« No.509 讃岐うどん「わら家」 | トップページ | No.511 W05KでLAN環境構築 »

No.510 (感想)名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

なんかある意味タイムリーというか、旬な内容でした。でも冬の話なんですけどね。

ども、KOMOです。

名探偵コナンの劇場版第15作目です。

前回のは私的にはダメダメだったので、15という節目でもあるし今度こそはと期待して行きました。

今回はギャグも少なめで、ストーリーとアクション(映像)重視

いつものメンバーでのいつもような展開です。明智小五郎の声優さんが小山力也さんに変わってからTVシリーズは全く見ていないので(そもそも元から殆ど見ていないけど(^^;),、TVシリーズもそうなのか分かりませんが話の展開方法が変わってきていますね。

マンネリ打破かも知れませんが。

TVのほうでは知りませんが、今回も劇場版では「眠りの小五郎」は出てきません

※出てこなくなると小五郎は活躍(?)しないので世間の評判はどうなるんだろうね?

眠りの小五郎が出てこない、ということで犯人は中盤で判明してしまいます。犯人探しではなく、動機を探るのがメインになっていくあたりもマンネリ打破ですね。

さて、謎めいた冒頭で事件の核心を匂わせつつオープニング。

そして都知事脅迫に絡んだ警部達のピリピリした警護のなか、偶然にも(^^;コナンたちが怪しい男を発見。

そして、列車事故が発生します。最近のCG技術のお陰でハリウッド映画にでも出てきそうな迫力を描いていました。

導入部分の掴みはオッケー! うん、こういうのが見たかったわけよ。

話の展開もややヒネリを入れており、いつものように元太君たちは探偵ごっこかと思いきや、途中でちょっとしたことで口論に。

コナンがそこで「言葉は刃物なんだ」というちょっと重いセリフを言います。観客の子供たちにもきちんと届いていればいいですね。

で、前回の劇場版でもそうでしたが、灰原哀ちゃんのかわいさ度が上がってきていますヾ(^^;

列車事故にコナンが巻き込まれそうになった時、思わず「工藤くんっ!」って言ってしまうあたりキュンキュンです。

コナンとふたりでスノボに乗ったり、庇ってくれたのに素直に言わなかったり、哀ちゃんオンリーよりもコナンとの掛け合いがどんどん増えて来てますねぇ。

園子が蘭に「工藤くんがどこぞの女に取られるわよ」とか言うシーンには笑えてしまった。

前作がストーリーダメダメで灰原哀ちゃんしか見るとこ無かったけど、今作はストーリー展開も割とうまく、灰原哀ちゃん度がUPしていて、あぁ良かった!と思えました。(肝心のストーリー自体はアラが多かったですが)

電車に爆弾、ってのは記念すべき第1作の「時計じかけの摩天楼」でありましたね。でも今回のはハラハラというよりハリウッド映画並の映像の迫力勝負でした。

マンネリ打破を目指しているとは思いますが、実写映画の迫力を目指しているのか、ちょっとテンコ盛り過ぎたかなぁ~

冒頭の電車事故は良かったけど、ダム破壊、雪崩、ダムの水が街を襲う、とちょっと「見せ場」を作りすぎた感じがあります。

ストーリーを後から引っ付けたのかは知りませんが、ちょっと犯人が犯罪を起こす動機やその手段には賛同しかねますね。

都知事脅迫とダム破壊との繋ぎ方がちょっと強引つうかオカシイのと、だいたいどうやって犯人はダムを破壊するほどの爆弾を入手できたんだよ。

しかもダム破壊の理由っつうのがねぇ・・・。町を壊しての大量殺人が目的ならイザ知らず。放水させるだけじゃあ駄目だったの??

犯行が安直すぎて、ちょっとハリウッド映画的展開でしたね。そこがイマイチ残念でした。

あと、「都政に天誅を下す」という都知事脅迫に関して、高木刑事や白鳥刑事が「今の都政はかなり評判いいじゃないですか」とかフォロー入れているのがニンともカンとも(^^;

アニメ・マンガ業界全体が例の都条例に不満を抱いているワケですが、それとこれは別ですよという大人の事情ががチラホラ見えたり。

さて、ゲスト声優ということで、戦場カメラマンこと渡部陽一さんが出ているんですが、まるっきり本人の格好での刑事役でした。

アリバイ聴取する喋り方まで本人そのまま。

劇場内、クスクス笑い声があちこちに。

しかも元太君からは「あのおっちゃん、喋るのおせぇなぁ」っていうツッコミまで・・・(^^;

そんなこんなで、大満足と言う訳ではありませんが、なかなか良かったです。

ちなみに歴代のなかで私が好きなのは、迷宮の十字路、水平線上の陰謀、ですね。

んでわ。

110507conan01
(C) 2011 青山剛昌 / 名探偵コナン製作委員会

|

« No.509 讃岐うどん「わら家」 | トップページ | No.511 W05KでLAN環境構築 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/51603854

この記事へのトラックバック一覧です: No.510 (感想)名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター):

« No.509 讃岐うどん「わら家」 | トップページ | No.511 W05KでLAN環境構築 »