみにしていたイロワケイルカ数年前にお亡くなりになっていました(´;ω;`)

かわりにアザラシの飼育コーナーが旭山動物園っぽくなっていました。

さて、のとじま水族館のことは後日としまして、どうしても書かずにはいられないことが勃発(^^;大げさ

帰りに高速のPAで休憩したときに、金沢名物の「加賀あんころ」というのを購入。

100313ankoro01

これは所謂あんころ餅で、このように三色になっています。

100313ankoro02

で、おみやげコーナーを物色していましたところ、この「あんころ」をキャラクター化したものが売られていました。

100313ankoro03 

え~・・・・・・

どう見てもスライムです、ありがとうございました。

「あんころちゃん」と言うそうです。

100313ankoro04

このタグが無いとわかりませんね。

「ぼくスライムじゃないよ、あんころちゃんだよっ!」

「ねっ?大丈夫だよね?」

100313ankoro05

「うん、それ無理」

ヒィィィ~!

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

朝倉さんから逃げても追い詰められました。

100313ankoro06

「おい、どうする?コイツら」

「ゴニョゴニョ・・・」

「あぁ、そうだな」

((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

その後、あんころちゃんの姿を見たものはいなかった・・・(^^;

<参考リンク>

あんころ餅の高川栄泉堂
 金沢のお菓子を皆様にお届けします。
http://www.ankoro.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.380 西又葵と行くイラストの町

またまた西又か(オイオイ)

ども、KOMOです。

「あきたこまち」のパッケージイラストを西又葵さんが手がけたことで、秋田県羽後町、そしてJAうごが注目を浴びたわけですが。

今度はなんと、西又葵さんと一緒に秋田県羽後町へ行く3泊4日のツアーが開始されるようです。

ツアー日程は5月20日~23日

100311ugo

もうね、なんだろね。

西又さんと一緒に羽後町を巡り、田植え体験や蕎麦打ち体験を通じて羽後町をもっとよく知ってもらう、「羽後町満喫イベント」らしいっす。

お土産もいろいろ貰えるみたいだし、イベントも盛りだくさんみたいですので、詳しくはJAうご、もしくは西又さんが所属する事務所のサイトを御覧下さい。

募集人員40名、費用は東京発で49,800円、現地集合なら44,800円。

応募者多数の場合は抽選になります。

きちんとした「公式」のイベントですので、まぁ妥当なとこですかね。

西又さんのブログには早速申込みましたというファンの方のコメントがたくさん(^^;

ところで、小さい字の注意書きを眺めてみると、

>お部屋は2段ベット×8個(定員16名)の大部屋2部屋、もしくは相部屋となります。

う~ん。修学旅行みたいだね。

どうも小学校を改築した宿泊施設のようですね。

サイトを見た所、綺麗なとこですね。

駐車場もあるので現地集合の場合はマイカーでの参加も可能みたいです。

スケジュールを見る限り、楽しそうですけどね。

最終日(5/23)はバスが夜9時に秋葉原に到着して解散ということです。どうすりゃいいんだ?

てゆうか、
>現地では「西又葵」が行動を共にして皆様と羽後町の架け橋となります。
というだけで、肝心の西又さんとの触れ合い(?)について詳しく書かれていないのだが。

<参考リンク>

西又葵先生と行く羽後町農業体験ツアー  JAうご
http://www.ja-ugo.jp/2010tour.html

『西又葵と行くイラストの町 羽後町まるごと満喫イベント』開催決定!
| miety's LifeDiva
http://aoinishimata.jugem.jp/?eid=1337

Navel Official Website
- 予約フォーム
http://www.project-navel.com/navel/service/orderform_ugo.html

沢の子の杜 わか杉(飯沢瀬後野)
http://www.ugomachi.com/e_ugo/maturi-ibento/wakasugi.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.379 たち・ぷろ

さぁ皆さんご一緒に。

さん、はい、「また西又か」(何度目だ)

ども、KOMOです。

ネタとしては少々古いのですが、最近になってヨミウリ・オンラインにて記事が出たりで注目度が上がってきたので、ちょっとネタにしてみました(^^;

街を盛り上げようと「萌え」パワーを使おうとするのが流行ってますが、東京は立川においても何やらやってます。

具体的には私はよく分かりませんが、とにかく立川にはフィギュアメーカーである「コトブキヤ」があることもあり、「立川をオタクの新聖地」にと2009年頃から盛りあげようとしているようです。

で、立川市を代表するキャラクターをということで、以前立川に住んでいたことがあるイラストレーターさんの協力で魔法少女な女の子のキャラクターが出来ました。

それなんですが・・・

100310tachikawa

また西又か!

西又葵さんって立川に昔住んでいたのね。

しかし最近引っ張りだこですね。

それにしても、このキャラがなんかよく分かりません(^^;

市内の小学校に通う「立川たっち」ちゃん。魔法の力で大人の女性に変身するらしい・・・。

そんな設定いるのか??

で、このプロジェクトは立川魔法都市化ぷろじぇくと「「たち・ぷろ」といい、東京・立川を舞台にした、街と二次元系カルチャーの融合をめざす新感覚・参加型ムーブメント、らしいです。

・・・よく分かりません(^^;

私は陰ながら応援して暖かく見守っていきたいと思います(´ー`)

<参考リンク>

「立川たっち」萌え~ オタクの新聖地に…東京
: ニュース : 旅ゅ~ん! : YOMIURI ONLINE
http://www.yomiuri.co.jp/tabi/news/20100223-OYT8T01051.htm

たちぷろって?|たちぷろ☆オフィシャルサイト
http://tachitachi.com/about/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.378 「青春☆こんぶ」復活へ

復活への第一歩であり、メインである看板娘(イラスト)が決定しました。

ども、KOMOです。

襟裳岬の昆布のPRにと、パッケージに萌えイラストを用いて「青春☆こんぶ」として商品展開しましたが、イラストの盗用(トレース)が発覚して販売停止中でした。(記事No.347参照)

この度、公募で集まったイラスト66点のなかから最優秀賞が選出されました。

100227seishun

こちらがその最優秀賞のイラストです。

作者さんは現役の高校2年生のかたです!上手いですねぇ。

それもそのはず、作者さんのサイトを拝見しましたら、スニーカー文庫の「ザ・スニーカー」にてイラストを何回か掲載されているというので、もうセミプロですね。

青春こんぶさんのほうでは3月下旬に新パッケージでの販売予約を始めるよう準備されているようです。

楽しみですね。

<参考リンク>

青春こんぶ
http://sky.geocities.jp/teyuyu/

青春こんぶ公式サイトでは、入賞作品、応募作品が掲載されています。
惜しくも賞をのがした他作品も力作ぞろいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.377 洋風養命酒?

これは新しいリキュールです(挨拶)

ども、KOMOです。

2月にビッグサイトに行って来まして。

厨房機器などや製造機器や検査機器なんぞの展示会でして。

他にも主催は違いましたが、全国の名産品のPRなんかの大規模な展示会もやっていました。

で、その会場で養命酒製造さんが大規模にプレゼンやっていたのがコレ。

100305herb

サンプルでブースの前を歩く人にバンバン配っていました。

「ハーブの恵み」という「心と体の癒しのリキュール」です。

リキュールという洋風のものに、東洋のハーブ(オリエンタルハーブと言っていました)が出会いました。

詳しくは公式サイトを見て下さい。

クローブ、甜杏仁、カルダモン、シナモン、花椒、クロモジ、高麗人参、桑の実、クコの実、リュウガン、ナツメ、サンザシ、ネムノキ、の合計13種類のハーブを養命酒製造のノウハウで漬け込んで成分を抽出したものです。

頂いたサンプルを飲んでみましたが、すごく飲みやすくて休まる味でした。

実は私は元々、普段から養命酒を愛飲していまして(^^;

そんなのだからこの手の体に効くお酒、そして気軽に飲めるというこのハーブの恵みはツボにはまりました。

養命酒のニオイや味が苦手なかたも、ハーブの恵みなら楽しく飲めますよ。

3月8日(月)発売、ということでもうすぐですね。

200ml入りが360円、700ml入りが1,220円、1000ml入りで1,690円、と養命酒ともそんなに差がない価格です。

えらく宣伝してしまいましたが、回し者ではありませんので(^^;

※話は脱線しますが、ビッグサイトで思ったこと。

全国各地のウマそうな名産品やら地酒などを並べて商社などに向けてバンバンPRしていたんですが、ちっともその商品をその場で売っていないんですねぇ。

鯨の缶詰とか、マッコリとか、ウマそうなソーセージとか、う~ん買いたかった。

試食などは配ったりしているところもありましたが、若干販売しているところも散見しましたが全体的には販売はしてませんでした。

話のタネにでも買って帰りたかったものがたくさん。

ビッグサイト側の規制なのか、自主的なのか、東京の風習なのか知りませんが、ちょっとショボーンでした。

これ絶対、インテックス大阪だったらバンバン売っているだろうなぁ・・・と思いつつ残念に思いながら帰阪しました。

<参考リンク>

薬用養命酒 未病・健康・養命酒について
http://www.yomeishu.co.jp/

3月15日までプレゼントキャンペーンしています。
「ハーブの恵みプレゼントキャンペーン」
http://www.yomeishu.co.jp/megumi/campaign201002/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.376 三陸地方、津波被害甚大

三陸地方、津波被害甚大

ども、KOMOです。

予定を変更してニュースをお伝えします。

チリ地震による津波ですが、三陸地方では漁業が壊滅的な状況です。

外洋のほうは津波の影響が少なかったのですが、三陸海岸のリアス式地形の奥まったところでは被害が大きく、各地で被害調査、復旧作業が始まっています。

宮城県では気仙沼と女川(おながわ)湾の被害が大きく、カキ養殖やノリ養殖のいかだが流出したりロープが絡まったりで、宮城県漁協によると損失は数億円にのぼるという壊滅状態です。

岩手県ではカキ、ホタテ、ワカメなどの養殖施設が損壊。大船戸漁協、広田湾漁協で7億円以上の被害見込み。コンブ養殖施設も300基ほどが流され、今年の水揚げは絶望的。

牡鹿半島周辺の水深が浅いところや、離島付近では押し寄せてくる津波と引き波の早い繰り返しによって波の速さが上がったり、波の繰り返しに大きく揺られての原因でノリ養殖施設は壊滅状態。

三陸地方のノリやワカメの全国シェアは大きく、他地方のものの価格高騰が懸念されます。

浜辺のほったて小屋などでカキを殻焼きして食べるカキ小屋というのが名物ですが、三陸地方では今年はムリでしょう。

何か国が復興支援をしてくれればいいのですが。

<参考リンク>

●河北新報 東北のニュース
養殖の被害甚大 三陸 損失額算定急ぐ
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100302t73012.htm

恵みの海傷深く 「全滅でねえが」漁師絶句 気仙沼
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100302t13018.htm

津波一過、悲嘆の浜 養殖業「もう駄目」 三陸沿岸
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100302t73011.htm

●47NEWS
津波で養殖施設に深刻な打撃 岩手、宮城県が調査急ぐ
http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010030101000579.html

●asahi.com
県内の養殖漁場にツメ跡/チリ地震津波-マイタウン宮城
http://mytown.asahi.com/miyagi/news.php?k_id=04000001003020002

●YOMIURI ONLINE
「昆布、今年は稼ぎゼロ」  チリ地震津波:宮城
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/news/20100302-OYT8T00127.htm

ニュース記事はリンクが切れていることがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »