« No.585 耳からウロコ | トップページ | No.587 電気ケトル止まらず? »

No.586 (感想)映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!

始まりましたね! ヱヴァQ!!

観てきましたよ!

「映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!」を! って、おいヾ(^^;

ども、KOMOです。

映画館のロビーに溢れるヱヴァQを観に来た人たちを尻目に、スマイルプリキュアを観て来ました。

公開されてから日が経ったので空いているだろうと思ったら、意外に意外、まだまだ1日に4回ほど上映しててびっくり。てっきり1日1回上映になってると思ってたのに。

それに午前中の回なのにほぼ満席でした。

スマイルプリキュア大人気ですねぇ!

確かに毎週日曜のTV版はストーリーや演出が非常によく出来ていますからね。

フレッシュがダメな部分が多くてクライマックスはグダグダで、ハートキャッチで心機一転して好成績を上げ、スイートで原点回帰の戦うカッコイイ女の子で若干中だるみしたものの素晴らしい最後でした。

そしてスマイルですよ。

過去を踏襲しつつ新しい展開を持ってきて、毎回の話の運びに隙が無いウマイ脚本。そしてスマイルの名のごとく、つらくてもハッピーなストーリー。

その映画版となれば期待大です。

さて、映画オリジナルキャラの絵本の世界の女の子ニコちゃんの声は林原めぐみさん。

林原さん臭さがイイ面でも悪い面でも出てはいましたが、さすがにベテランさんで演技がウマイなと感じました。

小学生低学年ぐらいの女の子の、自分の苛立ちの理屈は分かっていても制御できず周りに迷惑かけてしまうコロコロ変わる感情や、駄々をこねる心情をよく表していました。

映画ですので戦いのシーンが多くあり、各キャラの持ち味を出して奮闘します。

通常必殺技シーンを出さなかったのは、テンポが悪くなるからかそれともTVとは違うことを意識したからかは分かりませんが、良かったんじゃないかなと感じました。

ビューティーさんは臨機応変に対処してマルチっぷりが如何なく発揮されてましたし、他のメンバーもいつも同じポーズで必殺技を繰り出すんじゃなく、その場その場に合った戦い方をしているなと感じましたよ。

いわゆる属性攻撃というやつですか。TV版では戦いは(今は)控えめなので、派手に戦う皆さんカッコ良かったです。

もうね、スマイルがTVで始まったばかりの頃の戦い方とは雲泥の差ですよみんな成長したなぁ~ってしみじみ思いました。

それにしても、ハッピーとサニーはもう結婚しちゃえよ、と言わんばかり(^^;

ハッピーにその気が無くてサニーの気持ちに気づかなくてサニーがヤキモキ、とかそういう百合同人誌がいっぱい書かれそうだ(^^;

んで、ストーリーに関してはみゆきの絵本好きと絡めた内容で、みゆきの信条の原点が描かれているのが良かったし、絵本のストーリーがめちゃくちゃになっている展開は子供には分かりやすかったんじゃないかな。異次元世界とか過去世界とかは低学年の子供には難しいですから。

そんでもって戦いに敗れそうになり今までになく挫けそうになったハッピーが仲間によって立ち直り、そしてみんなの応援でウルトラキュアハッピーになる流れはまぁ劇場版のお約束。

ウルトラキュアハッピーはウルトラというより女神という感じ。足元から花が咲いたりとシシ神様バリの神々しさ。

キュアエンジェル(映画フレッシュ)からの流れですが、あんまりゴテゴテした衣装じゃなくて、出で立ちやその仕草は女神まどか(まどか☆マギカ)に匹敵します。アルティメットみゆきですね。

ハッピーは普段はバカっぽさがあるけども、歴代プリキュアの中で一番慈悲というか母性愛というかそういうのをここぞという時に醸し出しますね。

来年公開のオールスターズ・ニューステージ2もこの「赦す」という慈悲の心でやっていくんでしょうか。

特に今回のは「主人公(みゆき)に非がある(約束を破った)」というのは新しい流れだと思います。

こうなると、スマイルのTV版が今後どうクライマックスを向かえるか非常に興味ありますねぇ。

そんなわけで、映画スマイルプリキュアは、若干説明割愛部分があるけども(金閣銀閣はなんでニコちゃん襲ってたの?、絵本の後半を破ったのはダレ?、魔王ってナニ?、とか)意外にもプリキュアVS悪という話ではなく、みゆきのハッピー精神のルーツの話であり、TV版では描けない内容をうまく劇場版で描いていて良かったですよ。

p.s.

チグハグになった絵本の世界で敵役である牛魔王が、悪者になってストーリーの展開を放棄した本来の主人公たちに向かって叫ぶセリフ
「てめぇらの物語を自分で止めてどーすんだ!」
このセリフが一番グッと来ましたねぇ。
多分子供たちには字面通りの意味でしか捉えないでしょうが、大人たちには深い意味を持つセリフですよ、これ。

というわけで、映画スマイルプリキュアの感想は以上。

近いうちにヱヴァQ観に行きます。

すでに賛否両論みたいですね(^^;

|

« No.585 耳からウロコ | トップページ | No.587 電気ケトル止まらず? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/56167429

この記事へのトラックバック一覧です: No.586 (感想)映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!:

« No.585 耳からウロコ | トップページ | No.587 電気ケトル止まらず? »