No.645 墨国回転鶏料理

墨国(ぼっこく)料理を喰う。

ども、KOMOです。

週末に「呑みに行こう!」ということで天満(てんま)市場あたりの飲み屋をブラブラと物色。

ウマそうな鶏肉料理の店を発見。

墨国??

メニューが書かれた看板が店の前あったので見てみると、墨国とはメキシコのことだと判明。

ほぅ。珍しいねぇと言うことで店の中へ。

鶏肉料理と豚肉料理がメイン。

んでもってメキシコビールが各種。

鶏肉を一匹まるごとを回転ロースターでグルグル回しながら丸焼きにしたものに、野菜とサルサを混ぜてトルティージャ(トウモロコシで出来た皮)で包んでタコスとしてパクつくというもの。

店名にもなっている墨国回転鶏

うまい!

あまりにも旨くてパクパクと食べてしまい、写真を取るのを忘れました(^_^;)

つくづく、料理写真家とか旅ログとか向いていないと思います(笑)

あと頼んだのは同じように回転ロースターで焼いた豚肉(パストール)をタコスでたべるもので、墨国回転豚というもの。

何とか食べる前に写真を撮りました。

20150707mexico

混ぜ混ぜしてトルティージャで包んで食べます。

メキシコビールを2本飲みました。

20150707mexicobeer

いろいろありましたが選んだは、テカテ、ティファナモレナ、の2本。

他に頼んだ料理は、イカゲソのハバネロ焼き、小海老のにんにくオイル煮込、ライスコロッケのカカオ煮込み。

珍しい料理とビールに舌鼓を打ちました。

あとで知ったんですが、梅田・茶屋町(ちゃやまち)にも店があり、梅田・ルクアイーレにも出店しているようです。

今すごく勢いのあるお店の一つのようですね。

大変美味しゅうございました。

んでわ。

<参考リンク>

メキシカンリストランテQueRico(ケリコ)|墨国回転鶏料理
http://www.querico.jp

墨国回転鶏料理 天満店 (ケリコ) 天満/メキシコ料理 [食べログ]
http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27011009/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.561 四天王寺銘菓、亀かすて~ら

カワイイ、うまい!

ども、KOMOです。

ずいぶん前なんですが、大阪市営地下鉄の構内で配布されているフリーペーパーにて、四天王寺さんの近くで亀の形をしたカステラ(ベビーカステラみたいなもの)が紹介されていました。

四天王寺での銘菓といえば「釣鐘まんじゅう」だったり、最近は「釣鐘カステラ」だったりしますが、亀の形のものが出来ていたなんて知りませんでした。

フワフワしていておいしいそうでこれは是非とも買いに行きたいなぁ、と思っていたのですが四天王寺さんに行く予定が無くついぞ行きそびれていました。

それがつい最近、四天王寺さんへお参りに行くことがあったので念願叶って買ってきました。

20120404kame01_2

売っているお店はここ。四天王寺さんの大きな鳥居(西門 さいもん)のすぐ近くにある「天王寺 源氏堂」さんです。

※源氏堂さんは天王寺に3店舗あります。

※お寺なのに鳥居があるのは神仏習合の名残りです。

20120404kame02_2 20120404kame03_2

買ったのは1000円のもの(50個入り)。亀の形がほんとにかわいいです。

「亀かすて~ら」は四天王寺さんの池にいる亀をヒントに考案されたもので、いまや地元のみならず有名銘菓となっています。

ふんわりした食感で、ほどよい甘さ。そして持ち帰って冷めてもいつまでもふんわりしています。

で、一緒にこんなものも買いました。

20120404kame04_2

亀かすて~らのストラップ(500円)です(^-^)

形、色合い、触った感触、どれも亀かすて~らにそっくりです。

ついでなので並べて写真を撮ってみました。

20120404kame05_2

んでわ。

<参考リンク>

(株) 天王寺源氏堂-亀かすて~ら
 ~上六うえいくネット(大阪市天王寺区)
http://www.ueroku-wake.net/cgi-bin/shops/detail_39.php

天王寺 源氏堂
http://www1.enekoshop.jp/shop/genjidou/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

No.533 懐かしい秋の味覚~アケビ

あぁ、何もかも懐かしい。

ども、KOMOです。

プチ更新です。

近所のスーパーに立ち寄ったら「アケビ」が売っていました。

111020akebi スライムさん興味津々です。

大阪産ってことなんで安心して購入。

てゆうか、大阪のドコなんだろ?

アケビってこんなにタネが多かったっけなぁ…と、柔くて綿みたいでほのかに甘い実を食べながら、むか~し、それこそ30年近く前に、山んなかで見つけたアケビを取って食べたのを思い出しながら食べました。

そういや、幼稚園児だったころ、校庭(っていうのかな)の片隅にザクロが生えていて、木に登ってザクロの実を取って食べたのも思い出しました。

大人になって久しぶりにザクロを食べた時もタネだらけで食うのに難儀したけど、アケビといいザクロといい子供の時って特に食いにくいとか思わなかったなぁ。

小学生ん時は校庭の隅にあったビワの実を食った時の美味しかった思い出があるけど、今んなってビワを食べたらタネがでっかくて食べられる部分ちょっとしかないじゃん、って思いましたよ。

大人になってなんかこう、気づかないうちに「楽」なことに慣れてしまっていたんだなぁ、なんて思ったりしたりして。

そうそう、アケビ買ったときにご丁寧に栞っぽいのがついていて、アケビの実の皮も食べられるって書いてありました。

湯掻いてから水にさらしてアク抜きしてみたけど、ほろ苦くてシャクシャクしてゴーヤっぽい感じでした。

特に料理はしませんでしたが、昔はこんなものも食べたんだねぇと思ったり。

んでわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.528 スライム肉まん

またまたご冗談を…え?マジで?

ども、KOMOです。

ネットでこんな写真を見かけまして。

110907slyme01

ドラクエのスライムの形をした肉まんらしいです。

何かのイベントでの販売かな?と思っていたら、全国販売するとか。

110907neko_senseiまたまたご冗談を。

と思いきや。

ググってみたら、ホンマに発売されるんですね。

110907slyme02

日本経済新聞の記事です。

嘘ニュースかと目を凝らしてしまいました(^^;

発売されるコンビニは「あなたとコンビに~」のFamily Martです。

1つ170円で11月下旬からとのこと。ハイ。

写真付きの記事もありました。

110907slyme03

沖縄タイムスの記事でした。

実際にどれぐらいのクオリティで販売されるんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.526 こんなん出てます

あなたと、コンビに~(以下略)。

ども、KOMOです。

PC環境構築中のため、またまた更新滞っています。

閑話休題。

関西地方でのお話。

20110902onigiri01

20110902onigiri02

でわ(^^;

<参考リンク

2011年07月19日大阪府包括協定記念フェア|ニュースリリース|企業情報|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110719_2.html

2011年08月25日【関西地方限定】 和歌山県“南紀勝浦産”まぐろ、大阪“小倉屋山本”の昆布などを使った 関西地方限定のおむすび3種類を発売! |ニュースリリース|企業情報|FamilyMart
http://www.family.co.jp/company/news_releases/2011/110825_2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.525 KIRIN フリージョッキ

ども、KOMOです。

車を運転する身としましては、アルコール0%ビールの中ではキリンフリーにはずいぶんお世話になりました。

春先のことですが350ml缶の6本セットを購入した際に、紙のパッケージの裏に何やらハガキが印刷されていました。

ジョッキと6缶セットが当たる!ってことだったので、めんどくさいながら50円切手を貼って応募したのでした。

ジョッキのデザインによって2コースあり、キリンのマークがカッコイイ「クルム伊達コース」と、WE ハート(LOVE) FREEと書かれた「瑛太」コースでした。

キリンのマークがカッコイイし、クルム伊達ってアレだよな伊達公子だよな、んでもって片方の瑛太って誰?TV見ないしよく分からんし、ジョッキのデザインもダサイ。

後日友人に「瑛太って誰よ?」って聞いたら、「木村カエラの夫だよ」って言われたけど、木村カエラ自体名前は知っているが顔はうろ覚えだし、木村カエラも瑛太ももしかしたら何かで見たり聞いたりしているかも知れないが、興味ないので認知できていないし、何する人かもイマイチよくわかっていない。

オレがよくわかっていないんだから、世間でもよくわかっていない人も居そうだから、おそらく、多分、確率が低くなりそうな「瑛太コース」で応募しました(^^;

そしたら先日、デカイ荷物が届きました。

110813free01
当たりましたよ。ほら、やっぱり(何がだ)

で、今でも瑛太って人がナニモンか知りません。写真が載っていたいけど、全然興味沸かない優男の顔としか認識できず、多分他で見かけてもキリンフリーのイメージにはつながらないでしょう。いや、スミマセン。

まだ、のどごし<生>のぐっさんとか、一番搾りのイチロー、キリンラガーの菅原文太の方が強烈に双方のイメージが結びつくだんだが。

そんなこんなで楽しくキリンフリーを飲ませて頂きます。

個人的にキリンラガーの菅原文太なんかぴったりの人選だと思いますが、キリンフリーはイメージキャラクターも練り直したほうがイイと感じます。

そんなこんなで、ワタクシはキリンフリーを応援しています。

p.s.ジョッキの裏側にはちゃんとKIRIN FREEのマークがありました。

110813free02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.509 讃岐うどん「わら家」

うむ、うまい!

ども、KOMOです。

GW中に香川県まで讃岐うどんを食べに行ってきました。

いつもはGWは蕎麦を食べに、床瀬そばに行ったり、高中(こうなか)そばに行ったりしていましたが、高速1000円が6月にも終わるようなので四国に行くことにしました。

行ってきましたのは、せっかくだから有名なお店「わら家」です。

四国村の門前にある、かやぶき屋根の民家です。

四国村は四国各地から古民家を移築復原された野外博物館でして、わら家も2棟ある建物も本棟は徳島県から、東棟は香川県内から移築したものとのこと。

渋滞のためお昼をとうに過ぎて到着しました。

110506waraya01

たくさんお客が並んでいましたが、客の回転が早いため程なくして入店。

観光化されて高い料金かと思いきや、普通のメニュー&値段で逆にビックリ(^^;

110506waraya02

私はぶっかけうどんを食べました。

いやぁ旨かった!

釜揚げうどんの方も少し食べましたが、旨い!!

時間があれば四国村を散策したかったんですが、帰りも渋滞になるので食べたらサッサと帰りました。

どこもかしこも渋滞で家に着いたら日付が変わろうかという時間に(^^;

今度四国に行く機会があれば、「水曜どうでしょう」でおなじみの「山田屋」に行きたいですな。

<参考リンク>

わら家 | 讃岐うどん遍路 | 四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=659

四国村 - 来たことのある 初めての場所
http://www.shikokumura.or.jp/

うどん本陣 山田家本店 | 讃岐うどん遍路 | 四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/shop/shop.aspx?id=532

讃岐うどん遍路 | 四国新聞社
http://www.shikoku-np.co.jp/udon/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.495 昆布消費全国一位は?

沖縄が一位だったのは遠い昔。

ども、KOMOです。

忙しいです。ネタはあるのに更新ままならず。

取り敢えずWindows用同人ゲーム「うみねこのなく頃に」の最終エピソード(EP8)はクリア(読了)しています。感想を書こうにもまだ書き連ねただけで推敲中です。しばしお待ちを。

さて、たまには「こんぶブログ」らしい話題をば。

昆布の殆どは北海道で生産されておりますが、北海道は農作物も水産物も一大生産地ですが、消費地ではありません。

昆布はほとんどが乾燥させて板状に成形された原藻(げんそう)と呼ばれる形になり、加工用原料として北海道を巣立ちます。

その昆布を消費する(食べる)全国ランキングの一位は、さてどこでしょうか?というのが今回のネタです。

随分前(戦後)は、沖縄がそうでした。

一番北で生産された昆布が、一番南で最も消費される、という面白い形式でした。

沖縄料理に昆布が良く合うという理由で消費されてきましたが、最近は食の欧米化が沖縄でも加速し、昆布があまり食べられなくなりました。

では、昆布を一番食べるのはどこでしょうか。

総務省が「家計調査」という全国調査年した結果(2009年)、1世帯あたりの昆布への年間支出額が3000円となり全国一位となったのは、富山市でした。

1世帯あたりの昆布への支出額の全国平均が1162円ということですので、倍以上の昆布を食べていると考えて宜しいでしょう。

富山市は他にも、ブリについても年間支出額10889円(全国平均3437円)、魚介の漬物で7705円(全国平均3115円)ということですので、魚と昆布をたくさん食べていることが伺えます。

それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.477 大阪もん(大阪産)

大阪の「食」のブランド化。

ども、KOMOです。

めっきり更新が滞っております。忙しくて帰りが遅いのと、たまの休みは寝て曜日になるので、記事のストックが切れておりまして(^^;

さて、大阪府「大阪の食」の再認識とそして広く知らしめるためにブランド化を測っております。

101122oosakamon

それが、大阪産と書いて「大阪もん」というものです。

※マークの意味の詳細は参考リンクにて。「品」という字と、人・モノの「輪」などを表しているそうです。

大阪が産地の野菜や魚介類ももちろん、大阪産(もん)として、数々選定されています。

ここでは、大阪もんの中でも加工品について説明します。

大阪は食の台所でして、いろんな素材が古来から集まりました。

私が生業にしている「昆布」もそうですが、塩昆布は大阪を代表する食べ物でも昆布は遠く北海道のものです。

そのように地方の素材であっても、それを加工し、大阪独特の食いもんとなったもの、「大阪らしい食い物」、それも「大阪もん」です

大阪府産のものとの区別のため、ロゴマークの色が違います。

そして、大阪らしい食い物のほうを、「大阪産(もん)名品」と呼称を変えています。

大阪府のサイトに色んな食いもんが紹介されとります。

ひとえに大阪の食いもんとか言われても、「たこ焼き?」とか思ってしまう人が多いと思います。

ですが、大阪で言う「てんぷら」、つまり魚のすり身にキクラゲを入れて揚げた白天(しろてん)というのも、昔ながらの大阪の食いもんです。

「豚まん」も大阪の食いもんですし、意外に知っているものでも改めて聞かれると「?」だと思います。

是非、大阪の土産には「大阪産(もん)名品」も候補に入れてみてください。

私の勤めている会社の製品もたくさん選定されましたので、宜しゅうたのんます。

それでは。

※ボチボチと更新頻度を上げていこうと思っておりますので。

<参考リンク>

大阪府/大阪の特産品(大阪産(もん)名品)
http://www.pref.osaka.jp/ryutai/meihin/

大阪産(おおさかもん)公式ホームページ
http://www.pref.osaka.jp/nosei/osakamon/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

No.476 ぎょうざ倶楽部プレミアムカード

念願のカードを手に入れたぞ
101106osho

ども、KOMOです。

忙しいので小ネタでお茶を濁そうと思ってます。

最近は餃子の王将によく行きます。

メシを食いに行くんじゃなくて、友人と軽く飲みに行くのに使っています。

ビールとチューハイが安いのと、料理が手頃な値段で量があるので、分けて食うには申し分ないということで。

以前は個室居酒屋をいろいろ利用していたんですが、低価格競争になってきている割にはそれ程安上がりじゃあナイよね、という結論に達したワケでして。

※料金一律・低価格化の発祥は大阪の鳥貴族らしいっすね。

んなことで、ちょこちょこと餃子の王将を利用していたら、随分前にこんなスタンプカードを貰いました。

101106osho_01

500円で1個スタンプをもらい、20個スタンプをためるカードです。

101106osho_02
んで、んで、んで、スタンプが見事たまったので晴れてぎょうざ倶楽部の「会員」となりました。

101106osho_03

立派なカードが貰えます。1年間、代金が常に5%OFFになります。

しかもたまに配布している割引券も併用できます(割引券処理後に5%OFFで計算されます)ので、使い勝手は上々ですね。

それと誕生日月に使える1000円分の金券が付きます。

まだ11月末まで会員募集していますので、チャレンジしたい方はスタンプカードを貰って10,000円分食べて会員になってくらはい。

<参考リンク>

ぎょうざ倶楽部からのお知らせ:餃子の王将
http://www.ohsho.co.jp/gyozaclub/event.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)