« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »

No.611 HATSUNE Appearance 夏祭初音鏡

大阪にミクさん降臨!

ども、KOMOです。

2012年9月に八景島シーパラダイスにて『HATSUNE Appearance』というミクさんのミニライブが数日間にわたって開催されました。

Eyeliner(アイライナー)というシステムを用いており、空間上に立体映像でミクさんを浮かび上がらせたものでした。

BD/DVDが発売されていますので買って頂けますとどのようなものか一目瞭然です。

ただ3Dで収録されているわけではありません。画面では立体感はある程度分かりますが、肉眼で見たら素晴らしいものだと思います。

この時に使用されたミクさんのモデリングが「ままま式あぴミク」というものです。

ドミノピザのアプリでも採用され、人気急上昇のモデルです。

今回も「ままま式あぴミク」さんですが、前回よりもさらにブラッシュアップされているとのこと。

20130629miku03

詳しくは現在絶賛発売中の「MIKU-Pack 02」というCD付きの本で巻頭特集されていますので、ぜひご覧ください(笑)。

さて、『HATSUNE Appearance』は半ば実験的に行ったイベントでしたので、その後開催されるか分からないものでしたが、今年は秋葉原で開催させます。

東京の人が羨ましいなぁ(>_<)って思っていたんですが、なんと大阪で先行して一部ですが公演されるのが決定!

20130629miku01

20130629miku02

なんということでしょう!

そんな話は当初公表されていなかったので、全くの寝耳に水状態でビックリですよ!

てゆうのも、東京でのことだから別段情報にアンテナを張っていたわけでもなく、いきなりチケットぴあからのチケットの抽選開始の案内メールが来て知った次第です。

チケットぴあの会員になっていて「お気に入り」でアーティスト登録しておいてよかった(^^)/

(そう、ミクさんはアーティストなのだ(笑))

そんなわけでチケットの抽選に応募!

結果が出るまでの数日間がもどかしかったですが、無事に当選!

20130629miku04

セブンイレブンで発券して、無事にゲットできました。

ちなみに、同じく梅田のナレッジキャピタルではミクさんのARイベント(セカイカメラみたいに専用アプリで覗くとミクさんが現れるっていうイベント)が開催される予定だたんですが、直前になってARアプリに不具合発覚ということで延期になっています。

残念といえば残念ですが、ARアプリがiPhoneのみということだったので全然興味なかったんですが(^^;

Andoroidにも対応してくれよぉ…。

んでわ。

あぁ、8月が待ち遠しいです。

<参考リンク>

KNOWLEDGE CAPITAL|ナレッジキャピタル
HATSUNE Appearance 夏祭初音鏡
http://kc-i.jp/hatsuap/

MIKU-Pack 公式サイト | 音楽×ビジュアル×コラボ満載!! 初音ミクまるごとマガジン!!
http://miku-pack.jp/

Eyeliner™ | Products | TED
http://www.spin-inc.co.jp/ted/product/eyeliner.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.610 鳥取県へロングドライブ旅行

地域振興の手腕を感じました(挨拶)。

ども、KOMOです。

忙しい毎日ですが無理くりロングドライブしてきましたよ。

車のオーナーズクラブの集まりで、久しぶりに鳥取県は大山へ。

大阪からは遠いようで近いですね。

中国道の赤松PAに集合して10時すぎに数台で出発。

12時には蒜山高原に到着。近いですねぇ。

20130620daisen01

大きな建物があり、レストランかな?と思って入ってみたらワイナリーだったのですごすごと退出(^^;

皆さん行き当たりばったりです。

20130620daisen02 20130620daisen03

目の前のWOOD PAO内の「まきばのレストラン」ジャージー牛の牛丼を食べました(^Д^)ウマー。

その後「ひるぜんジャージーランド」に行き、お馬さんへの餌やり体験などをして時間つぶし。

20130620daisen04

ひたいにハートマークのある牛さんが人気でした。

20130620daisen05

とくに買い物もせずに出発(^^;。

米子道を使わずに「大山環状道路」で大山のまわり4分の1ほどを走破しました。

久しぶりのワインディングロードでしたが、そんなにカーブや坂がきつくなく大変楽しかったです。

宿泊先である「大山ロイヤルホテル」ではちょっとしたパーティーをば。

シェフのご挨拶などがあり、大変おいしいお料理に舌鼓。

20130620daisen06

20130620daisen08 20130620daisen09 20130620daisen10

安来節(やすぎぶし)の保存会による踊りが披露されました。

20130620daisen112

「安来節」と「ドジョウ掬い踊り」は別物であるということ、「ドジョウ掬い踊り」には「男踊り」と「女踊り」があり、男踊りは皆さんご存知の通りの踊りですが、女踊りは非常に優雅な踊りである、ということを初めて知りました。

ってゆうことは「マリア様がみてる」の祐巳ちゃんがやったのは全くの間違いということか?(^^;

20130623yumi01 20130623yumi02
アラエッサッサー

ホテルの場所の標高が高いからか、結構涼しかったです。

20130620daisen12

おやすみなさい(笑)

翌朝はのんびりとチェックアウトし、まずは美保関(みほのせき)灯台へ。

20130620daisen13

20130620daisen14

2000年にも来たことがあるんですが、1927年に起きた「日本海軍美保関沖遭難事件」についての説明などがありました。(10年以上前のことなんであやふやですが、以前に来た時はこのようなものは無かったと思います)

天気が悪かったのが残念ですが、しばし景色を堪能。

駐車場に戻って車に乗り込み、ふとカーナビを見てみると。

20130620daisen15

おおっ!周りに何もない。

20130620daisen16
世界はワタシのものだ! <ミクさんはそんなこと言いません

さてその後は、お目当ての「水木しげるロード」へ。

事前にサイトでPDFを取得していたんですが、いかんせん簡易な絵地図なので駐車場の場所が分からずにちょっとウロウロしてしまいました。

いやぁ、10年ちょっと来なかった間に妖怪の像はめっちゃ増えてるし、水木しげるロードはえらく観光客が多くて活気づいているし、いろんなお店があってそれぞれ独自色をだしていたり、すごく発展していてびっくりしました。

20130620daisen17 20130620daisen18 20130620daisen21
20130620daisen20 20130620daisen24  20130620daisen27
20130620daisen22 20130620daisen23 20130620daisen25 

境港駅に行ってみたら偶然にも「ねずみ男電車」と「猫娘電車」が。 

20130620daisen28 20130620daisen29 20130620daisen30

20130620daisen31 20130620daisen32    

駅前には最近出来たばかりの建物が。この中にも土産物売り場があり、案外穴場ですよ。
20130620daisen19

ちなみにレンタサイクルもあります。

順番に妖怪像を写真で撮ったり、お店に片っ端から入ってみたり、そして最終目的である「水木しげる記念館」でまったりしていたら、4時間近く時間をつぶしてしまいました(^^;

昼飯も食べずにウロウロして腹減ったので、何かあるかな?と大漁市場「なかうら」へ行ってみたら本日の営業時間は終了していました(笑)。

高さ7.7mという鬼太郎の石像があるんですが、駐車場にすら入れず間近に見ることができませんでした(^^;

とにかく腹減ったなぁと周りを見渡すとすぐよこに回転ずしの店が。

2軒あって一つは税込126円で、もう一つは税込120円。ってことでちょっとでも安いのと駐車場に車が多かった120円のほうに。

腹いっぱい寿司を食って時計を見たら19時を回ってらまだ鳥取県の境港だよ!明日仕事だよ!

というわけで急いで出発

安いGSを探してガソリンを満タンに。液晶画面にスロットが出て、なんとスロットが揃ってリッター2円引きに!

お腹も車も満タンになったところで米子道に入り中国道へ。

渋滞や事故に遭うこともなくなんとか23時には帰宅できました

※どんだけ飛ばしてんだよというはナシで。

<参考リンク>

水木しげるロード
http://www.sakaiminato.net/site2/page/guide/point/miru/mizuki/mizuki/

水木しげる記念館_(ノΘ..ヾ)
http://mizuki.sakaiminato.net/

美保関事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%BE%8E%E4%BF%9D%E9%96%A2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »