« No.405 ネット復活 | トップページ | No.461 最近パソコンが重いぞ! »

No.460 ハートキャッチプリキュア!ミュージカルショー

着ぐるみなれど演技力は抜群(挨拶)

ども、KOMOです。

舞台劇って普段全然観ないんですよねぇ。劇団四季も観たことないし。

小さいころからTVで「宝塚」とか「藤山寛美」とか見ていたのでは「嫌い」というわけじゃありませんが。※吉本新喜劇で慣れているかな(^^;) ホンマか。

でもね、高校生のときに授業の一環で見せられハムレットを題材にしたアングラ劇のような奴(山海塾みたいな奴だった)でちょっと「演劇」ってトラウマになったりしました。

で、8月1日に大阪「梅田芸術劇場」で行われた「ハートキャッチプリキュア!ミュージカルショー」を観劇して参りました。(どういう繋がりだよ)

あ、「着ぐるみ」さんたちのミュージカル劇ですよ。

100821musical01

当日はアニメのED曲が新曲になる日だったのですが、家を出る時間だったので本放送は見れず。残念。

さて劇場前に着くとたくさんの親子連れが。ちっちゃい女の子がいっぱいです。

もう何回もプリキュアのミュージカルショーやら遊園地の着ぐるみショーを見ていますが、ある意味別世界ですね。慣れてないとキョドりますよ。

場違いと思っても冷静さを保ちましょう。心を落ち着けてアリスウォッチングしましょう(\(^^;マジでヤメレ。てか死語?)。

この日ばかりと子供たちはプリキュアの服を着たりするんですが、今回はだいぶ減ったかな?めちゃくちゃ派手な衣装を着た子供の数も激減でした。

やはり不景気なんでしょうか?親御さんの財布の紐がきつくなっているんでしょう。

初代プリキュアの時のミュージカルショーの時は(当時は厚生年金会館)、もう子供たちほぼ全員がプリキュアの衣装を着ていましたからねぇ。

たまにめっちゃ立派な制服(アニメで主人公が着るやつ)を着ている子もいたりして。あの当時、子供たちの99%が「キュアホワイト」の衣装だったのにはちょっとびっくりしました。ブラック派の私としては寂しいばかり(^^;

さて、指定席ですのであせらずに親子連れの人だかりが減ってからおもむろにそそくさと入場。

ちらほらと同類と思われる大きなお友達も(^^;

座席は子供たちのためにもA席(3階席)です。安い(1500円)ってのもあるし、目に付かない場所だし(笑)

3階席の右端っこでした。舞台をはるか上から見下ろす感じですが、まぁ全体が見渡せます。

ストーリーについては端折りますが、ちょっと難しかったんじゃないかなぁ?

砂漠の使徒(プリキュアの敵)のタイムマシンによってプリキュアたちも敵さんも江戸時代に行くんですが、何人かはちょっとズレて(2ヶ月)飛ばされてしまいます。

タイムスリップっていうのと、江戸時代、っていうので「??」ってなっているお子さんがいましたよ。

母親が説明していてもよく理解できていないようでした。

バラバラになったプリキュアたちの再会、ゆりさんの記憶喪失、お姫様と浪人風男との恋、現代に残っている妖精たち、砂漠の使徒たちとの戦い、心の大樹、そして大団円と、ネタてんこ盛り!

TVではなく舞台劇という限られた情報のなかでの話の密度と展開の早さ、小さいお子さんにはちょっと厳しかったかなぁ?

それにしても、着ぐるみさん総出演!プリキュアたちは、私服、着物姿、プリキュア、と衣装も多い!絵的にも子供たちは楽しめたでしょう。

100821musical02

クライマックスの子供たちの「プリキュアがんばれー!」の掛け声の凄さは劇場ならではの臨場感ですね。もう心が劇に入り込んでいるんですねぇ。ピュアな心なんですなぁ。

もう鼓膜がやぶれそうなほどの子供特有の高音域の大声援は体験しないと凄さは分からないでしょう。

初代プリキュアのミュージカルでは、「プリキュアの二人が記憶を消されて、プリキュアだったことも、親友だったことも忘れてしまう」という展開だったため、劇場の子供たちがわんわん泣いちゃいました。あれに比べて始終楽しく飽きさせない今回の展開は良かったです。

大阪公演ではOP/EDを歌っている歌手のお二人もミュージカルシーンで登場するという豪華仕様でして、途中休憩を挟んでの2幕構成、たっぷり堪能できました。

着ぐるみのミュージカルって「えぇ~?」って感じですが、いいもんですよ。

観終わってから売り場で今度の劇場映画のチケットを買いました。

過去2回、プリキュア映画のチケット購入で失敗していますから(No.356 No.287 参照)、ここぞとばかりに会場で購入です。

100821musical03

グッズ付き(梅田ブルク7のみ使用可能)のほうを買いました。全国共通券のほうはポスター付きでした。

でもこのグッズは使えないですねぇ。(使う気やったんかい)

フレッシュプリキュア!のときのグッズはCDケースが入る大きさだったので、まだ利用価値あったんですが、今回のはちょっと何を入れたらいいんだよと悩む形状&大きさですわ。

しかし、年々グッズがショボくなっていないか

さて、劇場をあとにしてカッパ横丁で飯を食ったあとに向かったのは、HEP FIVEです。

ここで楳図かずおの恐怖マンガ展「楳怖-うめこわ-」が開催されていたのです。

100821umez 先着プレゼントのステッカー貰いました。

楳図かずおさんのマンガでよく読んだのは「まことちゃん」と単発ものの恐怖漫画ぐらいで、最近になってデビュー初期の漫画本の復刻版を買った読んだり、「漂流教室」を読破したり、「神の右手、悪魔の左手」を読んだ程度です。

デビュー55周年記念としてなぜか大阪で開催されたこの漫画展、著名な作品のページを拡大コピーしたものを壁に貼ってあったり、各作品における女性キャラの紹介だったり、おもしろい内容でした。

まだまだ読んでいない作品が多いので機を見て読破したいですねぇ。長編作品は揃えるとそれなりに値が張りますねぇ。

というわけで、朝から夕方まで楽しい一日でした。

後日、キュアブロッサムの声を当てている水樹奈々さんのブログをみたら、なんと午後の部に水樹奈々さんも見に来ていたというじゃありませんか。

観客席で子供たちと一緒に楽しんだそうです。周りの人達は気づいたんだろうか?
う~ん、ナマ奈々さま見たかった。

<参考ブログ>

ハートキャッチプリキュア!ミュージカルショー 全国スケジュール| 朝日放送
http://asahi.co.jp/event/abcspecial/p_schedule/

水樹奈々 公式ブログ 2010年8月 2日 グッズも買いました(笑)
http://blog.mizukinana.jp/blog_nana/post_1214.php

水樹奈々 公式サイト NANAPARTY
http://www.mizukinana.jp/

【概要】デビュー55周年記念 楳図かずお恐怖マンガ展「楳恐―うめこわ―」 | HEP HALL.com
http://www.hephall.com/?p=6285

|

« No.405 ネット復活 | トップページ | No.461 最近パソコンが重いぞ! »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/49207360

この記事へのトラックバック一覧です: No.460 ハートキャッチプリキュア!ミュージカルショー:

« No.405 ネット復活 | トップページ | No.461 最近パソコンが重いぞ! »