« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

No.569 iPhoneアプリ「えり萌えGo!」

ども、KOMOです。

以前紹介した事がありますが北海道・えりも町の昆布をPRするために、昆布加工を手がける昆布漁師さんが萌えキャラを用いた「青春☆こんぶ」を展開しています。

今は数店舗が製作委員会をつくり運営されております。

んで、んで、んで。

どうやら「青春☆こんぶ」のキャラを使ったえりも町のiPhone用観光アプリ「えり萌えGo!」が出来たようで、App Storeから無料ダウンロードできます。

日高地方と苫小牧市の観光スポットや宿泊施設が探せるということで、「アプリで聖地巡礼」とのことです。

iPhone持ってないのでレビューできません(^^; あしらず

120630erimoe1  120630erimoe2

<参考リンク>

App Store - えり萌えGo!
http://itunes.apple.com/jp/app/id536418264?mt=8

青春☆こんぶSHOP
http://erimo.shop-pro.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.568 EPSONプリンタのカウンターリセットソフトがウイルス認定?

なぜに今頃?

ども、KOMOです。

今、私の部屋でははEP-804Aが絶賛大活躍中です(おもにレーベルプリントに)。

で、以前に紹介したかと思うんですが、EPSONのPMシリーズなどの古い機種において、カートリッジのカウンターや、廃インクタンクのカウンター(こちらからは通常不可視)などをリセットする海外製フリーソフトがあります。

EP-804Aを使用する前はPM-A700を使っていたんですが、廃インクタンクが満タンになったというエラーが出た時に、件のソフトでパソコン側からリセットしてやることで復帰させて急場を凌いだりしました。

EPSON用インクカートリッジに付いているICチップに記録されるカウンターもソフト上でリセットすることもできる優れものです。

最近のプリンタに対応しているかは不明ですし、海外製ソフトのためプリンタ名も海外バージョンでの表記なので、試したい方はそのあたりオウンリスクで。

さて、EP-804Aにしてからはそのソフトは使っていなかったんですが、ずっとインストールしっぱなしでほったらかしでした。(ズボラですね)

インストールする時も、インストールしてからも、問題なく使用できていたんですが、先日ウイルスバスターがこのソフト「ssc_serv.exe」を 「TROJ_GEN.FC5CBFJ」という「不正プログラム」だと検知して削除しやがりましたよ。

20120621ssc_serv
(画像サイズ大きいです)

トレンドマイクロのサイトで調べてもTROJ_GEN.FC5CBFJって出てこないんですけど。更新が間に合ってないのか?

ず~っと使っていて、定期的に全プログラムのウイルススキャンなどしているパソコンなので、今までチェックしていなかったことはないはず。

ということは最近になって新たにリストの加えられたので検知された、ということか??

まぁ使っていなかったソフトなんで消されても構いませんが、腑に落ちませんね。

B-CASカードを書き換えて有料放送をタダで見られるようにするようにしたことで、逮捕者が出て若干世間を賑わせておりますが、実はこの書き換えソフトもウイルスバスターは不正プログラムとして検知して削除しやがります。

ウイルスなどではなく、あくまでも不正・違法なことをするソフトとして検知するわけですが、今のところウイルスバスター以外のソフトでの検知例は目にしていません。

これも国産ソフトとして知名度の高いウイルスバスター(トレンドマイクロ社)に、B-CAS社が不正プログラム認定してほしいと打診したんじゃないかと邪推します。

だってソフト自体は何らWindowsのシステムに悪影響を及ぼすものでも、個人情報を抜き取ってばら撒くものでもありませんし、加えて、B-CASカードを誰が書き換えて不正視聴しているかはB-CAS側からは(おそらく)分からないはずですから。

だからソフト自体を使えなくするという手を打ってきたんだと思います。

んで、話を戻しますが、EPSONとしてはユーザーがインクカートリッジのICチップをリセットしてインクを詰めなおして使ったり、廃インクタンクのデータをリセットしたり廃液パッドを交換して勝手に使って欲しくないと思います(当然だわな)。

ハード的なもの(=ICチップカウンターリセットツール。今やダイソーでも売っていたりするほど)の使用は防ぎようがないですが、ソフト的なものならパソコンを使う以上、動作させなくすればいいわけで不正プログラムとしてアンチウイルスソフトが検知してくれれば万々歳ですわな。

以上は勝手な邪推ですが、あながち間違っていないかも。

ウイルスバスターが今後、このようなこと(他企業からの要請に応える)をどんどんし出すようなら、ちょっとウイルスバスターを使い続けるのも考えものかなぁ…と考えたりします(´・ω・`)

法に触れるようなソフトについては仕方なしとも思えますが、こうゆうことが暴走してしまうと、例えばレジストリを書き換えたりするツールなど企業にとってして欲しくない行為をするソフトを簡単に規制できるわけですからねぇ。

んでわ。

<参考リンク>

SSC Service Utility for Epson Stylus Printer.
http://www.ssclg.com/epsone.shtml

EPSON プリンター エラー解除方法 リセット 
SSC Service Utilityの使い方 メシクエブログ~それいけ神動画~
http://brogmeshikue.at.webry.info/201111/article_46.html

プリンターエラー解除
http://homepage2.nifty.com/katusika/computer/SSC_page.html

(2015.01.07追記)
EPSON 廃インクの限界エラーはEpson Ink Pads Reset Utilityでリセット « はぴたい@ブログ
http://www.happiness-thai.com/wpthai/?p=588

※私は試しておりませんので、オウンリスクで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.567 (感想)スノーホワイト

なんだか期待外れ&あっさりしすぎ。あと、もののけ姫(感想)

ども、KOMOです。

仕事で忙しい毎日でなかなか書きたいことがあっても儘ならないのですが、気分転換にと「スノーホワイト」を観てきましたんで感想をば。

結論としては冒頭(↑)の言葉がすべてなんですが…。

予告編では気合いの入った映画だなぁと感じ、シガニー・ウィーバーさんが演じたホラー風味満載の「スノーホワイト」が好きだったので、これは観に行きたいと思ったのでした。

「戦う白雪姫」なんてキャッチコピーで宣伝されていたりして、また違った切り口での映像化だと楽しみにしていたのですが…。戦うのはラスト30分を切ってからだし

冒頭であった、白雪姫の母(王妃)の死因がよく分からなかったんですがねぇ。

幽閉されていた白雪姫が城を脱出する冒頭は良かったんですが、逃げてすぐに助けとなる公爵のところに着くのかと思いきやなかなかたどり着けない。てか、白馬はなんでいたんだよ。

かくまってもらった村は焼き払われるし。

生き別れになった幼馴染は単身で白雪姫を探す旅に出るかと思いきや、女王の部隊に入るし(情報収集などの面から敵側に潜り込むという考えは理解できるが)、そのおかげで白雪姫一行は襲われるわ、おまけに口先三寸の言い訳をし出します(ここ注目!ぜひ劇場で(^^;)

それよりも、途中で「もののけ姫」になりましたよ(笑)

ええんか、これ?(^^;

しかし、もののけ姫のシーンの意味がよく分からなかったよ。

ちょっとは白雪姫の力についての説明がされるけど。

ここで、白雪姫が「自分が持つ神聖な力」とかなんかに気づく描写があれば、白雪姫自身が女王に打ち勝つ希望を見いだせて戦いに挑むようになって、もうちょっと話に盛り上がりがあったと思います。

中盤にあったトロールを追い返すシーンも本来ならば白雪姫が自分の秘めたる力を感じるきっかけになったはずなのに、全然そんなことありませんでした

白雪姫の力になる男が二人出てくるのがちょっとなんだかなぁと。

片方は妻を亡くしたオッサンで、もう片方は幼馴染。

毒リンゴで意識をなくした白雪姫を目覚めさせるのは…。意外でした。

特に三角関係に発展することもなかったけど、結局最後までうやむやで終わったし。

で、女王に戦いを挑むことになるのですが、白雪姫が民衆を説得するシーンはいい演出だと思いました。でも演説の内容は意味不明なところが多かったです(^^;

正統なる血統だとか、光の力とかなんとか皆にちやほや持ち上げられてリーダーにされるよりかは、白雪姫自身が決心して皆を奮起させるシーンを入れたのは良かったんですが。

それにしても7年間も幽閉されていた白雪姫に体力とか戦術とか色々無理があると思ったんだけどね。いきなり馬を鞍なしで乗りこなしたりとかも。ターミネーター2みたく部屋の中でトレーニングを積んでいたわけでもなさそうだったし。幽閉中に復讐心を燃やすようなシーンもなかったし、どうするつもりだったんだろ?

それと、昔の戦闘方法なので仕方ありませんが、物量作戦のような戦い方(バンバン仲間が犬死していく)のは見ていてスカっとしませんなぁ(^^;

クライマックスの女王との対決は何だかあっさりしすぎ。

せっかく前半に伏線となりうる「血は魔力を消す」という説明があったんだから、再生能力を持ち無敵のような女王との戦いを盛り上げるには、白雪姫が自分の血を剣に付けて切りつける→女王の魔力喪失で崩壊(死亡)、というシーンがあるべきなのでは?

それに白雪姫は鏡の存在(魔の存在)に気づいていないので、ちょっとラストに違和感が。

あれはやっぱり、せっかく鏡の目の前で女王を倒したんだから、その直後に鏡から魔の存在が出てきて「あなたが正統な女王だ」とかなんとか言い出したところで、そいつと鏡を一刀両断でぶった切る演出があるべきだと思うだがなぁ。

もちろんここでも、魔に取り込まれそうになったところで血の力とか何とかで我に返って誘いを振り切る、というシーンも入れるべき。

それか逆の演出として、

最後の最後に平和が戻ったと喜ぶ民衆を見る白雪姫の背後に鏡が置いてある、というのがあっても面白そうだけどねぇ。

そしたら、今回やっと白雪姫を守ることができた幼少から一緒だった幼馴染が、今度は鏡に魅入られてしまった白雪姫と戦うことになる…というような、次につながる厚みのあるストーリーになったと思いました。

結局のところ、白雪姫よりも女王のほうが生い立ちやら性格やらの描写が上手くて、女王が主人公でしたよ。

2時間は長すぎたと思います。もうちょっときれいにまとめたら100分ぐらいになったんでは?

さんざん書いてきましたけど・・・、脚本家も監督も無能ですか?

盛り上げ方とか、キャラの行動とか、意味不明&ヘタなところ多すぎ。

ちょっとは日本のアニメでも参考にしろよ。

で、ここまで書いてから知ったんですけど(^^;

3部作構成だとか。

それならそれで未消化な部分が多いのは納得できますが、演出がヘタですよね。

でも第1部でこの出来なら客も入らなそうだし、続編はとん挫するんでは?

んでわ。

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.566 iPhoneの復元ですったもんだ

ども、KOMOです。

忙しい、忙しい。いや、マジで。

アニメが全然見れないじゃんかよ。

肉体的精神的かの原因はさておき、3kgほど痩せてしまいました(^^;

お陰でズボンがガバガバだよ。

ま、それはさておき。

知人がiPhone 4Sを買いました(ソフトバンク)。

で、買った当日にへんなことをやっちまったようで、私のところにHELPが。

「ロックがかかってしまって、パソコンで元に戻せるらしいんでやって欲しい」という内容。

ロックってなんだろ? わたしゃiPhoneのことは全く知りません。

で、以下のことはiPhoneユーザーにとっては至極当たり前の常識なのですが、「えぇ~」って思ったことだったのと、予想以上のすったもんだしたのでネタにします(^^;

知人宅に寄ってiPhoneを拝見。

「iPhoneは使用出来ません」という文字とでっかい地球の写真。

緊急電話のみ発信できる状態。

なんだこれ??

知人は全くといってほど機械音痴、パソコン音痴。だから説明を聞いても何を言っているのか分からない(;´Д`)

ケータイでググってみる。

アップルのサポートページがヒット。どうやらよくある現象なのか。

なになに。

「パスコードを間違えると、赤い使用不可の画面が表示される」ってやつか。

「パスコードを思い出せない場合は、最後に同期したコンピュータを使って、デバイスを復元する必要があります。これによって、パスコードをリセットし、デバイスからデータを再び同期 (またはバックアップから復元) することができます。デバイスと同期したことがない別のコンピュータでデバイスを復元した場合、デバイスのロックを解除してパスコードを削除することはできますが、データは消去されます。」

パスコードを10回間違えるとこうなるらしい。へぇ知らなんだ。

一度もパソコンにバックアップを取っていないからまぁ初期化されてもいいんだけど、一度ぐらいは同期させておかないと面倒なようですね。

さて、パソコンはあるにはあるが、ネットに繋がってない状態(;´Д`)

「ネットに繋がってるの?」って訊いたら、「ヤフーとかっすか?」という超初心者さん的な返答が。駄目だこりゃ。

知人曰く、ソフトバンクやアップルストアで訊いたけど、自分でパソコンでやってくれ、ということだったそうだ。

ケータイでググってみると、iTunesを使うようだ。

仕方なしにケータイでダウンロードしてUSBでパソコンと繋いでiTunesを移して(ケーブル持っててよかった)、パソコンにiTunesをインストール。

立ち上げたら「ネットに繋がってない」とかエラーが出るけど、無視。

iPhone繋げたら、「iPhoneにパスコードが設定されているので、iPhoneにパスコードを入力しろ」という旨のエラーが。

んん?パスコードが分からんからiTunesに繋げたら、パスコードを入れろ?堂々巡りじゃん

もう一回ケーターでググってみると、「リカバリモード」にしてからiTunesに接続する、らしい。

実はググっている最中にiPhoneのユーザーズマニュアル(PDF)があったので見ておいたんだけど、「復元」の説明ページには”パスコードを間違えて使用不可の状態のものを復元させる方法”については書かれていなかった。

で、やり方は。(結局個人のブログに書いてあったのを参考にした)

ホーム+スリープを同時長押しで強制シャットダウンして、ホームを押したままでUSBを接続。「iTunesに接続」という画面が表示されるまでホームを押し続ける。

裏ワザかよ!!

するとiTunesが「iTunesはリカバリモードのiPhoneを見つけました。iTunesでご利用になる前に、このiPhoneを復元する必要があります。」とメッセージを出した。

これで一件落着かとおもいきや、いざ「復元」を行おうとすると、ネットに繋がってないというエラーが。

なんだよ、何かダウンロードするの? ちゃっちゃとiPhoneのフラグを消して工場出荷時状態へリセットするだけじゃないの??

仕方ないので、ケータイで富士通のサイトからArrows Z のUSBテザリング用ドライバをダウンロードして、パソコンに移してインストール。

うまくドライバが認識されない…。デバイスマネージャで見ると「!」が付いている。試行錯誤するが改善しない。

ふと、パソコンの見てみると…。

WindowsXPがサービスパック「2」の状態じゃん!これが原因か?

買ってからろくに使ってなくて、ネットにも繋がっていない状態。(当然アンチウイルスソフトも入ってない)(´ヘ`;)

一旦その日は諦めて後日再チャレンジすることに。

家でサービスパック3をMicrosoftのサイトからISOファイルでダウンロードしてCD-Rに焼いた。

で、後日。

時間は掛かったものの、とりあえずサービスパックは3になり、無事にUSBテザリングも出来るようになりました。

さて気を取り直してiTunesだ。

復元を開始すると、新しいiOSが見つかりましたとかメッセージが出て、復元用のソフトをダウンロードし始めた

なに?OSをアップデートするの?

しかも、ダウンロード容量800MB?なんじゃこりゃ?

ダウンロードがおぼつかない状態だったので、WiMAXに切り替えてやってみた。

一旦ネットが切れたりすると、ダウンロード再開してもまた最初からダウンロードかよ!

アホか! Windows Updateですらちゃんとダウンロードした分は残ってて途中から再開するぞ!

時間は掛かりましたがダウンロード終了。

再チャレンジ。

iTunesがリカバリモードのiPhoneを見つける。「復元する必要があります」と出るので「OK」する。

「お使いのiPhoneで問題が発生した場合は、"復元"をクリックして初期状態の設定に復元することができます。」

なんか言葉遣いが変だよなぁ。

「できます」じゃねぇだろ。それしか手段がないんだから。

まぁそんなわけで、ようやく復元できました。

もともと買ってすぐの状態だったんで初期状態になってもモーマンタイ(無問題)だったからよかったけど。

しかし、めっちゃしんどかった。Arrows Z はUSBテザリング中にバッテリーが切れそうになるし。USBから給電しながらのテザリングなんだけど、ご多分に漏れず給電が追いつかない(^^;

このあと、iPhoneの方での初期設定があってここでもすったもんだしたんですけね(^-^;)

初心者さん相手にソフトバンクのほうでAppleIDの設定もしてくれていたんですが、パスワードが契約書に落書きみたいに書かれていて、なかなか気付かんかった。AppleIDのパスワードですという説明ぐらい書いとけっちゅうんじゃ。

しかしまぁなんですな。

iPhoneってゆうかMacの世界って初心者向けであるがゆえに、説明不足が多いように感じましたね。

サポートページみても分からん、マニュアル見ても分からん、ブログ見たら分かった、って何やねん。

あとでYahoo!知恵遅れ、もとい、Yahoo!知恵袋見てみると、パスワード10回間違えた!どうしたらいい?っていう質問がわんさかあった。

これだけ質問があるっていうならAppleもちゃんと分かるようにしとけ。

てゆうか、これだけ質問があるのにおんなじ質問をするなよ。さすがYahoo!知恵遅れ。

でわでわ。

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »