« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

No.403 (感想)第9地区

汗だくで帰宅してシャワー浴びたあと、アイス食べながら火照った体を冷ましつつアニメを見ていたら寝てしまいました。

気づいたら明け方。

晩飯、ガリガリくんだけだったよ!

そんな熱帯夜のある日。

ども、KOMOです。

暑い日が続きますねぇ。

気が向いたら書くので時期はずれ甚だしいのですが、映画「第9地区」の感想をば。

あんまり知名度は大きくありませんでしたが、口コミでカルトな人気を誇った映画です。

一応、梅田や難波の大きな映画館でもやっていましたしね。

ストーリーはというと、「天下の無法地帯、南アフリカはヨハネスブルクにUFOが!中には衰弱したエイリアンがたくさん、たくさん。そんでもって、政府はエイリアン達を”難民”として隔離地区に住まわせる。それから数年、エイリアンの数は増え、しかも住民との軋轢が高まってきたため、今より冷遇な難民キャンプ程度の場所への強制移住を実行することに・・・」

こんな感じですが、実はこの内容は冒頭で説明されることなので、あとは見てのお楽しみ。

エイリアンVS人類、ってことですが派手なドンパチは殆どありません。

主人公とエイリアンとの交流がメインですが、だからといって「愛」とか「友情」っていうのともちょっと違う。

こんなエイリアン映画はじめてだ!

それよりも、南アフリカ、難民、隔離、っていうキーワードだけで、ヤバげな内容ですな。

これはもう、エイリアンの映画というよりも、実質的には南アフリカの社会情勢を描いた映画ですね。

痛快アクション映画ではありません。

ドキュメンタリーぽい作りですが、シニカルというかシュールな映画です。

他所で「通好みな作品」と紹介されていましたが、まさにその通り。

ちょっと説明不足な部分もありますが、全体的にとても良く作られており、最後はちょっとホロリとするところがあり、大変面白かったです。

特撮技術が素晴らしく、虫のような格好のエイリアン達はよく動くし、(着ぐるみかロボットかCGか全く分かりません)、上空に浮かぶ巨大UFOの迫力もかつてのインディペンデンスデイの比じゃありません。

ミサイルの動き(軌道)が一部で「板野サーカス」だ!って言われていますが、実写映画では珍しいんではないかな?

確かに「マクロス」とか「エウレカセブン」っぽいミサイルの動きでした(^^;

まぁしかし、それにしても「予想外の上を行く予想外の展開の連続」(「の」が多すぎますね)でした。

中盤の予想外の展開、後半での”まさかの失敗”による展開、そしてラストの”まさかの感動”、と驚きの連続でした。

まさにこりゃ、「通好み」な映画でした。

しかしこりゃ、ヨハネスブルクだからこそ現実味がある話ですねぇ。

これがアメリカや欧州なら、ちょっと「んなわけないだろ」とか「ねーよ!」いうツッコミを入れるところですが、「あぁヨハネスブルクだったらアリかも」という、感心なのか笑いどころなのか、ある意味現実味ありすぎる、ってのがミソでした。

BDとDVDのセットがもうすぐ発売です。Amazonで予約しましたので、届いたらもう一度家で鑑賞します。

p.s.
私はラストで初音ミクの「VOiCE」っていう歌のPVがフラッシュバックしましたよ(^^;
ED曲に使うべきだと思います。(PVは下のYouTubeのを見てください)

<参考リンク>

映画「第9地区」オフィシャルサイト
http://d-9.gaga.ne.jp/

>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.402 PPV-DVD、再び

所詮こんなもん(実行しちゃダメよ)

ども、KOMOです。

「半分の月がのぼる空」熱が再沸騰してきたので、Amazonさんを覗いていたら525円なるDVDを発見。

ん?ってことでググってみたら、「1 week DVD」ってやつで、視聴期間が1週間設けられているヤツでした。

ペイ・パー・ビュー方式DVD(PPV-DVD)ってヤツですね。

以前、海外ドラマのもので検証した方式ですな。

アニメ版「半分の月がのぼる空」全6話が1枚のDVDに収められており、携帯やPCで専用サイトへアクセスして解除コードをもらいます。

改めて説明しますと、このPPV-DVDというのはヴィジョネア株式会社が開発した方法で、初回のパスワード申請から1週間見れるというもので、その後も1週間315円で追加視聴可能です。

DVD再生ごとにパスワード入力画面が出てくるので、その都度新しいパスワードを申請して入力します。

初回申請時から1週間過ぎると、申請しても「期限切れ」になってパスワードを教えてくれませんので今度は有料でパスワードをもらいます。

支払いは携帯なら通話料と合算して請求されます。

このPPV-DVD方式のものを解析してからだいぶ日が経ちますし、再解析がてらポチっとAmazonさんで注文してみました。

Amazonプライム(有料会員)に入っていますので、翌日には送料無料で届きました。流石Amazon、仕事が早い。

100719ppv01

安いのでディスク盤面は味気ないですし、何よりもイラストがジャケットしかない。

こんなイラストだけでは里香ちゃんの魅力半減です。(そんなことはどうでもいい)

100719ppv02

さて、パッケージにはこのディスク固有の専用URLとQRコードが記載されております。(写真加工しています)

そんなことより、PCに突っ込んでみましょう。

自動起動で専用再生ソフトが立ち上がる仕様ですのでご注意を。私は自動起動はしないようにしています。

100719ppv

ちなみに中身はこんな感じ、PLAYDVDP.exeという視聴ソフトが入っていますね。
自動起動設定ファイル(AutoRun.inf)もあります。

さてさて、通称(?)「赤い狐さん」でプロテクトを見てみましょう。

100719ppv03え~っと、ナニナニ?

どうもこれで見る限り、CSSプロテクトは掛かっていませんし、リージョンもフリーに設定されています。

特殊な構造や、不良セクター挿入、などの高度なプロテクト(コピー対策)は取られていませんね。

いいんだろか?

まぁ視聴期限後は見るのに金が掛かる仕様だから、コピーが蔓延しても大丈夫というスタンスでしょうか?

パッケージをよく見ると、「DVD MAGIC」って記されています。

ヴィジョネアのサイトを見てみると、MAGIC GUARDというコピーガード機能を使っているようです。

あぁそれでよくあるプロテクトは使っていないのかね。

それよりも気になったのは、メーカー側にとっての目玉機能の方。

>今までどのように観られていたのかわからなかったDVD。
>しかしDVDMAGICならコンテンツごとの視聴回数や視聴された時間帯などの情報をサーバーで集計可能。
>配布したDVDの効果測定に役立てることができます。
>インターネット接続環境のあるパソコンでDVD・CDを閲覧したユーザーについて、視聴者数、時間別の視聴傾向、DVD作品のどのコーナーをどこからどこまで見たか、どのコーナーの人気があったかなど、”視聴率”をリアルタイムでデータ化し、オンライン管理画面を通じていつでも確認できるというシステムです

おいおい、そりゃ法的にいいのかい?

ユーザーの許諾なしにそんなデータ勝手にネットにつなげて送信するなや。

ようはパソコンでは見なければいいみたいですが…。

さて解析ですが、まずはダメ元普通のDVDオーサリングソフトを使ってみましょう。

使ったのは「DVD MovieWriter6」です。DVD-Videoからのリッピング機能をつかってみましょう。(以下、写真は若干縮小しています)

100719ppv04 100719ppv05

案の定、リッピング途中でハングアップ(応答なし)になってしまいました。

コーピーガードが効いているんですね。

では、次はもはや旧式となった定番リッピングソフトで詳しく見てみましょう。

100719ppv06

なるほどなるほど、メインムービー(6話分)の動画ファイルが存在していますね。

で、「特典」となっている部分では、音声設定が4つもありますし、字幕設定に至っては32個もあります

特典っていうのは単にメイン以外の動画という意味です。

音声については例のごとく、まともな音が再生できないようにダミーが入ってるんですね。

字幕なんて32個も設定されていたら、おそらく普通のプレイヤーでは規定外設定なので何らかのエラーになるでしょう。

その辺をパスワード認証画面を通すことで、正しい音声や字幕の設定をプレイヤー側に引き渡すんでしょう。

ですからここでのメインムービーのみを抜いたところで、ダメっていうワケです。

ちなみにこの画面左下に表示枠がありますが、このままの状態で再生させてみてもマトモに再生できませんでした。

まぁ当たり前だわな。

100719ppv07

で、ここで「再編集」をかけてやるわけです。

100719ppv08

メインムービーでも同じように、音声と字幕が2つずつ入っていますね。

メインムービーだけ抜き出して、以前と同じように、「音声の2つ目と、字幕の2つ目」だけにします。

字幕についてはどっちもいらないかもしれませんが、一応2つ目のほうには0.22MBと何らかの情報があるみたいなのでチェックしました。正直よくわからん。

で、この設定でPC内へメインムービーをコピーをします。

ISOファイルとして一纏めにしてしまう方法と、DVD-VIDEOの構造を持ったファイルへ出力する方法があります。

んで、この後はライティングソフトでDVD-Rへ焼いてやればOKです。

ちなみに、メニュー画面などは無くなっちゃう訳ですが、チャプター構造はそのまま残っていますのでご安心を。

そんなこんなで、割と簡単に抜き出せるようです。

今回も検証してみたんですが、ぶっちゃけ、PPV-DVDって以前からなんも進歩していないですねぇ。

そこまで技術革新する気がないのでしょうか。

まぁ、実際のところ、今回使った「半分~」のディスクですが、1層ディスクに2時間半ほど押し込んでいるし、ファイル容量も小さいので画質はあんまりよくありません

う~ん、WOWWOWで放送されたのを録画したやつを持っていますが、そっちのほうが綺麗かもしれませんな。

ジャケットも簡素なものなので、ありがたみもありません。

てなわけで、PPV-DVDをどうにかしたい、っていうのは費用対効果があまり望めませんね

ま、レンタルの煩わしさがないっていう性格の商品ですから、妥当な仕様だと思います。

500円使ってわざわざ再検証するものでもなかったかな。

以上で検証を終りますが、あくまでもPPV-DVDの仕組み解析のものですので、推奨でも助長をしているものではありません。

それにしてもこれを機会にアニメ版をもう一度見ちゃいましたよ。やっぱいいアニメですなぁ。

100719ppv09

「半分の月がのぼる空」のDVD-BOXが「オトナ買いキャンペーン」で2010/9/15に発売されます。

Amazonなら26%引きで5,500円で予約中です。

<参考リンク>

1WeekDVD: VISIONARE corporation
http://www.visionare.co.jp/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

No.402 (感想)半分の月がのぼる空

予想外の構成(だが、それがイイ)。

ども、KOMOです。

4月頃だったかに観てきた映画の感想です。

原作は電撃文庫から刊行されている同名小説です。いわゆるライトノベルの一つです。

ドラマCD化され、漫画化やアニメ化もされました。

テレビドラマ化もされたようです(テレビ東京にて)。

アニメはWOWWOWでノンスクランブル放送だったので見ることが出来ました。

全6話という短い作品でしたが、「不治の病に侵された少女と、同じ病院に入院した少年との出会いを通して"いつかは終わりの来る日常"を描く、恋愛小説」という原作の良さをうまく描いており、私の好きな作品の一つです。

さて、そんな作品が実写映画化される、っていうではないですか。

当然ながら(?)全く興味は持っていませんでした。

ダメな実写映画化されたものといえば、「デビルマン」を筆頭に、「鉄人28号」とか「最終兵器彼女」とか枚挙に暇がありません。

「ドラゴンボールエボリューション」なんてものもありましたね。

「デスノート」やら「DMC」のような成功例は珍しいほうです。

「半分の~」は単館系上映で、ありがたい事に大阪ではそういうのを観るのには恵まれています。

しかし観に行く気なんてなかったんですが、「大泉洋」さんが出ているというじゃありませんか!

こりゃあ観に行かなくちゃ!

ということで観た次第であります。

いやぁ~、最近メキメキと全国区での活躍が増えている大泉さんですが、この映画でも見事に演じていました。

「水曜どうでしょう」のファンである私としては、なんかね、凄く嬉しいのと、立派になったなぁと思いました(何様だよ(^^;)。

映画では2部構成になっており、肝炎で入院することになった裕一と、ずっと心臓病を患っており転院して来た里香とのボーイ・ミーツ・ガール物語が前半。

そして中盤から大泉さん演じる医者の話に移ります。

物語の初めから、ところどころ「?」という部分がカットインされます。

原作を大きく改編した第2部に移ってから、「??」が大きくなり、そしてラストに向かって「?」の意味が分かった頃には息もつかせず衝撃と感動へのクライマックスに突き進みます

100717you すごい、すごいよ、大泉洋さん!

大泉さんの大泣き、というか慟哭するシーンは必見です。

(C) 2010映画「半分の月がのぼる空」製作委員会

すごい!こんな大改編で来るとは!そして、それがこんなにも大成功なんて!!

正直、びっくりしました。

もうね、原作と違うとか言うのはナンセンス。

いい映画でした。

大泉洋さんのことしか書いてないけど、主演のふたりもよかったです。

初めこそ「パッとしないヤツ」とも思えましたが(失礼)、等身大の高校生をよく演じていました。

ただ、残念なのはもっと知名度が上がって欲しいところですね。

こうやって感想を書いていると、映画観たときの感動の余韻が蘇ってきましたよ。

原作読みたいねぇ。

てか録画したアニメをもう一度見たくなりましたよ。

<参考リンク>

ホーム:半分の月がのぼる空
http://www.hantsuki-movie.com/
映画の公式サイトです。

半分の月がのぼる空・公式サイト
http://www.hantsuki.com/
原作、アニメなど公式サイトです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.401 さよならAVIC

また一つ思い出が消えた(哀愁)

ども、KOMOです。

AVIC、それは「ソニーショップ アビック」

ソニーショップの名の通り、ソニー製品ならなんでも揃っているという直営店

しかし経営難からどんどん店舗数は減っていき、東京や大阪を中心に全国で9店舗のみの経営でした。

それでも赤字経営から脱却できず、ついに全店舗が今年(H22年)7月末に閉鎖となりました。

6月には少し情報が出ていましたが、7/14に正式に発表になりました。

大阪・にっぽん橋のAVICはショールーム的な店構えでもあり、国内最大級のソニー専門店でした。

感慨深いですねぇ。

よくお世話になりました。

AV機器用のヘンな変換ケーブルが必要になったときには必ずAVICに行きましたなぁ。

オーディオピンジャック赤・白(オス)←→ヘッドホン端子(メス)なんてヘンテコな奴や、その逆パターンだったり、年間でどんだけ売れるんだよというキチガイ(失礼)変換ケーブルは、ソニーしか作ってなかったし、そしてAVICでしか入手できなかったもんなぁ。

電子ブック(8cmCD-ROM)のソフトやビュワーもその当時すべて揃っていたし。

それに直営店だと侮るなかれ、結構値引き販売されていたりして、そこそこ人気あったんだけどね。

まぁソニー製品しかないので、必然的にソニー信者御用達のお店なので、売り上げ的にはずっと芳しくなかったんだろうなぁ。

友人がずいぶん昔にAVICでソニーのDVDカーナビを買ったんだけど、かなり安かったですよ。

(カーショップでは自店で購入したものは格安で取り付けてくれるけど、持ち込み品は結構取られる。それを踏まえても安かった。)

AV機器のオプション品でも揃っていてよく利用したもんです。

あぁ何もかも懐かしい・・・。

今はヨドバシカメラなどが進出してきましたからねぇ。

<参考リンク>

ソニーショップ全国9店舗、一斉閉店へ…今月末
: 経済ニュース : マネー・経済
: YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100714-OYT1T00670.htm

2010.06.16
| ソニーショップアビック、7月末で全店舗を閉店
【NIPPON-BASHI SHOP HEADLINE】
http://shop.nippon-bashi.biz/news/20100616_avic.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.400 (感想)プレデターズ

やっぱりB級だった(だがそれがいい)

ども、KOMOです。

最近映画をちょくちょく観に行っていますので、感想を書いていきたいと思います。

書き上げたものからアップしていくので、順不同ですが。

100713pd で、さっそく「プレデターズ」観てきましたよ。

ポケモンやら踊る大捜査線やらのほうが人気だったのか、プレデターズはガラッガラのスカスカでした。

映画自体もスカスカでしたが(ぉ

なんでこうも最近のプレデターを扱う映画ってB級なんでしょね?

まぁそれが合っていると言えばそうなんですが。

クソなB級映画のような、セットや小道具がチャチだったりというのはありませんでした。

それなりに真剣に(?)作られていますので、画面からくるB級感というは無いので安心して見れました。技術の進歩ですかね。

大まかなストーリーは、
戦いを楽しむプレデターはいろんな惑星から強そうな奴を拉致してきては、ジャングルに離し、「狩り」を楽しむ、というもの。

まぁソレだけです

いろんな各国の特殊部隊などから目ぼしい奴らを拉致って来た訳ですが、一人「ヤクザ」が混じってるところが笑えます。

武士をイメージさせるつもりか知らんが、ジャングルで靴脱ぐなよ(^^;

裸足じゃ危険だろ。

ヤクザの見せ場はカッコいいんだが笑えるシーンでした。

ヤクザ=日本=サムライ=ニンジャ=・・・、なんか外人さんはゴチャゴチャに認識していると思います。

途中で手に入れた日本刀でプレデターと戦うんですが、どうやら剣道の人がアドバイスなどに関わっているみたいです。

日本刀での戦いなんだが、ちょっと違うんだよなぁ。サムライを意識したんだろうけど、それじゃぁ剣道だよって思ったし、ニンジャっぽい篭手みたいなの付けるし。

ヤクザなら日本刀よりドスだよなぁ~、と思いました。絵的に派手さがないかも知れんが。

説明不足な部分は多いですが、伏線は回収していましたし、全体としてはまとまってはいました。

人間同士の疑心暗鬼の部分やら、面白い部分があるんだけど、プレデターの魅力が薄まっていました。

「狩られる」という未知の敵からの攻撃、という点では姿を見せない訳ですが、中盤まで画面に出てこないってのは致し方ないですね。

※元々のプレデターでもずっと光学迷彩で姿見えない敵だったわけだし。

 たくさんのカッコいいプレデターをみたい人は「エイリアンVSプレデター」がいいでしょう。

なかなかプレデターが画面に出てこないドキドキ・ワクワクってものが序盤にありましたが、中盤から画面に出てきてからはちょっと中だるみしちゃったかな。

期待していたローレンス・フィッシュバーン(マトリックスのモーフィアス役が有名)はあっさり死んじゃったし。

せっかく長く生き延びてきた奴なのに、それこそもっとモーフィアス的な立ち位置で活躍して欲しかったです。

終盤の盛り上がりでは、お馴染みのプレデターの兵器は相変わらずスゴすぎるし、しかも正面対決してくるんで、襲われるっていう恐怖感が後半は無くなりました。

でも、ラスト近くでのプレデターの行動でちょっと意外な面が見れたり、一緒に行動していたある男が"やっぱりそうか"であったりと、見せ場は多く楽しめました。

「本当に怖いのは人間」的なシチュエーションがあり、ちょっと面白みがありました。

あのままプレデターのことそっちのけで終わらないかと内心ちょっとヒヤヒヤしましたが(^^;

※実は彼がプレデターから送り込まれた監視員かもと考えたのでしたが、そうじゃありませんでした。

シュワちゃん主演の「プレデター」(1作目)と少し繋がっていますので、過去にエイリアンと戦って生還した男の話やら、ラストのそれを模倣した戦い方など、ファンをニンマリさせるところがあります。

主人公が戦闘のプロという割にはほっそりした体系なので、絵的に魅力が薄かったです。シュワちゃんのイメージと重ならないように敢えてそうしたのかは分かりませんが・・・。

決して駄作ではないけど、限りなくB級テイスト。

そして最高作では無いけれど良作でした。ちゃんと作られたシュワちゃんの1作目の「続編」という感じです。

ファンなら観て損はしないでしょう。

逆にファンじゃないなら楽しめないでしょう。

そんなプレデターズでした。

※ちょっと「?」だったのが、プレデター達の惑星なのに、なんで猛毒を持っている植物かどうか分かったんだろう?気候や大気が似ているので植物も似ているのかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.399 出ておいで

簡単に出てきます(何が?)

ども、KOMOです。

唐突で申し訳ない。

Windowsを使っていて、たま~に遭遇する現象なのですが、「アプリケーションのウィンドウが、最大化しないとデスクトップに表示されない」ってのがあります。

もっと簡単にいうと、Windowsではアプリケーションのウインドウの右上には3つのボタンが付いていますが(一番右が終了「×」のやつ、左が最小化「_」のやつね)、この真中のボタン「□」を押すと、ウインドウが表示されなくなる」って現象です。

タスクバーには表示されているので強制終了しちゃったんではありません。

タスクバーのアイコン上で右クリックして「最大化」を選ぶとちゃんと出てきます。

でも、ウインドウサイズを小さくしてデスクトップに置けない状態です。

最近は使う人が減っていると思いますが、Office2000までに付属していた、Photo Editorでよくこの現象が出ます。

原因は、Photo Editorをウインドウサイズを変更して使用している際に、ウインドウの左上がデスクトップの領域外にはみ出ている状態のまま、Photo Editorを終了させると発生します。

ぶっちゃけバグなワケですが。(Microsoftも認めていて一応対処法を公開しています。でもそれでもうまく行かない場合もあったりして)

たま~に、他のソフトでも同じ症状が発生することがあります。

Photo Editorではウインドウ最大化でとりあえずは表示できますが、モノによってはそれすらも出来ず、画面外に開いたままのウインドウを操作できなくなってドツボにハマることもあります

デスクトップのサイズを変更した時や、デュアルディスプレイを変更したときなど、元々の表示位置をソフトが覚えていて、デスクトップが小さく(狭く)なったのに元の場所に表示して、どっか行っちゃった!ってこともたま~に発生します。

ま、ホントにまれな現象なんだけど。

で、そんな現象がホントたまたま仕事中に発生しちゃって。

例によってPhoto Editorなんだけど。

Office2003をメインに使っているんですが、Photo Editorが画像のトリミングや明度調節に便利なので、わざわざOffice2000から個別にインストールしています。

急いでいるときにこそ変な現象が発生してよけいに遅くなる、というまさにマーフィーの法則です。(古いか)

そんなとき、一つは持「出ておいで」です。

クリック一発、あっと言う間に戻ってくれます。

100708dete01 100708dete02

やっと冒頭につながりました。

作者さんのサイトからDLするか、一応、二次配布可能なんで下の勝手リンクからDLしてください。
「deteoide020.lzh」をダウンロード

ただし、LZHで圧縮されていますので、対応アーカイバー(解凍ソフト)はご自分で用意してください。

Windowsの正規ユーザーならMicrosoftのサイトから解凍だけ行うソフトが配布されています。

※余談ですが、LZH形式は日本独自仕様のため、最近ではアンチウイルスソフトが対応しなくなってきています。
LZH圧縮ファイルに紛れ込んだウイルス、またはLZH形式を偽装したウイルスなどへの防御が今後難しくなってきますので、自分で管理・把握しているファイル以外ではWindows標準になっているZIP形式を使いましょう。

★2010/11/06追記

infoseekのホームページ削除に伴い、作者さんのページもなくなりましたので、上のLZH版以外に、勝手にZIP版も置いておきます

出ておいで Ver0.20 ZIP版
「deteoide.zip」をダウンロード

大事な資産を大量に削除したinfoseekの暴挙には腹が立ちますね。
古いマシンの情報やドライバを置いておいてくれていたサイトが軒並み無くなりました…。
有料ユーザーに切り替えていたらサイトは継続されたようですが、あんまりですね。

<参考リンク>

出ておいで
http://yakki-.hp.infoseek.co.jp/delphi/deteoide/deteoide.htm
★2010/11/01をもってinfoseekの無料ホームページは一括削除されました。
 元のサイトは藻屑となって消えましたので、このブログの勝手二次配布分をどうぞ。

国産の圧縮形式「LZH」のUNLHA32.DLLの開発中止へ、LZH形式使用中止を呼びかけ
- GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100607_lzh_end/

Photo Editor のウィンドウが表示できない
http://support.microsoft.com/kb/415203/ja

Microsoft 圧縮 (LZH 形式) フォルダの使い方
http://support.microsoft.com/kb/896133/ja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »