« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

No.627 ウォーターサーバー試用中

いつでも冷水、温水が使えるのは便利ですね。

ども、KOMOです。

職場にアクアクララがやって来ました。仕事関連でのお試しですが。

ウォーターサーバーなら宅配水シェアNO.1の【アクアクララ】
http://www.aquaclara.co.jp/

いろんなウォーターサーバーがありますが、アクアクララが他とちょっと違うのは、天然水というわけではないことです。

飲用水からまずは徹底的に不純物を取り除いて純水にして、そこにミネラルをバランスよく添加したものです。

ですので、アクアクララではデザインウォーターと呼んでいます。

水ボトル1つ(20L)が1,200円(税抜)で、一回の注文でボトル2本以上、とのこと(送料無料)。月ノルマは無し。

そんでもって、サーバーのレンタル代が1,000円/月(税抜)掛かります(1,500円/月の機種もあり)。

常に冷水と温水を作っているので電気代が500円/月ほどかな?(これは使用量によってかわりますね)。

えぇ、色々と初めて知りました^^;

結構掛かるもんですねぇ。

まぁでも、出勤してすぐにちょっとお水を飲んだりとか、仕事の合間にお茶やコーヒーを飲むのにはホント便利ですよねぇ。

サーバー代が掛かるのがなぁ。

そんなこと思ってたら、Amazonもウォーターサーバー商売に乗り出してきたよ(´・ω・`)。

Amazonはサーバーは買いきりタイプってことで、月々のサーバー代不要。

水は色んな天然水から選ぶことが出来るようです。

ますます盛り上がるウォーターサーバービジネスですね^^;

<参考リンク>

Amazon買い切り型卓上ウォーターサーバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.626 ぷちライフハック

ども、KOMOです。

ウチには妖怪リモコン隠しを筆頭に、妖怪がいろいろ出ます(^^;

さっきここに置いたものが目を離したすきに無くなる、ってのはしょっちゅうあります。

これらは妖怪の仕業に違いない。

さて、夜遅くに家に帰って、朝出勤しようとしたらチャリの鍵が無い!

チャリの前輪のやつ。

20140912chari01

んんん?鍵を掛ける場所にも、その付近にも落ちていない。

きぃぃ~。ついに、妖怪カギ隠しまでも出現したか。

とりあえず仕方ないので歩いて駅まで行きました(-o-)

さて、帰宅してからチャリの周りや、玄関周りを含め、あちこち探したがカギは見つからず。

むむむ。

とりあえず明日から何とかしてチャリに乗らないと、電車に間に合わない。<これを機に歩こうという気はさらさらない(^^;

というわけで、実に30年ぶりの方法でチャリの鍵を開けることに。

マンションのゴミ置き場をちょっと物色。

20140912chari02

ありました、ぶっ壊れたビニール傘。

これを分解して金具を取り出します。

20140912chari03

傘を足で踏んで手で折り曲げると簡単に金具が取り出せます。

20140912chari04

形状は若干違いますが金具は2つゲットできます。

さて、おもむろに鍵穴に差し込んで…。

どんな感じだったけなぁ~と小学生のころの記憶を頼りにガチャガチャ、ガチャガチャ。

たとえ自分のチャリであってもマンションの人目が付く場所では泥棒に間違えられますので注意。

カモフラージュするために、空気ポンプやレンチやら油さしなどを床に散らかせておけば、「あぁなんかメンテナンスしてんのか」って思われますのでオススメです(^^;

数分間ガチャガチャしてたら…。

20140912chari05

カチャリと開きました!

というわけで、この前輪の鍵は開けたままでワイヤーロックかU字ロックで施錠することに。

ちなみに、後輪に付ける輪っかタイプの鍵も、だいたいはビニール傘の金具で開けることが出来ます。

お守りとしてこの金具は財布にでも入れておけば、何かの役に立つかもしれません。

んでわ。

あ、そうそう。あくまでも緊急時の対処法について書いただけで、盗難を勧めるものではありません。

チャリの鍵は簡単に開けることが出来るということで、防犯のためにはU字ロックなど別の施錠をすることが大事です。

チャリを盗難されにくくするのは、(というよりも全ての盗難防止に繋がることですが)鍵の数を増やす=泥棒の手間を増やさす、ということです。

泥棒は大体が費用対効果で考えますので、「手間を増やすことと盗むもののバランス」が悪いものはまず除外します。

よほどの価値のあるものはそうではありませんが、まずは鍵の増やすのが第一の防犯手段ですね。

んでわ。(2回目)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »