« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

No.589 光る英語キーボード

やだ、カッコイイ。

ども、KOMOです。

メインに使っているPCのキーボードを買い換えました。

今まで使っていたやつに特に不満がある訳ではなかったんだけど、若干キーの反応が鈍くなってきた。多分汚れが溜まっているんで分解掃除したら治るんだろうけど。それと、微妙にキーの位置がしっくりこなかった。

で、前のPCで使っていたような机が広く使えるコンパクトな奴にしようかなぁとあれこれ思案。

そうだ、せっかくだから面白いor変わったものもいいかな?

そういや、部屋の電気を消してPCで映画など見ているときなど、ちょっと一時停止やチャプター送りなどでキーボードのキーを押そうとしたり、パソコンをいじろうと思ったときは、キーが見えないのね。

だからUSBのLEDランプを置いたりしてたんですが、買い換えるんならいっそのことキーボードが光る奴にしてみようかと

んなわけであれこれネットを彷徨っていますと、PCパーツなどでおなじみの上海問屋さんのネット通販で安いのを発見。

同じ型式なのに値段が高いやつも売っているので、どうやらアウトレット品のよう。

それに英語キーボード(102キー)しかない。

コンパクトじゃないのはいいとしても、英語キーボードか~。

と少し悩んでみたものの、ササッとググってみたらどうやら英語キーボードでもレジストリの改変できちんと日本語入力環境で使えそう。

かな入力はどうせしないのでキートップのひらがな表示は不要。

#今は「ミカカ」とか言わないし。(NTTのことね。各キーのかな表示で表現するいわゆるネットスラング。パソ通で電話代が高くなったときに、今月のミカカ代が~、というふうに言っていた。)

それに「変換」「無変換」「ローマ字」キーなどはほぼ使用頻度がないので不要。

若干の記号キーの位置が変わるのと、日本語入力モード切替の操作が変わるぐらい。

日本語入力モード切替に関しては、どうもレジストリ改変で使い勝手は何とかなるっぽい。

てなわけで、数分の調査の結果、ポチりました。

で、翌日には発送されまして、まぁ無事に到着したんですが。

ここで一つ問題が。

上海問屋さんから佐川急便で発送されたとメールが。

発送伝票番号も書いてあり、佐川へのリンクも貼ってありと、うんなかなか気の利いたメールですね。

佐川の発送状況を見ていたら休日の不在していた間に来ていたようで、一旦持ち帰っているとのこと。

でもね、ウチに不在票は入っていませんでしたよ。集合ポストにもドアポケットにも。

サイトで調べてなかったら分からずじまいでした。

うん、佐川のドライバーは死ねばいいと思うよ

20121228shinji


てゆうか、死んでください

悪いこと言わないから、死ね

そういえば以前に、通販で買ったもので日にち指定して送ってもらったんですよ。

佐川だったんですけどね、そしたらね、前日に到着しましたよ。

都合が悪かったんでわざわざ日にちを指定して実家に届けてもらったんだけど、「早めに来た」ってドライバーは言っていたらしい。

しかもだね、箱がつぶれてしまったんで中身を確認してくれってことで、親が確認したんだよね

何をかって?

ルッキーニちゃんのぬいぐるみだよ!

20121228lucchini


親は特に何も言わなかったけどね!

もうね、佐川死んでください。てか死ね!!

で、だいぶ脱線しましたが、届いたキーボードです。

LEDのON/OFFの状態です。

20121228keyboard01

20121228keyboard02_3


カッコイイです。

20121228keyboard03

暗い部屋でもこの通り。

電卓、マイコンピュータ、WindowsMediaPlayerのボタンも付いてて非常に便利。

再生、停止、ボリュームボタンも付いているし、言うことなし。

英語キーボードを使う俺カッコイイ。しかも光ってカッコ良さ倍増 ←中二病か

英語キーボードなんでリターンキーが小さくて、バックスペースキーが大きいので、若干の慣れが必要です。

※安い中国製なので耐久性が未知数ですが、文字入力はmp3のタグ編集かブログ更新ぐらいなんで大丈夫かと。

それと、レジストリの改変も問題なく終了。

スペースバーの右にあるAltキーを日本語入力の切り替え(漢字キー)に変更。

そうすると右Ctrlキーが機能しなくなるので、右Ctrlキーを左Ctrlキーを割り当て。

いいねコレ!

どこぞで拾ったものなのでスンマセンが、レジストリファイルをZIPで置いておきますね。

日本語環境のWindowsに英語キーボード(101配列)をUSBで繋げた場合の修正用(7の64bitで確認)と、前述のキー入れ替え(AX配列というやつ)用です。

んでわ。

「keymap.zip」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.588 メリクリ

20121225yui

いぇ~い。みんな、クリスマスは如何お過ごしでしたか?

私ですか?

「シングルベ~ル、シングルベ~ル、一人きり~♪」

ってほっといてくれ!

ども、KOMOです。

上の歌詞はミクさん「みっくりすます」です。

気になる人は、YouTubeなりニコニコ動画なりで検索してください。

寂しくなります。

さて、もうすぐ正月。今年もアッと言う間でした。早いなぁ・・・。

今年はいろいろ行ってきてブログに書こうと思いつつ、タイミングを逃したネタが多々あります。

夏には岡山県は「備前長船刀剣博物館 備前おさふね 刀剣の里」で開催された「ヱヴァンゲリヲンと日本刀展」に行ってきました。

ヱヴァQが絶賛上映中のいま、愛知県の「三河武士のやかた家康館」でも開催中ですので、お近くの方もそうでない方も是非足を運んでは如何でしょうか?

ほかにもいろいろネタあるんだけど、まぁ年内には掲載間に合わないっぽい(^^;

<参考リンク>

三河武士のやかた家康館
http://okazakipark.com/museum/iyeyasu/ka100.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.587 電気ケトル止まらず?

電気ポット故障の悪夢再びか?

ども、KOMOです。

ヱヴァQの感想や、劇場版 堀江由衣(^^;の感想やら書きたいところですが、年末に向かって忙しくて停滞しております。

さて、

随分前に電気ポットが故障して沸騰が止まらないということがありまして(No.91参照)、それを機にティファールの電気ケトルを買いました。

それ以来は電気ケトルをずっと愛用しています。

ところが、先日カップラーメンを食おうと思い、電気ケトルに水を入れてセットしてちょっと他の用事をして、「あぁそうだ湯湧いたかな」と台所に戻ったらゴボゴボゴボゴボと強烈に湯気を出していらっしゃる。

慌ててスイッチを切って中を見たら、ほとんど水がなくなっていた。あっぶね!

なじぇなじぇ~??

としばし考えましたが、ふとフィルターをこの前洗ったままでセットしていないのに気づきました。

う~ん?重要項目では無さそうだけど、フィルターをセットしてもう一度水を入れてスイッチオン!

沸騰しだしたらちゃんと止まりました。

これが原因??

今までにもフィルターをセットせずに使ったこともあったけどなぁ?

フィルターが無いことで蒸気が出やすく、気化熱によるのか内部の温度が100℃に達せず、いつまでも加熱が続いたのでしょうか?

仕事柄、ウォーターバス(湯煎)を使うことがあるのですが、ウォーターバスの容器に蓋を被せないと100℃に達しないことがよくあります。めっちゃ沸騰していても湯温を測ると95℃ぐらいなんですよね。蓋(ビーカーを入れる部分だけ穴が開いている奴)をするとちゃんと100℃になります。

特に冬場だと顕著です。

電気ケトルでも同じことが起きているのかも知れませんが、あんな小さな注ぎ口にフィルターがある/無しで湯温に影響が出るもんなのかねぇ。

他メーカー品ででも沸騰が止まらないって話を耳にしたことがありましたが、もしかしたら部屋が寒すぎて蒸発による気化熱によって湯温が沸点に達しないのが原因なのかね?

また本体が金属製のものもあるので、本体から熱が逃げるのも一因かな?

(ティファールの電気ケトルで、本体が金属のやつは沸騰すると本体がアツアツになるものがあります。)

沸騰が止まらない、っていう原因は正しく使っていない(フィルターを入れていない、もしくは蓋が閉まってないとか)か、部屋が寒すぎるのが原因かも。

そんなわけで、ちょっとした実体験を書いてみました。

んでわ。

p.s.

ヱヴァQですが、「破」上映の時のQ予告編のことは忘れて下さい。あんなシーンは全くもってQではありませんでした(^^;

序、破、ときて最高に面白くてワクワクしていたんですが、そもそも本来、エヴァンゲリオンってハッピーエンドの話じゃないですよね・・・多分。

新劇場版でもやはりバッドエンドとまでは行かずとも、後味悪い最後になるのかねぇ・・・。

Qの内容を整理するために以前の劇場版(旧劇と言われる奴)を見直しましたが・・・、う~んやはり旧劇であったサード・インパクトが起きたんでしょうね。でも何らかによって2本の槍でサード・インパクトの原因のやつはあんなことになったんでしょう。(Qを観てない人にはワカランですね(^^;)

--

(過去記事)

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no91__e7a4.html

No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no93__eace.html

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no94__9be0.html

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no95__cf1b.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »