« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

No.594 おおかみこどもの雨と雪、グスコーブドリの伝記

ども、KOMOです。

飯野賢治さん、亡くなられましたねぇ…。42歳という若さでした。

一時はメディアへの露出も高かったですが、セガサターンが終息した頃からあまり見かけなくなりましたねぇ。

最近は、このまえ紹介したミクさんのYMOアレンジアルバムでは、ピアノ奏者として参加されており懐かしい名前だなぁと思っていたので、突然の訃報にはびっくりです。

「Dの食卓」はインタラクティブムービーゲームってんでしょうか?当時としては斬新なゲームで面白かったですが、「エネミーゼロ」の「見えない敵」ってのがホントに見えない(不可視)なエイリアンだったのでちょっと肩すかしでした。
(不可視なモンスターによる殺害で仲間が疑心暗鬼になって結局怖いのは人間の闇の心=見えないもの、っていうのを想像していたので)。

さて、ここんとこ気になる作品のBD/DVDの発売が目白押しです。

もう各所で話題になってると思いますが、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のBDが4/24に発売決定です。

予想以上に早いですねぇ。

さて、最近購入したものでまずご紹介するのは「おおかみこどもの雨と雪」です。

20130222ookami

特典ディスクが付いたBD版を購入。

フィルムがおまけで付いているのですが…、

20130222film

ビミョーだな(^^;

作品の感想については劇場で観たときに書こう書こうと思いつつ、タイミングを逃しました(^^;

まぁ話題作ですので感想はいろんなところで書かれていますので、割愛します(^-^;

さて、もうひとつは「グスコーブドリの伝記」です。

20130222budori

宮沢賢治さんの短いお話が原作です。

宮沢賢治さんの作品ということと、キャラクターを見ればわかるとおり、「銀河鉄道の夜」スタッフによるものです。

劇場に行く暇が取れず見損ねていたので購入しました。

他にも購入したい作品が多かったので、これはDVDにしました(^^;

制作が手塚プロということで大変丁寧な作画です。

見始めてすぐは「あぁやっぱり高画質なBDにしとけばよかったかなぁ」なんて思いました。

ですが、物語が動き出してからは「??」が続き、中盤では「こいつ(主人公)ナニがしたいんだろう」となり、クライマックスに至っては駆け足過ぎて「???」でいきなりエンディング

だいたいどのキャラも声が合っていないような…。キャスティングミスじゃないの??

※クライマックスの下りは震災に配慮して大きくカットしたらしいですが。

宮沢賢治さんの作品は好きで小学生や中学生のころに全集を学校の図書館で借りて読んだので、原作はだいたい記憶にありましたが、こんなストーリーじゃないです。

「大胆な解釈による映像化」ってどこかでキャッチコピーがあったように思いますが、大胆すぎるじゃん!

まぁ、大筋は合っていますよ。

でも原作に比べて方向性は真逆になっています。

銀河鉄道の夜と似たようにわざとしたんだと思いますが、あの世とこの世の描写がいろいろ出てきます。

原作にはこのあたりはありませんし、序盤は何の説明もないので、「押井守の難解な映画を見ているようだ」という気分に(^^;

しかも、千と千尋か?となり、はては浅草十二階なんて出てきて帝都物語か?なんて思ったり(笑)。

都会(イーハトーブ市)が出てくるのですが、もう原作の雰囲気まったくなしと言わんばかりの近代都市で、大友克洋作品か?ってなノリで一瞬スチームボーイを連想しましたよ。

火山活動の観測所なんて超ハイテクコンピューターがある割に日常生活にはコンピューターが出てこない。

でね、コンピューターの画面に何故か英語があるのよ。

それまでさんざん凝ったフォントの文字(アルファベットの形をちょっと変えたやつ)を出しておいて、そりゃないだろって。なんでだろ?

20130222font

50音対応表です。ご参考に。

終盤に近づいてようやく作品世界の構造(あの世とこの世)が分かり、ラストが想像つきましたが、前述のようにバッサリカットしてあるのでポカーンで終わります。

あのラストの演出は宮沢賢治作品らしいとも言えます。ですがそれは文章での表現であって、映像でその通りに表現されてもなぁ…。

原作を大きく変えたのなら「あの世で妹に再会する」というシーンが必要だったんじゃないかなぁ? そのへんをカットしたのかも知れませんが。

ディレクターズカット版が見たかったという感想がちらほらありました。

ラストでいきなり歌が始まるのもなぁ…。

「おおかみおとこ」のほうは歌でしんみり感傷に浸れましたが、こっちはダメでした。

序盤で飢饉のために飢える描写がありますが、顔とか服装に変化がないのがオカシイ。

両親を亡くし、妹とも生き別れになったにも関わらず、全然悲しみを表さないのもちょっと主人公としてどうよ?って感じでした。

それにあっちこっちで数年単位で過ごす主人公が全然成長しない(絵的にも精神的にも)のも「??」な点でした。

で、あらためて原作を読み返したいなぁと思い立ちましたところ、宮沢賢治の作品は青空文庫で無料公開されています。

グスコーブドリの伝記の前作となる、ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記も公開されています。

こちらは未完ながら、グスコーブドリを理解するうえで読んでおいて損はないでしょう。

そんなわけで観終わったあとでの感想としては「まぁDVD版でよかったなぁ」というワケで(^^;

原作に出てくる妹をさらう人さらいに重点を置いてストーリーに深みを持たせ、最後の主人公の行動へとつなげた構成は杉井ギサブロー監督のすばらしい手腕でしたが、しかしながら、なぜこの作品を映像化しようとしたのかとなると「?」を付けてしまいますね。

んでわ。

<参考リンク>

ゲームクリエイター飯野賢治が42歳で急逝
:カレーや落書きの追憶  WIRED.jp
http://wired.jp/2013/02/22/kenji-eno-obituary/

宮沢賢治 グスコーブドリの伝記http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1924_14254.html

宮沢賢治 ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記http://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/33195_38118.html

朝日新聞デジタル:ブドリはどうして死んだのか?
- 小原篤のアニマゲ丼 - 映画・音楽・芸能http://www.asahi.com/showbiz/column/animagedon/TKY201207080102.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.593 成田山で節分豆まき

日常の中で「もうこんな時間か…」と思う時ってありますよね。

私は家に帰る時に道路清掃車を見かけると、「あぁもうこんな時間か」って思います。

20130218seisou


ども、KOMOです。一体、何時に帰宅してんだっつうの。

さて、車繋がりというわけで(?)

私は信心深いわけではありませんが、車のお祓い(交通安全祈願)は毎年やっております。

けっこうナンダカンダでご利益を授かっているのか、車の年式的にトラブルに色々遭遇するのですが、大きな事故には繋がらずに済んでいます。

前の車でエンジントラブルが原因で自損事故を起こした時でも廃車にこそなれ、私は全くの無傷でしたし、車が頑丈だったこともありますが警官からは「よく無事だったなぁ」というほどあわや崖下に転落、という状況でした。

そんなわけで、私は成田山大阪別院明王院(成田山不動尊)(大阪府寝屋川市)でいつもお祓いを受けています。

いつも2月ごろに行っているのですが、今年は2月3日の節分が日曜日に重なるので、朝早くから成田山に行きました。

いつもはお祓いを受けたら直ぐ帰るのですが、今年は節分豆まきがあるので2時間ほど寒い中境内で立ったまま待ちました。

20130203mamemaki01

千葉県産の落花生が千升枡(その名の通り千升の容積のある巨大なマス)に入っています。

「不動明王がいる境内に鬼はいない」とする言い伝えから豆まきの掛け声は「福は内」だけという諸注意などを聞いたのち、産業界などの年男たちの練り歩きがあり、いよいよ目玉の芸能人たちによる豆まきが始まりました。

NHK連続テレビ小説「純と愛」に出演している、夏菜(なつな)さん、風間俊介さん、城田優さん、が登場!

20130203mamemaki02 20130203mamemaki03

20130203mamemaki04_2


一気に場が盛り上がります。

城田優さんの追っかけがチラホラ。事前に知ってたんですかね?

