« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

No.518 Windowsインストーラーが止まらない(2)

ども、KOMOです。

なぜかウチのとあるPCにてWindowsインストーラーがヘンに起動しまくってOSが不安定になる件ですが、「Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB2541025 」のインストール中に発生することが判明。

110628kb01

その他のPCでもOffice2003を使っており、そちらでは問題なくインストール出来ているので、エラーが出るPCはどっかおかしいのかもしれません。

システムを復元してからしばらくするとまたダウンロード&インストールが始まるので注意。

取り敢えずは勝手に更新されないように手動インストールに設定。

カスタムインストールでインストールしないようにして、不具合は起こさないだろう他の更新はインストール。

さて、根本的解決に向けての試行錯誤ですが、とりあえずエラーを起こしている更新の内容を調べる。

Microsoft Updateでの導入がイカンのかもと思い、Microsoftのサイトから直接KB2541025をダウンロードした。

あいかわらずMicrosoftのページは多岐に渡っていてよくワカラン。

インストールするまえに復元ポイントを作製しておく。

110628kb03

で、KB2541025をインストールしたんだけど、1回目は問題が発生して異常終了(^^;

110628kb02

そのままもう一度インストールを行ったら、やっぱり途中でWindowsインストーラーが起動しまくりながらも終了。

再起動しても前と同じようにWindowsインストーラーが起動しまくってOSが不安定。Office2003のディスクを入れろとウルサイ。

どうにもならんので、結局セーフモードで起動してシステムの復元を行いました

結局原因不明。対処不明。

Officeを入れ直して最初っから今までの重要な更新をやり直していけばどうなるのかは未検証です。

セキュリティ的にみて放置するのは問題ですが、いずれ更に脆弱性解決のための重要な更新があるだろうから、その時まで様子見です。

ググってみてもKB2541025がエラーでインストールされなかったという報告事例がちらほらある程度で、私のような異常事態にになっている人はいないみたいですね。

いずれ腰を据えて対処したいと思いますが。にしても、前回も書きましたがすぐに「OS入れ直した方がいい」というアドバイスしかしないYahoo!知恵袋は役に立たないと思いますよ。

2011.12.12追記

コメント欄にてマイクロソフト提供の、Windows Install Clean Up を使うことで Windowsインストーラーが立ち上がって困るのが解消された情報を頂きました。ありがとうございます。

同様の症状でお困りの方は試してみてはどうでしょうか。

<参考リンク>

ダウンロード詳細 Microsoft Office Excel 2003 セキュリティ更新プログラム: KB2541025
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=f38f183a-9c64-406b-9bf6-807cb2d55e56&displaylang=ja

前回のお話
No.516 Windowsインストーラーが止まらない
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2011/06/no516-windows-a.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

No.517 お手持ちの商品券大丈夫?

ども、KOMOです。

知人と雑談中、「そういやナントカって言う古い商品券が出てきたけど、使用期限無いし大丈夫なんかいな?」って言う話があったんで、興味本位で調べてみました。

金融庁のサイトで払い戻しを行っている商品券やプリペイドカードがエクセルファイルで一覧が公開されてました。

商品券(プリペイドカード)の払戻しについて:金融庁 http://www.fsa.go.jp/policy/prepaid/index.html

ちゃんと公開されてたんですね、最近知りました。

なんだか、「食肉ギフト券」ってのが今年(H23年)の7月末で使えなくなるんですね。

で、ついでに調べてみたら、全国食肉事業協同組合連合会で発券している「お肉のギフト券」ってのはちゃんと使えるようです。食肉ギフト券は元々は東京都食肉事業協同組合が発行したのが全国に波及したようで、それが前述の全肉連の「お肉のギフト券」にバトンタッチしたようです。ややこしいよ。

ガソリンスタンドでお得なプリペイドカードをよく発行してますが、ガソリンスタンドが潰れるの日常茶飯事なので、いくらお得でも怖くて買えないですよねー。

そういったガソリンスタンドのプリカも含めて、新聞社告の一覧が国民生活センターのサイトにて告知されてました。

商品券・プリペイドカード・電子マネー等(回収・無償修理等の情報:国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/recall/bunrui/syouhinken.html

てか、あっちこっちの行政のサイトでバラバラに載せられちゃあ、分かりませんよね。

結局、ユーザー側としては「久しぶりに訪れたら店が潰れていて、ポイントカードの払い戻しも終わってた(´・ω・`)ショボーン」って感じなのに、行政側は「ちゃんと情報公開してる(`・ω・´)キリッ」ってなことなんですよね。

しかも、資金決済法ってのができて、商品券などについて定めた法律と統合されました。

サービス廃止時の商品券などの払い戻しが義務化されたのですが、一定期間を設ければよいようになったみたいです。(事業者側としては永遠な回収義務から開放される訳ですがね。ユーザー側としては利用せずに眠っている商品券については自己責任で情報収集しなけりゃいけなくなりました。)

んでわ。

<参考リンク>

「資金決済法」が成立、銀行以外でも送金サービスが可能に
-INTERNET Watch http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20090617_294418.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.516 Windowsインストーラーが止まらない

参った、マイッタ。でも、治って良かった、ヨカッタ。

ども、KOMOです。

PCのレジストリを掃除し過ぎたのが間接的な原因かもしれませんが、Microsoft Officeのアップデートのお陰で困った事象発生。

いわゆる「重要な更新」が開始されたものの、インストール途中でハングアップ( ´゚д゚`)ナヌッ!

再起動をかけるとWindowsインストーラーなるものが起動時に立ち上がり、Office2003のCD-ROMを要求してくる

ところが、CDを入れたところでまた変なエラーを吐き出す始末。

Office2003 Proを使っているので、PRO11.MSIの場所を指定しろと行ってくる癖に、CD-ROMやらを指定しても必要なデータが無いとか言いだす。

Windowsインストーラーを取り敢えず終了させるものの、マイコンピュータやフォルダを開こうとしたらまたまた立ち上がってきて、またまたCD-ROMを要求する。

しまいにゃexplorer.exeが強制終了したり。

マイコンピュータすら開けない。替りにWindowsインストーラが立ち上がる。

マジでやばそうなので、取り敢えず必要なデータは外付けHDDに退避させた。

念の為にと、Officeの修復インストールを試みるが、修復インストールを行うために起動しているインストーラーと同時に例のごとくWindowsインストーラーが2重起動してしまい、コンフリクトを起こしやがる

何とか修復インストールを進めるにも、ナゼかイントール先か読み込み先かをAドライブ(FDD)にするみたいで、エラーを吐き出しやがった。なんじゃこりゃ。

腹がたったので、再起動を行い、起動時にF8キーを連打し、オプションメニューを出現させ、[前回正常起動時の構成 (正しく動作した最新の設定)] を選択して起動。

110617safe01

ログインして待つことしばし…。

…。

やっぱりWindowsインストーラーが事あるごとに立ち上がる。(ノ∀`)

それ、正常起動時の構成ぢゃないよぅ

仕方が無い。

エイヤッ!と最後の手段、「システムの復元」の実行です。

もう一度再起動し、F8キーを連打。今度はセーフモードで起動です。(社内LANに繋がっていて、パスワード管理されてドメインにログインする設定のPCでは、「セーフモードとネットワーク」を選択)

Windowsインストーラーは出てこないものの、やはりexplorer.exeが不安定でデスクトップのアイコンが消えたり、開いていたフォルダが閉じてしまったり、とめっちゃ不安定。

システムツールより、システムの復元を実行。

今日、昨日の復元ポイントではダメかも知れないので、3日前のやつを選択。

システムの復元が行われ始めました。

110617safe02

再起動後、何とかマシな状態に復元されたようで一安心
ε-(´∀`*)ホッ

心臓に良くないですなぁ。

ちなみに、Yahoo!知恵袋にてWindowsインストーラーとかPRO11.MSIとかで検索してみたら、同様の症状についての質問がちらほら。

メーカー製PCだったりでOfficeのCD-ROMが無かったり、で手のつけようがないという状況みたい。

質問している方も初心者丸出しだし、回答している方も結局は「OSの再インストール」だとか「リカバリ」しかないね、という結論。

・・・。

おいおい、リカバリの前にシステムの復元ぐらい試せよ。

さすが、Yahoo!知恵遅れと揶揄されるだけのことありますね・・・。

リカバリした人、ナムー(-人-)

<参考リンク>

Windowsをセーフモードで起動する
http://www.higaitaisaku.com/safemode.html

Lenovo Windows XP - システムの復元の手順 - Japan
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/beginner.nsf/btechinfo/SYB0-021CB40

後日談です。根本解決できず・・・。
No.518 Windowsインストーラーが止まらない(2)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2011/06/no518-windows2-.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

No.515 うざいポップアップを止めさせる(RightsNetwork Media Plug-In)

(2011.11.20 追記)
以下の内容は、くだんのソフトをインストールするの話ですんで誤解なきようお願いします。インストールしろというウインドウが今見ている画面に覆いかぶさって邪魔、という現象についての対策の一例です。インストール後、つまりインストールしてしまって広告がポップアップされるようになって困っているのなら、さっさとアンインストールして下さい。
てゆうか、右カラム(画面右→)の検索フレーズランキングを見ればわかるように、ここんとこずっとこのワードで検索して訪れる人が多すぎます。以上。

(2011.11.23 追記)
コメント欄にてyama様が対策を書いてくれています
皆様、ご参考にして下さい。
この場を借りてyama様にお礼申し上げます。ありがとうございます。

(2015.02.24 追記)
コメント欄
RightsNetwork運営者様から直々にアンインストール方法のご連絡を頂きました。
このような個人ブログにわざわざ書き込んで頂き、ありがとうございます。
この場を借りてお礼申し上げます。

----------------------

ども、KOMOです。

最近、アダルト関係のサイトで活躍中らしい、うざいポップアップ画面「RightsNetwork Media Plug-In」

110609seigen00

こいつをインストールしないと、インストールを勧める画面が常に覆いかぶさってくるので肝心のムフフ画像が見えない!

なのでついついインストール。

でも、別にそのプラグインを使って動画を見たりする訳じゃありません。

単なるアドウェア。つまり広告ソフトです。

ムフフサイトと契約して広告料を貰っている会社のソフトです。

インストールするとどうやらブラウザを立ち上げるたびに広告画面がポップアップするようになるようです。

一応、良心的な?アドウェアですが、ウザイのでうっかりインストールしたのならサッサとアンインストールしましょう。

※サイトにはちゃんとアンインストールの方法も書かれています。

さて、

アンインストールするのはいいけれど、それじゃあ結局、インストールを勧めるポップアップがまた出てきてジャマするので、ムフフ動画が見れなくなるじゃん、というお嘆きの貴方。

ま、私も相談を受けて初めてこのプラグインの存在を知ったんですが、取り敢えず相談を受けたサイトに関しては簡単に対策できました。

全てのムフフサイトで対処できるかは知りませんので。

まずはRightsNetwork Media Plug-Inのインストールを勧めるポップアップが出るサイトに行きます

さて、ブラウザのインターネットオプションを開き、セキュリティタブを開きます。

110609seigen01 

その中の、「制限付きサイト」のアイコンをクリックし、「サイト」ボタンをクリックします。

110609seigen02

すると、いま見ているサイトのURLが追加欄に入っていると思いますので、おもむろに「追加」してやってください。

後はこのウインドウを閉じて、インターネットオプションのウインドウを「OK」して閉じてください。

ポップアップの出ているページをそのままリロードしてみて下され。

ジャマなポップアップが出なくなったらメデタシメデタシ。

サイトによってはリンク先URLのドメインが複数あるので、その場合はポップアップの出るURLを片っぱしから「制限付きサイト」に指定してあげてください。

110609seigen03

繰り返しますが、例に上げたサイトでしか検証していません。

制限付きサイトに設定したお陰でサイトがマトモに見れなくなったんなら、諦めてくださいまし。

てか、そんなサイトはセキュリティ的にヤバイと思うのでイッちゃダメよ。

んでわ。

2011.10.05追記
このプラグインはあくまでも広告を表示させるためであって、動画などを再生するものではありません。このプラグインのインストールの有無と、動画再生の可否は原則無関係です。
再生ソフト、再生用コーデックが別途必要なのかもしれませんが、それとこれ(プラグイン)とは無関係の話です。
インストールしたけど動画が見れない、というのはそのサイトでどのような制御を行なっているかに寄ります。もしくは有料会員にならないとムフフ動画が再生できないだけかもしれませんので、そういった怪しいサイトには行かないことをオススメします。

--------------

2012.02.21追記

インストール、での対処について

あまりにもこの記事へのアクセスが多いので、不本意ながら載せます。

(私自身はインストールしていませんので、未確認です)

インターネットエクスプローラーのメニューバーで [ツール] → [アドオンの管理] を選択。

「アドオンの種類」 の中の [ツールバーと拡張機能] を選択。

一覧の中から、[RightsPlugInBHO Class] を選択。

「状態」が[有効]となっている場合は、画面右下の[無効にする]ボタンを押す。

これで広告の配信が止まるようです。

------------------------------

2014.09.12追記

ナオト様が別記事のコメント欄に書かれたものを転記します。

++++++++++++++++++++++

こんにちわ、はじめまして。

知恵袋から流れてきたものです。

ちょっとこちらのブログで気になったので報告でコメントしました!

以前2011年6月に管理人さんが投稿されたRightnetworkPluginってソフトです。

このソフトに含まれているDcupdate.exeってプロセスがどうやらウイルスではなくスパイウェアで悪さをするようです。Dcupdate単体のみは消せないようです。

ウイルスではないので対策ソフトにも引っ掛からないみたいです。

症状としてはPCの動作(ゲームプレイ・動画視聴・その他ほとんどの動作)が一時的にかくつくといったものです。マウスをしばらく動かさないでいると起こります。確認とれました。Rightnetworkごと消すと改善しました。アダルトサイト経由で要求されたりするようですね。なくても特に差し支えがあるソフトではないので削除しても大丈夫ですね。

余談になりますが実際僕もOS再インストールしたり、色々試しててかなり困ってました…笑

よければ記事更新とあわせてご参考にしてください

自分と同じように困っているひとに向けて。

突然失礼しました。
++++++++++++++++++++++++

というわけで、この記事を書いてから数年経ちますが、まだあちこちで人々を困らせているようですね。

-------------------------------------------

(2015.02.24追記)
RightsNetwork運営者様からのコメント欄の以下の部分を抜粋します。
---------------------------------------------------
■RightsNetwork Media Plug-Inアンインストール方法
http://adrocks.bz/users/uninstall/

インストールしなくても(アンインストールしても)
コンテンツを利用できる方法を皆様考えておられますが、
基本的には入っていないとコンテンツが利用できませんので
ご理解下さいませ。
---------------------------------------------------

| | コメント (12) | トラックバック (0)

No.514 DVDからの音声抜き出し

いつでも何処でも稲川怪談を。

ども、KOMOです。

じゃじゃ~ん。

110608dvd01

今年も発売されました稲川さんの怪談ライブDVD「ミステリーナイトツアー」の2010年版!!

Amazonで予約していましたので発売日に到着!

帰宅してシャワーを浴びてサッパリしてから、ツマミとビールを用意して鑑賞しました(^^;

そうそう去年のライブはこの怪談だったよなぁ~と思い出しながら楽しみ(?)ました。

稲川さんの怪談には「ちょっとハートフルな心温まる怪談」っていうのがよくあるのですが、2010年のツアーでは初っ端から30分近くに及ぶ長編ありの、6つのお話全てが結構気持ちの悪い怖い怪談でした。

さて、ワタクシは稲川怪談CDはmp3にして、ポータブルプレイヤーにスピーカーを繋げて枕元で稲川さんの怪談を流して子守唄替わりに毎夜聴きながら寝ています(^^;

稲川さんの怪談はCDやDVDやらで同じ話が結構ダブっているのですが、微妙にバージョン?が違っており、すべてを聞き比べるのもまたオツなものです。

さて、DVDの怪談をmp3にして聴きたい場合の手法をご紹介します。ここからが本題。

尚、あくまでも一例としての紹介であり、これを推奨するものではありません。ちなみに以下は私がWindowsXPでやっている方法です。

では、用意するのは音声を抜き出したいDVD。

それと、フリーソフトが「DVD Decrypter」「Foobar2000」の2つ、それにシェアウェアの通称「赤い狐さん」を用意します。

DVD Decrypterは英語のソフトであり、日本語化させる方法もありますが特にする必要はありません。

赤い狐さんは使用しなくてもいける場合もありますが、用いたほうが良いでしょう。尚、赤い狐さんは有料ソフトですが3週間ほどは無料で試用できますので、試しに使ってみると良いでしょう。

(何に使うのかぶっちゃけて言うと、DVDのナントカをゴニョゴニョするものです。全然ぶっちゃけてないですね。)

DVD Decrypterは既に開発が終了されておりサポート(バージョンアップ)がありません。

Windows7でも動作報告があるようですが、動作に支障が出る場合は同等機能の後継のソフトを用いる必要があります。その辺りは個別に対応お願いします。

DVDをドライブに突っ込んで赤い狐さんが動作した後に、DVD Decryprerを起動した方がいいでしょう。(自動でDVD再生ソフトが立ち上がる環境の場合は、再生ソフトを終了させてからDVD Decrypterを起動しましょう。)

入力元(ドライブ)を選択し、DVDの内容をソフトに認識させます。

110608dd_01

おもむろにモードをIFOに変更します。

尚、この説明図でリージョン番号が全部表示されていたり、著作権保護の欄がNoneになっているのは、赤い狐さんが動作しているからです(^^;

右側の「入力」カラム内で吸込みたい部分を指定します。

全部を吸い込む場合「PGC 1」を選択します。下のカラム内にはChapterが表示されています。全チャプターの音声を抜き出したいのなら、全部チェックが付いているのを確認

注)DVDによっては特典映像が含まれていたり、特殊再生するものではファイル構造が複雑になっていてPGCが複数あります。収録時間を目安に抜き出したいものを選択します。図では[01:46:52]が収録時間(本編が1つだけなので1つしか表示されていません。) 大体、一番時間の長い奴が本編です。

右カラムの「ストリーム処理」を選択します。

ストリーム処理有効にチェックを入れます。

下のカラム内にチェックボックスが2つあり、Videoと書かれたものが映像、Audioと書かれたものが音声です。

今回は音声を抜き出しますので、Audioだけにチェックを入れます

そして、下の選択欄で「分離」を選択しておきます。(忘れやすいので注意)

110608dd_02

ちなみにこのDVDの場合、このカラムでは映像フォーマットがタテ480ドット×ヨコ720ドットのNTSC規格の映像であることと、音声フォーマットがAC3形式の2チャンネル(ステレオ)日本語音声であるというのが表示されています。

さて、ついでに「出力先」を選択して自分が分かりやすい任意のフォルダを指定しておきましょう。(横のフォルダアイコンをクリックすれば出力先フォルダ(吸い込んだファイルを書き込む場所)を指定できます)

左下のイラスト全体をクリックすれば処理が開始されます。

進行の目盛りが徐々に伸びていれば大丈夫です。

110608dd_03

無事に処理(抜き出し)が終われば、指定したフォルダに音声ファイルが出来上がっています。

110608dd_04

ちなみにこのヘンな宇宙人のようなアイコンになっているのは、foobar2000をインストールしており、そのデフォルトアイコンになっているからです。

抜き出したファイルはAC3形式ですので、このままではポータブルプレイヤーでは聴けませんから、mp3に変換してやらねばなりません。

では次にご登場願うのがfoobar2000です。

※デフォルト状態(ダウンロードしてインストールしただけ)では、AC3ファイルが扱えませんので、使用するfoobar2000のバージョンに適合したAC3コンポーネントをダウンロードして、使えるようにしておく必要があります。
急に難易度が上がりましたが、foobar2000 Wikiというサイトに親切に説明してありますので、よく読んでAC3のデコーダーコンポーネントの導入を行って下さい。
(foobar2000 Wiki のサイトのMenu欄のComponentsの中のInputの中からAC3 decoderを探し出してください。foobar2000で使えるようにするやり方も説明されていますので、熟読して下さい。詳しくはここでは書きません。Let'sスキルアップ!!)

無事、AC3のデコードができるようになったfoobar2000を起動しましたら、プレイリスト欄に吸い出したAC3ファイルを全部ドラッグ&ドロップします。

全選択したのち、右クリックメニューを出し、Convertを選択します。

110608dd_05

mp3へコンバートするように設定しましたら、コンバートが始まります。

AC3がデコードできるようになっていましたら、一度エラーが出ますが無事にコンバートが始まります。

110608dd_06

110608dd_07

※エラーの内容は、AC3ファイルからmp3ファイルへ変換すると音質が落ちるけどイイのか?という確認のものです。「はい」を選択してやりましょう。

すべての変換が終了しますと、AC3ファイルに並んで、mp3ファイルが出来上がっております。

110608dd_08

きちんと変換できているか、まずは再生させてみましょう。

正しく再生できましたらAC3ファイルはお役御免ですので、消しちゃいましょう。

初心者の方は全てが完了するまでは置いておいた方が無難ですね。

出来たmp3ファイルを適当にファイル名を変換させて分かりやすくすれば、取り敢えずは作業完了です。

110608dd_09

mp3プレイヤーに突っ込めば再生できますが、アルバム名や曲名などが入っていません。

タグを簡単に入れたいならWindowsでファイルのプロパティを開いて「概要」タブを選択し「詳細設定」を開けば、取り敢えずはタグが入れられます。

きちんとしたタグの入力やアルバムジャケットデータの埋め込みについては後日説明します。

それでは皆さんごきげんよう。

<参考リンク>

DVD Decrypter - k本的に無料ソフト・フリーソフト
http://www.gigafree.net/media/ripping/dvddecrypter.html

DVD Decrypter|Windows 7 アプリケーション動作報告リスト
http://w7.vector.jp/softrev/detail.php?s_no=66828

foobar2000 - foobar2000 Wiki
http://foobar2000.xrea.jp/index.php?foobar2000

SlySoft 社の製品
http://www.slysoft.com/ja/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »