« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

No.393 鉄道むすめ@函館市電

ども、KOMOです。

ビッグサイトでの仕事も終わり、出張中に溜まった仕事をこなしているわけですが。

私が東京に行っている間に、関連するプロジェクトの上司が函館に行っておりまして。

北海道新聞のサイトを見ていたら、こんな記事が。

「鉄道むすめ」に会いに来て 20日から函館市電にイラスト
100521tetumusume

なんだとっ!!

「鉄道むすめ」とは地方の特色ある鉄道会社に勤める女性をイメージしたもので、フィギュア展開とかやっているんですが、その函館市電でのキャラクターのイラストを実際に市電に描いて街を走っているそうだ。

くそぅ!日程をずらしてオレも函館に行きたかったよ!

100521karen
ちなみにそのキャラクターとは市電の運転士をモチーフにしたもので「松風かれん」といいます。

100521karen2

決まった駅では車内モニターででもキャラクターが登場するらしい。

7月20日まで運行しているそうです。

<参考リンク>

「鉄道むすめ」と市電でGO 「らっくる号」衣替え
-北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/232602.html

らっくる号が松風かれんラッピング電車になりました。
- 函館のトピックス
http://www.hakodate150plus.com/news/2010/05/post-89.html

路面電車の日記念
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/transport/event/9601/karen.htm#9601

鉄道むすめ ~鉄道制服コレクション~
http://tetsudou-musume.net/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.392 ifia/HFC JAPAN 2010

No.391 ifia/HFC JAPAN 2010
風強いな、オイ。寒いわ。

ということで。

ビッグサイトで3日間のうち2日間、どこかのブースで立ってます(^_^;)

でわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.391 SP-590UZ(1)

No.391 SP-590UZ(1)
ども、KOMOです。

以前、オリンパスのデジカメについて書いた際、最新機種が私には魅力的でないなぁと書きました。

で、結局当初の思惑通りに、一つ前の機種である『SP−590UZ』を買いました。

アマゾンさんで24,800円でした。
新機種もすでにかなり値下がりしており、逆転現象が起きていたりします。

しかしながら、乾電池動作が可能であり、ファインダーの付いているコイツにしました。

やはり私は液晶画面を見ながらの撮影は苦手でして。
高倍率撮影ではどうしてもファインダーを覗き込んでの撮影がしっくりします。

いろいろ出掛けることがありますので、持ち歩いて使い勝手を確かめてレビューしたいと思います。

開封してすぐの印象では、プラスチック部分が多くなったんでしょうか電池を入れても軽く感じます。
グリップ感はイイですが、親指が当たるところにラバーが無いのでちょっと掴みにくいかな?
親指以外が当たるところはラバーが巻いてあるので滑ることはなさそうです。

しかしなんと言っても、動作が機敏です。

当たり前ですが、今まで使っていたSP−550UZからだいぶ経っているので随分良くなっていますね。

ちなみに一緒に購入したのは専用ケースと、電子レリーズ(シャッターのリモートケーブル)です。

ケースは本革でイイ感じです。

レリーズのほうは互換品(非純正)です。

そのせいかコネクタが最後まで差し込めません。動作はするんだが。

もっと力込めて差し込んでいいものか思案中(^_^;)

ではいずれレビューしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.390 「ウルフマン」感想

中盤、あぁ良かった(ホッ)

ども、KOMOです。

先月のことなんですが、「第9地区」を見に行こうとしたら満席だったので急遽「ウルフマン」の方を見てきました(^^;

さて、狼男を扱った映画といえば、私は世代的に「狼男アメリカン」です。

ですがあっちはコメディータッチです。主人公の前に現れる死んだはずの友人がだんだんと腐っていく(亡霊?)のが印象的でした。

狼男となる呪いの連鎖を断ち切るためには自殺しかない、という苦悩の中で結局狼男となり人々を襲ってしまい、銃で撃たれて人間の姿に戻って息絶える、という最後は悲しい映画でした。

こういった古典的な怪物を扱うものはやはりもの哀しいストーリーが似合いますね。

狼男ものと言えば他に「ハウリング」がありますね。たしか「5分前は人間だった」がキャッチコピーだったっけ。

よくマンガなどでネタにされたりもした映画でしたが、変身シーンはそれまでとは一線を画す出来栄えでした。

私が好きな映画のなかで、すばらしいゴシックホラーの一つである、ロバート・デ・ニーロ主演「フランケンシュタイン」('94)があります。

今回観た「ウルフマン」もこれに通じるものがあると思います。

「狼男」('41)のリメイク版ですが、当然ながら最新VFXで作り直され、なおかつ早い場面展開伏線を散りばめた構成など、現代風にうまくリメイクしていました。

そして見事なまでの19世紀末のイギリスを描いていました。セットを含め、いい絵作りでした。

そういや特殊メイク担当は「狼男アメリカン」で特殊効果を担当したリック・ベイカーです。

ストーリー自体はある意味王道でしたが、今風な演出があって中盤ヒヤヒヤしましたよ。

ネタバレもくそもありませんが、主人公が狼男なワケなんですが、中盤で主人公が引っ捕らえられます。

そして、狼男になって人を襲ったのは、「人狼化妄想」というべきもので「あたかも自分が狼男になったと錯覚して、殺人をはたらいた」という点で審議が始まります。

「えっっ?マジで?」
「今までの描写って、主人公の主観的映像だったってこと??」
「それ、なんて『ひぐらしのなく頃に』&『うみねこのなく頃に』」(分かる人には分かる)

とマジでドキドキしてしまいましたよ。

まぁほどなくして、衆人環視のなかで狼男になって暴れだしましたので、「あぁ良かった」とホッとしましたが(^^;

あのまま「妄想でした!」「精神分裂症でした!」で終わっていたら別の意味ですごかったと思います。

その後の展開は、親子(ベニチオ・デル・トロとアンソニー・ホプキンス)との対決があり、そして物語は終焉へ・・・?

大変オーソドックス的な内容でしたが、この作品はそれこそが醍醐味だと思います。

ゴシックホラーの王道娯楽作品を楽しみたいかたには是非オススメです。

<参考リンク>
『ウルフマン』
http://wolfman-movie.jp/

今回のウルフマンがDVDとブルーレイのセットで発売されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.389 LGのBDプレイヤー

LGイイかも??(挨拶)

ども、KOMOです。

最近はブルーレイディスク(BD)のソフトも安くなってきましたね!

いよいよ、DVDからの世代交代でしょうか?

まぁまだまだレコーダー市場での普及が進み、パソコンでのデータストレージとしてはDVDの方がまだまだ使われていくでしょうね。

BDドライブもWindows7マシンにはだいぶ搭載されてくるようになりました。

さて、DVDとBDのツインパックの映画ソフトが随分と、戦略的価格設定で出てきましたね。

私は「アバター」「2012」のものを購入しました。Amazonさんが結構安かったし。

あとはBDプレイヤーですが、私が気にしていたビクターのXV-BP1ですが、ネットでは叩き売りに近くなってきたのでそろそろ買おうかぁと思っていたら、「生産完了」になっちゃいました(ノД`)

ゆっくりしていた結果がこれだよ!

で、ビクターのXV-BP1は実のところ中身はLGのものなんですよね。

ただ、LGのほうはネットに繋げてYouTubeが見られるようになっていました。

ビクターの方はその機能が無くなっちゃっていたんですが、その分、操作性や画質面にある程度のビクターによるチューンナップがされているようでした。

ウリのひとつである動画ファイルへの対応についても、LGよりもハッキリと対応形式などについて明記していましたので、私も「安心感」という点でLGよりもビクターの方を買うつもりでした

それにLGに比べて外装がカッコいいのが良かったしねぇ。(LGのはチープな作りで、値段相応っぽい)

さてさて、どうせ中身はLGのなんだから、LGの方で新たな動きがあるんだろうと思案していましたら、案の定LGから新製品の発表が既に出てました。気づくのが遅かったですな。

もうそろそろ市場には出回っている頃だと思います。

100501bd570_2

無線LAN搭載でDLNA対応の「BD570」がおよそ25,000円程度

スタンダード機「BD560」がおよそ20,000円程度。

というこれまた魅力的な価格設定となっており、特にBD570に至ってはDLNA対応ということで、LAN内のパソコンやDLNAサーバー内の動画ファイル、音楽ファイル、画像ファイル、をLANを使って再生出来ます。

BD570、560ともにEthernetを備えますので、従来通りのYouTube再生に加え、今度はPicasa、AccuWeather.comへのアクセスも可能。

さらにGracenoteサーバーへ接続することで音楽CD再生時には曲名などを取得するらしいです。

すっごく惹かれますなぁ!!

25,000円以下で出回っているようなのです。

飛びつき買いしたくなるぐらいですが、何分情報不足です。

気になる点は、

1)AVCRECの再生が出来るのか?

2)USB端子があるけど、USBメモリしか対応しないのか?HDDがつなげられるのか、また対応フォーマット形式は?

3)対応動画ファイルの形式は?

ですな。

1)に関しては、これからレコーダーが普及してくるとなると、AVCREC録画されたディスクで人から借りてきたり、一緒に見たりすることがあるので、ちゃんと対応しているのか不安。

一説によると公式には対応しない、らしいけど・・・。はてさて。(ロゴを取得したり、完全対応させるにはライセンス料が掛かるからか?)

2)に関しては、日本ではサッパリ掴めないんだけど、海外のAV機器の掲示板を漁っていたら、気になる一文がありました。

Googleのキャッシュからサルベージしたページには、2010.3.6に書かれた情報によると

-----------
According to page 26 of the BD570 manual:

This player supports USB flash drive/external
HDD formatted in FAT16, FAT32 and NTFS when
accessing files (music, photo, movie). However,
for BD-LIVE and Audio CD recording, only FAT16
and FAT32 formats are supported. Use the USB
flash drive/external HDD formatted in either
FAT16 or FAT32 when using BD-LIVE and Audio
CD recording.
--------------

どうやら外付けHDDをUSBで繋げて動画ファイルなどを再生する分には、NTFSフォーマットでも良いみたい。

でもBD-LIVE用の外部メモリとしてUSBメモリや外付けHDDを利用するには、FAT16かFAT32形式でしか対応しない、と。

音楽CDの録音、ってあるけど、どゆこと?

もしかして音楽CDからMP3にリッピングできるんかいな??
(その場合もFAT16/32だけということか)

う~ん、Audio CD recording って何だ?

ま、ともあれ米国仕様ならOKみたいなので、日本向けでもそのままなことを願いたい。

で、3)に関してはネットを漁って得た情報によると、WMVは×みたい。あとISOファイルも×。MKVファイルは音が出ないものもあるようだ。

こりゃこの値段ならまずはゲットしてみて自分で検証してみるのもアリですな。

それに最悪、BDプレイヤーとして活躍してくれるわけだし(^^;(そっちがメインだってば)

再生不具合がいろいろ上がっている、「アバター」と「2012」ですが、「問題なく再生する」、もしくは「購入後すぐにファームウェアを更新したら再生OK」らしいっす。

韓国製だ、ってことを気にしないのなら、なかなかイイ機種ですな。

でわでわ。

<参考リンク>
LG、無線LAN/DLNA対応などBlu-rayプレーヤー2製品
-AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100405_359206.html

LG、ホームネットワーク対応のBDプレーヤー2機種
| RBB TODAY (ブロードバンド情報サイト)
http://www.rbbtoday.com/article/2010/04/05/66833.html

BD570
http://www.lg.com/jp/tv-audio-video/video/LG-BD570.jsp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »