« No.586 (感想)映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! | トップページ | No.588 メリクリ »

No.587 電気ケトル止まらず?

電気ポット故障の悪夢再びか?

ども、KOMOです。

ヱヴァQの感想や、劇場版 堀江由衣(^^;の感想やら書きたいところですが、年末に向かって忙しくて停滞しております。

さて、

随分前に電気ポットが故障して沸騰が止まらないということがありまして(No.91参照)、それを機にティファールの電気ケトルを買いました。

それ以来は電気ケトルをずっと愛用しています。

ところが、先日カップラーメンを食おうと思い、電気ケトルに水を入れてセットしてちょっと他の用事をして、「あぁそうだ湯湧いたかな」と台所に戻ったらゴボゴボゴボゴボと強烈に湯気を出していらっしゃる。

慌ててスイッチを切って中を見たら、ほとんど水がなくなっていた。あっぶね!

なじぇなじぇ~??

としばし考えましたが、ふとフィルターをこの前洗ったままでセットしていないのに気づきました。

う~ん?重要項目では無さそうだけど、フィルターをセットしてもう一度水を入れてスイッチオン!

沸騰しだしたらちゃんと止まりました。

これが原因??

今までにもフィルターをセットせずに使ったこともあったけどなぁ?

フィルターが無いことで蒸気が出やすく、気化熱によるのか内部の温度が100℃に達せず、いつまでも加熱が続いたのでしょうか?

仕事柄、ウォーターバス(湯煎)を使うことがあるのですが、ウォーターバスの容器に蓋を被せないと100℃に達しないことがよくあります。めっちゃ沸騰していても湯温を測ると95℃ぐらいなんですよね。蓋(ビーカーを入れる部分だけ穴が開いている奴)をするとちゃんと100℃になります。

特に冬場だと顕著です。

電気ケトルでも同じことが起きているのかも知れませんが、あんな小さな注ぎ口にフィルターがある/無しで湯温に影響が出るもんなのかねぇ。

他メーカー品ででも沸騰が止まらないって話を耳にしたことがありましたが、もしかしたら部屋が寒すぎて蒸発による気化熱によって湯温が沸点に達しないのが原因なのかね?

また本体が金属製のものもあるので、本体から熱が逃げるのも一因かな?

(ティファールの電気ケトルで、本体が金属のやつは沸騰すると本体がアツアツになるものがあります。)

沸騰が止まらない、っていう原因は正しく使っていない(フィルターを入れていない、もしくは蓋が閉まってないとか)か、部屋が寒すぎるのが原因かも。

そんなわけで、ちょっとした実体験を書いてみました。

んでわ。

p.s.

ヱヴァQですが、「破」上映の時のQ予告編のことは忘れて下さい。あんなシーンは全くもってQではありませんでした(^^;

序、破、ときて最高に面白くてワクワクしていたんですが、そもそも本来、エヴァンゲリオンってハッピーエンドの話じゃないですよね・・・多分。

新劇場版でもやはりバッドエンドとまでは行かずとも、後味悪い最後になるのかねぇ・・・。

Qの内容を整理するために以前の劇場版(旧劇と言われる奴)を見直しましたが・・・、う~んやはり旧劇であったサード・インパクトが起きたんでしょうね。でも何らかによって2本の槍でサード・インパクトの原因のやつはあんなことになったんでしょう。(Qを観てない人にはワカランですね(^^;)

--

(過去記事)

No.91 電気ケトル~ティファールへの道(第一話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no91__e7a4.html

No.93 電気ケトル~ティファールへの道(第二話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no93__eace.html

No.94 電気ケトル~ティファールへの道(第三話)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no94__9be0.html

No.95 電気ケトル~ティファールへの道(完結編)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2006/11/no95__cf1b.html

|

« No.586 (感想)映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! | トップページ | No.588 メリクリ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

とおりさん、こんにちは。

コメントありがとうございます。

沸騰=100℃、というのはあくまでも鍋などの底付近で、ですよ。

例としてウォーターバスの話を上げていますが、同じように大きな鍋(20リットルとか)、大きな釜(200リットルとか)を仕事で使います。

鍋や釜の上をふさぐものが無ければ、ぐらぐら沸騰していても、測りを突っ込んだら95℃とか98℃ぐらいですよ。

もちろん底の方は100℃でしょう。ですが、お湯全体としては表面の冷める方が速いので、湯沸かしポットのような密閉空間でなければ100℃のお湯はつくれません。

じっさいに大鍋でお湯を沸かして測ってみてはどうでしょうか?

ですのでケトルの説明書にも「フィルターを絶対に付けること」と書かれています。

蓋を開けたままでも沸騰は止まりませんよ。ケトルを使っていみたら分かります。


投稿: KOMO | 2016年8月 5日 (金) 19時16分

構造が分かりませんが、もしかすると、これが参考になるかも。
https://www.tiger.jp/front/customerquestion/detail?categoryId=3&qacategoryId=1&qaId=4

投稿: とおり | 2016年7月 4日 (月) 23時55分

こんばんは
ちょっと読んでいて気になったもので・・・
沸騰現象が起こる場合、大気圧1気圧が変化しない限り、お湯の温度は必ず100度ですよ。センサーがどこの温度を測っているのか分かりませんが、お湯の温度が低いという仮説は多分間違っています。

投稿: とおり | 2016年7月 4日 (月) 23時54分

はじめまして(^^)
僕も先日エヴァQを見てきました!
前作でかなり高まりましたが、、エヴァってもともとハッピーエンドではなくて、こーゆ暗い部分を感じさせる話ですよね。
ブログでエヴァンゲリオンに関する考察を書いています(まだ始めたばかりで、これから随時更新していきます!)
良かったら覗いてみて下さい(◎´∀`)ノ

投稿: 英太 | 2012年12月15日 (土) 02時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/56308865

この記事へのトラックバック一覧です: No.587 電気ケトル止まらず?:

« No.586 (感想)映画スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ! | トップページ | No.588 メリクリ »