« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

No.574 けいおん!尽くし

24日の夜にケータイで銀行口座の残高をチェックしたら給料がもう入っていた。

というわけでATMで金をおろそうと近所のローソンへ。

ふらりと雑誌コーナーに目をやると、GetNaviという雑誌にローソン限定の「映画けいおん!クリアファイル」が付録で付いてるじゃないすか!

20120726kon01

というわけでゲット。確か前にも同じ手口で釣られて買ってしまった気がするが、気にしないことに(^^;

レジに行く前にとりあえず棚を一巡。

東ハトから新しいお菓子が出てら。クロワッサンの形をした「サクワッサン」だと。

20120726tohato01

顔こわいよ。

きぐるみシリーズ(※)といい、最近ヘンな商品展開してますな。

(※)私が勝手にきぐるみシリーズと呼んでいるだけだが、「きぐるみエビフライ」「きぐるみトンカツ」「きぐるみチキン」というのがあります。

「パン粉でくるんだ!」とかキャッチコピーが書いてあるんだけど、「何を??」と思わず突っ込みを入れたくなります。

20120726tohato02

イラストを見ても意味不明です。

コンビニで買うと定価なので基本あまり買いません。スナックなら目と鼻の先にあるローソンストア100に行けば105円で売ってるので(^^;
てか、そのローソンの目の前にライフ(スーパー)があるのでぶっちゃけそっちの方がもっと安い。でも私はスーパーの営業時間内には帰宅する事はないのだがね。

さてドリンクコーナーに立ち寄ると

ありゃりゃ、けいおん!のキャラのかわいいストラップのおまけが付いた伊藤園のお茶があるじゃありませんか。

そういやネットで話題になってたな。前述のとおり定価販売のコンビニには基本行かないし、ローソンストア100の方では扱ってなかったんですっかり忘れてたよ。

20120726kon02

せっかくだから、ここは澪ちゃんあずにゃんを購入。

いいものに巡り会えたとホクホクでレジに。

深夜なので他に客もいないので安心して買えます(^^;

しまった、けいおん!クリアファイルがおまけについた雑誌と、けいおん!グッズがおまけに付いたお茶2本での会計って、まるでオタクみたいじゃないか

20120227neko 「何をいまさら。」

ローソンの店内サービスのWiFiにスマフォを接続して専用アプリをダウンロードすることで、唯ちゃんのCGキャラをスマフォのカメラ画像と合成することを今やってますが、恥ずかしくて店内でそんなことできるわけねぇだろ!

おちゃのおまけはこんな感じです。

20120726kon03

よく出来ていますね。かわいいです。

雑誌の方には3ページ分で映画けいおん!の特集記事がありました。

20120726kon04

一応デジものを扱う雑誌のようですが、せめてリニアPCM 5.1ch(の再生)についても書いておくべきじゃないのかねぇ。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.573 映画けいおん! BD版を5.1chで視聴

劇場での感動を自宅で!

ども、KOMOです。

ついに「映画けいおん!」のBD・DVDが発売されました。

20120723kon

絵コンテがデケェ!(写真は他所からパクッてきました。すんません。テヘペロ。)

内容についてはすでに劇場公開時に感想を述べていますので、ここでは特に書きません。

特別版を購入された人は特典ディスクも楽しみましょう。けいおん!の5人の声優さんたちがUSJに訪れて、コラボ企画(けいおん!のキャラ5人がUSJに遊びに来たという趣旨の展示や、演奏風景を等身大フィギュアで再現した舞台など)を見て回る様子や、美人の監督さんの現地取材の様子も収録されており、結構楽しめました。

さてさて、一部でチラホラとブログなどで書かれているようですが「音が小さい」という現象について。

結論を先に述べますと「プレイヤーの音声出力と、アンプのデコードが合っていない」ということであり、単なるステレオ(というか無理やりなステレオ)で聴いてしまっているということです。

「映画けいおん!」のBDのメイン音声は5.1chと2chで収録されているのですが、注意する点は「リニアPCM 5.1ch」であるということです。

パッケージにはちゃんと記載されていますが、画面上には5.1chとしか表示されませんので気づきにくいかも。

20120723010453576 20120722031816782

TVでステレオで視聴する際にはちゃんと2chに設定を変えて視聴しましょう。

で、問題は5.1chで視聴する場合

リニアPCMの5.1chや6.1ch、または7.1chでの出力(Multi-PCMとか、PCMマルチチャンネルと呼称される)はHDMIでの接続で有効となり、光デジタル(光、また同軸)での接続では出力されず、2chステレオとして出力されてしまいます。

そこで、サラウンドアンプ側やサラウンドヘッドホン側では光デジタルで来たステレオ信号を、ステレオ音声、もくはサラウンド処理して「ドルビープロロジック」もしくは「ドルビープロロジックII」等に変換して再生します(アンプの性能によって違います)

これではリア側の音声を擬似的に作って再生しているに過ぎず、音量は小さくなってしまい、そして低音などの迫力も激減してしまいます。

※光デジタルでは帯域の制限からリニアPCMは2chしか出力できません。過去には「これからは光の時代だ」と騒いだものだったのでしたが…。

私の視聴環境では、プレイヤーはLGのBD570。BDの再生側としては文句なし。

TVはEIZOのFORIS.HD。単なるステレオスピーカーしか付いておりませんので、「音声再生」としては不向きです。

でわでわ、サラウンドアンプを介して、部屋のアチコチに配置したスピーカーで5.1chで聴きたいところなのですが、持っているアンプはONKYO(オンキョー)のDR-2000という古いシロモノ

FM/AMラジオやCDプレイヤーを内蔵した、ドルビーデジタルやDTSを処理できるアンプであり、入力系統を豊富に持っておりビデオセレクター的にも使用できるというちょっとマニアックな製品です。(古いのでドルビーデジタルEX等は無理)

ちょっとググってみると、未だにONKYOのサイトに製品情報が記載された。すげぇな。

2000年に発売されたもので、定価9万4500円。
日本橋で偶然、展示品処分かなんかの外箱なしの格安品を見かけてしまって衝動買いしたのでした。ビニールのプチプチにくるんでもらって、梱包材合わせて10kgほどありましたが手で提げて持って帰りましたよ。無理して購入したけど10年ほど経ちますが未だに活躍してくれています。これを戦略的衝動買いと言うのだ。
そんでもって、当然スピーカーやらスピーカーケーブルなど持ってないのでそれからYAMAHAの割と本格的な5.1ch用スピーカーセットも揃え、そちらもまだまだ現役です。

んで、本題。

このアンプは光ケーブル、同軸ケーブルでの入力に対応しており、ドルビーデジタル5.1chとDTS5.1chのデコード、それとドルビープロロジックでの再生が可能。5.1ch以上は無理だし、何よりもいま主流のHDMI接続には対応しておりません

光接続ですから、ご覧のとおりアンプでは単なるステレオとなっています

20120723010559066
小さく PCM STEREO と表示されています。

DSP処理したところで、前述の通りドルビープロロジックとしての再生となってしまいます…。

そこで、PCMマルチチャンネルで収録されたソフトを視聴するには、プレイヤー側で「ある事が出来るか否か?」に関わってきます。

LGのプレイヤーでの設定画面ですが、HDMIでの設定はちゃんとPCMマルチチャンネルでの出力が可能です。(※テレビに繋いでテレビのステレオスピーカーで聴くには2chで出力させること)

20120722031514586


普段は、下の画面のように光デジタル出力はパススルー、つまりソフトに収録された信号を処理せずにそのまま出力してアンプに渡します(ドルビーデジタルならドルビーデジタルで、DTSならDTSでそのまま出力する)

20120723010051746

ですが、このままでは今回のようにPCMマルチチャンネルは出力できません。

ここで注目!

DTS再エンコードという項目があります。こいつに設定を変えてやるのです。

20120722031445067

すると、PCMマルチチャンネルの信号をDTS信号に変換して光で出力してくれます

これでアンプ側ではDTS信号が来るので処理できますので、晴れて5.1chでの再生ができるようになります。

アンプ側の表示もDTSになっていますね!

20120723010757032

というわけで、プレイヤーによって名称が違いますが一度プレイヤー本体の設定画面を見てみましょう。

あまり見ない人が多いでしょうが、うまく対応していれば幸せになれるでしょう(^^

PS3では音声出力フォーマットを「ビットストリーム(ミックス)」にしてやると良いです。

で、余談ですが、たま~に今回のようにサラウンド音声の収録がPCMマルチチャンネルのみのソフトがあるようです。

単なるTVでステレオで見ようにも、2chステレオすら収録されていない場合もあるようです。

製作者側の意図としては現時点での最高音声フォーマットでのみ聴いてくれということでしょうが、あまりにも自意識過剰すぎ…。

映画ソフトでは、こういうことが起きないように「dts5.1ch」「DTS-HD 5.1ch」、もしくは「ドルビーデジタル5.1ch」「ドルビーTrueHD5.1ch」いずれかが同時収録されています。
音声接続が光接続のみの環境しかない場合も多いですから(ウチもそうですし)。

最近は、アンプやスピーカーを揃えるのが金銭的&物理的&騒音的にムリな人がデジタルサラウンドヘッドホンを購入するのが多くなってきています。

これもちょい古いヤツですとHDMI入力に対応していないので、PCMマルチチャンネルの再生ができません。(これから買うときは対応している音声フォーマットやら接続端子にご注意を。)

ですが、前述の通りうまくいけばプレイヤー側でDTSで再エンコードして出力できますので、試してみて下さい。

音が小さい~とか言って「京アニ下手くそ!」とか言っているアナタ!それ、アナタの視聴環境が合っていないだけですから!残念!

「映画けいおん!」は本編のみならず、効果音やBGMが素晴らしく、是非とも5.1chで聴いてください。

2chステレオとは別次元ですから。

ちなみに、

パソコンで視聴する場合。

PowerDVDあたりを使用すると思いますが、パソコンに5.1ch環境が整っていないのなら、ステレオスピーカーだけで聴くとやはり音が小さくなってしまいます。

パソコンが標準でアナログ5.1ch出力に対応していれば、安物でもパソコン用のサラウンドスピーカーセットを接続すればまともに再生できますし、そうでなければサウンドボードを増設してサラウンド環境を構築すればまともに視聴できます。

そんな金ねぇ!場所もねぇ!ってかたは、PowerDVDのバージョンが高ければドルビーヘッドフォン機能が使えますので、PowerDVDで出力タイプをヘッドホンにしてドルビーヘッドフォンをONにして、ヘッドフォンで視聴すればOKです。

・・

・・・

んで、ここまで書いて知ったんですが「劇場版 涼宮ハルヒの消失」のBDって、リニアPCM 5.1chのみでの収録なんですってね。知りませんでしたよ。ドルビーデジタル5.1chはおろか、2chステレオすら収録されていないんですね。

わたしゃ発売当時はまだBDプレイヤー持ってなかったんで、DVD版を購入したんです。

BD版を買い直そうかと思ってちょっと調べて今知りましたよ。

あぁ、だから発売当時なんか騒いでいたのか…。納得、納得。

PS3以外での、国産のBDプレイヤーで上記のように設定できるか分かりません。

取り敢えずLG製は安心ということでしょう。韓国製を勧めるのは気が引けますが(^^;

国産プレイヤーではどうなんでしょうね。情報プリーズ。

<参考リンク>

映画けいおん!公式ホームページ|TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

DR-2000(S) http://www2.jp.onkyo.com/product/products.nsf/0/57E118823409854C4925695F00074C70?OpenDocument

LG製なら格安で、しかもPCMマルチが光出力へのDTS再エンコードが可能です。※BD630は3D非対応です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.572 大黒天物産、業績好調らしい

ども、KOMOです。

「魔法少女リリカルなのは」の劇場版第2弾、観てきましたよ!

感想は後日アップしますんで。

さて、私が大好きなスーパー「ラ・ムー LAMU」を擁する大黒天物産がなにやら業績がよろしいようです。

「いちよし経済研究所」という中小の成長企業を調査する会社が、大黒天物産の営業利益が中期的にみて増加していくだろうと予想し、投資判断やフェアバリューを引き上げたということです。

※ラ・ムーとは「メガ・ディスカウントランド」というものらしく、複合商業施設の核となり、ショッピングセンター全体の集客を担うものらしいです(公式サイトによると)。

激安食品スーパーでして、店舗によりますが大体が24時間営業なんで大変助かります。

ということで単なるつぶやきでした。

ラ・ムーと同じく大好きなのが「スーパーセンター トライアル」です。

食料品・酒、衣服、雑貨、電化製品などなどを扱う24時間営業で、大変助かってます。

<参考リンク>

大黒天物産(2791) 中期的な投資回収期入りと判断。
(いちよし経済研究所)(兜町ネット)
http://www.kabutocho.net/news/livenews/news_detail.php?id=304425

大黒天物産株式会社 
ラ・ムー【LAMU】 ディオ【DIO】
http://www.e-dkt.co.jp/

トライアル | ずっと、ず~っと、低価格。
http://www.trial-net.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.571 (感想)テルマエ・ロマエ

最高なバカ映画。ストレス解消にどうぞ!

ども、KOMOです。

映画の日と日曜日が久しぶりに一緒だったので、せっかくだからと映画館へと足を運びました。

最近は超大作だとか言いながらショボーンな内容な映画が多く、上映されている大作映画にはあまり食指が動きませんでした。

どうせならあまり考えずに楽しい映画を観よう!ということで、GWからロングランされている「テルマエ・ロマエ」にしました(^^

ケータイで土曜日のうちに【婆さんの粋な企み】こと『vit』でチケットを購入(^^;

auまとめて支払いでの簡単決済で便利便利。

そういや、vitの「v」って今は無きヴァージンシネマ(virgin cinema)の「v」なんだけど、TOHOシネマが買収してからもずっとvitで通しているね。

夕方の回にしたんですが、当日は朝から雨が降ったりやんだりの鬱陶しい天気のなか、劇場についてみると満席でした。へぇ~。

さて、内容はといえば、上戸彩演じるオリジナルキャラが出てくるものの(とは言っても似たようなキャラは原作漫画にも出てくるみたいですね)、それほど酷い改変でもなくストーリーに起伏を持たせるイイ立ち位置でした。

上戸彩いらないっていう否定的な意見もあるようですが。

ちょっとご都合すぎるっていう点は無きにしも非ずですが、そこはそれ「娯楽映画」「バカ映画」ですから、目くじら立てることもないのでは?

前半の阿部寛演じるローマ人の浴場建築技師ルシウスが、古代ローマ時代と現代日本を行ったり来たりするバカバカしさを畳み掛ける演出はクドく感じられるでしょうが、ここは素直に大笑いして日頃の憂さを晴らしましょう。

事実、劇場内は都度爆笑が起こっていました。

原作をなぞる前半部分から一転してオリジナルのシリアスな後半へ進むため、説明不足なところが散見されたのが残念でしたが、2時間近い映画のため敢えて削ぎ落としたのかもしれません。

1時間48分という長尺でありながら、シリアスな後半でダラけることもなく、ラストまで楽しめ、謎の感動で終わりました。

説明不足な点を除けば、ネタ振りとそのオチ、という対がちゃんと出来ていましたね。

あれこれツッコミ入れると埒があきませんが、上戸彩の見合い相手のその後とか、実家の温泉旅館のその後とか、エンドロールででも良かったから何か映像やスチール写真を入れて欲しかった。※奇祭(男根祭り(^^;)のシーンはあまり意味がなかったような…。

勝手な想像だけど、温泉旅館は爺ちゃんたちの経験を活かして湯治場として人気復活するんじゃないかなぁ~なんて。

2作目を考えてあえて描かなかったのかも?(知らんけど)。

タイムスリップのきっかけは偶然だろうけど、古代ローマ人で阿部寛(ルシアス)だけがタイムスリップするのは彼の身に何か起きたんでしょうね。

ほんでもって衣服や牛乳瓶やバナナしかり、身近にあったものを一緒にタイムスリップさせてしまう。

だから上戸彩も一緒に古代ローマに行ってしまったし、ご都合だろうけどタイムスリップ体質が強くなった阿部寛のせいで、爺ちゃんたちは阿部寛と上戸彩がタイムスリップした場所に行ったため皆まとめて古代ローマへ(^^;

帰還するには「涙」がきっかけだというのも、理由はさておき(笑)説明はついてましたね。

最後の古代ローマ人の説明でルシアスについては「その後の消息は不明」っていうくだりは、最後の最後のワンシーンのネタフリだったわけだし。

一応、筋は通った作り方をしていたと思いました。

正月に観た「ステキな金縛り」に続いて、バカバカしくて大笑いしつつも謎の感動をして気持ちよく映画館をあとにすることができました。

邦画もちょっとはヤルようになってきたか(上から目線)。

イタリアでの撮影もよく頑張ったと思いますよ。ちゃんとイタリア人のエキストラを使っていましたし、イタリア人のセリフはあえて吹き替え感を出していましたし。

「二か国語放送」だと言い張る力技には感心しつつバカ笑いしましたよ。

最後に、

古代ローマにタイムスリップした上戸彩はローマ人の服を着て生活するのですが、

\おっぱいデケェ/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.570 リキュール「恋愛同盟」再販開始

おねティー&おねツイ(おねがい☆ティーチャー、おねがい☆ツインズ)で盛り上がる木崎湖。

ども、KOMOです。

山梨県に行った時の帰りに長野県は木崎湖に立ち寄った時のことを以前書きましたが、そのときに紹介したリキュール「恋愛同盟」再販されました。

120701onegai

また、アクリル製の枡も再販になりました。

過去ログはこちら
>No.538 第12回八ヶ岳旅行 その3
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2011/11/no538-123-e0f3.html

木崎湖周辺は、アニメ「おねがい☆ティーチャー」の舞台でありアニメの場所に訪れる「聖地巡礼」の先駆けにもなった場所であり、そのアニメが今年(2012年)放映10周年ということで、そして花火大会も合せてまたまた盛り上がっているようです。

また行きてぇなぁ(^^

ちなみに先のことですが、木崎湖に行くときの最寄の長野自動車の豊科ICの名称が安曇野ICに2012年10月7日から変更になります。

安曇野市は5つの町村が合併して出来たんですが、市の知名度アップとアクセスのしやすさを狙っての名称変更だそうですが、なんでも経済効果は10億4000万円と推計しているようです(なんですかね、その皮算用(^^;)
詳しくは参考リンクにて。

んでわ。

<参考リンク>

木崎湖キャンプ場:
台風一過の夕焼けはやっぱりキレイ!リキュールついんず再販売のお知らせ等々
http://blog.livedoor.jp/kizakiko/archives/51984194.html

清酒おねてぃシリーズ
http://www.kizakiko.com/please.htm

木崎湖で、逢いたい。「おねがい☆ティーチャー&ツインズ」放送&聖地巡礼10周年記念
http://www.please10th-kizakiko.com/index.html

木崎湖キャンプ場へようこそ!
http://www.kizakiko.com/index.htm

平成24年10月7日 「豊科IC」が『安曇野IC』に変わります。
:安曇野市ホームページ
http://www.city.azumino.nagano.jp/gyosei/kakuka/toshi/kanri/oshirase/meisyougakawarimasu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »