« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

No.523 瓶詰めフィギュア

瓶詰妖精ならぬ瓶詰めフィギュア。

ども、KOMOです。

おニューのPC届きました。

今までは横置きスリムタイプのデスクトップばかり使っていましたから、ATXミニタワーと言えどもデカイですね。

今、旧PCのデータバックアップやデータ移行なんぞやっておりまして、本格稼働はまだまだ(^^;

WindowsVistaは使ったことがないので、Windows7のユーザーインターフェイスは新鮮です。すごく進化したOSですね。

落ち着いたらまたレビューします。

さて、暑い日が続きます。

ちょっとした気分転換をば。

実は、東日本大震災の際、大阪市内の私の部屋も結構揺れたようで、帰宅したら結構フィギュアが散乱していました。

そんな中、「泉こなた」のフィギュアが棚から落ちて首がポッキリ

すぐにネタにしようかと思ったけど、多くの方が亡くなられたり被災されているので、フィギュアの首が折れたことで騒いだりしたら不謹慎かもと思い書きませんでした。

(写真は後日載せます。古いPCの方にあると思うので。)

取り敢えず、ゼリータイプの接着剤で何とかくっつきました。普通のアロンアルファのような速乾タイプではイマイチくっつきが悪かったです。

110728figure01

んで、細い首の部分ですから、また何かの衝撃で外れそうです。

そこで、ネット上でチラホラ見かけたことを実践してみました。

取り出したるはガラス瓶

110728figure02

そして、植物用のゼリー透明タイプ

110728figure03

同じようなものに消臭剤がありますが、あちらは何かと添加されているものが多いので、フィギュアの材質に良くないかもと思いパスしました。

植物用ゼリーは水と尿素ぐらいしか入っていません。(尿素がどう影響するかは知りませんが)

気になるようなら、大事なフィギュアではやらないほうがイイでしょう。

ちなみに私はこの同じフィギュアをあと2つオークションで格安で入手済みです(1つは観賞用、1つは保管用)。

というわけで、ゼリーを瓶に少量入れてからフィギュアを入れます。

110728figure04

上から残りを全量入れます。

110728figure05

おもむろに水を注ぎます

110728figure06

私は沸騰させてから冷ました水を入れました。雑菌の繁殖を少しでも抑えようと思いまして。

いっぱいまで水を注ぐとアラ不思議!

110728figure07

ゼリーが見えなくなって、まるで水の中に浮いているようです。

こなちゃん嬉しそうです(^^)

あとは密栓してオシマイ。日の当たるところは避けたほうがイイでしょうね。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.522 計画的衝動買い (その1:出会い)

その出会い、まさに運命的!?

ども、KOMOです。

友人が買ったPCはマウスコンピュータ製。

最新型がかなり安いので以前より注目していたメーカーです。

友人から「安くて高性能なPCを探している」という相談を受けたので、大阪は日本橋にあるマウスコンピュータの店舗まで足を運び、実際に現物や値段を見て友人が納得して購入したやつです。

さてさて私の方はといえば、2台続けてエプソンダイレクトでPCを買ってきた我が身としては、次もエプソンと行きたいところなのですが、資金に目処が立たない状況の中、マウスコンピュータ製のPCはたしかに価格的魅力が大きいです。

しかしながら高性能グラフィックボード(GeForceをゲームというより動画ファイルの再生やエンコーダに使いたい)や、ブルーレイドライブを、と考えるとそれなりに高くなってしまう・・・。

ムムム、であります。

他メーカー品とも比較検討しよう、と日本橋やヨドバシカメラをぶらぶら。

エイサーとか、イーマシーンズとか、HPとか、DELLとか、いろいろ物色したが、やはり安い価格帯ではCPUがi5になったり、搭載メモリが少なかったり、HDD容量が少なかったり、グラフィックボードも低性能。USB3.0も積んでないし。

地デジチューナーの追加や、HDDの追加を後々したいし、何かしら増設したくなったときに拡張スロットが手狭になるのも避けたいなぁ、とそれなりのものを考えるとやはり10万円台半ばになってしまう。

そんなことを考えながら売場をブラブラしていたら・・・。

ん?

んん?

こ、これは!

110722mouse01

マウスコンピュータ製のPCがあるじゃないですか?

あれれ?ヨドバシカメラにブース持ってたんだ?

でも筐体はマウスコンピュータでよく見るタイプだけど、スペックが微妙に違うのと、型番が見知らぬものなり。

店員に確認したところ、マウスコンピュータのヨドバシカメラオリジナルモデル、ってやつらしい。

しかも、商品入れ替えのため、店頭展示品が大幅値引きされているではないか!!

これ一台限り! Core-i7 2600、メモリ8GB、HDD1.5TB、GeForce GTX570、ブルーレイドライブ、USB2.0 10個、USB3.0 2個、マルチカードリーダー付

110722mouse03

それがなんと約10万円!!

\スゲェ!/

購入を想定していた価格でのスペックを2段、いや3段は上回っている!

これは欲しい!

でも、そんな金は無ぇゾ!

その時、思いついたのでした。ここはヨドバシカメラじゃねぇか?

てコトは!貯めこんだポイントが使える!

しかも、ヨドバシカメラでは金券が使える!

今こそ総動員するのだ!集え!

ポイントはン万円残高あり!

財布にはWEBアンケートでコツコツ貯めてきた金券がン万円あり!!

110722mouse02

どうだ!

実質支払金額は半額以下になる!!

定価からだと実に実質3分の一いや4分の一ぐらいに!

さぁ、キュアメロディさんの登場です。

110722melodyここで決めねば男が廃る!

購入けって~い! ←それはキュアドリームです

展示品なのでリカバリしてから郵送されるとのこと。

それと展示品ではアフターサポート(所謂Sofmapでのワランティみたいなもの)には入れないとのこと。そんなのイイよ。

てなわけで、ただいま到着待ちです。

さぁ今のPCのデータ移行などと、設置場所確保だ!

なんてったって、今度のはATXタワーだ!幅19m、高さ41cm、奥行き49cmの総重量12kgオーバーなり。

こりゃ大変だ(^^;

てなわけで、ここぞというときに使おうと思って貯めておいたポイントや金券を全放出。

こういうのを計画的衝動買いというのです(言い訳です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.521 計画的衝動買い!(その0:序章)

ども、KOMOです。

いよいよ今のPCのパワー不足をヒシヒシと感じるようになってきた。

3Dバリバリのゲームなんかしないし、音楽や動画データの視聴、mp3ファイルの管理や、DVD焼いたり、ちょっとしたOfficeファイルの編集、そして謎の箱を通してのアナログ入力でのアニメ録画、ぐらいがメインの使い道でした。

しかしここ数年でのハイビジョン動画の普及(YouTubeやニコニコでも)や、ブルーレイの普及、などなど扱うデータ量が大きくなってきたせいで、我がPCでは再生がおぼつかない状況。

HD動画の扱いについては、ブルーレイドライブ持ってないし、DVD-VideoとしてオーサリングするとSD画質になっちゃうワケで。

そこでDVD-Rにハイビジョンで記録させるAVCRECにチャレンジしたところ、mp4やmkvのフルHD動画をAVCRECに適した動画ファイルに再変換かけたら(DivX Plus Converter を購入)、な・なんと、30分のアニメ動画ファイルの変換に6時間もかかってしまった。

ナンテコッタイ!

やはりシングルコアのPentium4(ハイパースレッディングあり)ではもはや時代遅れというのを痛感しました。

それならば、ということでDELLのノートパソコンでもチャレンジ。こいつはAMDのTurion64 X2 というちょい前のデュアルコアCPUを搭載している。

結果、・・・4時間掛かりました(^^;

全12話のアニメなら48時間か・・・。

それでもムリしてAVCREC形式のDVDを幾つか作ってみました。

ハイビジョン(1280×720)動画なら、DVD1枚に全12話が収まります。

ちなみに、AVCREC形式のDVDを再生させるには、それに対応したパソコン(再生ソフト)かプレイヤーが必須です。

※SONY製品はAVCRECは未対応です。DVDにハイビジョン記録させるのは邪道というスタンスなのか。ていうかブルーレイを普及させたいがためだろうけど。

そんなこんなで苦悩しているさなか、友人が新しいPCを購入。

10万以下ながら、Windows7、Core-i7 2600、メモリ8GB、 という羨ましいスペック。DVDスーパーマルチドライブ、GeForceGTS 450 と価格的にスペックは抑えているが、それでも私や友人が現在使っているPCに比べれば遥かに高性能。

Core-i7 2600の性能を垣間見ようと、先と同じ動画変換を試しにやってみた。

4コアがハイパースレッディングで8コア分がフル稼動で変換開始。

・・・・。

Pentium4で6時間掛かったやつが、20分で終了・・・( ゚д゚)。

\マジスゲェ/

こりゃタマラン。

オレもついにPCを買い換える時期に来たか、と思ったのでした。

しかしながら、前にも書きましたが、●●●が●●●という状況下(なんじゃこりゃ)、圧倒的に金が無い。

困った、困った。

最低でも10万近くの金が要る。

と、ここ最近ずっと悩んでいたのでした。

と、その時、思いがけないコトが!!

(続きます (^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.520 (感想)コクリコ坂から

意外に面白かった。

ども、KOMOです。

連休中、台風接近による雨続きのため、映画にでも行こうかということで、「コクリコ坂から」を観に行きました。

前日の晩に、TOHOシネマの「(V)婆さんの (I)粋な (T)企み」こと「Vit」にノーパソからアクセスしてチケットゲット。

当日は雨が降りしきる中、10分ほど前に余裕シャクシャクで劇場に入り、発券機でチケットを出して、余裕で入場。

今ならVitで購入すれば100円引きということもあり、大変スマートにチケット購入&劇場入り。

(ケータイからの購入なら電話代と一緒に支払いが可能なので、さらにスマートに活用できます)

雨だし、宮崎吾朗だし、どうせ空いているんじゃねぇの?と思っていたら、予想外に客が多くてビックリ。

さて、感想です。あ、ちなみに原作の漫画はどんなのか知りませんのでアシカラズ。

てゆうか、あらすじすら知らずに劇場に行きました。TVCMすら見てないし、全くの事前情報得ず!

舞台はもうすぐ東京オリンピックが開催される昭和30年台の終わり頃の活気溢れる日本だったころのヨコハマ。

高度成長期時代で、戦後は終わったと言われる時代でありながら、まだまだ親の世代の話には戦争が色濃く残っている時代。

私が生まれる前の時代ではありますが、それでも懐かしいモノがいっぱい出てくるし、みんなが元気だったニッポンを思い返すことが出来ます。

宮崎吾朗さんは監督業に専念したお陰で、やもすると空中分解しそうな群集劇のていすらあるストーリーをうまくまとめておりました。

ただ、ゲド戦記ほどではないが、やはり説明不足なところが多々ありました。

始まっていきなりの場面で主人公の境遇っていうか、どんな生活なのかの描写があるわけですが、あれ子供には直ぐには理解できないんじゃないかなぁ。

主人公の女の子の名前が「海」なんだけど、説明なしで「メル」って呼ばれたりで「?」ってちょっとなったり。

「コクリコ坂から」っていう題名だけど、「コクリコ荘」は出てくるけど、坂は?

信号旗については殆ど説明がないし。

部室棟取り壊し反対運動での池への飛び込みについても、さらりとモブキャラが「伝統の復活か」とか言う程度で、どんな慣習があったのかご想像にお任せしますって感じで説明不足。

まぁでも宮崎駿にもまったくの説明不足&意味不明の「ポニョ」っていうのがあるんですがね(^^;

んで、今作は宮崎吾朗作品であって、宮崎駿作品ではないんだけど、やはりスタジオジブリ作品であるからには、ジブリっぽさがもっと欲しかった。

宮崎駿作品は食事風景と浮遊感・疾走感ってのが心地良い訳ですが、ちょっとパワー不足だったかなぁと感じました。

冒頭やパーティーでの食事シーン、自転車やオート三輪のシーン、などなど。

それでも人物については微妙な心理表現を顔付きや動作でジブリらしく表現できていました。

その割にはストーリー展開に相応な人物描写ってのがちょっと弱いんじゃないの?・・・と思う箇所もチラホラ。

しかし、主人公の妹の心移りの速さと言ったら・・・(笑)

それともうちょっとカット割りとか構図とかも凝って欲しかったなぁという箇所もチラホラ。下手くそとか、何が映っているのかワカランとか、そういうんじゃないですが、おぉっ!となる見せ方・魅せ方がキーとなるシーンでは欲しかった。前述のシーンしかり。

男子学生たちの部室棟である「カルチェラタン」ですが、ハーロックのアルカディア号の中か、はては「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」の文化祭前日の友引高校か、って感じの秩序ある混沌さが凄く良かったです。なんか憧れるね。

そういや、カルチェラタンって通名の由来についても説明なかったね。ホント説明不足だよこの映画。

カルチェラタン取り壊し問題と、青春問題、そして二人の出生の謎、他にもいろんな要素が入り組んでいて、ややこしいわけですが、これこそがあの時代なんだと思います。

最後にひとつ。

宮崎駿映画では楽しい冒険活劇だったり、現代ものでも淡い恋の話だったり、でリアルな(歴史的な)現実感ってのは出てこないけど、前述のように戦争が絡んできたり(だいぶ薄いけど)、それとなく立ち並ぶ煙突群で高度成長期=公害問題ってのを演出していたり、とリアルさがチラホラ出ていました。

どうせ宮崎吾朗だし、ってことで予告編すら見たこと無く全くの予備知識ナシだったんで、正直不安いっぱいの作品でしたが、案外マトモに作られていました。

説明不足とか描写不足なところは多いけども、分かりやすいストーリー展開と、ブレずに最後まで行くので、私はオススメします。

P.S. どっかで読んだ感想で、『主人公(海)の母親がアメリカから帰ってきた際に「時差ぼけがひどい」発言があったけど、あの時代なら飛行機なんてありえないから、発言がおかしい』って書いてあった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

No.519 閑話休題 せつでん?

ども、KOMOです。

ナンダカンダで更新が停滞しておりました。気がつけば7月も半ばです。

もうね、頼りにしていた●●●●が●●●になっちゃって、意気消沈してたのもあったり無かったり。

という訳で、生存証明のためにもプチ更新です(^^;

① 15L容量の冷温庫(ペルチェ素子で冷えるヤツ)を愛用していたのですが、ぶっ壊れました・・・。

以前もぶっ壊れたことがあったんですが、その時は電解コンデンサの破裂が原因で(おぉ怖っ)、無償交換してもらってから、随分使い続けてきました。

今回はどうやら放熱板(ヒートシンク)と庫内の熱伝導用鉄板との接続部分の腐蝕のようです。パッキンが経年劣化でだめになり、結露などによる水分が侵入したみたい。

中国製だからか、それとも冷温庫を常時運転していたのが悪かったのか、何にせよ困ったちゃん状態。

② スーツやコートをかけていたパイプハンガーがぶっ壊れました。

ホームセンターでよく売っているやつで一段タイプのもの。

極太パイプ!とか謳っている商品が多いですが、今回気づいたのは、パイプとパイプのジョイント部分のプラスチックが弱い、ということ。

パイプ自体は全く問題ないけど、垂直部分と水平部分をつなぐ箇所に薄いプラスチックが使われているので、重みに耐え切れなくなって裂けました(^^; まぁ多分荷重オーバーだったんだろうけども。宣伝文句に惑わされるな、ということです。

③ 通勤に使っているカバンの肩掛けベルトの金具がぶっ壊れました。

カバンにモノを入れすぎなんだろうけどね。これも荷重オーバーか。

針金で応急処置(^^; 人に見られるとはずかちいです。

金具部分の取替えとか可能なんだうか・・・?購入店に相談したくてもヒマが無い。

ぶっ壊れることが多いですね。厄年か?

んーと、

なんか右カラム→の検索フレーズランキングが全部うざいポップアップ関係ですね(笑)。

どうすればムフフ画像が見れるんだ!?と皆さんが血眼になって検索しているのかと思うと微笑ましく思います。そのエロに注ぐ心血を日本経済に注ぎましょう。

んで、んで、んで。暑い毎日ですね。

少しでも光熱費、特に電気代を下げようと思いたち、寝る時はエアコンの設定温度を最高の30℃にしてみました。

深夜でも窓を開けると温風と湿気が入ってくるだけなので(^^;、エアコン30℃でも湿気が随分マシになるので寝る時は充分です。

扇風機だけでは湿気と熱気が渦巻くだけで、天井付近はスチームサウナ状態となり、ハイベッドで寝ている私は拷問のようです。

ドライ設定は電気代が高く付くという話を聞いたことがありますが、30℃設定のエアコン付けっぱなしはどうなんだろう?

それでは。

またちゃんとした更新します・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »