« No.667 (感想) ポッピンQ | トップページ | No.669 ChromeブラウザでのPDF表示にてフォント異常 »

No.668 (感想) ドント・ブリーズ

ども、KOMOです。

新年2本目の映画はホラー(スリラー)映画だぜぇ!

てなわけで、年始間もなくまだ大した仕事が始まっていない平日の仕事帰りに映画館に行って参りました。最終の回だったのに座席は9割ほど埋まっておりましたよ(゚д゚)。

あの映画評論サイト、「超映画批評」で90点と評価されたということで、過度な予備知識を入れずに見に行きました。

仕入れた情報は、「若者たちがカネ目当てに独り暮らしの盲目の老人宅に侵入する」ということだけ。

もうね、このプロットだけでゾクゾクしますよね!

宣伝文句は 「死霊のはらわた」チームが仕掛ける<超緊張>のショッキング・スリラー

結論から言うと、観て大正解!気になる人は余計な情報は仕入れずに今すぐ劇場へGO!

ちなみに公式サイトすら見てはいけません。ネットの口コミも見ないのが得策です。

この手の映画はネタバレしちゃうと楽しみ半減どころか「ガンジーさえも助走つけて殴るレベル」なので、内容については触れません。

恐怖映画ですが、化物とか怪物とかチェンソー男とかその手のものは出てきませんし、スプラッターシーンはありませんので安心して下さい。

首チョンパとか体が真っ二つとか血飛沫ブシャーなシーンもありません。

そして何よりも、題名にある通り「ドント・ブリーズ」、原題では「Don't Breathe」、つまり「息をするな」ってことで、要は「息を殺せ」「音を立てるな」ってことです。

これだけでも怖さが伝わると思います。恐怖映画なのに静か、つまり、キャーとかワーといった叫び声が無いんですよね。

ほらね、ゾクゾクしてくるでしょ?(^-^;)

二転三転する恐怖演出、まだ続くのかよという緊張感の連続。これはスゴイ恐怖映画です。

私的、3本の指に入る恐怖映画にランクインですよ。1位は「隣人は静かに笑う」ですね。2位は「宇宙からの物体X」、そして3位がコレですね。

というわけで、多くは語らずに紹介終わります。んでわ。

|

« No.667 (感想) ポッピンQ | トップページ | No.669 ChromeブラウザでのPDF表示にてフォント異常 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120305/64764574

この記事へのトラックバック一覧です: No.668 (感想) ドント・ブリーズ:

« No.667 (感想) ポッピンQ | トップページ | No.669 ChromeブラウザでのPDF表示にてフォント異常 »