« No.598 キャンドルナイト | トップページ | No.600 キャンドルLEDでみっくみく~ »

No.599 外付けHDD故障

ども、KOMOです。頼むぜ、BUFFALOさんよ。

外付けUSB HDDのなかでもBUFFALO製品は安く売られておりまして、家電量販店のものより安いネット販売専用品も売られています。

知人がDBレコーダー用に外付けHDDが欲しいということでアレコレ物色。

で、AmazonでもこのBUFFALO製ネット専売品が安く売られていたので評価を見てみると、買ってすぐに故障したとか云々で低い点数をつけている人がチラホラ。

う~ん、評判が一部悪いコトを承知のうえで購入。

機種はHD-LB2 OTU2 というやつ。メーカー品でありながら2TBで1万円以下という安さ。

購入後はしばらく問題なく使用できていたようですが、先日急に前触れなしに読み書きに異常が発生したとのこと。

録画番組の再生がおぼつかなくなったり(カクカクした再生になる)、本体HDDから録画番組をコピーするのに恐ろしく時間が掛かるように(1番組のコピーで数時間)なったとのこと。

HDDは家電では特殊なフォーマットされてしまうのがほとんどで、Windows7のPCに繋げてみても中身は見れず。

認識はすれど、マウントされないのでアクセス出来ない。

そればかりかやはりアクセスに異常を来たし、パソコン自体の動作も不安定に<なんたるちあ(>_<)

ナニも操作していないのにBDドライブに書き込みの準備が出来たとか意味不明なメッセージを出す。

しかも既にPC内には存在しないファイルの書き込みの準備が出来たという・・・。

気持ち悪いのでその準備ができたというファイルを消そうとするが、消えない・・・

コワイ、コワイ。ヤバイヨ。

しまいにゃ、エクスプローラーが動作停止になる

(=皿=) ギギギ

とりあえず、Linuxの一種であるUbuntu(ウブントゥ)で中身が見れる場合があるという情報をネットでゲット。

LinuxはHDDにインストールせずとも、CDやUSBメモリで起動して使用できる(LIVE CD と言う)ので、それにチャレンジ。

Ubuntuのサイトに行き、ISOファイルをダウンロードして、CD-Rに焼きます。

最新VerのUbuntuは容量が大きいので、CD-Rに収まるサイズの古いVerのものを使用。

※CDドライブから起動(CDブート)できるようにパソコンのBIOS設定画面でブートデバイスの順番を変更しておく必要があります。(最近のパソコンならデフォで大丈夫と思いますが)

焼いたCD-ROMをパソコンに突っ込んで、再起動。

HDDからWindowsが起動する前にCDからブートしてUbuntuが読み込まれます。

CDからの起動なのでしょっちゅうCDにアクセスするので快適とは行きませんが、HDDにインストールすることを考えると仕方なし。

言語の設定で日本語を選び、「Ubuntuをインストール」ではなく、「Ubuntuを試す」を選択。

ギコギコCDが読み込まれ、しばらくすると見慣れないデスクトップ画面が表示されます。

20130322ubuntu

で、くだんのHDDを接続して、HDDが認識されたら手動でマウントさせます。

う~ん、一応中身は見れるのでHDDのデータに異常はないように感じるけど、やはりアクセスランプが点きっぱなしになったりで動作はおかしい。

仕方ないので、Ubuntuでの調査は終了。

一か八かで、ローレベルフォーマット(物理フォーマット)をしてみることに。

バッファロー謹製のハードディスクフォーマットソフトがありますが、ローレベルフォーマットは恐ろしく時間が掛かるらしいので、海外製のソフトを使用することに。

ローレベルフォーマットするには大抵はDOSソフトであり、フロッピーで起動して内蔵HDDをフォーマットするというもの。

これじゃあいくらなんでも使い勝手が悪い。

幸いフロッピードライブが付いているパソコンはあるが、HDDを入れ替えるのは面倒。

探せばあるもので、WindowsソフトでUSB接続のHDDに対してもフォーマットできるものがありました。

使用したのは、その名の通り「Hard Disk Low Level Format Tool」というもの。

有料ソフトなのですがフリーのままでも使用可能です。

ですが、無料のままだと処理速度が遅いという縛りがあります。

腹をくくってイザ開始!

放ったらかしだった為、正確に時間は測ってませんがまぁ丸一日で完了したようです。

で、その後、Widows上で論理フォーマット掛けてマウントさせてみました。

う~ん?HDDとしてはナンの異常も出ませんが、明らかにアクセスがおかしい

たった数メガのファイルですら書き込みに時間がかかる。

あれこれ試しているうちに認識しなくなった。むむむ??

最後の手段、殻割り(中身の取り出し)を実行。

今の世の中、便利になったもので、HDDケースの外し方を解説しているサイトがいくつもあります。

それを参考にケースを外し、中のHDDを取り出しました。

20130322hdd01 20130322hdd02

え~っと、Western Digital製ですな。WD20EARS とな。

この型番でググってみたら、不具合報告が出てくるわ出てくるわ。

なんじゃこりゃ!

どうもHDDそのもので不良が発生するようですが、HDD自体はそのエラーを検出(通知)しない。

つまり、繋がっているパソコンなりBDレコーダーなりは、HDDから異常が発していないので正常だと思っている。でも実際は読み書きに異常が出ている、というわけ。

HDDのデータ転送速度が著しく下がってしまうPIO病という症例とは違い、見た目はナンのエラーも出ていないため、パッと見では異常が分からないという厄介な状況。

で、市販品に組み込まれているHDDではHDDのメーカー保証を受けることができる場合があります。

この場合はWestern Digital社のサイトに行き、HDD本体に書かれているシリアルを入力することで保証が受けられるかどうかが分かります。

但し、規定にそって厳重に梱包する必要があるのと、郵便局から航空便なり船便なりでメーカーに送る必要があります(送る分の送料はこちら持ち)。

面倒なのと、郵便局に行く時間なんて無いのと、送料が馬鹿らしい(船便なら安いけど)ので、このHDDは諦めることに

というわけで、今度はSeagate製のHDDをバルクで購入して来ました。

2TBで8000円ちょっとでした。

20130322hdd03

中身を入れ替えてケースを閉じて終了。

フォーマットはバッファロー製のフォーマットソフトで「テレビ用」でフォーマット

20130322hdd04

んで、元の持ち主に返却しました。

特に問題なく使用できている様子。

てなわけで、WD20EARSや他の似た型式の奴も急に死亡する事例が多発している様子。

最悪だな!

てか、うちのPCにもWestern Digital製のを使ってるんですけど!

やばいよ。Cドライブ奴なんか早急にバックアップ取って入れ替えなくちゃ。

どこのメーカーのHDDがいいんじゃろか(´・ω・`)

<参考リンク>

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu JapaneseTeam
http://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix

HDDGURU: HDD LLF Low Level Format Tool
http://hddguru.com/software/HDD-LLF-Low-Level-Format-Tool/

WESTERN DIGITALのハードディスク(HDD)WD20EARS (2TB)が次々と壊れて死亡
http://the-fool.me/pc/parts/western-digital-wd20ears.html

WD20EARS がご臨終?早いよ・・・ | Tik's 修理工房
http://www.tonoko.info/2011/01/10/4380/

CFD販売のWD20EARSが壊れたのでWDのRMA保証を使う-準備編-
- 元「なんでもエンジニ屋」のダメ日記
http://nasunoblog.blogspot.jp/2012/01/cfdwd20earswdrma.html

暑いNAS、いや、夏だから! 省電力なHDD!!
:NAS向け「WD Red」は自作PCにも向いているのか? (1/3)
- ITmedia PC USER
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1208/21/news028.html

WesternDigital製HDD友の会 Wiki*
http://wikiwiki.jp/wdc/

|

« No.598 キャンドルナイト | トップページ | No.600 キャンドルLEDでみっくみく~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/57006828

この記事へのトラックバック一覧です: No.599 外付けHDD故障:

« No.598 キャンドルナイト | トップページ | No.600 キャンドルLEDでみっくみく~ »