« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

No.501 (社)大阪生活衛生協会 解散

ども、KOMOです。

110324seikatsu01

仕事の関係で(社)大阪生活衛生協会というのに加入(法人会員)していました。

論文発表、セミナーでの発表、などを行うためでして、まぁ、とある共同研究事業の実績作りのためでした。

で、その(社)大阪生活衛生協会というのは昭和32年に創立し、大阪市立環境科学研究所と連携し、保健衛生に関しての講演会、講習会、研究支援、機関誌発行、分析技術講習会などをしていました。

ほかには食鳥(鶏肉)を扱う施設での検査や、法的義務のないビルの小規模受水槽の検査(※)をしていました。

※高層ビルの受水槽は細菌検査が義務付けられているが、それ以外はビル管理者の自己責任のため、実地調査を行ってビル管理者に検査をすすめる、という業務。

しかしながら、それらの検査業務は大阪市との随意契約であり、昨今の無駄削減の煽りを食らってしまい、どんどん契約破棄による業務縮小になってしまいました。

そのため、主な活動資金源が失われてしまい、会員による年間費だけでは活動できなくなりました。

2010年9月には大阪市外郭団体等評価委員会によって、廃止が提言されてしまいました。

という訳で、50余年続いてきた(社)大阪生活衛生協会は、解散となってしました。

上の写真は機関誌の最終号です。

解散に当たっての臨時総会が開かれましたので、後学も兼ねて出席してきました。

110324seikatsu02

個人会員、法人会員合わせて500会員ほどですが、出席者は20人程度でした。平日の夕方ですし、仕事があるのに解散の話を聞きにくる人も少ないのでしょう。

鶴橋にある環境科学研究所の一室で行われました。

古くからの会員さんや、新しめの会員さんから、今更意見しても何も変わりませんが、辛辣な意見が色々と出ていました。

せっかく公衆衛生について立派な活動を行っているので昭和57年に大阪市の方から社団法人にしたらどうですか?というお誘いがあったみたいです。

今の役員さんにはその当時のことを知る人がほとんどおらず、そのあたりも設立初期からの会員さんにとっても不満なのでしょう。

当時は悪く言えば「寄らば大樹の陰」として大阪市のバックアップがあるから、という思いで社団法人にしたのに、50年経って大阪市の方から離縁状を付きつけられ、解散の憂き目になってしまったことに心苦しい、ということでした。

社団法人が解散する場合、後継組織が無い場合は余剰金は没収されてしまいます。

それではあんまりだ、ということでいろいろ検討した結果、(社)大阪食品衛生協会に寄付ということになりました。

(社)大阪食品衛生協会は食品衛生責任者養成講習会や食品衛生指導員研修会、なども行っているので寄付するにしてもマシだろうという判断です。

しかし、(社)大阪生活衛生協会今まで行なってきた一般市民向けのセミナーや論文発表の場、そして検査業務などが(社)大阪食品衛生協会で行われるかどうかについては、何らやり取りされておらず(というより(社)大阪生活衛生協会側からは交渉できるような立場ではない)、少額とはいえ寄付した余剰金がどう使われるのかすら分からないということでした。

とまぁ、なんとも煮え切らない内容でしたが、今となってはどう足掻くことも出来ず、新法人を立ち上げることもできず(資金源、および活動が不確かなので)、解散となったわけでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

No.500 日本橋ストリートフェスタ2011 中止

ま、仕方ないね。

ども、KOMOです。

3/21に、にっぽんばしで開催される予定だった「第7回日本橋ストリートフェスタ2011」は、大震災のことを鑑みて、中止となりました・・・。

せめて延期、と言いたい所だけど、準備などを考えると日をズラして開催ってのは難しいでしょうね。

ここ最近は行けなかったので、今年は楽しみにしていたのですが。

それと、

もうすぐ、「映画 プリキュアオールスターズ DX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花」が上映されるんですが、津波のシーンがあるらしく、そのあたりのシーンをカットして上映するらしいです。

まぁ、上映中止じゃなくてよかったです。

完全版はDVD/BDで、ですかね。

その他、「唐山大地震」という映画は題名のごとく中国での大地震の映画のため上映延期「ヒア アフター」は大津波の映画なので上映中止、らしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.498 USBメモリのオートラン中止(KB971029強制アップデート)

ようやく重い腰を上げたようです。

ども、KOMOです。

先日、WindowsXPマシンにてXP用更新プログラムの強制インストールが開始されました。

私はダウンロードは自動実行で、インストールは手動にしていますので(何がインストールされるのか事前に確認しておきたい

から)、今回のアップデート内容K971029が分かりました。

以前から任意インストールのプログラムだったんですが、セキュリティ強化のため強制インストールに格上げされました。

さて、ダイアログボックスの詳細を見てみると、下図にようになっております。(いつもながら背景は気にするな)

110304_kb971029

これ、絶対日本語おかしい。

「CD ドライブと DVD ドライブでのみ [自動再生] ダイアログの AutoRun エントリが制限されます」ってなっています。

で、リンク先のページを表示してみると、このような説明が。

110304_kb971029_02

「USBメディアでは自動再生が機能しなくなります」

っておい。

そこが重要なんだから、そこをちゃんと書けよ。

インスール画面にはUSBメディアなんてちっとも触れてないじゃん。

で、結局のところKB971029ってのは、USBメモリでの「自動実行機能」を中止するってこと。

USBメモリにAutorun.infが入っていると、その記述によってプログラムを実行できるわけで(USBメモリをPCに差しただけで、任意の処理を行える)、これを悪用してウイルスを自動的に感染させる手口が広がっているわけです。

オートラン機能とも言うこの機能をUSBメディアに限り実行しないようにするのが、KB971029ってわけ。

私は会社のPCではとっくの昔にレジストリをいじってオートラン機能なんて中止にしているわけだが、去年もさんざんUSBメモリを媒介したウイルスについて注意勧告があちこちで行われていたのに、やっとこさMicrosoftが強制的にインストールするように変更しました。

KB971029の提供開始は実に2009年8月なのだ。今まで任意インストールだったわけ。

もうちょい早くからやっておけって。

※Windows7なら元から対策されています。

んでわ。

<参考リンク>

Windows の自動再生機能の更新プログラム
http://support.microsoft.com/kb/971029/ja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.497 しゃけん!!

先日(2/28)、新名神(下り)を走っていたら直前で事故があり、2時間ほど立ち往生しちゃいました(^_^;)

ども、KOMOです。

愛車の車検がありました。

長大な計画に沿ってアチコチのメンテナンスをやっております。

車検と車検の間の年は、箇所を決めて集中メンテするようにして、費用を分散しております。

それでも税金と保険は毎年払うので正直大変ですなぁ。

しかも10年超えている車なので自動車税は10%増しだし。なんでやねん。

車検通っているんやから排ガス基準はクリアしてるやろに!

車検時の排ガス濃度で税金を決めるならまだしも・・・。

エコカーにしろって言っても、『問題のないまだ乗れる車をエネルギーを使って廃車して、またエネルギーを使って作った新車買え』、ってのもおかしなコトです。

じゃあ「何年エコカーを乗れば、トータルでCO2排出量がマイナス(エコカーを乗り続けることで低減されるCO2排出量>廃車作業時のCO2排出量+新車製造時のCO2排出量)になるのか?」と車メーカーに問いただしても、「そのようなデータは持ち合わせていない」っと来たもんだ。(知り合いが某社にメールで質問した)

もうね、エコエコ詐欺ですよ。

ま、そんなことはさておき、私は今の車に愛着がありますので、今回の車検時もただ単に車検を通すだけでなく、あれこれと気になっていたところを交換しました。

交換したのは、リア左右のショックアブソーバー、リア左右のドライブシャフトブーツ、そしてアクセルワイヤー、です。

110303car03

110303car02

フロントのショックは以前交換したので今回はリアのショックです。ちなみに写真はとってないけど、BILSTEIN(ビルシュタイン)製でっせ。

ドライブシャフトブーツはゴムの経年劣化のため交換です。放ったらかしにしてると破れて雨水が侵入しますので。

アクセルワイヤーはアクセルペタルからエンジンに繋がっているワイヤーです。アクセルペダルを踏むとエンジンの回転数が上がるのはこのワイヤーがあるから。

同型車のオーナーさん曰く「高速走っていたら切れた(笑)。レッカーのお世話になったよ。」ということだったので、まったく交換していないので怖くなって私も交換(^^;

アクセルペダルは常に踏みこんだり弱めたりしますので、ワイヤーは常に擦れています。古くなってくると擦れることで段々とささくれて来て、ある日突然切れます。自転車のブレーキワイヤーと同じですよね。

そういやいつだったか、自転車に乗っていたとき、赤信号で停まろうと前輪ブレーキかけたらワイヤーが切れて、あわや車道に突進しそうになりました。後輪ブレーキで停まったものの、一瞬パニくりますね。

で、車でもそんなことないように20年以上経っているので(^^;交換です。

あとはエンジンオイル量を調べるセンサー周りのパッキンが劣化してエンジンオイルが漏れていたので、シーリングのやり直し。

オイルを抜いて作業するのでオイルとオイルエレメントも交換。

他には、オドメーターとトリップメーターが動かなくなったのと(メーター内のギア破損と思われる)、燃料計の針の動きがヘン(急に振り切ったりして動かなくなる)だったのだが放ったらかしにしていたけど、オドメーターが動かないと車検通らないのでやむなくメーター一式を中古在庫と交換。

そんなこんなで、いろいろとメンテナンスしました。

そしたら月末に請求書が来ましたよ。

110303car01

総額18万円超・・・。

まぁこんなもんか。(マヒしてる?)

まぁしかし、これで来年は車検がないので他のメンテをするつもり。

そろそろ交換したほうがいいと思っているのが、スタビライザーとかスタビライザーリンクと、それらに付随するゴム部品。

あとは燃料ポンプが交換してから10年経つので、走行距離的には大丈夫ぽいけど、交換したほうがよさげ。

う~ん、20万コースかなぁ~??

景気が良くなって金に余裕があったら来年やろうかな?無理っぽいですね(^^;

しかしブレーキ関係、エアコン関係、足回り関連、と順番にメンテして行ってますので、言ってみればどんどん良くなっていっているんですよ。

アクセルワイヤーですがね、交換したらアクセルが軽くなりましたよ。

やぱりワイヤーが古くなってささくれたりして、抵抗が強くなっていたんですねぇ。

ホント、今までは固いアクセルだったのでウソのように軽くなりました。

それでも国産車に比べるとまだまだ固いんだろうけど(^^;

古い車種ですがクラシックカーほどではないし、ある程度構造的・設計的に熟していた頃のものなので、直しても直してもおんなじ所が壊れる、っていうことはありません。

台数もたくさん出た車種だし、未だにファンが多いので、メカニックが少ないわけでもないですし。

そんなこんなでまだまだ乗って行く所存であります。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »