« No.637 auのガラホ AQUOS K SHF31 雑感(1) | トップページ | No.639 AQUOS K SHF31 雑感(2) »

No.638 メタルプラスからホームプラスへ(前編)

今の時代、電話は光なんですかねぇ。

ども、KOMOです。

ウチの電話回線はKDDIのメタルプラスを使っています。

もともとNTTの固定回線だったんですが、auのケータイを使っていた関係から一括請求になるのと、留守中に電話が掛かって来た時に、auのケータイにCメール(SMS)でどの番号から掛かってきたのか分かるのでメタルプラスにしました。

まぁそれから何年も使っていたんですが、この度、メタルプラスが廃止されることになりまして(;´Д`)

そのかわりですが、ホームプラスというものに変更になります。

今度は電話回線ではなくLTEの電波を使ったもので、家の中にルーター程度の大きさの受信端末を設置し(要、コンセント)、そこに電話線を差し込んで電話機を繋げるというものになります。

メタルプラスが廃止になるのでホームプラスに変更するならお近くのauショップへ、という案内封筒が来ていたので暇を見つけてauショップに行って、手続きを済ませました。

変更しなかったらNTTの回線に戻されるようです。

それと、auとしてはホームプラスはあくまでもメタルプラスが廃止になるので、今までの利用者に対しての救済策というスタンスのようで、積極的にPRするもんではないようです。

どちらかと言えば、auの場合はauスマートバリューが適用できる、自社・他社の光回線を敷いてもらうのが嬉しいようで。

事実、知人もメタルプラスを使っていたんですが、マンション住まいだったのでauショップに行ったら、JCOMのひかり電話に変更となりました。

ウチの場合は、奇しくも「NTT回線のみ」という珍しい?マンションなので、auスマートバリューが適用できるネット回線が全くなく、必然的にホームプラスになりました。

ひかり電話のほうが電話基本料金が格段に安いですので魅力的ですが、致し方ありません。

ウチはNTTの光回線なので、この際、光電話にしてもいいんですが、今更再度NTTに戻す手間が面倒だし、何よりもSMSでの留守中に電話がかかってきたときの連絡サービスが便利だし。

そんなこんなで、ホームプラスにします。

auショップでの手続きは単なる申し込みだけで、後日auから連絡がある、ということだけでした。

んで、ネタに事欠かせないワタクシですが、今回もありました。

手続きしてから数日後、自宅電話に何回かauからの留守電が入っていました。

あぁホームプラスのことだな、と思いつつ、メタルプラス廃止まで期日があるし、公私ともに忙しいのでまだいいや、ってほっといていました(^_^;)

それから2週間ほどしてから再度留守電が入っていました。

どうしようかな~、って思いつつもほっといていました。

それからさらに2週間ほどしたとき、仕事中に電話していた際にケータイに着信が。

電話中だったので取れなかったんですが、そしたらすぐに外線が。

電話に出てみるとauからでして、「先程ケータイにお電話したが、出られませんでしたので失礼ですが勤務先に掛けました」とのこと。

要件としては、ホームプラスのことでした。

本人からの申し出であるとの最終確認(氏名、生年月日、電話番号などの確認)と、ホームプラスの端末の郵送についてでした。

端末ですが、auのサイトにも書かれていたんですが説明がありました。

LTE端末だからといっても持ち運びは不可能とのこと。位置情報が端末に登録されていて、移動した場合は登録住所と違うと判断されたら利用が停止されるとのこと。

家の中での設置場所の移動は関係ないらしい。

登録住所と違うところで利用されたと判断されたら、確認の電話があります、とのことでした。勝手に持ち運んだのがバレたら電話が使えなくなるみたい。かつてのイーモバイルのイエデンワみたいにはならないのか(´・ω・`)

端末は日本郵便から送られてくるということで、(クロネコのセキュリティパックのように)自宅に本人に手渡しになるとのこと。

後日、日本郵便から日時の確認の電話があります、とのことでした。

で、「どの電話に掛かってくるの?」と尋ねたら、「KOMO様の場合は架電の優先順位が、①ケータイ、②勤務先、③実家、となっております」とのこと。

そういや、もともとのauとの契約時にそんな設定(?)をしたような…。

それでさっきケータイに掛けてきて、すぐに勤務先に掛かって来たのか。

というわけで、この電話でのやりとりは終了。

気長に日本郵便からの電話を待ちましょう。

ん??

あれれ??

架電の優先順位が①ケータイ、って言っていたよなぁ。

じゃあ、平日の昼間にauから自宅に掛かって来ていた電話はナンだったんだよ!

あれ関係なかったのか??(単なる勧誘とか宣伝の電話だった??)

んんんん、なんやねんな!

てわけで、このネタ終了。

ホームプラス端末が来たら、またネタにしようと思います。

んでわ。

<参考リンク>

ホームプラス電話 | 電話(個人のお客さま) | KDDI株式会社
http://www.kddi.com/phone/homeplus/

|

« No.637 auのガラホ AQUOS K SHF31 雑感(1) | トップページ | No.639 AQUOS K SHF31 雑感(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/61226966

この記事へのトラックバック一覧です: No.638 メタルプラスからホームプラスへ(前編):

« No.637 auのガラホ AQUOS K SHF31 雑感(1) | トップページ | No.639 AQUOS K SHF31 雑感(2) »