« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »

No.651 「っぽい」

ども、KOMOです。

同じ部署の人たちとで、自社商品のパンフやら栞やらの文字校正をしておりました。

その中で、「白っぽい」やら「黒っぽい」という表現があり、文章の前後から見て違和感があるなぁ、という話になりました。

何か別の表現に言い換えた方がいいだろう、ということになりましたが、はて?どんな言葉が良いだろうか?

というわけで、私はGoogleさんで「ぽい 言い換え」などで検索して調べていました。

ところが、同僚は「ぽい」だけで検索したんですね。

そしたら急に「うわぁ!?」って変な声を上げたもんだから、近くの人からも注目されるハメに。

「こんなんいっぱい出てきた!」って、言って画面を近くの人に見せたんですよ。

「えぇ~?ナニナニ?」ってなってんのね。

どんなのかっていうと、↓下の様な検索結果だったわけで。

20160905poi


私はその画面を一瞥して「あぁ、それ「っぽい」が口癖の女の子だからだよ」って言ったら

周りから一斉に「知ってんのかよ!」と、ツッコミが入りました。

おわり (^_^;)


え?常識だよね。「艦これ」の夕立ちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.650 (感想)シン・ゴジラ

これぞ今の日本が世界に発信する内容だ。

ども、KOMOです。

シン・ゴジラ、IMAXで観てきました。

庵野監督ということで、期待半分、不安半分でした。

話をあえて脱線しますが、つい最近「インデペンデンス・デイ: リサージェンス」を観 たのですが、メッチャ凄い戦争なんだけど、個人プレーで勝っちゃうものでした。

これに限らずハリウッド映画ってどんな事件や災害でも主人公とその仲間の活躍のおか げで成功したり、主人公とその家族だけ絶対に怪我しなかったり、とご都合主義のオン パレードなんですが、つまり「個」なんですよね。

それは2014年のハリウッド版ギャレス・エドワーズ監督の「GODZILLA ゴジラ」でも然 り。

対して、庵野版ゴジラ。

★以下、ネタバレ含みます!

続きを読む "No.650 (感想)シン・ゴジラ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年9月 »