« No.653 ニフティのホームページサービス【@homepage】消滅 | トップページ | No.655 熱き漢(オトコ)のハナシ »

No.654 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(1)

車を停めてエンジン切ったら、ブッシュー!

ども、KOMOです。

ぷっ(・3・ という吹き出しではなく、噴出のことです。

冒頭のように、小一時間ばかり一般道を走ったのち、駐車場に車を停めてエンジン切ったら、ブシュー!という音がして、なにやらブクブクブクと沸騰しているような音が続き、車の下から水(というか湯だね)が流れ出てきまして。

んんん??と慌ててボンネットを開けたところ、クーラント、つまりラジエータ液のリザーバータンクに付いている蓋の隙間から沸騰したクーラントがブシュブシュブシュと勢いよく漏れ出しておりました。

もうもうと湯気が立ち上るなか、辺りは甘ったるいクーラント特有のにおいが立ち込めておりました。

走っていた時は特に水温計がレッドゾーンに行っていたわけではなく、理解不能。

いわゆるオーバーヒートではない感じ。

とりえあえず、そのままにして翌日いつもの整備工場に電話して症状を伝え、日中に取りに来てもらい、ドッグ入り。

最近はどうも整備に手抜きというか技術不足感があるので、正直あんまり好きではないが現状すぐに対応してくれるところなので、致し方なく依頼した次第。

翌日、整備工場から連絡が。

要約すると、「電動ファンの調子がおかしい。モーターの抵抗値が高いので交換が必要。新品が65,000円ほどするが発注してよいか?」とのこと。

しかも、「リザーバータンクのフタと口がしっかり締まらない。リザーバータンクも交換したほうが良い」とまで言い出す始末。

えええ~~??ナニソレ。

しっかし、あれこれ症状を訊いてもどうも釈然としない。リザーバータンクはフタも含めて数年前に交換しているし。

とにかく考えさせてくれと伝えて電話を切る。

こうなりゃ、以前にエアコン周りを修理してもらった別の整備工場に相談してみよう。

他所の整備工場での案件なので、失礼だけど電話してみた。

ソコとは本格的にはお付き合いしてないので、相手さんも「お久しぶりですね」と。

症状が出たときの様子と、カクカクシカジカでこんなこと言われたと伝える。

「オーバーヒートじゃなさそうだし、ファン周りを診てみましょう」とのこと。

自走できない状態(すぐにクーラントが吹き出る)ならJAFとかカーサポートとか、任意保険にレスキューがついている場合もあるので、それでレッカー移動をお願いできますよ、とのこと。

JAFにも入っているけど、大阪市営地下鉄のOSAKA PiTaPaカードを持っていて、こいつがTSキュービックカードなので、ドライバーズサポート24ってのが付随している。

一応、電話で確認してみたら、基本JAFとの連携だけど、車が不動の場合での駐車場から整備工場とかの移動にも使えるとのこと。移送距離の制限があるけど、オーバー分は有料だけど、TSキュービックカードでのポイントが溜まったりするのでJAFに直接依頼するよりかはマシのようだ。

で、今車を預かってもらっている整備工場の方に電話。申し訳ないが他所で診てもらうので、現状のままで良いので車を戻してくれとお願いする。(まぁ失礼ちゃあ失礼な話だわな)

んで、自走できそうだったので、それから数日後の休みの日に整備工場に乗って行きました。

まずはここまで。

しばらく続きます。(^_^;)

カーライフサポート|TS CUBIC カード :
http://www8.ts3card.com/carlife/index.html

OSAKA PiTaPa JCBカード
http://www.osaka-pitapa.com/service/card/jcb.html

|

« No.653 ニフティのホームページサービス【@homepage】消滅 | トップページ | No.655 熱き漢(オトコ)のハナシ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/64168122

この記事へのトラックバック一覧です: No.654 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(1):

« No.653 ニフティのホームページサービス【@homepage】消滅 | トップページ | No.655 熱き漢(オトコ)のハナシ »