No.681 車のメンテ2017冬

ども、KOMOです。

あいかわらず古い車に乗っております。

87年式のBMWでE30イーサンマルと読む)という型式です。もう30年超えちゃったよ。

さて2017年の冬に、年越しまでにやっておこうとずいぶん前から準備したメンテが無事に終わりました。

それが、2回目となるタイミングベルトの交換です。

えー、前回の交換がウォーターポンプ故障の時でした。

過去の記事を調べたら2008年でした。

No.271 八ヶ岳(1)
http://kombu-blog.cocolog-nifty.com/zakki/2008/11/no271-1-331f.html

あんときゃ焦ったなぁ~。しみじみ(=_=)。

普通、国産車だとタイミングベルトの交換は10万キロごととか言われますので、廃車まで一切しない人もいるでしょう。

ただ、外車に限っては交換頻度は上げた方がよろしいようで、私の場合は走行距離こそは前回交換時から4万キロほどしか走ってませんが、もう10年近く経っているので交換どきでした。

続きを読む "No.681 車のメンテ2017冬"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.657 (車)足回り修理

ども、KOMOです。


車の足回り修理の続きです。

クーラント噴き出しの件から足回りの修理に変わったのでタイトルも変えました。


右フロントのタイヤがグラつくのでタイロッドASSY(ASSY=セット品、一本まるごとってこと)の交換をいつもの整備工場に伝えて修理してもらったわけです。


ところが、タイロッドエンド(末端部分のみ)の交換だけだったのです。


続きを読む "No.657 (車)足回り修理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.656 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(2)

ども、KOMOです。


車の修理の話の続きです。


無理言って他所で診てもらっていたやつを別の整備工場へ持って言った続きです。


●クーラントが噴き出した時の状況では、電動ファン(Hi側)にガタが来ており、モーターの電気抵抗が高くなっている。

●そのため30Aのヒューズが飛んでしまい、電動ファンが回らず。クーラントの温度が下がりきらず、圧力が高くなっている状態でエンジン停止。

●だから圧力の逃げ場がなく、リザーバータンクのフタから漏れ出した。

●だから、電動ファンとリザーバータンクの交換が必要。


というわけです。なんか釈然としなかったので別の整備工場に持っていこうと決心したわけです。


30Aヒューズを交換し、一般道を小一時間ほどエアコンも付けつつ到着。


続きを読む "No.656 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.654 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(1)

車を停めてエンジン切ったら、ブッシュー!

ども、KOMOです。

ぷっ(・3・ という吹き出しではなく、噴出のことです。

冒頭のように、小一時間ばかり一般道を走ったのち、駐車場に車を停めてエンジン切ったら、ブシュー!という音がして、なにやらブクブクブクと沸騰しているような音が続き、車の下から水(というか湯だね)が流れ出てきまして。

んんん??と慌ててボンネットを開けたところ、クーラント、つまりラジエータ液のリザーバータンクに付いている蓋の隙間から沸騰したクーラントがブシュブシュブシュと勢いよく漏れ出しておりました。

もうもうと湯気が立ち上るなか、辺りは甘ったるいクーラント特有のにおいが立ち込めておりました。

続きを読む "No.654 (車)クーラント(ラジエータ液)噴き出し(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.629 (車)バッテリー交換

ども、KOMOです。

またまた更新に間が空きました。

さて。

定例となっている、車のオーナーズクラブでの山梨県での集まり(モータリング&パーティー)を目前にして、車の調子を見ようとしたら動かない…。

キーを捻ってもカチリと音がするだけでエンジン掛からず。

んん?

とりあえずカーステやライトなどは起動・点灯するがセルモーターがうんともすんとも回らない。

ライト消し忘れや室内灯付けっぱなしではなかったようなので、バッテリーがお亡くなりになったようです。

参ったね。

いつバッテリー交換したっけと思ったらちょうどもうすぐ丸二年。

走行距離は交換してから8,000kmしか走ってないけど、年数的には寿命かなぁ。

使っているバッテリーはオートバックスオリジナルの欧州車用バッテリー「EN-7H」。

詳細はリンクを見ていただくとして、中身はBOSCH製です。

お値段は2万7000円ほどするやつです。(これでも欧州車用バッテリーとしては格安だし、BOSCH製ということで初めて使ってみたんです)

En7h


とりあえずウチの軽トラを寄せてきてブースターケーブルを使ってエンジンを掛けました。

さて、冒頭のように山梨まで行くので出先でまたエンジンが掛からなくなってしまっては一大事ですので、バッテリーを交換することに。

で、とりあえず購入店のオートバックスに電話して在庫確認。

うん、ちょうど店頭在庫があるって言うんで今から行くと伝えて出発。

程なくオートバックスに到着。

相談カウンターに取り置きしておいてくれました。

んでダメ元で「で、相談なんですが」と持ちかけました。

実は先週にはオートバックスにタイヤローテーションで来店しているんですね。

その時は別段エンジンが掛かりにくいといった症状は感じなかったわけです。

バッテリーにインジケーターがあるんですがそれは確認していなかったので、その時点でバッテリーがヘタっていたのかは不明です。

その辺りを話してみて、急にエンジンが全くかからなくなるまで(セルモーターがちっとも回らない程度まで)一気にヘタることがあるのか?と聞いてみました。

まぁ外車の場合はナントモ言えないということらしいですが、とりあえずバッテリーの現状を見てみましょうということで、チェッカーで調べてもらいました。

うーん。やはりちょっとオカシイみたい。

電圧はでてるけど、容量が半分ほどのようで。(もしかしたら電流が下がっていたのかな?)

そしたら定員さんがおもむろに「じゃあ、保証交換しましょう」と。

んん?

というわけで、同型バッテリーへ交換してもらったんですが、バッテリー本体代、作業料、廃棄料、すべてタダになりました

ありがとうございます。
ありがとうございます。

大事なことなので二回言いました。

いやぁ、話持ちかけてみるもんですね。

決してクレーマーじゃありませんよ。ホントですよ。

オートバックスさん、ありがとうございました。

この不景気でボーナスがアテに出来ない状況で、年明けに車検もあるし、バッテリーに3万近くの突然の出費は正直困っていたんですが、ホント助かりました。

オートバックスさん、ありがとうございました。

大事なことなので二回言いました。

<参考リンク>
AUTOBACS.COM - ネットショップ -
DYNAGRID 欧州車用ENシリーズ EN-7H
http://www.autobacs.com/shop/g/g4969655112536

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.617 オイル交換

老いる高官、じゃなくてオイル交換のお話。

これはイイものだぁ~。

ども、KOMOです。

生きてますよ。

正月の更新からずいぶんご無沙汰してしまいました。

暇見つけて去年のネタでも書き込んでいこうと思います(^^;

ウチの車には運転席のメーターパネル内にサービスインジケーターちゅうもんが付いていまして、オイル交換時期や定期点検をLEDランプで知らせてくれます。

20140331oil_01

30年近い古い車ですから凄いコンピューターが積んであるわけでもなく、最近の車ほど複雑な計測や計算はしてませんが、まぁ目安にしています。

乗り続けていると徐々にLEDランプの点灯数が減っていき、オイル交換時期が来ると「OIL SERVICE」と文字が光ります。

20140331oil_02

で、ウチの車もオイル交換時期が来たわけです。

さて、インジケーターに従ってオイル交換をしようと思ったんですが、車仲間から「高速走行を続けた後、一般道に降りたらアクセルが重くて加速が悪い、坂を上るのがしんどい、ってゆうのはオイルの熱ダレだよ」という話を聞きまして。

ふぅ~む。なるほど。

熱ダレっていう言葉は聞いたことはあったけど、レーシーな走りをするわけでもないので気にしてませんでした。

私は年に数回は車仲間と遠出するのですが、高速を降りたあとすぐに勾配のキツイ坂や山道に入ると2速まで落とさないと坂を上るのがしんどかったりするのがよくあります。

古い車だし、トルクが低い車だし、排気量も大きくないのでこんなもんかと思っていたんですが、熱ダレも一因だろうと聞かされて目からウロコが落ちました。

オイルの性能が良くない、っていうか車の使い方(走り)に適していないんじゃない?、ってことで違うオイルを入れてみることにしました。

今までは整備工場にお任せだったので、一般的な走り用のオイルでお値段もそこそこ。いわゆる中程度のオイルでした。

ならば、せっかくだから高性能のオイルを入れようと思い立ち、クーラーの入れ替えでお世話になったガレージに行ってみました。

そこでは私の車と同車種のオーナーさんたちから評判が良いという、YACCO(ヤッコ)というフランスのオイルメーカーの製品を扱っております。

YACCO GALAXIE(ヤッコ・ギャラクシー)という粘度15W50の100%化学合成オイルです。

20140331oil_04
※写真ちょっとブレちゃいました。

あまり日本では取り扱っているお店が少なく知名度は低いですが、素晴らしい性能だそうで、レーシーな走りをする方や、外車オーナーさんからの絶大な支持を集めているとのこと。

広告宣伝活動をほとんどしないメーカーだそうで、宣伝費をかけるよりも品質に金をかけているようです。

工賃抜きで、オイル+オイルフィルターで2万円ほどかかりました(^^;;

オイルを入れ替えてエンジンをかけた直後、なんかエンジン音が静かになったような??

ガレージから家までの小一時間走った感じでは、すごく滑らかにエンジンが回っているようです。

これは今度、遠出する時が楽しみです(^-^)

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.612 カーエアコン修理

お久しぶりです。

久々の更新です。<m(._.)m> ペコリ

遠方の知人より、更新止まってるけど生きてるか?と生存確認のメールが来ましたので、ご報告兼ねての更新です。

で、ネタはいろいろあって書きかけてたんですが、公私ともども多忙だったのと筆不精が合わさってほったらかしにしてたので、すっかり時期外れネタになりましたのでこのままお蔵入りするかも。

近況としまして、車のエアコンが夏を過ぎたころにぶっ壊れまして

コンプレッサーが回らなくなってしまいました。

もともと2009年のときにコンプレッサーが壊れたのでリビルド品を改造して取り付けていました。(No.349参照

今回はそいつがダメになってしまいまして。もう修理も不可能でリビルド品も入手不可能である、と馴染みの修理工場から連絡を受けていました。

取り敢えずどうしようもないのでほうぼう情報集を独自にやっていたのですが、今年の真夏を過ぎたとはいえ、厳しい残暑の間じゅうエアコンなしで汗だくになりつつアチコチ遠出して、静岡まで萌えキャラの描かれた酒を買いに行ったり(このことはいずれ書くつもり)していました。

その後、今までお世話になったことが無かった修理工場に相談したところ、親身に相談に乗ってくれまして、中古のコンプレッサーも手配でき、これを機にホース類も新調しました。

ホースは専用のメーカー品が良いのでドイツから取り寄せでした。

これが1ヶ月ほど掛かってしまいました。(昔は部品の取り寄せは航空便だったそうですが、今は走行や安全に関わる部品以外は緊急性が無いとのことで船便だそうで。だからすごく待たされました。)

さて、今回のエアコン修理ですが、ウチの車は古い年式のためフロンガスがR12という今は使用禁止されているガスを使います。

そのためR12ガスそのものではなく、R12を使用するエアコンにも使えるという対応品のガスを使うのですが、これが結構高い。

それに車メーカーでもR12ガスを使うエアコンシステムを、今のR134ガスを使うシステムに置き換えるキットが用意されていますので、今回はいっそのことR12→R134へのシステム変更を行いました。

肝心のコンプレッサーですが、本来はR134ガス用のものが必要ですが、R12用コンプレッサーでもコンプレッサーオイルをR134用のものを使用することで充分対応可能であるし事実今まで何台もやってきて実績がある、という修理工場さんのお言葉に従ってR12用中古コンプレッサーをR134用として使用しました。

車の年式の違いによるエンジンルーム内の配置違いや、ホースの長さが合わないという事実があとになって発覚しましたが(^^;、何とか調整することで移植完了!

懸念していた室内側の部品不良(エキスパンションバルブの詰まり)などは無く、エアコンガスの圧力に異常は見られず修理完了となりました。

修理工場さん、ありがとうございました。

んで、掛かった費用ですが・・・。

20131105syuuri

うんまぁ、見積りも頂いていたので覚悟していた金額ですし、もともと想定していた金額の半額で済みましたので万々歳です\(^o^)/

2009年の時に今回のようなシステム変更(コンバート)をしておいた方が良かったのか?と考えると、どうでしょうねぇ。その時の最善手で考えているんですが、当時はコンバートできる環境ではなかった(知識も実績も)しねぇ。過去のことを考えても仕方がない。

まぁしかし、デジカメ買い換えたいなぁ~とか、Androidタブレットかスマフォの新しいのが欲しいなぁ~とか、いろいろ考えて貯めていたヘソクリがぶっ飛んでしまいました。

いや、そもそも、スタッドレスタイヤがパンクしてしまったので(No.597参照)、今シーズンにはスタッドレスタイヤを新調しなけりゃ、という計画が頓挫してしまいました。

でもこれはヤバいなぁ。スタッドレスタイヤは欲しいところだし。

金がねぇ!! 宝くじ当たらんかなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.597 パンク!

ども、KOMOです。たまにはJAFのお世話に。

先日、車で走行中に何やら固いものを踏んづけました。

リアのタイヤハウスにカンカンカンって何かがぶつかる音が。

いやだなぁ~、って思っていたらほどなくして車がガタガタガタと揺れだし、グワグワグワって異音が。

コンビニがすぐ見つかったので駐車場へ。

20130315punc01

降りて見てみると、ありゃりゃ!パンクしてら!

まいったなぁ~。

とりあえずスペアタイヤに交換せにゃならんが、スペアタイヤはトランクルームの底。

荷物満載なので、掘り出すのも一苦労だ。

ちょっと急いでいるんだけどなぁ。

う~ん、タイヤ交換程度は自分で出来るけど意外に体力使います。

そんなわけで、せっかく年会費を払っているだから、JAFさんに来て頂くことにしました。

カーナビの画面を見ながら携帯電話で状況と場所の説明。

GPSを使ったアプリもありますが、コンビニの駐車場だったので特に問題もなく場所の説明が終了。

20分ほどしてやって来てくれました。

20130315punc02

コンビニの店員さんに駐車場で作業をすることの了承を得てから、ジャッキアップしてリア部分を持ち上げ、チャッチャとタイヤ交換作業を開始。

20130315punc03

ホイールナットを締めるトルクについて訊かれたので車のマニュアルを見たが、記載がなかったよ(^^;

20130315punc04

JAFさんの手持ちの資料によると(<持ってんのかよ、というツッコミは無しで)、どうやら100N(ニュートン)ということでトルクレンチを使ってきっちり締めて終了。

15分ほどですべて終了。

JAF会員なので無料です。ありがたや、ありがたや。

しっかし、外したタイヤを見たら見事にザックリ切れてました。

何を踏んだんだよ!まったくもぅ。

スペアタイヤのままじゃいけないし、パンクしたのがスタッドレスだったので、あとで4輪ともノーマルタイヤに戻さなきゃ。

てか翌日は遠出する予定があったので、すぐにタイヤ交換だ。

昼間の用事を済ませてからいつもの整備工場へ連絡してGo!

20130315punc05

今度はカーリフトで持ち上げて、二人掛かりで交換です。

インパクトレンチを使って、チュイーン、ガガガッ!ってあっちゅう間に終了。

空気圧を見て完了です。

こっちの作業は当然ながら有料です(^^;

(以前一人で4輪とも交換したらバテバテになったし、翌日筋肉痛になりましたので、金掛かってもプロにやってもらった方が安心安全ですわ)

で、穴の開いたスタッドレスの方ですが、こりゃダメだなということで。

どうせ3シーズン以上使っていたので、遅かれ早かれ買い換えなくちゃいけなかったんですが、なぁなぁで使ってました。

今年の冬には考えなきゃいけませんなぁ。うぅ出費が。

ボーナスもろくに出そうにないのに。

そんなわけで、タイヤ交換終了。

これで翌日、心置きなく遠出できました。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.545 エキマニのガスケット交換

年末に向かって毎日更新中。ってしんどいですね。

ども、KOMOです。

11月恒例の八ヶ岳旅行の際、車のエンジン音に異音が。

カチャ、カチャ、カチャ、カチャという甲高い音がやけに耳に着く。

う~ん、まぁタペット音かなぁ?ってことで緊急性はなさそうだし、忙しいしってことで1か月ほど経ってから整備に出しました。

電話で担当者に話した際には「タペット調整かな」という話だったんですが、車を引き取りに来てもらってドッグ入りして少し経った後、「あれ、エキマニのガスケットやったわ」というお返事が。

部品の納入に日にちがちょっと掛かりましたが、つつがなく整備が終わって車が帰ってきました。未だに新品部品が入手できるんですよねぇ。(ちなみに車は1987年製だ。来年で25年か…。)

んで、んで、んで。

取り外した部品も渡してもらったんですが…。

なんじゃコリャ!?

111229gasket01

ボロボロですやん。

エンジンとエキマニ(エキゾースト・マニホールド:通称タコ足)との間のガスケットがものの見事に朽ちていました。

要は、隙間が空いてしまってそこからタペットの音が直に聴こえていたんですね!

てなわけで、交換後のエンジンルームの様子です。

111229gasket02

真新しい部品が目に眩しいですね!

エンジンヘッドカバーの下のベロみたいなのが今回交換した部品です。

手前の白いタンクは以前ウォーターポンプ故障の際に取り替えた、ラジエーター液のタンクです。

もっと奥を覗きこむと、オルタネーターやエアコンコンプレッサーなども新しくなっているのが見えます。

エンジンマウントも交換しているし。

どんどんパーツが新しくなっていくよ!(^-^;

よく「維持費が大変だろう」と言われますがね、新しい車をずっと乗っているとアチコチ故障して金が掛かり始めて、維持費が気になって車を手放す人が多いですが、古い車を乗り続けていくということは、経年劣化したパーツをドンドン取り替えていくことになるのでドンドン若返っていくワケです。

ということは若返った分だけまだまだ乗れる、ってコトです。

※直した箇所がなんどやっても故障する車は当然ダメですが。

それにまだ乗れる車をエネルギーを使って廃車して、またエネルギーを使って新車を作って、その新車の燃費がイイから「エコだ」というのは大いに疑問があります。全然エコじゃないと思うよ。いったい、その燃費のいい新車をどれだけ乗れば廃車に使ったエネルギーと、新車を作るのに使ったエネルギーがペイできるんだい?

ペイできるころにはハイブリットカーならバッテリー交換時期が来てて、また更なるエネルギーを使ってバッテリーを製造して、環境を破壊しながら採掘したレアメタルを使うんだろ?

繰り返す。そんなの全然エコじゃねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.497 しゃけん!!

先日(2/28)、新名神(下り)を走っていたら直前で事故があり、2時間ほど立ち往生しちゃいました(^_^;)

ども、KOMOです。

愛車の車検がありました。

長大な計画に沿ってアチコチのメンテナンスをやっております。

車検と車検の間の年は、箇所を決めて集中メンテするようにして、費用を分散しております。

それでも税金と保険は毎年払うので正直大変ですなぁ。

しかも10年超えている車なので自動車税は10%増しだし。なんでやねん。

車検通っているんやから排ガス基準はクリアしてるやろに!

車検時の排ガス濃度で税金を決めるならまだしも・・・。

エコカーにしろって言っても、『問題のないまだ乗れる車をエネルギーを使って廃車して、またエネルギーを使って作った新車買え』、ってのもおかしなコトです。

じゃあ「何年エコカーを乗れば、トータルでCO2排出量がマイナス(エコカーを乗り続けることで低減されるCO2排出量>廃車作業時のCO2排出量+新車製造時のCO2排出量)になるのか?」と車メーカーに問いただしても、「そのようなデータは持ち合わせていない」っと来たもんだ。(知り合いが某社にメールで質問した)

もうね、エコエコ詐欺ですよ。

ま、そんなことはさておき、私は今の車に愛着がありますので、今回の車検時もただ単に車検を通すだけでなく、あれこれと気になっていたところを交換しました。

交換したのは、リア左右のショックアブソーバー、リア左右のドライブシャフトブーツ、そしてアクセルワイヤー、です。

110303car03

110303car02

フロントのショックは以前交換したので今回はリアのショックです。ちなみに写真はとってないけど、BILSTEIN(ビルシュタイン)製でっせ。

ドライブシャフトブーツはゴムの経年劣化のため交換です。放ったらかしにしてると破れて雨水が侵入しますので。

アクセルワイヤーはアクセルペタルからエンジンに繋がっているワイヤーです。アクセルペダルを踏むとエンジンの回転数が上がるのはこのワイヤーがあるから。

同型車のオーナーさん曰く「高速走っていたら切れた(笑)。レッカーのお世話になったよ。」ということだったので、まったく交換していないので怖くなって私も交換(^^;

アクセルペダルは常に踏みこんだり弱めたりしますので、ワイヤーは常に擦れています。古くなってくると擦れることで段々とささくれて来て、ある日突然切れます。自転車のブレーキワイヤーと同じですよね。

そういやいつだったか、自転車に乗っていたとき、赤信号で停まろうと前輪ブレーキかけたらワイヤーが切れて、あわや車道に突進しそうになりました。後輪ブレーキで停まったものの、一瞬パニくりますね。

で、車でもそんなことないように20年以上経っているので(^^;交換です。

あとはエンジンオイル量を調べるセンサー周りのパッキンが劣化してエンジンオイルが漏れていたので、シーリングのやり直し。

オイルを抜いて作業するのでオイルとオイルエレメントも交換。

他には、オドメーターとトリップメーターが動かなくなったのと(メーター内のギア破損と思われる)、燃料計の針の動きがヘン(急に振り切ったりして動かなくなる)だったのだが放ったらかしにしていたけど、オドメーターが動かないと車検通らないのでやむなくメーター一式を中古在庫と交換。

そんなこんなで、いろいろとメンテナンスしました。

そしたら月末に請求書が来ましたよ。

110303car01

総額18万円超・・・。

まぁこんなもんか。(マヒしてる?)

まぁしかし、これで来年は車検がないので他のメンテをするつもり。

そろそろ交換したほうがいいと思っているのが、スタビライザーとかスタビライザーリンクと、それらに付随するゴム部品。

あとは燃料ポンプが交換してから10年経つので、走行距離的には大丈夫ぽいけど、交換したほうがよさげ。

う~ん、20万コースかなぁ~??

景気が良くなって金に余裕があったら来年やろうかな?無理っぽいですね(^^;

しかしブレーキ関係、エアコン関係、足回り関連、と順番にメンテして行ってますので、言ってみればどんどん良くなっていっているんですよ。

アクセルワイヤーですがね、交換したらアクセルが軽くなりましたよ。

やぱりワイヤーが古くなってささくれたりして、抵抗が強くなっていたんですねぇ。

ホント、今までは固いアクセルだったのでウソのように軽くなりました。

それでも国産車に比べるとまだまだ固いんだろうけど(^^;

古い車種ですがクラシックカーほどではないし、ある程度構造的・設計的に熟していた頃のものなので、直しても直してもおんなじ所が壊れる、っていうことはありません。

台数もたくさん出た車種だし、未だにファンが多いので、メカニックが少ないわけでもないですし。

そんなこんなでまだまだ乗って行く所存であります。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)