上方演芸界からは桂文福さん、桂米團治、漫才師の宮川大助・花子のお二人さんや、ぼんちおさむさん、など。

20130203mamemaki05 20130203mamemaki06 20130203mamemaki07


他には祇園の舞妓さんたちや、京阪電車の5代目おけいはん(畦田ひとみさん)など。

いやぁ、「純と愛」は職場の食堂のTVでチラ見してますが、出てくる奴ら全員ギャーギャーうるさいし、暗い話で鬱な展開だし、夏菜さんは(役柄としての性格的にも、しゃべり方も、顔的にも)あんまりどころか全然かわいくないんですが、実際の夏菜さんは大変お綺麗でした

あれは、演技もそうだけど、メイクも原因なのかねぇ。

申し訳ない。

(逆に)演技が上手いんですねぇ。

そんなわけで、夏菜さんについて考えを改めました。

てへぺろ☆(・ω<)

写真について問題があればご指摘ください。

んで、豆まきの方はというと、日曜日が重なって凄い人の入りだったこともありましたが、そりゃあもう豆が撒かれると阿鼻叫喚の地獄絵図のようでした。

そんなに豆が欲しいのか。

「豆が欲しいか、そりゃやるぞ~」という唄がピッタリの状況でした(?)

幾つかは持って変えることができたので、これで福が来て良い一年になればイイですねぇ。

んでわ。

<参考リンク>

||||| 成田山不動尊(成田山大阪別院明王院)[交通安全祈願 諸願成就] |||||
http://www.osaka-naritasan.or.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.592 ミクさんのYMOカバーアルバム

初音ミクさんのライブ3月に関西に、しかも和歌山で開かれるってのでチケット先行予約をしてみるも玉砕、一般販売開始に至っては瞬殺(即完売)でチケット入手ならず!

ども、てなわけで、_| ̄|○ガックリ状態のKOMOです。

畜生、せっかくウチから近距離で交通的にも行きやすい和歌山で開催されるってのに。

感謝祭2010、ミクパ2011、ミクパ2012&大感謝祭と回を重ねるごとに進化していくミクさんのライブを生で見たかったです。

今年の札幌と和歌山のライブももちろんBDが発売されるだろうと期待して、それを生きがいに首を長くして過ごそうと思います。

で、ついでなので気を取り直してミクさんのCDを紹介します。

HMO(初音ミクオーケストラ=Hatsune Miku Orchestra)というジャンルのもので、あのYMOの楽曲をアレンジしたものです。

すでにアルバムが2つ発売されおり、2009年に発売されたのがコレ。

20130211_hmo

アルバム名もその名の通り「Hatsune Miku Orchestra」

ジャケットを見て、ピンと来た人はYMO世代ですね。
  

20130211_ymo_us

そう、このYMOのアルバム「イエロー・マジック・オーケストラ(US版)」のジャケットのオマージュです。

もともと同人CDだったのが人気となりヤフオクで高騰してましたが、商業版として正式発売されたものです。

知名度の高い「君に、胸キュン。」に「ライディーン」、YMOファンならリズムが口ずさめるでしょう「以心電信」や「BEHIND THE MASK」といった初期YMOの名曲がアレンジされています。

だいぶ年が空いて2012年12月にHMOの第二弾として発売されましたのが、「増殖気味 X≒MULTIPLIES」です。

20130211_zoushokugimi

これまたジャケットを見てお分かりの通りYMOの「増殖」のアレンジアルバムです。

20130211_zoushoku


曲と曲の間にコントを入れるというスタイルを確立したアルバムを元にしていますから、こちらもコントが入っています。ミクさんたちの代わりに、ミクさんたちの声の元になった声優さんが演じられています。

初回限定盤のミクさんフィギュア(ねんどろいどぷち)が同梱されたものを購入しました。

20130211_miku
ミクさんカワイイです!

この衣装もYMOファンならニヤリとするトコですね。

20130211_solid
※YMOのアルバム「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」でお馴染みの赤い人民服がモチーフです。

ちなみに2枚のアルバムともちゃんとYMOメンバー(細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏)が直接許可されております。

巧くアレンジされたYMOのテクノポップの曲とミクさんの声が合わさって、大変素晴らしいアルバムですので、YMOを知らなくても聴くべし聴くべし。

さて、ずっと聴いていたらオリジナルの楽曲が聴いてみたくなりました。

YMOが活動していた当時、兄がファンでしてレコードからカセットテープに落としてもらったのを貰い小学生~中学生の頃はずっと聴いていました。

むむむ。YMO熱が再燃してきました。

テープは捨てていないはずだが今更押入れの奥を引っ掻き回して出してきたところで音が悪くなっているだろうし、どうしたものか。

そうだそうだ、YMO結成20周年記念CD-ROMを随分昔に買ってあったのを思い出し、押し入れから出して来ました。

これこれ。

20130211_ymo1

「Y.M.O. SELFSERVICE」という1998年に発売されたものでCD-ROMにYMOの全114曲がノーカット収録されたものです(解散後に再結成してから出たアルバムは含まず)。

ちなみに9,800円。知る人ぞ知るYMOの集大成CD-ROMです。

20130211_ymo2
ソフトをインストールしないと聴けないのですが、実のところ、音楽ファイル自体の中身はmp3の一種です。当時はまだmp3なんて一般的ではない時代。

ハイブリッドということでWinでもMacでも使えるようになっているのですが、残念ながら当時のOS(Win95,98、MacOS 7.6~8.1)と、当時のQuickTimeのバージョン(QuickTime3)でなければ、動作しません。

う~ん、この手のデジタルものの宿命というか、問題というか…。

伊武雅刀さんによるナビゲーター(動画)や、秘蔵映像、インタビュー(動画・文字)、カルトクイズ、などなど、いわゆるマルチメディアとかハイパーメディアとか言われてこの手のものがたくさん作られた時代のものです。

でも今の時代のパソコンでは使えません(´・ω・`)ショボーン

で・す・が

曲だけならナントカなります。

このCD-ROMに収録されている楽曲はSWA(ShockWave Audio)形式と言われるもので、前述のとおり中身はmp3です。

ですので、中に入っているSWAファイルをパソコンにコピーして、拡張子をmp3に変更するだけで再生可能です。

但し、タグ情報などが入っていないのと、一部アルバム(「増殖」と「X∞Multiplies」)では過去のアルバムと同じ曲が収録されたりしているので、ダブリの曲は片方しか入ってません。(元のアルバムの該当するファイルをコピーしましょう)

収録されているのは発売年順ですので、アルバム名と曲名はWikipediaを見れば大丈夫です。

ついでなんでテキストファイルを置いておきますね。
「YMO.txt」をダウンロード
(注:文字コードはシフトJISです)

CD-ROM一枚にあれこれ入っていて、しかも全曲収録されているので音質はお世辞にもイイ方ではありません。ですがテクノサウンドは分かりにくいのか、はたまた低いビットレートでも聴けるように苦労して作られたものかは分かりませんが、まったくダメダメではありません。

たしかこのCD-ROMを買った当時は私が働き出した頃で、9,800円という値段には躊躇したものでした。

しかもまだパソコンを買う前だったし。smile

免許取得する前に車を買った私ならではですね。

買ったは買ったで当時の普及価格帯のNECの初期VALUESTARでは、Pentium100MHzのメモリ8MBでしたから、このCD-ROMが要求するPentium120MHz以上、メモリ32MB以上、要PCMサウンドボード、ハイカラー(32,000色以上)というスペックは高すぎて、ろくに再生できなかったように記憶しています。

当時はPCM音源すらオプション。あとでCPUをオーバードライブCPUに交換したり、最大限までメモリを増設したりしてようやくまともに動くようになりましたが。

そんで、パソコンからアナログでMDに録音して聴いていました。そのMDさえも今や過去のモノとなってしまい寂しいですね。

買ってから15年経ってようやく曲だけはデジタルで聴けることが分かりましたが、時代の流れは悲しいものです。

<参考リンク>

HMOとかの中の人。(PAw Lab.)『初音ミクオーケストラ』 | ::UMAA Inc.::
http://www.umaa.net/what/Hatsune_Miku_Orchestra.html

『増殖気味 X≒MULTIPLIES』 | ::UMAA Inc.::
http://www.umaa.net/what/multiplies.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »